Category Archives: 入荷・商品情報

ミヤタメリダバイキングチーム 小野寺健選手の決戦ホイールがコレ

DSC_6971

「27.5でちょっと良いホイール欲しいんだけど、良いのないかしら?」

だったらコレ、DT XR1501 SPLINE
DTが2014年にリリースするアルミホイールのトップレンジがコレです。

多くは語りません…
あなたの目利き能力が試されます…

前後で1463グラム(実測)、カタログ重量は1470グラム。
とても軽いです。これ以上言うことはありません。

XDフリーにももちろん対応
もちろん、別売りのXDフリーを使えばXX1にも対応します。

チューブレス対応
ホイールを買っても、軽くても、チューブレスでなければ困ります。No Tubesと同じ方式なので、クリンチャータイヤをチューブレスにして使用することが出来ます。

使った感じは?
剛性は十分、走行感は当然軽快です。粘りは多めではないので、シャキッと走るタイプながら、スチールスポークの振動吸収性があります。

ちなみにミヤタメリダバイキングチーム 小野寺健選手の決戦ホイールがコレ
カーボンホイールも試したんですが、軽すぎて伸びないのでこれが良いとのこと。

軽くて、多用途、DTだからこその信頼性もあって…言うことなしです。

お値段は他メーカーより数万円はお得
前後ペア価格:125000円(8%税込) → サマーセールプライスは店頭にて
※地方発送も可能です

DSC_6978
フロントです。

DSC_6979
リアでございます。

DSC_6975
フロントの重量。

DSC_6974
リアの重量。

DSC_6980
ロゴのたぐいはステッカーではないので剥がれません

DSC_6981
リム幅は20ミリ(内寸)のワイドリム、27.5×2.4まで履けますし、サイドグリップ良好のはず。

DSC_6983
2ピースハブ&ストレートスポークがSPLINE 1の特徴でもあります。

DSC_6982
DTといえばスターラチェット。18Tではなく、36Tの上位仕様ラチェットを最初から内蔵。

DSC_6985
リム断面はNoTube同様なので、テープとバルブでチューブレスレディですぐ使えます。

DSC_6987
小物は全部入り。チューブレスバルブ、チューブレステープ、フロントQR用アダプタ、リア135QR用アダプタ、QRレバー。

DSC_6973
DTだから抜群の安定品質。サービスはDT SWISSジャパンで。

これを知らなきゃ”もぐり”ですね

写真 2014-06-03 18 53 34

ロード/MTBチューブレスタイヤの着脱にはもちろん、ノーマルタイヤの着脱にもそりゃもう使い易いったらありゃしません。

チューブレスタイヤを使うMTBライダーでこれ知らなかったら”もぐり”ですよ。

IRC チューブレスタイヤ用タイヤレバー
1150円(8%税込)/2本セット

今持っている他のタイヤレバーですか?
ゴミ箱にポイしちゃってください(笑)

あ、そうそう。あと大事なのは使い方ですよ。

今月はタイヤフェア 「IRC MTB&CXタイヤ」

6月末までの間、当店オススメのタイヤを特別価格で販売します。

もう、あまり細かいことは言いません…

ダートを走るライダーに聞いてみて下さい。

「なぜ、IRCのタイヤを選ぶのですか?」と。

「さぁ、あなたもこのチャンスに体感。」
 1本購入で8%OFF
 2本以上購入で14%OFF
でお求め頂けます。

たとえば、2本ペアなら
 MYTHOS XC TUBELESS READY 26/29×2.1/2.25 8208円 → 7059円(8%税込)
 MYTHOS XC 27.5×2.1 4968円 → 4273円(8%税込)
 G-CLAW TUBELESS READY 29×2.0 8208円 → 7059円(8%税込)
 STINGO XC TUBELESS READY 29×2.0 8208円 → 7059円(8%税込)
 MIBRO for Marathon TUBELESS 29×2.0 8208円 → 7059円(8%税込)
 SERAC CX TUBELESS/TUBELESS MUD 700x32C 7128円 → 6130円(8%税込)
 ※1本の価格

[取り付け工賃のご案内]
 クリンチャー 1080円
 ロードチューブレス 1620円
 MTBチューブレス/レディ 1620〜3240円
 ※1本単位
 ※MTBでIRC以外のTLRの場合にはお預かりして、後日お渡しになります

写真 2014-06-02 18 50 29

写真 2014-06-02 18 50 55

今月はタイヤフェア 「IRC FORMULA PRO チューブレス」

写真 2014-06-02 18 42 27

6月末までの間、当店オススメのタイヤを特別価格で販売します。

これから沢山走る時期が来ますから、その前にタイヤ交換しちゃいましょう。

今がチャンスです。

「当店では何度も書いていますが、チューブレスタイヤは日本製のIRCが鉄板!です」
 1本購入で8%OFF
 2本以上購入で14%OFF
でお求め頂けます。

「なんでIRCなのか?については過去ログも検索して下さい(笑)」

■ 真円度が違う
JISでキッチリ寸法の間違いない真円度を保ちます。また、エアを入れっぱなしにすれば、タイヤのビードは伸びてしまいますが、これもJISで規定された寸法公差の中に収まるように作っています。海外メーカーでは、そのようなテストはほぼされません…

日本製、さすがです。

■ 余計なエア漏れはしません
前述の真円度ありきですが、エア漏れ対策もしっかりしています。ビードがしなやかであればリムへのフィットがよく、しかしある程度硬さがないと伸び伸びのダルダルになってしまいますから、リムから外れてしまいます。数ヶ月でダルダルになっちゃう海外製タイヤ、よくありますよね…。IRCのロードチューブレスはシーラント無しで機能します。海外製のほとんどのメーカーではシーラント前提にしたエアシール性しか発揮できていませんから、呼び名も”チューブレスレディ”となっています。

「IRCは漏れるよ」なんて言う人がいたら、それは多分やり方が悪いか、嘘ですね。

■ ライトなら240グラム!
チューブ要りませんからね、それで240グラム。めちゃ軽です。漕ぎ軽いです!しかも、エアボリューム確保できて、パンクリスクも減る。ヒルクライムにもとても良いですよ。

■ RBCCで25Cがリリースされました
これは待望の!でしょう。ウェットグリップの良いRBCCコンパウンドを使って、しかも25Cのエアボリューム。下りが楽しくなりそうなタイヤです。

たとえば、2本ペアなら
 FORMULA PRO TUBELESS LIGHT 10260円 → 8824円(8%税込)
 FORMULA PRO TUBELESS RBCC 23C/25C 8208円 → 7059円(8%税込)
 ※1本の価格

[取り付け工賃のご案内]
 クリンチャー 1080円
 ロードチューブレス 1620円
 MTBチューブレス/レディ 1620〜3240円
 ※1本単位
 ※MTBでIRC以外のTLRの場合にはお預かりして、後日お渡しになります

今月はタイヤフェア 「IRC ASPITE PRO」

写真 2014-06-02 17 42 55

6月末までの間、当店オススメのタイヤを特別価格で販売します。

これから沢山走る時期が来ますから、その前にタイヤ交換しちゃいましょう。

今がチャンスです。

今日発売したばかりのIRCのASPITE PROを
 1本購入で8%OFF
 2本以上購入で14%OFF
でお求め頂けます。

※初回少量入荷

「どんなタイヤなのか、まずはためしてガッテンよろしくです」

■ 新開発コンパウンド
ASPITE PRO には新開発のコンパウンドを使用。Formula PRO チューブレス Light の転がり抵抗はそのままに、グリップ性能を向上させました。
また、コンパウンドの耐貫通抵抗値を上げることで、突き刺しによる耐パンク性能を向上させました。ASPITE PRO WET にはハイグリップで実績のRBCC コンパウンドを採用しています。

■ 耐パンクブレーカー採用
ASPITE PRO / ASPITE PRO WET は全面に耐パンクブレーカーを入れて補強、耐サイドカット性が約40% 向上しました。 一方で重量は 180TPI との組合せにより205g と軽量です。

■ トレッドパターン
DRY 用 ASPITE PRO はセンターはスリック、ショルダー部は外に向かうほど摩擦係数が大きくなるヤスリ目状のパターンです。WET 用 ASPITE PRO WET は排水性を高めたマイクログルーブパターンです。
写真 2014-06-02 17 43 33

スペックが全部要りすぎてちょっとびびりました!

たとえば、2本ペアなら
 ASPITE PRO/PRO WET 24C 6696円 → 5759円(8%税込)
 ※1本の価格
 ※26Cは未入荷

[取り付け工賃のご案内]
 クリンチャー 1080円
 ロードチューブレス 1620円
 MTBチューブレス/レディ 1620〜3240円
 ※1本単位
 ※MTBでIRC以外のTLRの場合にはお預かりして、後日お渡しになります

写真 2014-06-02 17 44 05

今月はタイヤフェア 「GrandPrix 4000 S II」

DSC_7459

DSC_7069

6月末までの間、当店オススメのタイヤを特別価格で販売します。

これから沢山走る時期が来ますから、その前にタイヤ交換しちゃいましょう。

今がチャンスです。

コンチネンタルのGrandPrix 4000 S IIを
 1本購入で8%OFF
 2本以上購入で14%OFF
でお求め頂けます。

※取り寄せもOK

「ロードのタイヤで何が良いですか?と聞かれて、”コレです”と即答できるタイヤは少なくなりましたね…」

GP4000もよかったですけど、4000SIIはさらに転がりとグリップをバランスよく高性能化しています。もちろん、ドイツ生産です。

たとえば、2本ペアなら
 GrandPrix 4000 S II 23C/25C 6696円 → 5759円(8%税込)
 ※1本の価格
 ※28Cは未入荷

[取り付け工賃のご案内]
 クリンチャー 1080円
 ロードチューブレス 1620円
 MTBチューブレス/レディ 1620〜3240円
 ※1本単位
 ※MTBでIRC以外のTLRの場合にはお預かりして、後日お渡しになります

やはりこの辺にまとまってくる感じか

シリアスレーサー離れはオンオフ問わず伝わってくる中で、MTBでは特にその傾向。ただ、それは海外の例であって、日本国内ではXCバイクってまだまだ使い易い。

大きなトレイル、つまり長く登ってあるいは搬送して、そのあとに長く下れるトレイルが少ないので、いわゆる和風エンデューロ的トレイルライドを強いられるわけですね。

登らないと行けないし、下りも快適にしたい。
XCレースもかじりたいし、王滝にも出たい。

そんなわがままはレーサーではないXCバイクの範疇か、と。

んで、これです。NINER ROS9!

このカラーは新色だそうです!国内導入時期は未定ですが、手に入れたい諸氏はお早めにね!です。この前に出たハイビズなイエローの限定色も国内導入あったはず。

いやー、NINERのデザインセンスって抜群ですね。
完成車仕様にはすでにX1が装備されていたりしてます…。

LITECのC-275あたりと突いているところは同じだと思うんですよね。ホイールサイズは違いますが、ジオメトリ的に同じカテゴリか、と。150-120くらいの可変フォークとドロッパー装備して、ステムは50〜70ミリくらいで登りも下りもいける両刀使いにするのも楽しいですし、いっそのこと120で割り切っちゃって、ステム80くらいってのもありですかね。ドロッパー用のアウター受けも用意されてます。

まあ、29なので最小サイズでもトップが580くらいなので、160センチ代だと乗せられちゃってる感が強くなりますから、この手のバイクはサイズも大事。

そう考えると、LITECのM10とC275のバランス感覚って抜群…企画力の勝利です。

あー、でもこの色は良いなぁ〜!

ちなみに、乗り味的には結構しなやか系だったSIR9ベースでリヤセンター短縮版がROS9なので、レスポンスアップ間違いなし。フロント三角の剛性がむやみに硬くないので、楽の乗れて登れるイメージを予測。さて、どうなんだろう?誰か買ってみて下さい(笑)

「ROS9の試乗車もってましたっけ???ミズタニさん。あったら貸して下さいね。」
SIR9とROS9の比較なんて面白いかも。

ROS-Purple-Niner-2

ROS-Purple-Niner4

ROS-Purple-Niner-3

このボトルはガチです(笑)

普段は「ボトルなんて何でもいいーっすよ」と言い切る私なのですが、このボトルは「待ってました」って感じました。

KABUTO ビッグバルブボトル
972円(8%税込)

「バルブ(飲み口)の径を1.5倍に拡大!一発でドバッと補給が出来ます!」
というすばらしくガチ走り系ボトルに、ちょっと震えました(笑)だって、他のメーカーはキャップにカバーをつけるとか(KABUTOにもありますが)、飲み口が汚れませんとか、保冷ですよとか、甘っちょろいボトル(笑)が多くリリースされる中でここ最近のKABUTOは違いますね、やっぱり。

写真 2014-05-29 12 35 19

さて、テストしてみました。真水を入れてバフっと発射。

一発目はドバッと出ましたけど、2発目は不発(笑)
でも、ドバッと出るでしょ?

あ、そうそう。ボトルのバルブ自体の出来も優秀ですよ。硬すぎて開かないこともなく、漏れも少ないので。

そして、ボトルのデザインがなかなかグッドです。

こちらのKABUTOデザイン!
写真 2014-05-29 12 33 14

寿司屋の湯飲み風(笑)
写真 2014-05-29 12 33 45

集中!
写真 2014-05-29 12 34 04

たますぃー(笑)
写真 2014-05-29 12 34 16

根性注入!って(笑)
写真 2014-05-29 12 39 47
写真 2014-05-29 12 39 40

リッチー シールドWCS 27.5×2.1 チューブレスレディ

今朝はいつもの通勤ライド。全然走れなかったです。身体がとにかく硬い。全然漕げてない、回せてない。踏めてないから、手と尻が痛い!久々に自転車乗るの辛い!(笑)

ま、こんな日もあります。こんな日にも、乗ってコンディションを体感することも大事。

写真 2014-05-22 20 27 10

リッチーのシールドWCS 27.5×2.1をテスト開始しました。

コンチネンタルのX-KING RS 27.5×2.2から換えるとノブ自体が柔らかいのとブラックチリの威力か、舗装路は重めに感じますが、一旦オフに入った時の一定したロール感は嫌いじゃないです。ブラックチリは路面がハードになるとちょっと浮いて乗っかるようになってしまう感じがするかなぁ。

シールドWCSはチューブレスレディ対応で、ゴム質は(リッチー伝統の?)柔らかめなので割と広いコンディションに使えそうです。

コンチのRACE KINGのようなパターンなので、海外レビューやBBSでもどっちが良いのか?なんて比較されていますので、当サイトでも比較してみようと思います。

tirecomp_zps7a46b8f7

RACE KINGは僕みたいなノービスライダーが使うにはちょっとドライっぽさが強すぎて厳しいと思います。グリップが足りない感じなので、雨上がりとかズルズル。逆にドライ系でも王滝みたいな林道砂利系コンディションだと、転がりすぎてコロコロと砂利の上を転がって、コーナーでブレーキングが遅れたとき何かに対応しにくくて、あーってまっすぐ行って止まれない感じ。なので、リヤにRACE KINGでフロントにX-KINGなんてコンビとか、雨や砂利でRACE KING使えない人は前後X-KINGの方が全然良いかと思います。あるいは自分で判断できない人は前後X-KINGが無難。シールドを王滝タイヤにするなら、もう少しボリュームが欲しいかなぁ。

このシールドはフロアポンプだけでビードが上がりますから、ビードの上がりも良い感じです。この点、コンチはコンプレッサー必須ですし、シーラントの乗りも良くないメーカー。コンチはUSTもありますけど、ドイツ生産ではなくなりますし、重量面で100-150g程度も重たく2.0で650g程度、2.2で700gにまでなってしまいます。

使っている人がまだ少ないタイヤかも知れませんが、軽量ですし、チューブレス化も比較的容易でしたので、多くの人が使い易いんじゃないでしょうか。このタイヤを泥で使おうとは思わないと思いますが、それ以外のコンディションでは悪くないではないか?と。個人的には2.25くらいまで太さがあると良いかなぁ…

リッチー シールドWSC 27.5×2.1 チューブレスレディ
7776円(8%税込)

※26×2.1/29×2.1もあります

■ 低めのノブを配置したトレッドパターンはオールラウンドなコンディションの中でトラクションとコントロール性を発揮
■ VFA(Vector Force Analysis) designによって、様々なコーナーリングアングルで一定の安定したトラクションを発揮
■ サイドはコーナーリングの事を考えた柔らかめ、センター部は抵抗低減と耐久性を重視したコンパウンドを配置したデュアルコンパウンド
■ Tubeless Ready対応
■ 重量: 540g (26×2.1″) / 533g (27.5×2.1″) / 554g (29×2.1″)

今年も雨の時期なので、コレが入荷

DSC_4587

DIXNA クラウドリフト
3780円(8%税込)

カラーはブラックとシルバーの2色があります。
梅雨時期前半も使いたい方は今すぐゲットですよー。

ブラック在庫あります!

この手の製品には
 ① 取り付けが面倒
 ② グラグラする
 ③ プラスチックで安っぽい
 ④ ゴムバンドによる取り付けで大丈夫か
などの評価を頂きます。

がしかし…

① 泥よけの取り付けってもともとがある程度は面倒なものなんですよ(笑)専用品なんてありませんから、現物合わせが基本。なので、お店でも泥よけとかスタンドの取り付けには試行錯誤することも普通です。工賃1575円〜(片側)で取り付けますよ。

② 走ればある程度はグラグラします。カシャッと音が出ることもあります。でも、致命的なトラブルではないはずです。取り付け位置や角度を最適な位置にすればそれほど気になりませんが、昨今多種多様な形状になってきたロードレーサーでは取り付け位置が上手く出るかどうかは作業次第、現物次第ですし、取り付けが出来ないケースもあります。

③ しょーがないです、プラスチックなので(笑)3675円で買えるんですから。高いものを買うか、あるいは尻を濡らすか…どれを選択するかです。ジッと観ればそれなりですが、走ってしまえば気になりませんよ。

④ ゴムバンドで取り付けるので、いずれ切れます。しかし、タイヤのひび割れに対する評判についても同じように、溶剤やオイル類によって劣化を使用者が加速させるケースも多くあります。白くなって劣化してきたら早めに交換すれば良しです。バンドは十分な本数が入っていますし、短く使えば数回分はあります。むしろ、すぐに外せる方がメリットを感じられる方向けの製品です。バンドのみでも別売りしています。

海外メーカーから2倍以上のお値段がする製品も出ていますが、取り付けやすいわけでも無く、保ちも変わらないです。実際に買って使ったことがあります。他にカーボン製でカッコイイものなんかもあるようですが、どうせ今時期しか使いませんし、その日使えれば言い程度、しかも通勤や朝練やその程度であればこれで十分ですね。

取り付けるとこんな感じ。意外と目立ちません。

8497_613131248700064_1652756745_n

579248_613131222033400_1358215083_n