Author Archives: asamako

今熱いのがこれ!
1:活性酸素の除去
2:血流促進
3:筋肉の修復
により疲労を改善します。

筋肉が緩むのを時間でき、動きの質がアップ。パフォーマンスも上がりますし、怪我をしにくくなります。

サロンパス的なスゥーッとして効いた気がする!というものではなく、筋肉の深い層にまで浸透し、リラックスさせます。それは使用者が実感できるほどです。

対象は
■ 毎日疲れが取れない方
■ パフォーマンスを上げたい方
■ 肩こり・腰痛が酷い方
■ 怪我を予防したい方
■ よく足がつる方
■ 筋肉・関節が硬い方
です。


まさに私じゃないですか!!!
ってことで、自分がほしいアイテムなので仕入れました笑

きっと、皆さんの私生活やスポーツでもお役に立つことと思います。


ウェブストアでも販売しています

スパークユー トータルボディケア スプレー(サイクルショップ マティーノ ウェブストア)

https://mattino.theshop.jp/items/26151638

スパークユー トータルボディケア フォーム(サイクルショップ マティーノ ウェブストア)
https://mattino.theshop.jp/items/26151683

ついに例のブツが来ましたよ

ジャーン!きました!!!

内外価格差のなく、優良な予感のするホイール
http://www.oneaer.com/index.html

私が使用しているBH EVOホイール、そこでメインに携わっていた技術者が何人か引き連れて独立し、興したまったく新しいブランド。なので、まだ知名度はありません。

にも関わらず、早速サーベロの完成車に採用されるなど、新鋭にしては数段上からのスタートになっています。

BH EVOホイールのできの良さを考えつつ、今回の製品のスペックなどを見ますと、どうしても気になります。特に、これからディスクロード用ホイールの買い替えなどを考えている場合には、要注目だと思います。


ラインナップはカーボンのみ
ラインナップはディスク版はD3/5がDT370ハブ、DX3/5がDT240ハブ。リム版はRX3/5で、どちらもハブは240です。D2XというCX・グラベル用もあり、ハブは370となります。リムハイトは2が32ミリ、3が38ミリ、5が48ミリです。リム幅は概ね26ミリです。

グラベル&CX用としてはD2Xというモデルになっているんですが、3や5でもグラベルやCXで使えると書いてありますので、耐久性的には問題ないようです。

すべてチューブレスレディに対応したリムです。BH EVOでの実績があるので、これは信頼できるリムだろうと思えます。


[ディスクブレーキ/DT 370ハブ]
D3 735g/875g/1610g 158,000円
D5 768g/895g/1663g 158,000円

[ディスクブレーキ/DT 240ハブ]
DX3 610g/710g/1320g 208,000円
DX5 630g/740g/1370g 208,000円

[リムブレーキ/DT 240ハブ]
RX3 638g/767g/1405g 218,000円
RX5 640g/782g/1442g 218,000円
※すべてホイールバッグ、シーラント、TLRテープ・バルブ付属
※リムブレーキモデルにはQR、シュー付属


かんたんに総括
使ってみないと感触ばかりはわかりませんけど、例えばスペックで見た場合には、驚異的な価格設定です。大きくはハブの違いで370か、240か。3本爪式かスターラチェットという違いもありますが、370はJベンドスポークなのに対して240はストレートプルになっています。

20万円前後では350ハブが妥当なラインです。FFWDのF4D-FCCは50ミリハイト、350ハブ、1550gで197,000円。ROVALやAeolusでは240を使った同程度のスペックだとおおむね前後で35万円前後が相場でしょうから、どう考えてもおかしい価格です。それに対してワンエアーのD5Xは50ミリハイト、240ハブ、1370gで208,000円。

軽くて安いばかりが正解ではないですし、繰り返せば使ってみてからの判断になりますけど、触手が伸びないわけがないと思います。めちゃくちゃ気になりますね。さすがに価格差が10万を超えると比較しようとは思いません。

下位モデルのD3/5にしても、税別15.8万円。この中に1600gの重量と信頼を詰め込んでいるので、まさに日常使用できるホイールになると思います。ディスク用となれば、もはやこの値段をだしてアルミリムを選択する理由はないでしょう。


試乗していただけます
気になりますよね。ね?
だから、試乗していただこうと思います。

良さを実感して、購入の決め手にどうぞ!

B.B.BASEのパンフレットを配布してます

当店から最寄りの両国駅スタート・ゴールで展開しているB.B.BASE

これまでは自転車を購入しても、輪行の仕方を学ぶという段階を踏まないといけませんでした。これが結構面倒くさい。

私も輪行嫌いなんですよ。どっちかといえばしたくない。

輪行のイメージはこんな感じ
■ 傷が付きそう
■ 重たい
■ 方法を学び、コツを得る必要がある
■ 年に何度か使うだけなのに、袋を買わないといけない

頻繁に行く場合にはそれだけの準備をする気にもなりますが、たまに楽しむだけなら面倒です。

B.B.BASEを利用することで、輪行せずに自転車を積むことが出来、手軽に旅が楽しめるます。行き先も増え、いろいろな場所で楽しむことが出来るようになっています。

もちろん、Eバイクも積載可能!!!

当店でEバイクをレンタルしていただき、それでB.B.BASEに乗るのもありですよ。

私物を売ります

「DT SWISS P1800 Spline db 32 タイヤチューブ付き」
試用期間は数ヶ月ですが、走行したのは500キロ未満です。タイヤ(コンチネンタル グランプリスポーツレース)も使えますし、ホイールはもちろんまるで新品です。

35000円でいかがですか?

取置いたしますのでご連絡ください。

Formula PRO シリーズ 在庫限りのセール

まもなく、5世代目となる新しいFORMULA PROシリーズが発売になります

この5世代目(型番HP92)から FORMULA PRO S-LIGHTとして、軽量なチューブレスレディ仕様をラインナップに加え、より多くのユーザーのニーズに応えられる Formula PRO シリーズとなりました。また、Newコンパウンド RBCC2はグリップに優れるのはもちろん、抵抗を減らし、摩耗性も向上、そして耐候性(ひび割れ)が大きく向上し、全モデルに採用しました。

2月下旬ころより、順次出荷開始を予定しております。

特徴
■ 軽量!! チューブレスレディ仕様のS-LIGHTをラインナップ!
■ 性能向上を果たした RBCC2 コンパウンドを全モデルに採用。
■ 低転がり 新パターン/ビード部を補強/耐候性が大幅に向上

発売時期
■ 2月下旬

店主の意見
チューブレスレディ仕様の開発に関しては数年前から知っていました。

ただ、全てのモデルではなく現行のFORMULA PRO LIGHT(軽量モデル)だけがS-LIGHT(チューブレスレディ仕様)となったようです。もともとFORMULA PRO LIGHTは、ビードが軽く柔らかいので新品時には良いですが、一度外した後にはビードが上がりにくいという課題がありました。ゆえに、当店では一度装着したらエアを抜かずにそのまま使い切ることをおすすめしていましたし、レース使用の方以外にはノーマルのRBCCあるいはX-GUARDをおすすめしていました。チューブレスレディ仕様となった場合には、その症状がどの程度出るのかを見届けた上で、使用に適したユーザーの範囲が決まってくると思いますので、RBCC2が鉄板モデルなのは間違いないと思います。

これまではホイール同様に、「タイヤも軽いほうが楽なんだ、転がるんだ」というイメージが合ったと思いますが、それはチューブレスを使用する理由やメリットを冷静に考えますと、誤った認識だといます。重量よりも、転がり抵抗の軽減がスピードの低下を防ぎます。そのためのチューブレスです。

チューブレスレディにすることで重量的なメリット以外に、柔らかく作ることができるのでタイヤ本来の持ち味や構造的なメリットを出しやすいということがあります。ただ、従来から軽量モデルはトレッドが薄いので荷重によって変形しやすいという特徴もあり、重量級ライダーには向きませんでした。新作ではそういった性能のバランスがどうなっているのかに注目したいところです。

現行モデルのRBCCコンパウンドは、先代モデルと比較して大変優秀になりました。RBCC2に関してさらなる耐候性の向上を謳っているのですが、先代のそれには不満を感じたものの現行RBCCに関してはなんの不満もありません。ちなみに、ASPITEにも同じRBCCコンパウンドが採用されており、FORMULA PROと共に優れた耐久性を発揮しています。たとえ、多少ヒビが割れてもコンパウンド自体は硬化しないので、最後まで使い切ることが出来ます。ですから、3500〜4000キロは使えるのが現行機種です。RBCC2となり、それ以上の性能だとアピールがありますが、個人的にはそこまで劇的には向上しないのでは?と思っています。ゆえ、ページ下部で案内していますが、このタイミングで現行モデルをセールで購入頂くのも良いと思います。

 

商品名サイズパターンビード仕様税別価格
FORMULA PRO S-LIGHT700x23CRBCC2/S-LIGHTTLR7600
FORMULA PRO S-LIGHT700x25CRBCC2/S-LIGHTTLR7600
FORMULA PRO S-LIGHT700x28CRBCC2/S-LIGHTTLR7600
FORMULA PRO RBCC700x25CRBCC2TL7600
FORMULA PRO RBCC700x28CRBCC2TL7600
FORMULA PRO X-GUARD700x25CRBCC2/X-GUARDTL7600
FORMULA PRO X-GUARD700x28CRBCC2/X-GUARDTL7600
 


新型登場にあたって、現行モデルのセール販売を行います
価格は
通常7600円のところ → 5320円(税別)
で提供いたします。
※取り付けは別途工賃(片側 2200円、TLRリムの場合にはテープ代込)を頂き、承ります

交換を承っても、実質工賃無料となりますので、この機会に交換をご検討ください。現行モデルでは9年ぶりのモデルチェンジを行った製品で、現状で発売されているチューブレスタイヤにおいては大変評価の高いモデルです。

新しいモデルも気になりますが、チューブレスを未体験の方、あるいはIRCフリークの方には現行モデルの方がお得です。

2/9(日)ビギナーズライド参加者募集

30-40kmほど楽しむ範囲で走ります。その日によって予定は変わりますが、カフェライド、ランチライドの企画もあります。

走行速度やルートは参加者の方のレベルにフィットさせます

■ 車種は問いません
■ ロードバイク、クロスバイク、EバイクなんでもOKです
※ビギナーズライドはレンタルEバイクでも参加可能です

時間は8時〜11時までで、この日は帰りに浅草でおにぎり、あるいはらーめんランチの予定です。

参加希望の方はお電話(03-6658-4977)ください。

※ルールとマナーを守ってくれる方ならどなたでも参加可能・他店購入OKです
※保険は各自の責任のもとで加入してください


今後の開催予定は下記の通りです

2/9(日) この日は帰りに浅草でランチの予定です
2/23(日) この日は帰りに向島で生搾りジュース&自家製サンドイッチランチの予定です

MTBのXCレースでは根強い人気

MTBのXCレースではグリップシフトに根強い人気があります

メリットはこんな感じです。
■ まず軽い
■ 変速が速い
■ 手を動かさなくてできる
■ 立ち漕ぎしてても変速できる

無線より電子式より、グリップシフトを選ぶ理由があるんです。

1/26(日)ビギナーズライド参加者募集

30-40kmほど楽しむ範囲で走ります。その日によって予定は変わりますが、カフェライド、ランチライドの企画もあります。

走行速度やルートは参加者の方のレベルにフィットさせます

■ 車種は問いません
■ ロードバイク、クロスバイク、EバイクなんでもOKです
※ビギナーズライドはレンタルEバイクでも参加可能です

時間は8時〜11時までで、この日は帰りに浅草でおにぎり、あるいはらーめんランチの予定です。

参加希望の方はお電話(03-6658-4977)ください。

※ルールとマナーを守ってくれる方ならどなたでも参加可能・他店購入OKです
※保険は各自の責任のもとで加入してください


今後の開催予定は下記の通りです

2/9(日) この日は帰りに浅草でバインミー(ベトナム風サンドイッチ)ランチの予定です
2/23(日) この日は帰りに向島で生搾りジュース&自家製サンドイッチランチの予定です