Category Archives: 入荷・商品情報

当店ではMIYATAのEバイク「CRUISE」の試乗車を常設しています

とにかく衝撃でした
Eバイクは都内の街乗りに最高の道具であった…練習以外をロードで走る気がもうしません。結論から言えば、そうとしか言えないです。

MTBではなおのこと、クロスバイクでもロードでも、私が感じていた都内走行時に感じたストレスは、東京の中心に向かえば向かうほど増し、郊外へ向かってしか走りたくないという感覚が染み付きました。

具体的には
■ 交差点でのゼロ発進
■ 再加速時
■ ブレーキの制動距離
という代表的には3つの問題がありましたが、これが見事に解消されました。

■ 交差点でのゼロ発進について
どんなに軽量なロードバイクに転がりに優れたタイヤを装着しても、ゼロ発進でクリートを装着してからスピードに乗るまでには同じくらいの時間と走行距離が必要なため、私が交差点の先頭にいる場合には緩やかに発進し、後方に停車している自動車を2−3台通過させてから、巡航速度に入るようにします。自動車同士でも信号が赤から青になる場合には交通の流れが詰まってしまうので、先頭車両にストレスがかかりますし、自転車ではなおのことでしょう。私は交通の流れ全体にストレスを与えず、自分の身を守るべくそのように走行しています。しかし、E-BIKEに関してはゼロ発進がものすごく速く、得意です。思い切り漕がなくても、一般的な加速をしていた50ccの原付きバイクと時速20キロくらいまでは同じようでしたから、驚きました。これは自動車と張り合うべくするのではなく、あくまでストレスを軽減できるという意味です。いやはや、驚きです。自転車で都内を走って信号がストレスフルでしたけど、それがかなり軽減されました。結果的に走行時の安全性がアップします。

■ 再加速時
これも先に述べたことと似ていますが、走行中に前方の自動車やあらゆる障害によって減速を強いられるケースがあると思います。時速30キロ未満で走る状況から時速20キロ未満へ減速させられると再加速が大変。だから、原則せずに右へ避け、そのまま走り抜けようとするケースも見かけますが、大変危険なケースもあります。

■ ブレーキの制動距離
時速が速ければ速いほど交通の流れには乗れるのですが、止まるための距離も長くなってしまうのが問題です。時速35キロ以上で走れることができるサイクリストはいますが、その制動距離は大変長くなります。雨天時にはなおのことです。ディスクブレーキを装着したロードならばそれも短くなるのですが、タイヤの太さに限界があります。28Cまで太くしてなお、ブレーキ自体が発揮する制動力を使い切れるとは言えません。

★まとめ★
都内で余裕を持って走行できる自転車の速度を私は30キロ前後だと思っているのですが、E-BIKEはそのスピード域での加減速に関して最高の使い勝手を誇ります。E-BIKEに関する誤解としては「時速25キロを越えると重たい自転車になる」ということがありますが、大変な誤解です。もうひとつ、「海外仕様は最高」というものもありますが、これも誤解です。日本仕様は基本的にEU仕様とさほど変わらず、むしろ時速20−24キロにかけて緩やかにアシストが減ることで時速25キロ以上でも走行する際に重さを感じることはほとんどありませんでした。ゆえ、時速28キロ前後での巡航も大きく力を使う必要はありませんでした。車重を上手に利用するのがポイントですから、これは店頭で接客時にご説明差し上げます。


都内や平坦でもE-BIKEは活きます
先日の某ポッドキャストでは「都内や関東平野でE-BIKEはあまり必要ないし、活きないだろう」と繰り返されていたのですが、私が実際に走ってみた感想を正直に申し上げると、それは想像不足か体験不足かと思います。

街乗りや通勤にディスクロードだ!とか、勘違いかウソかのどっちかです。

E-BIKEはコストパフォーマンスが大変良い
ロードでは20-30万で完成車買ってもまだホイールが要るとか、コンポがアレだとか金を使ってプライドを買うわけです。あるいはそれを完成させても体力ありきという土俵の中にいますので、楽しむには楽しくない走り方を”ある程度は”受け入れる必要があるでしょう。つまり、ロードは結構お金がかかりますし、大変。もちろん、それに迎合しない楽しみ方もありますけれど。

私はMIYATAのCRUISEのホイール、サドル、シートピラー、ブレーキ一式、シフト一式などを交換したのですが、これはそれらのパーツが余っていたからで、改めて買ったのはフォークだけです。フォークも35000円だから、しばらくしてからお小遣いで換えても良いでしょう。輪行をするなどを考えると少しでも軽いほうが有利ですが、走行するだけで言えばE-BIKEに車重はそれほど影響がありません。登坂時にはEアシストで登りますしね。

Eバイクなら、例えばMIYATAのCRUISEならば税込で約28万の完成車に少し良いタイヤとステムの角度と長さを換えたらば、それで十分であるし道具として成立し満足してしまうと思う。どんなにお金を掛けたロードバイクよりもスムーズに加速し、一般的に利用する速度域でストレスを少なくして走ることができます。

使いみちや用途に合わせた最適な道具選びとは?
”使いみちや用途に合わせて…”と言葉尻では言うものの、ユーザーさん達の目はロードバイクに向けられることが多く、そこから出られないケースもあり、結果的に世間にはロードバイクが増えています。しかしながら、そもそもロードは練習やレースの道具である前提で言えば、沢山売れているのに疑問だった自転車屋は多いはずですし、そんな声もよく聞きます。なぜ?何に使うの?と。もちろん、何に使っても自由ではあります。しかし、Eバイクがカッコよく思われれば、クールだと思われればたぶんロードが売れる数は減ると思います。

私は時速35キロ以上で走れはしますが、機材がロードバイクじゃないとそれは辛い。クロスバイクやMTBではより辛いですし、ロードであっても汗だくになってしまいます。ブレーキがディスクになってもタイヤ幅と発揮する摩擦力次第ですから、ドライならリムブレーキと制動距離は同じです。ところがEバイクならば、流れに乗るのに必要なスピードを楽に実現でき、ディスクで安定して制動できます。

街乗りや観光にはディスクロードよりE-BIKEが最高である
ロードを2台も3台も作る人は別として、他の人は台数を増やすなら用途から被らないようにするのがポイントです。私はMIYATAのCRUISEを少々アレンジしたんですが、時速30キロ未満での巡行はしやすくてスタートダッシュに強いから、まぁこれが交通の流れに乗りやすいんですよ。ストップアンドゴーにめちゃくちゃ強いので、街乗りや観光には最適です。

とにかく乗りに来てください!
街乗りする際にもっともストレスになるところをアシストがカバーしてくれます。再加速も楽なのでとにかく交通の流れにサッと乗れるのに感動しました。30年以上自転車に乗っていますが、都内を走るのがこんなに楽しいと思ったのは初めてです。橋や坂で車は加速するけど自転車は減速してしまうけど、それもありません…。そして汗を沢山かかないから冷えない…。あぁ、最高じゃないですか…

ブルベやロングライドでの夜間走行に効果を発揮します

「FLECTR 360」はホイールのリムに貼り付けることで、夜間走行時に自らの存在を主張することが出来るステッカーです。360度どの角度からでも視認できる、これまでのリフレクターとは異なる素材を使用しています。重量も気にならず、空気抵抗にもならず、電源も必要としないので、夜間走行が多いサイクリストには便利かと思います。

上のプロモムービーでは昼間のような明るさでも光っている様子がありますが、はっきり言ってそこまでは光りません。ただ、ヘッドライトに照らされた場合にはかなり光りますし、ホイールの対角など2箇所に貼ることで回転したときにアピールが可能です。

今回入荷した4色のうち、シルバーが最も光ります。ただし、ホイールデザインを邪魔しますので、その辺りはご検討下さい。

以前にGIGAJINEで紹介された記事はこちら
https://gigazine.net/news/20171209-flectr-360/

1パックには4枚入っています。1つのホイールに4枚貼りたい場合には2パック必要だということになります。
1パック 3024円(税込・送料別)
カラー:4色(シルバー、ブラック、イエロー、レッド)
サイズ:UNISIZE
・ディスクブレーキリム/15-35mm
・リムブレーキリム/25-45mm
※大きい場合にはセルフカット。カット線あり。
※数に限りがありますので、お早めに
※レターパックライト/定形外で発送します
購入はウェブショップからお願いします

久々にモルテンの記事!

私の友人がMAURTEN DRINKI MIX(モルテン ドリンクミックス)を使った感想を書いてくれたので、掲載します。


MAURTENドリンクなんかすげーんじゃないか


とにかく、このドリンクは特別ですから。他にこれは良いよって物があるでしょうけど、所詮はデキストリンに過ぎません。いくらジェルだから消化に良いよって言っても、たったの110kcal(一般的なジェル)ですらすべてを胃から小腸へ送って吸収を終えるまで2時間かかります。消化に良いというのは胃に送られ始めるまでの時間が短いということで、すべてをさらっと吸収するわけではないです。

消化吸収に時間がかかるということは、そこでスタックするということです。それが”胃もたれ”。

炭水化物は30gを超えると胃もたれするんですが、いつもそれ以上の炭水化物を胃に次々と放り込んでいる我々日本人は胃もたれに慣れちゃってます。しかし、体調不良の時にはそれができなくなったり、食欲が失せたり、実際に胃もたれしたりすると思います。

モルテンドリンクミックスは160で40g、320で80gもの炭水化物を含んでおり、これを水と同じくらいの速度で小腸から吸収します。

これまであなたの身体はそのような炭水化物量を一気に吸収したことはありません。ゆえ、信じられないくらい身体が動きます。でも、胃もたれゼロ。胃は空っぽで良いんです。

自転車界にモルテンを最初に持ち込んだオトコはワタクシです!(あえて言っとくw)

EFドラパックも契約チームですし、箱根駅伝を制した東海大学も使ってます。

あとは国内外陸上やら他のスポーツでもかなーり使用されてんですが、契約上書けません(笑)

グリコやザバスのボトルでも、中身はモルテンなのはもう常識化しております。

で、使った選手は皆言うのです、「教えたくないから黙ってます」と(苦笑)

効きすぎて販促にならないのが辛いです(笑)

ホイール用シール型反射板「FLECTR 360」

「FLECTR 360」はホイールのリムに貼り付けることで、夜間走行時に自らの存在を主張することが出来るステッカーです。360度どの角度からでも視認できる、これまでのリフレクターとは異なる素材を使用しています。重量も気にならず、空気抵抗にもならず、電源も必要としないので、夜間走行が多いサイクリストには便利かと思います。

上のプロモムービーでは昼間のような明るさでも光っている様子がありますが、はっきり言ってそこまでは光りません。ただ、ヘッドライトに照らされた場合にはかなり光りますし、ホイールの対角など2箇所に貼ることで回転したときにアピールが可能です。

今回入荷した4色のうち、シルバーが最も光ります。ただし、ホイールデザインを邪魔しますので、その辺りはご検討下さい。

以前にGIGAJINEで紹介された記事はこちら
https://gigazine.net/news/20171209-flectr-360/

1パックには4枚入っています。1つのホイールに4枚貼りたい場合には2パック必要だということになります。
1パック 3024円(税込・送料別)
カラー:4色(シルバー、ブラック、イエロー、レッド)
サイズ:UNISIZE
・ディスクブレーキリム/15-35mm
・リムブレーキリム/25-45mm
※大きい場合にはセルフカット。カット線あり。
※数に限りがありますので、お早めに
※レターパックライト/定形外で発送します
購入はウェブショップからお願いします

「ELEMNT ROAM(エレメント ローム)」新発売

Wahoo Fitnessからサイクルコンピューターの新モデル「ELEMNT ROAM(エレメント ローム)」を発売いたします
これまでのエレメントシリーズの機能はそのままに新たにカラースクリーンの搭載、リルート付きのナビゲーション等、充実した機能を備えました。今回の初回入荷には限りがございますのでお早めのご注文をお待ちしております

[スペック]
・クリアで耐久性の高いGorilla Glassを使用したカラースクリーン
・ライトセンサーで明るさを自動調節し常に見やすいカラースクリーンを実現
・地図表示とナビゲーション機能を装備、本体マップ上から直接地点を指定しナビゲーションも可能
・ナビゲーション設定したルートから外れても自動で新たなルートを再検索
・ELEMNTと同様に上部、側面2か所のLEDライトでナビゲーション、心拍、パワー、スピードを表示
・Stravaなどのサイクリングアプリに走行データをアップロード可能
・走行中でも押しやすい3つのボタンで正確に操作
・電話着信、メール受信、テキストメッセージなどをチェック可能
・表示項目などをスマートフォンアプリから簡単カスタマイズ
・専用マウント2種付属
 
バッテリー:充電式リチウムイオン
サイズ:58.4×89×17.8mm
モニターサイズ:2.7インチ
重量:93.5g
防水規格:IPX7
稼働時間:17時間以内
計測データ:スピード、距離、パワー、ケイデンス、走行ログ、ナビゲーション
無線通信方法:ANT+, Bluetooth, Wifi
付属マウント:ステム・アウトフロントマウント
価格 4,6000円(税別)

ご注文をお待ちしております


E-BIKE購入キャンペーンを実施します [MIYATA RIDGE RUNNER/CRUISE]

MIYATA CRUISEまたはRIDGE-RUNNERをお買い上げの方にプレゼントを差し上げます
● キャンペーン概要
期 間 2019年4月12日(金)~6月30日(日)
対象車 MIYATA CRUISE/RIDGE-RUNNER
※配布はグッズがなくなり次第終了とさせていただきます。予めご了承ください。

ベテランライダーGyo氏によるモルテンドリンクミックスのインプレ その1

某ベテランライダーさんが所属するホビーなチームにごっそりとサンプルを送りまして、インプレしてもらってます。今回はその第1弾。
この人は自転車業界の古い方で、元はエリートなレーサーでした。でしたが、今は声がでかくてうるさくて強いおじさんです(笑)年間走行距離はたしか15000キロ位だったはずで、某M代理店に勤務な方です。ロード、MTBなどジャンルを問わず、現在もホビーレースでは表彰台に乗る実力者です。ギアの選択眼は保守的な事が多く、色物や遊びではなく、道具としての優秀さを評価されることが多いかと思います。

今回はお仕事と関係なく、趣味として素直な意見を書いてくれてます。コピペした文の後に自分の補足も書きますので、見て下さい。


以下コピペ
MAURTEN DRINK MIX 160をお試し。
水分補給しつつ炭水化物を補給出来るドリンクということだそうで。

詳しくはこちら
https://maurten.jp/drink_mix160/

寒いと低強度で3時間くらいのライドでも
2回くらい茶をしばくので、試飲するチャンスに
恵まれなかったのですが、やっと暖かくなったのでテンポ走で3〜4時間走るタイミングで試飲。

まぁ、この手のドリンクは味をとやかく言うのは
ナンセンスなのですが、あれです。水飴の味w

で肝心のエネルギー補給感に関しては
朝飯に白米1合、卵2個でオムレツ、納豆。
コレを食べてからスタート。
結果的にはDRINK MIXだけで走り切れちゃった。
https://strava.app.link/EqvDrez2EV
ライドデーターはこちら。

いつもなら80km 3時間くらいでガス欠感が
出るのが出なかったので、メーカーが謳う
効能もあながち盛ってないかな?
エネルギー補給系ドリンク(某バンザイマーク)
のやつは胸焼け感がひどくて、
受け付けなかったけど、コレはそれもなく、
カフェイン補給を足せば2時間くらいの
レースなら賄えちゃいそうな感じ。


補足
モルテンの良さは
 ・胃に負担がかからない
 ・吸収の速さと濃さ
 ・虫歯になりにくい
 ・余計なものが入っていない
というところです。

通常の炭水化物と比較すると。かなり濃いエネルギーが身体に供給されるのを感じると思います。通常の食物やスポーツジェル・ドリンクが如何に持続的なエネルギー供給をするか、それをネガティブに言えば、いくら沢山食べても時間単位では少しずつしか吸収されないのだとわかります。つまり、胃の沢山放り込めばその分負担になるということです。

最近ではパラチノースを使ったものやいろいろな効果をうたう炭水化物ドリンクが出ていますが、正直モルテンと比較すると全く次元が違うものです。

メーカー推奨では
 1時間以内:160
 1-2時間以内:320
 2時間以上:毎時320
となっています。
※これは強度の高い運動を想定しています

このライダーは普段から比較的燃費がいい身体になっているという印象が強いので、推奨値以下で賄えたという理由に加えて、朝食を摂取したことによりますので、3時間を160のみで過ごせるということでは無いでしょう。

しかしながら、とても良い使い方だと思います。3時間を超えるライドで枯渇した場合には身体へのダメージが大きくなり、筋量を減らすなどのネガ効果も考えられます。

レース当日であれば、朝早いスタートの際に朝食を食べずにモルテンのみで過ごすなどの方法が可能です。基本的には”カーボローディング用のドリンク”だと考えれば使い方は明確化されるかと思います。つまり、もっと長いエピックなライドの前日夜なら、その時点から飲み始めるのも方法だということです。

NRC 2019モデル 入荷しました

NRC 2019モデルが入荷しました
入荷したてのほやほやです。

2018年モデルとの違いは以下の通り
■ フレームカラー変更
・人気一番のモデル「X1」のフレームカラーが3色になりました。
X1 ポルドイ(イエローxブラックフレーム、グリーンレンズ)
X1 ガビア(ピンクxブラックフレーム、ブラックレンズ)
X1 ゾンコラン(ブルーxブラックフレーム、ブルーレンズ)
17,500円(税別)

■ レンズ素材変更
一般的なポリカーボネートからナイロンに素材が変更されました。
ポリカーボネートと比較して以下の点について性能向上しています。
・よりクリアに
・より軽く
・水に浮く
・耐久性
・BPAフリー

■ 限定モデル追加
・「X1 グラフェン」が追加になりました。
X1 グラフェン エベレスト グリーンレンズ
X1 グラフェン エベレスト ブルーレンズ
X1 グラフェン エベレスト ブラックレンズ
19,900円(税別)
X1 グラフェン エベレスト 調光レンズ(NXT)
22,000円(税別)

X1 グラフェン エベレストはフレーム素材にグラフェンを加えたもので、より軽量で強くなっています。こちらのX1 グラフェンは数量限定モデルです。当店の在庫も多くありませんので、お早めにどうぞ。フレームはUDカーボンのような素材が見た目からもわかるものになっています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

こちらはX1グラフェンのグリーンレンズモデル。グリーンレンズはレンズカラーがやや赤みを帯びており、コントラストがはっきりしています。

グラフェンを使用したフレームは塗装しておらず、素材感のあふれるクールな見た目

海外ではX1 グラフェンは調光レンズのみですが、日本ではそれ以外のモデルも特別に販売しており、そちらはツァイスレンズです

2019からはナイロンレンズになりました

フレームには特別にグラフェンの配合

イタリア製です

NXTレンズとプリントがありますが、本来は調光モデル飲みの展開で、そのフレームを使いまわしてツァイスレンズを乗せているので、このプリントはウソです(笑)

向かって左が2018、右が2019モデルです。

現在、2018モデルを処分セール中です。お早めにどうぞ。。。

メリダ 2020モデル eONE.SIXTY 800 ご予約受付中です

もう2020モデルなの!?
「もう2020モデルなの!?」と思うかも知れませんけど、これは特殊ケースです。2020年以降、やはり話題の中心はE-BIKEとなります。”なります”と言い切れる理由はEUや北米での変化があるからで、日本でも同様の流れになるだろうからです。”流れ”と言っても、これまでスポーツ車であったような製品の刷新に因る販促ではなく、E-BIKEに関しては全く新しいスポーツの流行が始まるという意味になります。

E-BIKEは楽しい
”楽だから”あるいは”ママチャリの延長”だと思われている方がまだまだ多くいると思いますが、それは間違いです。まるでこれまでの自転車では得られなかった経験や体験ができる、自転車界における革命だと思います。

自転車の楽しい部分だけをつなぎ合わせたもの、それが「E-BIKE」

メリダ&ミヤタは現在最大クラスのE-BIKEラインナップを誇ります
まるっきり一台も無いメーカーがある一方、メリダ2車種、ミヤタ2車種をすでにラインナップしています。今後も拡大を行い、国内で手に入るメーカーの中でも最大あるいは最大クラスになると思われます。

つまり、”E-BIKEを選ぶならメリダ&ミヤタは外せない”と思いますよ。


メリダ 2020モデル eONE.SIXTY800
■最大70Nmを発生するシマノ・ステップス E8080 を搭載したeMTB(電動アシストMTB)。約500Wh の大容量リチウムイオンバッテリーにより1充電走行距離140km(ECO モード140km/NORMAL モード130km/ HIGH モード95km)とロングライドにも活躍する耐久力。

■メリダ本社に新設されたeバイク専用工場で製造される最新のテクノロジーを駆使したアルミフレームは、eBIG. SEVEN 600と同様に世界選手権を制したホセ・ヘルミダがテストライダーとなり仕上げた乗り味とハンドリングを持ち、160mm ロングストロークのフルサスペンション搭載で、上りの快適性だけではなく下りでもeMTBの常識を覆すアグレッシブな走りを実現。すでに販売開始している欧州では、各種自転車賞を受賞するなど高い評価を得ています。

■サイズ:S(41cm)/ M(43cm)
■価格:550,000円(税抜)

メリダ 2019モデル MISSION J ROAD

メリダ 2019モデル MISSION J ROAD
税別99,900円

メリダ初の本格的キッズ向けロードレーサーです。

もちろん、組み立ては当店が丁寧に行います。大人顔負けなのはスペックだけではありません。

兄弟車MISSION J CX(115,900円)とは同じフレームを共用します。ゆえ、コンポーネントとタイヤ幅の違いです。ROADはフロントダブル、CXはフロントシングルとなっています。ROADの方がより狭い速度域を細かく刻んだギア比となっており、まさにロードレーサー。シンプルな操作とワイドなギア比を望む場合にはCXをオススメします。

この辺りの車種は在庫常にある状態ではないので、ある内にお願いします。今は在庫がありますので、即納できますよ。この春からロードレーサーやシクロクロスデビューのキッズ集まれ!