Category Archives: 入荷・商品情報

MERIDA SCULTURA TEAM-Eが入荷

MERIDA SCULTURA TEAM-E
フレームセット 319,000円
完成車 1,300,000円

→ 同じフレームを採用した完成車としては以下の2車種もあります。
MERIDA SCULTURA 8000-E
フレームセット 319,000円
完成車 679,000円

MERIDA SCULTURA LIMITED
完成車 399,000円

MERIDA SCULTURA TEAM-Eが入荷しました
昨年モデルチェンジしたSCULTURA TEAMは2年目を迎えました。2018年からの変更点はカラーリングです。カラー以外に変更はありません。

3年目を迎えたバーレーン・メリダ、そのチームカラーである濃いブルーに変更はありませんが、バイクのカラーは黒に近い青に変更されました。「黒になった」と言われていますが、明らかに”黒ではありません”。

「あの方が良かった」との声もありますが、その辺は好みでしょうね。自分はいい色だと思ってますし、乗る予定です。

ぜひ見に来て下さい。


世間的にはエアロロード全盛という感じですけど
私はREACTOからSCULTURAへ乗り換えます。パワーをセーブしながら巡航がしやすいREACTOなり、エアロロードなんですが、自らのフィジカルをもっと早いペダリングで消耗させて出力するにはSCULTURAのほうがベターだと思います。ゆえ、上りならSCULTURAと言われるのは重量面よりも、レスポンスによるところが大きいと感じます。

ざっと言えば、ケイデンスが90回転まではREACTO、それ以上ならSCULTURAのほうがベターだと思います。逆をやると、REACTOはちょっともたつく感じだし、SCULTURAはスカッと抜けちゃう感じで、前者を重たい、後者を軽いと感じる人もいるかも知れません。

自分の場合、1年前と比較してペダリングスピードが上がったとともに、その状況での出力維持がしやすくなったことをデータと実感で知ったこと、それに加えて1度に3時間以上ライドすることが年に数回しかないのでスプリント的なライドで消耗してでもレスポンスを重視したことにより、

一般的にはSCULTURAの方よりREACTOはフィジカルがある人向きだと思われているのでしょうけれど、私の認識は逆です。力をセーブして乗りたいとか、ファストライドしたいならREACTOが良いと思います。むしろ、短い時間だったり、展開が早いレースにはSCULTURAが良く、こちらの方が乗り手の消耗は激しいでしょう。

上り下りを含んでトータルで速いのはREACTOですが、一本が速いのはSCULTURAでしょうね。だから、国内のアマチュアレースの短い時間ならSCULTURAの方が良いと思います。沖縄くらい長いとREACTOの方が良いんじゃないかとは思います。

雑誌でも空気抵抗で速さが違うといった検証がありますが、データと実際は一致しないものです。あくまでもシミュレーションやトラックでも計測だからということと、結局はライダーのフィジカルをどう使い切るかという勝負だからです。それに余裕があるという状況だけでの比較がすべての状況に対してゲインが得られるという根拠にはならないでしょう。

どちらが良いのかわからない方は、ぜひ相談に来て下さい。
どちらも知り尽くしていますので、目的や乗り手に合わせたアドバイスをしますよ。


メリダは2019年も素晴らしいです
他メーカーのエアロロードにはメンテナンス性に難のあるものも多くなっていますが、REACTOではその心配はほとんどありません。メリダではプロのメカニックがレース現場で作業時間を短縮できることまで考慮しつつ、世界でトップ5に入る性能を維持し、価格を下げるという大変合理的な設計を行っています。”すべてが平均点”と言われることがありますが、それは間違いです。「すべての項目が85点以上」だと言えます。これには毎年新しいモデルに乗るたびに私自身も実感するものですし、多くの方から高評価を得続けています。

特に2019年は極端なエアロロードがいくつか登場してきていますが、正直、我々のようなメカニックですら「これって面倒くさいな…」と思っています。自分でいじらない人であっても、トラブルは大小経験するものです。その際に自分で理解できる範囲が大きければ、リカバリーは容易ですばやく出来ることでしょう。ちなみにワイヤを完全に隠した自転車と比較してもREACTOは40kmh走行時で数ワットの差しか無かったとの実験結果もあります。

一般の人が自転車を選ぶ場合、段々と極端なものをに手を出したくなったりすると思います。しかし、汎用性と合理性は大切な性能の1つです。これは対価格でも言えます。高いものが良いわけではありません。メリダは大変バランスが良いだけではなく、大変高性能な設計をするメーカーです。

ぜひ、店頭やMERIDA X BASEで色々な車種をご覧いただき、試乗をし、メリダについてより多く深く知って下さい。

ロードレーサーではない選択肢

どんどん多様化するスポーツバイク
現在はロードレーサーをロードバイクと呼ぶようになりました。実は以前から”レースをするためにロードを買うという人は稀”だったので、そのムーブメントには違和感は感じません。最初からレースに出たいと思う人は今も昔も多くありません。体力と技術と知識が伴った時、それを踏み台にして出たいと思うのがレースです。

ただ、体力がついても”ロードレースは危ないからまず出ない”と思っている方は多いと思います。私もその一人です。脚があるとかないとか、そういう問題ではないところで、巻き込まれてレース中に事故を起こす可能性に関して言えば、ロードレースはもっと高い種目です。

ゆえ、今はヒルクライムとシクロクロスのレースが多く開催されており、参加者も多くなっています。

であれば、こんな道具もありかと思います。

「シクロクロス」 + 「グラベルロードタイヤ」 = 多用途ロードバイク
舗装路も軽快に走ることができ、未舗装路でも”ロードタイヤよりまし”に走ることができるグラベルロードタイヤは、日本の乗り方に適していると思います。北米のそれはタイヤ幅が35-40C程度ですが、日本国内では26-30Cくらいが最適です。オフロード率が高い場合には32-35C程度まで広げる場合もありますが、トレッドパターンにも影響を受けますから、一概に太さだけでは区別できないでしょう。

グラベルロードバイクとの違いは、ロードから寄せるか、シクロクロスから寄せるかの違いです。
速度域 グラベルロードバイク > シクロクロス
スタビリティ グラベルロードバイク > シクロクロス
レスポンス グラベルロードバイク < シクロクロス
重量 グラベルロードバイク ≒ シクロクロス
※グラベルロードにはかなり用途を絞った亜種もいますので、それは除きます
※メリダのSILEXはこの微妙な違いから大きく離してツーリングに特化したバイクです

割と低中速度域で面白く走るのであればシクロクロスが最適です。差が出るのは40キロ以上でしょうか。グラベルロードはあくまでロードなので、ロードバイクらしいジオメトリを与えられています。だから、乗り味はロードのそれとおおむね一緒です。もし、ロードと2台持ちする場合にはシクロクロスを増やした方が遊びの幅が広がることになります。

メリダで言えばシクロクロス 400が15万円くらいからラインナップにあるシクロクロス。価格帯はロードと変わりありません。

ディスクロードではなく、シクロクロスにしてみる
最近は「ディスクロードってどうよ?」という話題が多く聞かれますが、私からの提案はそうじゃなく、”シクロクロスを買おう!”というものです。全員にこれがベターではないと思います。
しかし、
■ レースを走らない
■ 他の人と違う遊びがしたい
という方であれば、こんな遊び方もアリじゃないですか?

”ロードがかっこいいんだ!”と思うことは否定しませんが、2つ目の選択肢も考えられる方にはどうぞ!


これは私のシクロクロスバイクです
どうでしょうか?ロードバイクのようでロードではありませんが、普通の人が見たら区別がつかないでしょうね。レース時にはタイヤを変更して走っています。

チェーンリングは38Tの1枚
アウターがついているのはペダリングモニターの取り付けに必要だからです。なくても固定出来なくはないのですが、かなり出っ張ってしまうので故障の危険が高まります。バッシュガードにするか、歯を削れば?などとも言われるのですが、面倒なのでそのままですw
自宅から荒川を遡上し、岩渕まで往復する、あるいはその先に行く場合でも、下りのペダリングを必要とするシーン以外では38Tか40Tで問題はありません。インナーはシングル用のギアを使用しています。

カセット次第で自由自在
これはDi2にしていますが、機械式でも良いと思います。そこそこのレベルのレースではDi2の方がベターですが、普段使いであれば必要はないと思います。私は11-30のカセットを使用していますが、もっとワイドにもナローにも設定は可能です。

strong>マーベラチューブレスXガード
タイヤは舗装路練習用です。このマーベラチューブレスXガードは多用途なロードタイヤとして優秀です。レースに出ないのであれば、季節を問わず、場所を問わず、あまり気を使わずに走れます。Xガードはタイヤ全周にパンク防止設計が施されているので重量面で不利ですが、使ってみたところではそれほど感じません。”レースをしない”なら気にしなければいいじゃないですか?

トレッドはこの様になっています。シラクのエッジやサンドのようなダイヤ目では接触面が点になってしまうので、滑り出しが割と唐突で止めにくいですが、このマーベラでは面接触にしているのでロードタイヤらしい設置感です。また、サイドのエッジノブをエッジより低くしているので、バンクさせた時にも極力平らな面で路面に設置するように考えられています。空気圧は5気圧〜7気圧。5気圧で使用してみたのですが、大変乗り心地は良いと思います。変形を伴う応力がかかった際に感じるXガードらしいタイヤの強さはありますが、慣れると思いますし、路面状況次第で一長一短はあるでしょう。舗装路ではロードタイヤを寝かせたときの面接触に分がありますが、多用途であることがマーベラのメリットです。

B-free 「ステンレス サーモボトル HOT&COOL 370」

自転車用ステンレスボトル使用者の声を集めて開発された「ステンレスサイクルミニボトル370」が新登場!今回のステンレスボトルは使いやすさを追求したのでフレームサイズを気にせずスムーズな出し入れが可能です。軽量ボディで片手でも持ちやすく、ワンタッチでフタを開けられるのでそのまますぐに水分補給が出来ます。通勤通学や街乗りに最適なサイズで保冷保温効果があるので快適なサイクルライフを楽しめます。この機会に是非お試しください!

B-free 「ステンレス サーモボトル HOT&COOL 370」
2592円(税込)

■ 真空二重構造で長時間の保冷保温が可能 [保冷18時間・保温10時間]※室内温度20℃で測定
■ 片手でワンタッチオープン
■ ロック付きのlキャップ
■ ほとんどのボトルケージに適合
■ 370mlの軽量サイズ
■ 通勤通学、街乗りユーザーに最適[そのままオフィスや学校でも使える]
■ 一年保証
■ カラー ブラック / グレー / ライトグリーン
■ 容量 370ml
■ サイズ 72.5 × 72.5 × 196 mm
■ 重量 約280g
■ 材質
【本体】ステンレススチール(SUS304)
【キャップ】ポリプロピレン
【プッシュボタン】ABS
【パッキン、本体バンド】シリコン

グラベルロードツーリング向けの新しいチューブレスタイヤ 『IRC MARBELLA チューブレス X-ガード』が入荷しました。

グラベルロードツーリング向けの新しいチューブレスタイヤ 『IRC MARBELLA チューブレス X-ガード』が入荷しました
IRCからグラベルロードツーリング向けチューブレスタイヤ 『MARBELLA チューブレス X-ガード』が発売になりました。ターマックからグラベル、滑りやすい路面まで、ロードバイクで幅広くツーリングをしたいユーザーに向けたチューブレスタイヤで、特に耐パンク性と滑りやすい路面での扱い易さを重視しました。

MARBELLA TUBELESS X-ガード
価格 7,600円(税別)

カラー:ブラック
サイズ:
700x26C(重量295g)
700x28C(重量340g)

マティーノウェブストアでも販売しています。
■ IRC 「MARBELLA チューブレス X-ガード」
https://mattino.theshop.jp/items/14314338

特長
■ ブロックパターン
センター部はダイヤ目のスリック基調で特にオンロード走行時の転がり抵抗の軽減を狙い
サイドにはノブを配備してグラベル路面や滑りやすい路面でのサイドグリップ、
安心感を得られる設計。
■ 180TPIケーシング採用
180TPIケーシングを採用する事で、軽くしなやかな乗り心地をもたらします。
■ X-GUARD(クロスガード)仕様
アスピーテプロやフォーミュラプロチューブレスで耐パンク性を実証している
クロスガード構造を採用。グラベル路面やオフロード走行でのサイドカットを極力排除します。

ダイヤ目は素晴らしい
先日買ったMAXXISのRAMBLERのようなパターンはグラベル、とくにハードな路面では軽快かつ安定して走れるのですが、舗装路では激重です。それが悪いわけではなく、細かいブロックが点在しているパターンは大抵そういうものですし、タイヤはすべて向き不向きがあります。

それと比較してIRCのSERAC EDGEパターンをベースにしたセンターのダイヤ目は舗装路で軽快です。まるでロードタイヤのような軽さなので、100キロ超えのツーリングも可能だと思います。安定感ではスモールブロックに分があるものの、日本のツーリングでは避けて通れないアスファルト路面のロングアプローチで体力をセーブできることは大変なメリットだと思います。

普通のロードバイクにこのタイヤを履かせて遊んでみるのも面白そうですね。

ロードバイクの行動範囲を広げてくれるノブ付きチューブレスタイヤ IRC MARBELLA(シクロワイアード)
https://www.cyclowired.jp/lifenews/node/268247

Feedback Sportsの新製品『Torque Ratchet Combo RANGE』

これはもう一家に1台なツールキットだと思いません?
「ラチェットレンチが欲しいなぁ」と思う方は多いと思いますが、ビットも買い足すことを考えると結構な量になりますし、収納方法にも頭を使います。そして、「トルクレンチが欲しい」という要望もあるでしょう。これはこれで結構します。

今回の商品はそんな願いを簡易に提供できるものです。あくまで”簡易なもの”ですが、すべてがワンセットになっている状態ですから、遠征などに持ち運ぶ工具としてうってつけです。

これがあれば出来ないことはなさそうです。

Feedback Sports 「Torque Ratchet Combo RANGE」
価格 10,000円(税別)

コンパクトなラチェットハンドルにトルクゲージと
ラチェット機能を搭載したビット&レンチセットです。
トルクゲージの範囲は2-10Nmとなっており、ハンドル周りからディスクブレーキ周辺、フロントフォークやフレームの取り付けボルト類まで幅広くカバーします。
専用ケース付き、付属のビットは市販品と共通規格となっています。

マティーノウェブストアでも販売しています。
■ Feedback Sports 「Torque Ratchet Combo RANGE」
https://mattino.theshop.jp/items/14314274

ビット内容
#2 プラスドライバー、
T10/T20/T25/T30 トルクスレンチ、
2/2.5/3/4/5/6/8mm 六角レンチ、
5mm ロングネック六角レンチ、
T25 ロングネックトルクスレンチ

ケース収納時サイズ  幅171 x 高さ83 x 厚さ32mm
参考重量 270g

BIORACERの取扱を開始しました

当店ではBIORACERの取扱を開始しました
遅ればせながら、取扱を開始しました。自転車用もスポーツウェアは普通のファッションとは違います。ウェアもギアのうちです。あらゆるライドでのパフォーマンスを無駄にしないことは、ラクに走ることに直接影響します。

早速ですが、私はシクロクロスのレースで走るときに、ワンピースを着ております。その競技の特異性にフォーカスした機能的なウェアだと実感しました。サイズ感も程よく、伸縮性も十分あり、快適です。

一点からのお取り寄せも可能です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

GDRのRDハンガー購入の取りまとめの申込みフォーム

GDRのRDハンガー購入の取りまとめの申込みフォームを作成、公開しました

来年3月末以降、グラファイトデザインの消耗パーツはメーカーサポート終了につき、入手ができなくなります。ご注意下さい。

このフォームは11月末で一旦閉めて、年内お届けを目安にしています。

お店のブログにも貼り付けておきますが、行き先は一緒です。ハンガー以外にもパーツを書き出していますので、必要なものがあればこの機会にどうぞ。

フォームより申し込み → 申し込み内容確認メール送信 → 受諾メール受信 → 取り寄せ
となります。代引き発送か、店頭受取から選択して下さい。

申込みはこちらからどうぞ

IRCからチューブレスバルブ(ユニバーサルタイプ)が発売されました

IRCからチューブレスバルブ(ユニバーサルタイプ)『FORMULA PRO TL VALVE』が発売されました

FORMULA PRO TL VALVE 価格 1,900円(税別)/2本セット
サイズ 50mm(重量 5g/本)
サイズ 70mm(重量 5.5g/本)

・殆どのチューブレスリム、チューブレスレディリムに使用可能なユニバーサルタイプのバルブ。
・ブラックアルマイト加工されたボディ及びキャップはアルミで軽量。
・バルブコアは取り外し可能で、シーラントを入れる作業も便利。
・バルブコアリムーバーも同梱されています。

今後ニーズが高まるアイテムですね
チューブレス仕様のホイールに付属するバルブはセミロングタイプであることが多く、30ミリ程度のリムハイトでも少々短い場合があります。あまり出しろが短いと、ポンプの金具地との相性に問題が発生する可能性があります。

Wahoo ELEMNT BOLTの使いやすさをEDGE 520Jと比較

Wahoo Elemnt boltは使って分かる使いやすさを感じますが、それは機能やスペックのリストからは見えてこない部分です。

[見やすさ]
下の写真ではGARMIN EDGE 520Jについてはモックですが、実機同士の比較をしてもELEMNT BOLTの文字は晴天下の光が強い状況でも見やすく、バックライトを点灯させないといけないチャンスが少なく済みます。その結果、バッテリーの持続時間も長くなります。

[ページエディット機能]
ELEMNT BOLTのページはズームインをすることができるので、設定は上から優先順位の高い表示項目を単純に並べるだけです。後は状況に応じてズームインをし、優先順位の低い項目を視界から消すことができます。また、その設定はスマートフォンから行えるためにシンプルで使いやすくできています。しかし、EDGEシリーズではこのような表示を得るためにいくつものページを作成しておく必要があり、それらは全て端末で設定する必要があるので大変面倒な作業です。

[ボタン配置]
両機種ともに左側にパワーボタンがあることは理にかなっています。どうしても右利き用に出来ているので左利きの方には恐縮ですが、最も使用機会の少ないボタンを左上に配置しているということです。

ELEMNT BOLTの右側には上下ボタンがあります。これはスクロールやズームイン/アウトに使用します。この位置は大変使いやすく、片手の人差指と親指で挟むようにしてボタンを押す際には左側にボタンがないことで安心して操作が可能です。

端末上面のボタンは3つあり、記録の開始/一時停止/停止、ラップ、ページ切り替えに使用します。くぼみがあり、その中にボタンが有るため、押し間違える可能性はとても低くなっています。ボタンの役割を示す文字表記はやや小さくはあるものの、ボタンの真上でにラベルを配置しているのでそのボタンの役割が何か分かり易いと言えます。

これらのボタン配置は明確にEDGE 520Jよりも人間工学的に優れており、論理的で、使いやすいと感じます。


Wahoo Elemnt boltは当店のウェブストアでも取り扱っています。
Wahoo ELEMNT BOLT 単体版 | サイクルショップ マティーノ ウェブストア
https://mattino.theshop.jp/items/10118765

[店頭で体験できます]
当店にはどちらもデモ機がありますので、実際に動かしてどのように楽しめるかを見て頂けます。