Author Archives: asamako

伊豆へE-BIKEツーリングの視察へ行ってきました

伊豆へE-BIKEツーリングの視察へ行ってきました
9月より営業している「MERIDA X BASE」では、今話題になっているE-BIKEの貸出も行っています。ただ、これまで自転車に乗っている人でもE-BIKEをどうやって楽しめばいいのか?やどんなコースが適しているのか?ということについてはわからないこともあります。今回は実際にコース設定し、走行し、楽しみ方を勉強してきました。

伊豆半島は山が多く、比較的急峻です
サイクルスポーツセンターのコースもそうですが、伊豆半島は全体が火山の先端が海から顔を出しているようなもので、なかなか険しい場所が多くあります。ゆえ、初心者には伊豆を自在に走るのはなかなか厳しいものです。

そこでE-BIKEというわけです。

今回お借りしたのは「MERIDA E-BIG.SEVEN 600 35万8千円」。27.5×2.2インチタイヤを装備した本格的なMTBです。ミヤタのリッジランナーよりも軽やかで舗装路も快適に走れましたので、私はこれがとても気に入ってしまいました。

乗る前の印象
私自身はここ最近になって結構しっかりトレーニングをしていますので、決してE-BIKEに頼らずともあの辺りの山を走ることは可能です。また、そうして自分の足で力で走ることを楽しむタイプです。

乗った後の印象
基本的な楽しみ方は変わりません。あくまでも人力でどれだけ遠くまで、速く、楽しく走るかというものが自転車だと思っています。E-BIKEが活躍するのはその中でも限られたシチュエーションですが、その中では相当に活躍が期待できると思いました。平坦であればEアシストなしで走ることは苦痛ではない程度です。車重はありますが、ママチャリのような軟さも思ったるさもありません。航続距離はECOモード(3段階あるアシストで最も弱い)で140キロありますが、体重や状況次第と言えるので7〜8割程度に見込んでおくほうが良いと思います。あくまでも自分で漕ぐ事が好きな私はきつい上り坂以外ではアシストをOFFして走りました。そんな走り方をすると、3時間で35キロ/1063mUPのルートを走行した後のバッテリー残量は75%でした。

ちなみに35キロで1000m以上の登坂をしているので結構なものです。しかもこれは登り下りを含むわけですから、約半分が登りとなり、17キロで1000m登ったというわけです。ヒルクライムコースだったら死んでしまいますね…

ところがこの間の私の平均心拍は98bpm、最小57bpm、最大161bpm。坂で一発頑張ったところで最大を記録していますが、それ以外の時間はずっと同行者とおしゃべりをすることができる程度でした。そんな程度の辛くない状況で舗装路を登り、林道を走り、(天気が良ければ)いくつもの景色を楽しめたというわけです。これがE-BIKEでなければ、坂一本でヒィヒィになり、6人いたグループはバラバラになっていたことでしょう。

ちなみにこれだけの急峻な坂になりますと、ECOモードで上った場合にはおそらく160W-180W前後のパワーを要するようです。ずっとテンポで走っているような感じですね。ゆえ、平坦でECOを使うとアクティブリカバリーになってしまいます。使い方次第ですね。

結論を言えば結構楽しい
アシスト後からで上ることについてはどうなんだろう?といまだに疑問符はあります。これは自転車なのか?と。しかしながら、便利な道具としては活躍すると思います。
■ 先に書いたような実力差があるパーティーでのグループライドが可能
■ トレイル探検や発掘に最適。登った先になにかあるかも?と思っても体力的に出来なかったことができます。とにかく行ってみよう!でOKです。
■ ECOモードで登れば割と運動にはなるので、リカバリーライドに最適
■ 自転車でしか行けないというようなルートはあるが、体力がなくてもそれを発見、トレースできる
■ 坂で頑張らなければ大汗をかかないので、寒い時期でも冷えにくい
■ とにかく、普通の自転車では不可能だったルート構築ができる

実は私、E-BIKEがちょっと欲しくなりました
つまり、スポーツ的な側面をやや残しつつ、サイクルツーリズムを誰もが容易に実現できるということが最大のメリットなのでしょう。これはハッキリ言って楽しいと思いました。もちろん、体力あればこそという自転車の世界は認めていますし、それは原点だと思います。この楽しみ方は死ぬまでやりたいと思っています。でも、そうではない方もいます。今現在の時点で体力に不足があったり、それを回復させるコストを許容できないなどです。そうなれば、E-BIKEという道具を上手に利用して良いのではないかと思います。

当店でも販売しておりますよ、E-BIKE
すでに販売実績もありますので、ご案内できます。まずはご相談からどうぞ。
当店で取扱のあるブランドは以下の3つです。
※価格は269000円(税別)〜
■ メリダ
■ ミヤタ
■ ミズタニ自転車


今がまさに買い時!? この冬のボーナスでe-bikeを購入すべき3つの理由(インプレス家電ウォッチ)


道の駅「伊豆のへそ」に併設された「MERIDA X BASE」からスタート。生憎の雨でしたが、午後には走れる程度に止みました。

日本でのE-BIKEの始祖と言っても良い難波氏、今回のコースや視察ツアーはすべて彼の仕業ですw

内浦にあった造船所の跡。あの辺りでは北条水軍が有名です。

立ち寄った滝。名前は分かりませんが、伊豆らしい柱状節理により出来ている滝です。

終始和やかに会話が止まらないパーティー。これはE-BIKEならでは。

登りでもスマイルが出てしまうほど快適。まあ、そのあたりのアシストレベルは選べますので、そこそこ運動になる程度でもできます。

うなぎ屋さんで遅めのランチタイム!美味しかったです!

12月及び年末年始の営業予定

12月の予定です
■ 定休日:水曜日
■ 宇都宮シクロクロスのため営業時間変更:15(土) 16時-20時
■ ロード初中級者ライド:23(日)、24(月)
■ 年末年始休業:12/26(水)〜1/4(金)

今月はレースでの営業時間変更があります
15日は宇都宮でシクロクロスレースに出場します。

年内最終営業日は25(火)です
12/26(水)〜1/4(金)は年末年始休業となります。

[ロード初中級者ライド]
店頭を出発し、日によって目的地は違います。距離は50-70キロ程度です。公道や河川敷を走る際にメニュー等を提示する場合もありますし、走る様子を見て改善可能な点などについて休憩も交えながら伝えます。安全に安心して快適に走ることを目的としたプラクティススライドです。巡航速度は25〜30キロくらいに設定しています。時間に余裕があればカフェでお茶して解散します。
→ 参加希望の方は03-6658-4977まで

何卒ご了承ください。
ご来店をお待ちしております。

見逃さない

組み立ては決してルーチンではありません
同じモデルでも、同じメーカーでも、同じように組み立てられるわけではありません。一定のクオリティコントロールが行われていても、それには定められた範囲での差があり、たまにはそれを超えたものを存在はしています。良くないことですが、エラーはあるものです。

工場で出荷時にチェックしきれなかったものは最終的にお店でチェックをします。今回はホイールを振れ取り台にかけて調整していたら、リムの僅かな曲がりを発見しました。振れのようにリム全面ではなく、ブレーキ面のごく一部のみが曲がっていました。リム製造時のエラーではないかと思います。完成車の場合には自転車からホイールを外さずに組み立てて渡してしまうお店もあるので、そういった場合には見つけにくかったろうと思います。結果、今回は店内で修理が不可能なのでホイールまるごと交換していただきました。

代理店であるミヤタサイクル様に連絡をし、直ぐに対応いただいたので納期を伸ばすことなく納車することもできましたのは、営業担当者様や代理店様のおかげです。いつもいつもこのような際の対応があるたびに、ミヤタサイクル様への信頼は増しています。こういうことを考えると、海外から通販で送られてくる自転車を15分で組み立てて乗るということには様々な問題の種を含みそうですね。

我々が、いや私がかも知れませんが、扱う自転車メーカーを絞る際にはそのような際の解決力をかなり重視しています。どんなに良い性能でも、かっこよくても、安くても、最後にオチがついてしまうと最悪です。また、自転車という車両が負う特性も忘れられません。

以後も注意して組み立て、一定のクオリティを持った自転車をミヤタサイクル様と協力して販売していきたいと思います。

実機をいじるとわかるWahoo ELEMNTの良さ

”使いやすさ”ってこれだなとわかります
カタログではわからない。実機をいじるとわかるWahoo ELEMNTの良さがわかります。伝わります。トレーニングに使う方にはかゆいところに手が届きすぎて、この会社のR&D半端ないな…と思ってしまいます。

日本語が変というところが話題になりますが、その点は代理店さんからもメーカーに伝えています。それよりも先に歩を進める事にプライオリティを置く開発体制には賛成します。明確に機能を損なうバグやエラーでない限り、優先すべきではないと思います。「だって、使えてるでしょ?」がインターナショナルな評価姿勢です。私はそれでいいと思ってます、使えるので。変に重箱の隅を突くコストで停滞するよりも、相手を出し抜くことが第一です。

ボタン配置、それらを押したときの挙動などイチイチよくできてます。

「あーそうそう、そう動いてほしかったのよ」っていう孫の手感がWahoo ELEMNT/ELEMNT BOLTの魅力です。

いろいろなサイクルコンピューターがデビューしてますが、使いもしない機能についてカタログ上で評価をして比較しても、自分の使い方に合うものは見つけられないだろうと思います。サイクルコンピューターって決めてはスペックじゃないんですよね。

Wahoo Elemnt boltは当店のウェブストアでも取り扱っています。
Wahoo ELEMNT BOLT 単体版 | サイクルショップ マティーノ ウェブストア
https://mattino.theshop.jp/items/10118765

[業務連絡] 納車準備が整いました

SCULTURA 4000
199000円(税別)

はじめてのロードはメリダから始まります。乗りはじめの楽しい時間を忘れてしまっているサイクリストは結構多い気がしますw

MISSION CX 400
179900円(税別)

しばらく悩まれたようですが、これにてシクロクロスデビューの予定だということです。今シーズンのうちにレースデビューでしょうか。MISSIN CX 400は在庫が一旦尽きてしまうのがもう間もなくで、次回は3下旬入荷予定です。それが最後の入荷になると思いますので、ご予約をおすすめします。

この機会にMacをあたらしく

この機会にMacをあたらしくしました
これまでは開業時から使っていたiMac 21.5インチ 2011Midだったんですが、Mojaveへのアップデートも絶たれ、セキュリティアップデートもいつ切られるか…というところでしたので、今回のPayPayフィーバーに乗じてアップデートしました。決して、予算が潤沢にあるわけではないんですが…、チャンスは逃すべきではないと思いまして。

あたらしいMac miniさん、こんにちは
最初はラップトップにしようと思ったり、iMacは現役のままにして居宅スペースでWKO4で解析するために中古ラップトップの買い増しをとも思ったんですが、ラップトップは絶対価格とともにその寿命の短さが好きではなく、ディスプレイも小さいし、解像度を上げると余計に目が疲れますし、常に下向きになるのも辛い…。ので、断然デスクトップ派です。Mac miniは最小構成で十分。ストレージは128GBでOKです。そのかわりアプリケーション以外のデータをNASに放り込みます。SYNOLOGYの2ベイに4TB、じきに4Tx2でRAID1構成にします。これで2本同時に死なない限りデータは残りますし、更に大きな容量へのアップデートも可能になります。モニタは古いものを使ってみたんですが画質に不満を感じたので、Viewsonicの27インチWQHDに変更することにしました。HDDはもう一本必要ですが、ここまで揃えても総額11万…、ラップトップにしていたら13インチか数年前の中古で目一杯だったでしょうね。

コンピュータを買うのは自転車を買うのに似ています
目的に応じて機材に持たせるポテンシャルを計測し、それに対してどれほどの余裕をみて選択するかというところ、あるいは後ほどアップデートができる部分の選定など、自転車を買う場合にも少し似ています。だから、買うときにはカタログに詳しいだけの人ではなく、実際の目的に対してちゃんと知識のある人が必要になるということです。

今回はアキバで買ったんですが、やはり同じ系列でも別会社、ビックカメラとソフマップでは知識や人柄に雲泥の差がありました…。その後立ち寄ったドスパラの店員さんがまた素晴らしく、私の用途にベストマッチなモニターを提案してくれました。量販にもいい店員さんはいるんでしょうけど、忙しすぎてその人を見つけるのは至難の業。むしろ私の場合には、買うものが決まっているときには量販店、つまり接客がいらない商品のときです。たとえケーブル一本でもわからないことがあるときには専門店で専門家に聞いて、そこで買います。

今どきのパソコンや液晶モニタについて言えば、「どんな設置環境や用途ですか?」と聞かずにスペック重視で4K対応だとかって売り込みに来る店員さんはヤバイってことです。自転車にそっくりですね。

今回の買い物でも、可搬しないのにラップトップを選んでしまったりするところでしたし、無駄なお金をストレージにかけてしまうところでした。情報はすぐ手を伸ばせば手が届くようで、実は表面を撫でているだけということは今回だけではない気がします。

何のために、何を、どこで、どうやって買うか。
買い物で大事なことですね。

[今がチャンス!] 何を買っても20%分のポイントバック

当店でも、本日より「PayPay」がご利用可能となりました
すでに4日よりキャンペーンがスタートし、提携している店舗ではたくさんの利用があるようです。そのせいで多少の混乱まで生じているくらいです。

そりゃそーですよね。当店でも利用いただけるようになりましたので、メリダのバイクやフレームも、Q36.5のウェアも、LAKEのシューズも、オーバーホールも全部実質20%OFFで買えます。

「PayPayとは」
PayPay(ペイペイ)はソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が運営するQRコード決済サービスです。
利用料は無料、スマホがあればすぐに利用できます。
PayPay(ペイペイ)加盟店ならば、瞬時に決済ができ、支払額に応じて還元を受けることもできます。

「PayPayの利用に必要なもの」
■ スマホ
■ 銀行口座
■ クレジットカード
※銀行口座とクレジットカードはどちらかひとつでも構いませんが、クレジットカードを登録しておくと利便性はより高くなります。

「PayPayの利用方法」
PayPay(ペイペイ)を利用するのはとっても簡単です。スマホにアプリをインストールし、アプリにカードや銀行口座などを登録します。私もやってみましたが、10分位で利用可能になりました。

「PayPayでのお支払い方法」
PayPay(ペイペイ)は下記の3つから支払方法を選択できます。
■ PayPay残高
■ Yahoo!マネー
■ クレジットカード
予め残高に銀行口座から入金しておき、そこからお支払いいただくとまるで現金感覚で利用いただけますし、これまでのクレジットカードでお支払いいただくのと同じようにカード払いも可能です。

20%ポイントバックはいつまで?
PayPay株式会社の支払総額が100億円に達するまでは継続されます。いつ終了になるかはわかりませんが、一人が月単位で5万円までしかポイントバックされず、抽選に当選したとしても10万円ですので、しばらくは平気なのではないでしょうか?

しかもこれ、工賃にも当然適用されますのでオーバーホールなんかもお得にご依頼頂けます。

当店でご利用頂く場合
単に決済方法が現金やカードから「PayPay」に変わるだけですので、自転車本体、フレーム、パーツ類などあらゆるものでご利用いただけます。また、取り寄せ品でも納期が確定しているものであれば対応可能です。ウェアやシューズにもご利用いただけますので、この機会に買い換えや買い増しをご検討ください。

シンクロシフトは最高である

上の動画はMTBについてのものですが、ロードでも同じことです。そもそもDi2ではチェーンテンションが低くなってしまう状態にさせず、インナーのトップにはシフトさせないなどの機能を備えていますが、もうひとつシンクロシフトという機能があります。まあ、もうご存知の方も多いとは思います。

リア側のレバーを押すだけで、フロント/リアディレイラーの同調変速が可能
リアディレイラーのポジションを判断し、フロント/ディレイラーを自動で変速させます。システムが最も効率の良いギアポジションを選択します。

シンクロモードではシフトマップの選択が可能
フロントディレイラーの変速タイミング、リアディレイラーの変速モードを選択できます。
■ シンクロシフト:リヤを操作するだけで最も効率が良いギアを自動的に選択し、変速してくれる
■ セミシンクロ:アウターからインナーへシフトした際に、リヤを最も効率よいギアへシフトしてくれる


最初は「自分で変速するから楽しいんだ」と初期のセミオートマ否定派的のような考えもあったですが、使ってみるとこれがもう便利すぎました。右手だけですべてOK。スラムはシンプルだと言いますが、シマノでもそのような設定は可能です。さらには同時押ししてフロントシフトすることも忘れていいので、全力でペダリングしていてもミスが少ないのはシマノでしょう。

特にはアウターからインナーへダウンシフトする際には、リヤをどうしたほうが良いなどの状況把握して指を動かすのは結構大変です。どんなときでも右手を少し動かせばいいだけなのはレース以外の状況でも効果抜群ですね。

まあ今さらって感じでしょうけど、めちゃくちゃ気に入ってしまいましたw

ChallengeのCXタイヤにチューブレスレディが追加になりました

チャレンジのCXラインナップにチューブレスレディがついかされました
タイヤの選択肢が増えるのはいいことです。お値段も買いやすく、今すぐとはならなくとも、どこかでテストしておきたいところです。

3種類の内、2種類を入れました。

ライムス チューブレスレディ 700x33C
5700円(税込)

グリフォ チューブレスレディ 700x33C
5700円(税込)

ライムスは泥用、グリフォはオールラウンドという位置づけですが、ライムスは安定性が高そうなのでビギナーの方には良い気がします。今度の宇都宮あたり、こんなタイヤも良いんじゃないでしょうか?

グリフォは接地面が広く取れそうなのでオールラウンドに使える気はしませんが、締まった路面には合いそうです。自分はシラクエッジのダイヤ目は接地感が薄く、流れる感じを好まないのでそんな時にはこれが合う気がします。

ウェブストアでも購入していただけます
チャレンジ シクロクロスTLRタイヤ | サイクルショップ マティーノ ウェブストア
https://mattino.theshop.jp/items/15370643