Category Archives: E-BIKE

ロードバイクとEバイクとクロスバイクの関係と選択

自転車に乗り慣れるうちに、通常以上に激しく体力を使い、強く漕ぐ事が楽しくなっちゃってるかも知れないけど、最初に自転車で感じた楽しさは違うはず。それをもう一度、誰でもEサイクリングでは味わえる。自由に気の向くままに走れる。荷物を積んでも軽快に走れる。ホントに最高だと思う。

だから、もし激しいサイクリングに飽きたと思ったら、リムロードからディスクロードへ買い換えるより、Eバイクを買い増しして欲しい。あるいは買い換えでもいい。遊びの幅が増えるし、家族やパートナーと楽しく走れる。自転車の魅力を幅広い人に伝える事ができる道具。

はっきり言ってロードをずっと楽しめる人は希少種です(笑)乗り続ける時間、体力を維持する努力などをしないと行動範囲は狭くなる。決して簡単ではないスポーツ。Eサイクリングはいつでも誰でも誰とでも楽しめる。最低限の自転車を扱う練習は多少要るけれど、マジメなトレーニングは不要です。

40代で今のフィットネスなら、50代60代になればいずれ下がるときは来ます。中途半端に乗れているのを自負すると、私みたいにそこから落ちるのが恐怖になったりして、激しく疲労しては体を壊したりの繰り返しから抜け出せなくなったりもします。そこからのスイッチングをするには、緩急の両面を楽しむには、Eバイクはとてもいいきっかけになります。

誰もが有酸素運動の領域で楽しく時間を過ごせ、その間に自由に移動でき、移動した先で観光や食事を楽しめる。航続距離は100キロ以上、まる一日楽しむ範囲なら不足はない。バイクパッキングとの相性は素晴らしくよく、むしろロードなどに積んで軽快さを失うのに対しては何も失わない。

Eバイクに対しての誤解や偏見があれば、むしろある人ほど乗ってみてほしいので試乗車を常設しています。明日の休日にも乗れますので、まずは体験からどうぞ。クロスバイクの上位互換はロードではなく、Eバイクだと思います。

クロスバイクからロードバイクへ買い替えた場合に発生するのは不便さと速さ。便利さから自転車に乗り始めた人は不便さが目立つようになります。Eバイクなら便利さは変わらず、むしろ行動範囲を拡大させ、体力をセーブできます。バックパックを背負っての通勤ならば、キャリアとバッグに変更しましょう。

ぜひ、試乗に来てください。体力ありきの世界を知る人こそ、むしろEサイクリングの楽しさがわかりやすいと思います。

[E-BIKE] メリダ「eONE.SIXTY 800」キャンセル発生!1台のみ受注できます!

メリダ「eONE.SIXTY 800」にキャンセル発生しました!
昨年末までの予約を承りましたメリダ「eONE.SIXTY 800」に一台だけキャンセルが発生しました。サイズはMサイズ(43)です。

43サイズ1台に限り、受注可能です。

納期は当初の予定通り5月となります。とりあえず内金だけ入れていただいて、あと2ヶ月の間に予算を工面して下さい!(笑)

■最大70Nmを発生するシマノ・ステップス E8080 を搭載したeMTB(電動アシストMTB)。約500Wh の大容量リチウムイオンバッテリーにより1充電走行距離140km(ECO モード140km/NORMAL モード130km/ HIGH モード95km)とロングライドにも活躍する耐久力。

■メリダ本社に新設されたeバイク専用工場で製造される最新のテクノロジーを駆使したアルミフレームは、eBIG. SEVEN 600と同様に世界選手権を制したホセ・ヘルミダがテストライダーとなり仕上げた乗り味とハンドリングを持ち、160mm ロングストロークのフルサスペンション搭載で、上りの快適性だけではなく下りでもeMTBの常識を覆すアグレッシブな走りを実現。すでに販売開始している欧州では、各種自転車賞を受賞するなど高い評価を得ています。

フレーム:eONE-SIXTY LITE; 160 TR
サイズ:S(41cm)/ M(43cm)
カラー:EG37/GREEN
Rショック:Rock Shox Super Deluxe R
Fホーク:Rock Shox Yari RC; Air; 160 TR; Tapered
ブレーキレバー:attached
Fブレーキ:Shimano SLX
Rブレーキ:Shimano SLX
ローター:F Shimano RT66; 203 SC
ローター:R Shimano RTEM900, 203
チェーン:KMC X11e
チェーンホイール:Shimano CRE80-B; 34 T
クランク:Shimano E8000; 170L
BB :included
Fディレーラー:no
Rディレーラー:Shimano XT M8000 Shadow+
フリーホイール:Shimano M7000; 11-46 T; 11 S
ペダル:VP; VPE-537
グリップ:MERIDA Expert EC
ハンドルバー:MERIDA Expert eTR; 780 W; 20 R
ハンドルステム:JD-ST163Q(ADV+M)
ヘッドセット:FSA NO.57/55E neck
Fハブ:Joytech D791SB; 110×15 WHF; 32 H; 6 B
Rハブ:Deore; 148×12 WHR; 36 H; Centerlock
Fアクスル:attached
Rアクスル:Merida boost axle
リム:Merida Expert TP; 38 IW
サドル:MERIDA Comp CC
シートクランプ:Merida Expert
シートポスト:MERIDA EXPERT TR
S:30.9D*360L*100 Travel. M:30.9D*410L*125 Travel
Fシフター:no
Rシフター:Shimano SLX
スポーク:Black stainless
チューブ:Lite-27.5×2.5-3.0
タイヤ:Maxxis DHR II; 27.5+ 2.8 “; fold; 3C EXO TR
ハードウェア:stainless
ベル:Alloy
ドロヨケ:C093-02F + C093-02R
Fライト:CG-119PG-BLACK(1)
Rライト:CG-404RG
ドライブユニット:Shimano E8080J
バッテリー:Shimano E8010J; 504Wh
充電器:Shimano EC-E60003
バッテリーロック:Abus key
スイッチ:Shimano SW-E6010L
価格:550,000円(税抜)

E-BIKEは邪道なの?

E-BIKEは邪道だって話があるらしいです
気持ちはわからなくはないですよ。自分の脚で、自分の力だけで、どこまで行けるか?っていうのは一つの価値観です。でも、もっと原点をたどれば自転車は遊びではないでしょうか?

遊べるならいいじゃん
それぞれの人の体力に応じて遊べば良いんだということについては同意を得られると思います。そうであれば、E-BIKEで楽しむのもアリでしょう。それに「アシストされて何が楽しいの?」と思う人でも、実際に試乗して頂くと「おおおぉぉぉ〜!すげ〜〜〜!」ってなります。なぜなら出力は240W。その出力を効率よく発揮し、20キロ未満は踏力1に対して2のアシスト。だから、加速はロケットのようです(笑)

島は楽しい
島に上陸するだけでなんだか楽しい気分になります。どんなに小さな島でもそれってありませんか?でも、島で困るのは交通手段です。バスやレンタカーがありますが、バス停近くしか見られないでしょうし、レンタカーも微妙です。なぜなら、大島くらいの大きさだとあっという間に回れてしまうからです。走っている間に見逃しているものがたくさんあると思いませんか?だから、島は自転車と相性がいい。しかし、島は山の一部が海面上に露出しているだけですから、外周部ですらアップダウンの連続です(笑)そこを楽しむために”まずは体力をつけよう!”っていうプロセスに無理があるんですよね。だから、E-BIKEが正しい!

荷物を積んで、どこまでも
もちろん、持っていくものは選別します。バッグにはキャパがありますからね。それは普通の旅と同じです。ただ、”何も積まない美学”がどちらかと言えば自転車のスポーツ的側面には根深くあるわけですが、そうではなく積んでも楽しめるというのはこれまでもあるバイクパッキングと同じ世界です。これまで自転車では荷物を積むと遅くしか走れない、ある程度速く走るには自分の体力との相談であり、その荷物を如何に減らすか?とも考えました。しかし、E-BIKEでは車重も積載重量もあまり関係なく同じ速度を出すことが可能です。体重と合計した重量が重たくなればバッテリーを多く消費しますが、その旅の目的とのバランスでしょう。体力が無いから荷物を減らそうと考えなくても良いんですよね、これ画期的です。

無理して人力にこだわることもない
”旅や遊びは楽しければいい”んです。人生楽しいのが一番。それが私がE-BIKEから学んだことです。ガッツリ自分をいじめて、痛めつけて遊ぶ世界もありますが、その世界からだけみていると他の楽しいことを見逃してしまっているかも知れません。

伊豆大島とE-BIKEの相性は抜群

伊豆大島は東京から一番近い離島
大島へ行くもっともポピュラーは手段はジェット船です。東京からの距離は約120キロ、それを1時間45分で文字通りあっという間に島旅が成立します。しかし今回は大型客船での旅を選択。ジェット船に自転車を載せてもらうには輪行バッグに収める必要があるため、E-Bikerの我々は片道1500円支払って預け荷物として運びました。

深夜に出発し、早朝に到着
大島行きの船はジェット船も大型客船もほぼ毎日運行しており、大型は22時出港6時着港というスケジュール。22時に出港してからまもなくビールをプシュッと開けて東京の夜景を海から楽しんで、数時間寝ていると大島へ到着。長いようで割とあっという間です。飛行機で8時間だと結構長く感じますが、外に出ることも自由に出歩くこともできたり、飲食もそこそこ揃っているので精神的にとても楽。今回は2等和室でごろ寝でしたが、少ししっかり寝たい場合には特二等をオススメします。乗船券は2等往復で8900円。しかしこれ、ある裏技を使うと5800円になります(笑)往復この金額です。片道5000円払っても新幹線に乗って終わりですし、カーシェアも無理です。どうなってるんでしょう?東海汽船。もはや、東京都内に住んでいてこのルートを使わないなんてもったいないですね。もし、ロードに乗るにしても車が少なく景色のいい場所で半日走って帰ってくるための基本コストが5800円なんですから…。なお、サイクルきっぷというのもあり、往復で4000円と最安料金ではありますが、二等椅子席なので寝られませんし、日程変更不可なので私はオススメいたしません(笑)

あえて日帰りをオススメしたい
6時に到着し、急いで準備すれば6時半からでも走り出せます。遅くとも7時には、です。往路の船への乗船時間は14時半。もし、自転車を貨物で預けるとなれば1時間前に締切なので、13時に港着が安全策。つまり、走ることができる時間は6時間。お昼を食べる時間を含めたら賞味5時間でしょうか。もっと長く走りたい場合には”たったの5時間”と思うかも知れませんが、日帰りで移動して走って帰るところまで考えると、他の選択肢と比較しても十分な満足が得られるでしょう。実際、8時間も10時間も走ることは稀ですしね。宿泊するとなれば、宿に16時までには到着し、17時半には夕食。飲んだくれてしまうと、翌朝走り出しは9時半以降10時前となれば、帰りの便が出港するまでの時間はわずか2時間が相場。宿泊にかかるコストを考慮すると、日帰りが効率的だと思います。しかも、金曜の夜22時に竹芝桟橋を出港して、土曜の19時に着港できるわけで、下手すると自宅で夕飯食えるレベルです。日曜日は完全フリーになるので、家族と過ごしたり、ゆっくりしたりもできちゃいますね。これ宿泊すると週末全部投入して、翌日からすぐ出勤というスケジュールです。ね?日帰りが良いでしょ?

誰でも誰とでも楽しめる
今回のメンバーは日本におけるE-BIKEの始祖である難波賢治氏、そして昨年までMTBのエリートクラスで現役ライダーだった山田将輝氏と私の3名。これ、個々と交流のある人ならわかりますけど、ロードでもMTBであってもこの3名がサイクリングを楽しむことなどありえません(笑)なぜって?それは脚が全然合わないからです(笑)脚の差は階段状どころか、全くその段たるや壁のように差があるわけです。

E-BIKEは潤滑剤
普段のサイクリングでは会話を楽しみながらというのは結構難しいものです。もしやるとすればかなりゆっくり走る必要がありますし、山を登りながらなんてまるで無理でしょう。しかし、E-BIKEではおおよそ同じような速度域での走行が複数で可能です。また会話できる程度のフィットネスレベルに抑えられるため、前回の伊豆でもまるで脚が合わない6名が同じように楽しく笑って話しながら全行程を走り切ることが出来ました。

一緒に楽しめます
我々はE-Bikerですので、港に早朝6時に到着してまもなく自転車の準備をし、アップもせずに6.5km/550mUP、平均勾配8.5%という登りをおしゃべりしながら笑顔でクリアしてしまいます。その後、三原山の山腹にある割れ目火口を視察。大島温泉付近から噴火によって出来た荒々しい三原山の溶岩地帯を抜け、外周道路から岡田港を経て元町港で郷土料理「べっこう」をお寿司で頂いたあと、岡田港まで戻るという約60kmを走破。今回のコースは数字だけで言えば、60km/1200mUP。これ、ロードで走ったらしっかりした練習になっちゃいますが、脚が合わないとバラバラになるでしょうが、我々が最初から最後まで苦しい思いをすることなく「楽しかったぁ!」だけで終われたのはE-BIKEのおかげでしょう。

東京湾から東京都大島町へ
東京のベイエリアはオリンピックを前にして大規模開発が続いています。江戸時代から続く埋め立てによってどんどんと海へ海へとテリトリーを拡大し、もはや東京湾全体を含めて東京都だと思えるほどです。この景色を陸側から見てもその中の一部しかしか見えませんし、レインボーブリッジを見るのに橋の上にいるようなものです。つまり、東京の夜景は海から見るのが正しい。一千万人以上いるごちゃごちゃした東京ですが、海の上にはほぼ誰もいません。当たり前ですが、以外と意識にはなかったでしょう。それなら海から見れば良いんですよ。そんな最新の東京を見たあとに自然あふれる東京へ。この旅、なかなか奥深いです。

とりあえず、3ヶ月に一回は来たい
なんかもうそんなレベルですね。うちの場合には自宅から竹芝まで自走で30分、船に乗っちゃえばあとは走るだけっていう楽ちん旅が往復6000円。マジでどうかしてます。

まとめるとこんな感じ
■ 大島は走ると楽しい
■ 自転車でしか行けないルートもあり、また効率的に移動可能
■ 特にEバイクなら誰でも、誰とでも楽しめる
■ 旅のスケールが大きい割に、コストが安く手間もかからない
■ 日帰りでも十分楽しめる(むしろ日帰りが良い)
■ 適度な長旅感と共に疲労が心地よい
■ 旅のスケールゆえか、色々な生活に関わることをすっぱり忘れられる時間になる
■ バイクパッキングがオススメ
■ ロッカーはあるので、要らないものは預けられる
■ 東京の景色は海から見るのが正しい
■ より深く東京を知るチャンス


LINE Payで購入すると誰でも3.5%還元されます

キャッシュレス決済を利用する
当店は
 PayPay
 LINE Pay
 メルペイ
 QUICPay
などを利用いただけます。

その中で、高額商品でお得なのはLINE Payです
現在、LINE Payでは2018年8月1日から2019年7月31日の1年間、LINE PayのQR/バーコード支払いを利用すると、通常のマイカラーのポイントに「+3%」上乗せ!バッジカラーがグリーンの方はなんと5%ポイント還元!グリーンではない方でも3.5%以上のポイント還元となります。

登録するだけの”ホワイト”でも3.5%還元がされます
「たったのそれだけか」と思うのは自由ですが、無いよりあったほうが良いと思います。今の時代、こういうことの積み重ねをすれば、自分が使いたい時期や欲しいと思った時期にお得に変える時代です。

東京には銭湯がたくさんあります

東京には銭湯がたくさんあります
東京にも色々ありますが、23区の話。

2016年の「経済センサス」によれば、東京23区には人口10万人当たり5.5軒の銭湯があるようで、これは全国平均(2.4軒)の2.3倍にもなります。日本全体に対して人口シェア7%の東京23区に、銭湯の6軒に1軒にあたる17%が集まっていることになる。まさに「銭湯一極集中」。

当店の近くにも徒歩2-3以内に2軒ありまして、私が子供の頃にはもう2軒ありました。町会ごとに銭湯があったといっても過言ではないくらいありました。昔はお風呂がない家もたくさんありましたし、安アパートには当然なかったわけですからね。

地方ではスーパー銭湯化しているんですが、23区内にはまだまだ普通の銭湯のままのお風呂があります。昔懐かしい感じが良いんですよね。湯がめちゃくちゃ熱いところもありますけどねw


E-BIKEで銭湯巡りもいいですよね
E-BIKEは汗をかかずに乗れますから、暖かい時期に銭湯巡りも良いんじゃないでしょうか?そういうチケットがあると言いですけどね。一日券みたいなのが。


当店でもこんなプランいかがですか?
結構遠くから自転車で来られる方もいらっしゃいますし、こちらに来た際の楽しみの一つとしてこんな提案を。

うちの店に遠くから来られた場合、店内に自転車置いて良いので近くの天然温泉銭湯で温まって、休んでから帰る方がよいのではないか?と本気で提案してますw 御谷湯さん貸タオル80円であるし、その隣の川勇さんで鰻重食べて行くとベスト!!!

銭湯まで徒歩3分。サンダルで良かったらお貸ししますよ。何人もだと履物が間に合いませんw

御谷湯さんは数年前に建て替えたビルでとてもきれい。お風呂は四階と五階にあり、四階からはスカイツリーが見えます。夜景もなかなかですよ。夏場なんて涼しくって良いんじゃないです?

古き良き銭湯がお好きなら荒井湯さんもあります。どちらも15時半からの営業だけど、そろそろ日没17時半だし18時までに帰宅出来たらベターですし、夏場ならゆっくりしていってもOKだと思います。


暖かい時期なら、湯上がりに自転車で川沿いで夕涼みなども良いんじゃないですか?


こんなアプリもあります
よかったら銭湯巡りを楽しんで下さい。

2/15開始!はじめてのE-BIKEご購入応援キャンペーン!

今ならもれなくご購入者全員にオプションセットをプレゼント

下記キャンペーン期間中にRIDGE-RUNNER・CRUISEのいづれかのE-BIKEをご購入のお客様に、下記のオプションセットをプレゼント

期 間
2019年2月15日(金)~3月31日(日)

対象車種
RIDGE-RUNNER/CRUISE

※価格は全て税抜価格となります。
プレゼントオプションセット合計金額(税抜) ・RIDGE-RUNNER用 ¥17,700 / ・CRUISE用 ¥17,100

当店ではCRUISEの試乗車を常設しています


とにかく楽しいです
・ストップアンドゴーが得意なので通勤がラクです
・どんな場面でも大汗かかずに済みます
・鍛えた人がロードでするスタートよりもゼロ発進が速いので、交差点でもふらつくことがなく安定して走れます
・登りで苦しまない
・荷物を積んで楽に走れますし、登れます
・自転車でしか行けない場所に容易にいけます
・つまり、”自転車で一人旅”を容易に実現可能です
・複数人で楽しく、おしゃべりしながらツーリングできます

E-BIKEに対するよくある誤解
・日本仕様はつまらない
・平坦が遅い、だるい
・市街地では不要
・価格が高い

■ E-BIKEとはなにか?
[E-BIKE] 初めてのE-スポーツバイク

■ MIYATA CRUISEの特徴はこちらで
[E-BIKE] ミヤタのクルーズの特徴

■ E-BIKEは新しい世界を発見できる観光ツールである
e-bikeに乗って日本を再発見!! 電動アシストで“eバウンド”してみよう(難波賢二のe-bikeアラウンド)

『Seraph E-01』のスモールサイズが登場しました

『Seraph E-01』のスモールサイズが登場しました
ミズタニ自転車のセラフ E-01はフレームに施されたパールホワイトは高級感を漂わせますし、アッセンブルされた各パーツにも手抜きのない選択がされているので、税抜38万円という価格に見合ったモデルです。

昨年より発売を開始しましたが、
・トップチューブ長:520mm
・シートチューブ長:500mm
と、165cm~175cm前後の方にお勧めしやいサイズ設定となっていました。

試乗会などで小柄な方、女性の方々のお客様を中心に「もう少し小さなサイズが欲しい」と要望を頂きましたので、今回登場したのが「500S(スモール)」サイズです。

シティライドからツーリングまで、また通勤にも最高のE-BIKEをご検討下さい

こちらが以前に発売された「500」

これが新しい「500S(スモール)」

ジオメトリはこんな感じです

E-BIKEでのグラベル走行について

E-BIKEでのグラベル走行について
まだまだ普及の入り口にいる段階なので、そんなことしてる人は日本に何人いるの?っていうレベルだと思いますが、今後の日本のスポーツバイクの核になるだろうE-BIKEで何ができるのか?何をするのが楽しいのか?について掘り下げて行く私です。

その中で先日グラベルを走ってみたので感想を述べておきます。

使用した車種はすでに何度も書いておりますが、
MIYATA CRUISE
のオリジナルカスタムモデルです。

カスタム前と後では全く乗り味が違うので、ぜひカスタムの相談もお待ちしております。

おおよそ、通勤カスタムならサドルとタイヤ、ツーリングならそれに加えてキャリアやバッグを加えるくらいでも十分です。ポジションを変えるにはステムがあればよいので全体的に車体本体以外にかかるコストはロードバイクより低く済みます。ホイールを変えるにしても、それほど高いものは必要ありません。

登りは登れちゃいます
砂利道の登りはスキル次第ではあるので、誰でも登れるわけではありません。しかし、もし私がEアシストなしのクロスバイクに乗っていたら、きっと同じコースを上ることは出来なかったでしょう。ギア比は今回フロントが44、リヤが11-34でした。完成車だと32までなので、最新のMTBコンポへ変更したほうが良いと思います。フロント44はかなり大きめですが、10速でも36、11速なら40以上ありますし、Eアシストがあるのでイケると思います。

下りは癖がある
下りはタイヤとジオメトリとスキルが大事です。もし、登ったのと同じだけ下るようなコースなら35C以上のサイドノブがあってソフトなタイヤが良いでしょう。今回は登ってしまえば下りはほぼ舗装路でしたので、32Cのほぼスリックを4.5気圧で走りました。そう考えると、この場合でもチューブレスタイヤは有効です。ジオメトリはフロントセンターが長めのバイクがあればその方が良いと思いますが、今はあまりバリエーションがありません。MIATAのCRUISEは比較的フロントセンターが長めなので、グラベルには向いていると思いますし、走ってみても十分走れる感じでした。ただ、その場合フォークは換えたほうが良いと思います。車重があるのでちょっとクセがあります。その点をタイヤ選択や空気圧の調整に反映させるのはコツです。

あとはジオメトリ
これは個人的な感想ですが、アメリカでのグラベルは完全にレースですけれど、日本ではツーリングが主体です。もちろん、ユニークなタイプのグラベルもありますが、あまりにジャンルレスなので数えられるほどではないでしょう。そう考えると、グラベルバイクはE-グラベルになったほうが楽しいと思います。メリダで言えば、E-SILEXですね(今はそのような車種はありません)。つまり、E-BIKEが普及するに従っていろいろな車種が登場すると思います。グラベルを含めてオフロードはジオメトリが結構大事で、安定性や操作性を大きく左右します。単にタイヤの太さだけ太くすれば走れるというものではありません。

まとめ
すでにオフロードに慣れている人であれば、Eアシストの登坂力を利用して様々な地形へのチャレンジも良いでしょう。しかし、オフロードを走り慣れない方はアシストを利用してどんどん登ってしまわないように注意したほうが良さそうです。”行かないほうが良い”のではなく、下りのことも考えて登るようにしましょうということです。少なくともEアシストなしの自転車よりも、E-BIKEによって多くの道や地形や景色を楽しむことができるのは間違いないと思います。

[E-BIKE] 初めてのE-スポーツバイク

なぜ、ここでまE-BIKE推しなのか…
SHIMANO STEPS E8080 シリーズは、ヨーロッパでデビューしたE-スポーツバイク(電動アシストスポーツ自転車)用ユニットシステム技術をベースに、日本のフィールドとレギュレーションに最適に設計したものです。ただ、EUで販売されているユニットそのものと機械的な違いはなく、スピードセンサーの位置、アシスト比率の制限が主な違いとなり、実用上の足かせになるような違いではありません。

一般のアシスト自転車とは全く違い、スポーツへと昇華させたE-スポーツバイクコンポーネンツ「SHIMANO STEPS」は、軽量コンパクトな外観とともに、スムーズなペダリングや、スポーティな乗り心地を追求。ライフスタイルを変えるモビリティとして提案されています。そして、スポーツバイクならではのスポーティなフィーリングはそのままに、坂道やスタート時も軽々、ロングライドを想定した大容量バッテリーを採用、雨やダートに対応する高い防水性など、E-スポーツバイクをさらに、新しい価値へと高めています。

「車重が重かろう…」と言われますが、当店にある実車を乗って頂ければそれが無駄な心配だとわかります。まるで普通のクロスバイクと変わりはありません。


私はロードバイクも好きですが…
私がロードバイクに乗るのが好きなのは、自分の力だけでどこまで行けるか、どんな景色を見られるかという楽しみを追求したり、自らの体力を試すことが好きだからです。ただ、年齢を重ねるとともに体力は衰えていきます。その衰えに対した抗うことこそスポーツの根源的な楽しみであり、真髄です。しかしながら、誰もがそのストレスやコストを受け入れられるづけるわけではありません。私も今は楽しんでいますが、いつかはそこから脱する時が来るでしょう。自分の力を試せれば良いのですが、そのためにはまず普段から乗り続けるための時間を割くことが必要ですからね。家庭に、仕事に、他の趣味に…となると、なかなか難しいのが現実です。

健康づくりには”適度な負荷”がキーポイント
健康づくりの為に始める自転車であれば、”適度な負荷”がキーポイントになると思います。E-BIKEはモーターサイクルではありません。あくまでも自分の力でペダルを回し、前に進めます。ペダリングを止めれば止まってしまうわけです。それをアシストするのがモーター、つまりハァハァせずちょうどよい負荷で長い時間の運動をすることができます。

クロスバイクからの乗り換えや通勤・観光に最適
ロードバイクはそもそも速さを追求するための自転車です。”クロスバイクからロードバイクへ”という流れはよく聞く話ですし、現在も考えている方はおられるでしょうけれど、クロスとロードは違う乗り物であり、用途も異なります。ゆえ、ロードバイクが最初から欲しい方や自転車で走ることそのものが好き!という方は”クロスからロード”という道を歩むでしょう。しかし、単なる移動手段だったり、通勤の手段としてクロスバイクを買った方がロードを買う場合には、基本的に”買い増し”をおすすめします。信号の多い市街地で走ることが苦手なロードは、スピードを上げることもできないのでメリットを活かせず、結局はクロスバイクのほうが便利です。

詰まるところはロードバイクとは痛みを楽しむスポーツ。そのようなことが好きかどうか?がポイントです。なおかつ、遠くへ行ったり峠を走るには練習をする必要があり、たった3キロの登りでも最初はハァハァと息切れしてしまいます。まあそこからの成長もまたロードバイクの楽しみなのですが…。

「クロスバイクよりもロードバイクなら今よりも少し遠くへ行ったり、美味しいものを食べたり、見たことがない景色を見たりできるのでは?」とそう考える方にはロードバイクよりもE-BIKEの方が適切かもしれません。毎週乗る時間が確保できなくても、E-BIKEならば気が向いた時に楽しく走れることができ、その人それぞれに最適なレベルでスポーツを楽しむことができます。必ずしも、自分の体力だけにこだわる必要はないでしょう。

あるいは通勤のために乗るのならば、夏は汗だく、冬は汗冷えに襲われながら乗らないといけないクロスバイクやロードバイクと比較して、E-BIKEならば運動量を一定にすることができますし、スタードダッシュに強いために車道を走る自動車などの流れににスッと乗ることができます。