Category Archives: メリダ 2018

旅と妄想とSILEX

昔から地図帳(もう無いかな?)を見て、行ったことがある所の思い出や次に行きたい所についての妄想をするのが好き、そんな旅好きの人は私だけではないと思います。

そう、旅好き=地図好き。

地図って楽しいです。どんどん妄想が膨らんで、どんどん深みにハマります。そして、いつか行ってみることに成るのでしょう。

自転車での旅について、古くランドナーという文化がありました。しかし、今では少なくなりました。一部では同じような楽しみ方が出来る自転車としてGIANTのGREAT JOURNEYなどが存在していたわけですが、最近ではそれが”バイクパッキング”という方法に進化して文化を築いています。

それ以前の自転車旅と比較すると、全体的に軽さを意識したものとなります。ヒョイッと担ぐような軽さももちろんですが、自転車としてのスピードを失うことなく”走る楽しみも味わいたい”という方向性です。なおかつ、舗装路以外の路面を走行することも考慮し、より太いタイヤやコントロールしやすいライディングポジションなどが与えられました。

それは”グラベルロード”という言葉でも表されていますし、新ジャンルとして一部では期待するところでしょう。

しかしながら、グラベルロードはアメリカで生まれた文化です。映画を想像するような風景が広がるアメリカの広い国土では、未舗装路をずーっと走っていかないと行けない場所があるとか、そこしか道がないとか、あるあるですね。

こんな感じとか。

こんな感じとかですね。

でも、こんなところは日本にはないわけです。だから、「グラベルロードっていつ使うの?」という声もあります。

ランドナーはフランスの文化です。フランスはツールで見るような山もありますが、フランスは農業国なので多くは農村地帯です。そういう場所を旅する自転車、それがランドナー。その国の地形と文化は、自転車での度にもそのまま影響するんですね。ですから、日本で”グラベルロード”と言われてもピンとこないのは当然でしょう。隣国ドイツでも写真のような景色はお目にかかれないので、やはりグラベルロードは求められていないわけです。それゆえ、ヨーロッパ系の自転車メーカーでは”ロードレーサーをベースとしたジオメトリのオールロードバイク”は発売されることは少ないでしょう。

メリダを開発しているドイツでは”ツーリング(自転車での旅)”が盛んです。それはフランスでいうランドナーの様な文化となり、MTB等に最低限の荷物を積んで、それを列車に乗せ、あらゆる場所を旅します。

なんかこちらの方が、日本の文化にマッチしていると思いませんか?

メリダが2018年にリリースします「SILEX」は、ランドナー的に楽しむオールロードバイクとして非常に合理的に出来ています。

これがロードレーサーベースのジオメトリですと、ハンドルが低すぎたり、結局はスピードを出すことを捨てきれなかっりします。また、ジオメトリのせいもあって砂地まではいいですが、砂利以上の不整地ではとてもじゃないですが、ハンドル荷重が過剰になって怖かったり、危ないために乗れない自転車になってしまいます。

グラベルロードはあくまでロードバイクなので、その中途半端さが問題なのでしょう。すでに普通のロードバイクも28Cくらいまでのクリアランスを持ち、ディスクブレーキを装備さえしますから、おそらくは数年のウチに”グラベルロード”という言葉は”コンフォートロード”と同じように消えて無くなると思います。

”ロード=スピード”という柵から開放され、自らの旅の妄想を実現することが出来る自転車って、すごくワクワクしますよね。

SILEXはあらゆる状況を走る場所に変えつつ、その上で旅を構築するのに最適な自転車として設計されました。

ドイツではこれまで29インチMTBで行っていたツーリングを、このSILEXに置き換え、より軽快に合理的に自転車での旅を楽しむ人が増えることでしょう。

アメリカ人のようにマッチョで、クレイジーな、”過剰こそ文化”と言える土壌で育ったバイクではないことが、このSILEXを理解するのに必要な要素です。

地図を眺めながら次の旅の構成を、SILEXと共にいかがですか?

メリダ SILEX400
199,900円(税別)

700x42Cまで使えます。650Bx2.2inchも使用可能です。

フロントフォークの両側にはボトルケージ台座があり、荷物を積むことができます。

フレームバッグを装備した場合には、ダウンチューブ下の台座を使用すればボトルが2本持てます。

[組み替え・載せ替えSALE] 2017 SCULTURA TEAM フレームセット

まだ在庫がありますよ
※完売しました

オリジナル完成車の案内もしていますが、今回はフレームのみのお知らせです。

2018年モデルもまもなく入荷してまいりますが、「バーレーンカラーよりランプレカラーが好き」という方もいらっしゃいます。2018年モデルではブレーキ位置変更と50グラムの軽量化がアピールされていますが、価格も上がっています。

2017年税込価格:290,520円(税込)
2018年税込価格:322,920円(税込)

290,520円 → 200000円(税込)
※バイク持ち込みでの組み替え、コンポ載せ替えも承ります(工賃:27000円〜21600円)
※組み替えではなくフレームのみの購入の場合、割引率が変わります
※価格は税込

※完売しました

メリダも2018でグラベルへ、SILEXシリーズ新登場

メリダでは新しくグラベルに対応したロードバイク「SILEX(サイレックス)」を発売します。

グラベルロードというとわかりにくいんですが、このSILEXに限らず要はツアーバイクです。

日本国内ではアメリカの様な未舗装路で町と町の間を繋ぐ道はありません。ゆえ、実質的にグラベルはありません。でも、自転車で旅をする文化は以前からありました。ですから、メーカーはカタログ上でグラベルグラベル…と言いますが、無視しましょう。「グラベル無いじゃん」で思考停止しては、このジャンルのバイクを楽しめません。

より遠くまで、できるだけ速く軽快に、そして色々道を走れるツアーバイク、それがSILEXです。

[こんなポイントがあります]
 700x44Cまでのタイヤクリアランス(650Bx2.2も可)
 長いヘッドチューブによってアップライトな姿勢を確保
 ディスクブレーキ装備
 5箇所のボトルケージにより容易になるバイクパッキング

フレームワークの基礎はほぼBIG.NINEです。ヘッドチューブはとても長く、47サイズでも180ミリありますが、長過ぎることはありません。単に未舗装であるだけでなく、マウンテンバイクコースのような上り下りにおいてもフロント荷重が過ぎたりせぬように考えられています。

オフロードを走っていて恐怖を感じるのは、ハンドルバーを頭が超えそうになった時です。前転してしまう恐怖感を感じると思います。これを「Over the bar(OTB)」と言います。ハンドル位置を上げることでOTBしにくくなり、走れる路面は飛躍的に向上します。多くのシクロクロスライダーがハンドルを低くしすぎないように気遣うと思いますが、それと同じです。それと同時に肩周りに余裕が生まれ、右に左にハンドルを切りやすくなります。

郊外にお住まいの方や旅に使う自転車をお探しの方には、最適な1台になるでしょう。
ボトルケージはダウンチューブにある見慣れた2箇所だけでなく、ダウンチューブの裏に1箇所、フォークの左右に1箇所ずつ、合計5箇所。これらをフル活用し、バイクパッキングによるツアーを楽しむことが可能です。

乗り味はとても軽快。
BIG.NINEベースと思われるフレームによって、適度なバネ感とコンフォート性能を発揮しますので、走ることが出来るフィールドはかなり広く感じます。ツアーバイクだからと言ってスピードを捨てる必要はありません。より遠くへチャレンジできます。バイクも出来る限り軽く仕上がっています。

普段乗り・街乗りロードにも最適?
これまではRIDEシリーズやSCULTURAシリーズのハンドルバーを上げた状態で乗る、街乗りロードという文化がありましたが、カッコつけで乗るのであれば、SILEXを使う方が利便性がよく、個性的なのでかっこいいんじゃないでしょうか?

普段からフレームバッグを装備しておけば、多少のお買い物にも使えそうです。
私はGRAN SPEED買おうかと思ったんですけど、これ欲しいかも…

これまでこういったバイクはいろいろな工夫やコストを掛けないと楽しめないものでしたが、メリダのSILEXであれば、完成車としてスタートアップできます。

このSILEXにまずはフレームバッグやハンドルバッグを取り付け、小さな旅に出かけましょう。その後、よりスケールの大きな旅にチャレンジ。海外へ走りに行くにも良いパートナーになりそうです。

納期はカーボンフレームの上位2機種が1月下旬、アルミフレームの2機種が9月下旬の予定です。

このシリーズは入荷がこの一回のみと予測されます(聞けばいいんですが、聞いてません。多分間違いないので)。特にアルミの2車種は、程よい価格と熟れたデザインなので買いやすいですから、早めの決断を。

メリダ 2018 シクロクロス

メリダのシクロクロスは2016年から急激に増え、もはやレース会場でみない日はありまえん。その代わり、シクロクロス流行初期に見かけたいくつかのメーカーは見ることが少なくなりました。

メリダの特徴であるコストパフォーマンスの良さはシクロクロスバイクにおいても健在。特に6000や400はシーズン初期段階で完売してしまう程の人気ですから、入手を考えている方はお早めにどうぞ。

両車種とも入荷は8月上旬ですので、2017年のシクロクロスシーズンにも間に合います。

メリダ2018 注目車種の納期について

早速幾つかお問い合わせを頂いておりますので、動いている人は動いています(笑)

注目車種の中で早めのデリバリーになっているものをお知らせします。

以下の車種は8月下旬〜9月下旬までに発売されます。もうすぐに乗れます、あの話題の新型に、です。ちょっと興奮しちゃいますね。

ファーストデリバリーはサイズや車種によっては完売も予測されますので、確実な入手をお望みであれば早めに予約して下さい。

※CYCLOCROSS、SILEXあたりはセカンド分が無く入荷は一度のみだと思いますので、そのあたりはご留意を。各チームモデルも同様の流れです
※リアクトシリーズは最低サドル高が44で約63前後、47で約65前後、50で約68前後ですので、52以上のサイズはほとんど売れません。スクルトゥーラですと、44、47、50、52と4サイズに分散するところが3サイズに集中しますので、特にご留意下さい。

REACTO TEAM-E フレームセット
REACTO 6000/5000/4000
SCULTURA TEAM-E フレームセット
SCULTURA 6000
SCULTURA 700/400/410
SILEX 400/200
CYCLOCROSS 6000/400

メリダ 2018 クロスバイク

メリダのクロスバイクは実は結構人気なんです。

ジャイアントやトレックはそこらじゅうにいるし、デザインが好きじゃないし、好みの個性を見つけたいという方に、メリダが目にとまることが多くなってます。

ご指名下さい。取り寄せますよ。

個人的に気になったのは車種が拡大されたGRAN SPEEDシリーズです。

CROSSWAYと比較すると、よりスポーティなGRAN SPEEDはディスクブレーキを標準で装備し、フルカーボンフォーク、タイヤ幅は走破性の高い32C。ジオメトリはコンフォートシリーズのロードバイクであるRIDEを基準とし、ロードゴーイングなSUV的クロスバイクスタイル。

都市部でのストップアンドゴーであったり、キビキビした走りをするにはぴったりですし、河川敷などを巡航するのもいいでしょうね。カラーリングがとてもいいです。

私も1台欲しいんですよね。

これらの自転車は9月中旬頃発売予定です。

[急げ!今がチャンス!]メリダ 2017年モデルセールの案内

2018年モデルは来月以降に入荷しますが、2017年モデルの在庫処分セールを行っています。

価格はここでは書けませんが、いい値段が更にいい値段になっていることでしょう…ゴニョゴニョ…

じゃあ何が残ってるの?というと、こんな感じです。
新型もいいですけど、お得なのもいいですよ。

すぐなくなってしまうんで、今週末に決めてください!

[スクルトゥーラ]
SCULTURA 9000-E 完成車
SCULTURA 9000-E フレームセット
SCULTURA TEAM 完成車
SCULTURA TEAM フレームセット
SCULTURA DISK TEAM 完成車
SCULTURA DISK フレームセット
SCULTURA 7000-E フレームセット

[リアクト]
REACTO TEAM フレームセット
REACTO 5000 完成車

[ライド]
RIDE 7000 完成車
RIDE 3000 完成車
RIDE 3100 完成車

[シクロクロス]
CYCLOCROSS 9000 完成車
CYCLOCROSS 9000 フレームセット
CYCLOCROSS 6000 完成車

他、トライアスロンバイク、マウンテンバイクはそこそこあります。

6000グレード同士で比較する、SCULTURAとREACTO

REACTO 6000
499,000円

SCULTURA 6000
379,000円

この2車種を比較します。


まずこの6000グレードはどちらもCF4フレーム、つまりバーレーンメリダチームが使っているフレームと同じものを採用し、パーツスペックを下げることでグッドプライスを実現したパッケージ商品です。

パーツをスペックダウンとはいえ、発売したばかりのR8000アルテグラですから、言うことはないでしょう。

他メーカーでこのような商品があるでしょうか…ほとんどありませんよね。

大抵の場合、トップグレードのフレームに乗ろうと思うと、50万円でも足りず、100万円以上になってしまうようですね…(50万円でフレームすら買えないものも!)

私はロードバイクに30〜40万円出費することは、ポルシェなどレーシングカーを買うのと同じだと思ってます。一方、100万以上の金額をロードバイクに出費する人は、同じポルシェでもGT3を買う人です。まぁ、普通じゃありません(笑)

ゆえ、100万円をベースに、良いものは高いんだというのは全く理解できないわけです。Hi-Modだったり、SLRだったり、9.9だったり、Fナントカだったり、ViASだったり、アレやコレやは全然手が届きません(笑)転けたらオシマイですし…

ですから、この6000グレードがもたらす破壊力、その魅力は抜群なわけです。トップグレードですからね。


さて、インプレです。

ブレーキ位置が替わって50グラム軽くなったスクルトゥーラなんですが、2017年モデルと比較して変わった印象はありません。それはそれでスゴイことだと思います(笑)

リアクトの2017年モデルとの比較であれば、なるほどスクルトゥーラはオールラウンドですと言われても納得だったのですが、もはや2018年のリアクトは一つ先の次元へ進んでしまいました。

リアクトに乗った後でスクルトゥーラに乗りますと、「あ、このバイクは100年前のスチールで出来たフレームから進化した系譜にあたるし、自分が知っている自転車と同じフィーリングだな」と安心感すら感じます。対してリアクトは「うわ…ここまできちゃったのか…」とちょっと自分が知っている世界が過去のものになるジェネレーションギャップすら感じました。新たなロードバイクの世界へようこそ。

だからこそリアクトに乗りたいと思うか、普通の自転車がいいか、それも決める理由でしょう。

スクルトゥーラの良さ、それは振りの軽さです。レスポンシブルで、何度も何度も反応できる、それが良さです。スピードが死んでから乗せるまでにフレームが働いてくれるので、そこが得意です。リアクトと比較すると、高速域で伸びにくいのでそこはホイールでカバーするとよいと思います。一般レベルのホビーレーサー(これをどこまでだと捉えるかは人それぞれですが)であれば、リアクトよりスクルトゥーラにディープリムの組み合わせの方が結果は出しやすいのではないかと思います。

あるいは出力が低いライダーの場合、リアクトCF4に対して踏み負けてしまう事もあるでしょう。出力が低い原因は筋力(筋量が少ない)が弱いか、効率が悪いか、単に弱いか、どちらにしてもライドの後半に成ればなるほど出力はさらに下がるのでキツくなります。その場合にはスクルトゥーラの方がペダリングを続けやすいだろうと思います。むしろ、リアクトらしさはそれにあるので、最後まで脚を保たせることとハイスピードの伸びは両立出来ないですね、現実的には。バイク選びは取捨選択。すべてを得る事は出来ないのです。

ですが、結果を出すために練習はするけど、見た目は大事よ!という方にはリアクトで良いんじゃないかと思います(笑)2017年モデルよりも振りはかなり軽くなりましたし、登りも大変に軽快なのですが、やはり剛性は高いリアクトCF4。これを踏み切るには大変でしょう。しかし、それもまた楽しみです。

「レースには出ないからスクルトゥーラでいいんじゃないか?」ともよく聞きますけど、それ逆じゃないでしょうか?レースに出ないなら、楽しさを優先すればいいんじゃないですか?むしろ、レースに出て結果を出したいなら、色や好き嫌いになびいてる場合じゃないですよ(笑)

ヒルクライムが好きという方、あるいはそこそこ大会に出てますという方は多いのですが、その場合スクルトゥーラを選びがちなんです。でも、私は異を唱えたいところです。

本当にヒルクライム命の人はあまり多くありませんから、もし普段はロングライドが主体だったり、ツーリングが主体だったりであれば、リアクトが発揮する平坦でのスピードは、行程全体の走行時間を短縮してくれるはずです。また、登りが得意ではないと自覚している場合、バイクを必要以上に軽量にしても、クライミングバイクのレスポンスを手に入れても、結果は同じだろうと思います。ライダーのペダリングスキルやパワーが不足していることが大きな原因だからですね。

その他、ロングライドなどで大きな街道を調子よく巡航しているケースではリアクトの方が維持しやすくラクに走れます。ペダリング効率を上げ、むやみに踏まないように尽くして、後半や登りに脚を残せばリアクトは大きな面白さを味わえると思います。2017年モデルほど、スピードが死んだ所からの再加速は不得意ではないので、クライマー系の方以外ならリアクトに乗ってみて欲しいです。

そこそこ脚がある人や経験がある人には、メリダを買うならリアクトに乗って欲しいと、2017年から言っている私ですが、それは今も変わっていません。

リザルトのためだけに道具を選ぶ人も稀にいますが、趣味であれば総合的に選ぶことが多いですよね。

2018 SCULTURA フォトギャラリー

[SCULTURA 6000]
新しくなって、ブレーキ位置が変わり、50グラム軽量になったCF4フレームにR8000アルテグラを装備して、379,000円。この状態で実測7.7kgなので、7キロ前半は目前。願わくば、クランクが52-36であれば尚良し。あ、当店在庫分SCULTURA TEAMにR8000を装備して同程度の価格で販売してますので、そちらも要注目ですよ(笑)

[SCULTURA 5000]
4000と同じCF2フレームにR8000アルテグラミックスで239,000円。カラーは2色。

パールホワイトにシルバーブルーとブラックの組み合わせは上品。

今年のメリダロゴは抜き文字が多用されています

フレームの凹凸に合わせたカラーリング

シートピラーは27.2なのですが、シートチューブは根本から段々と細くなっています

夏っぽくていいカラー

[SCULTURA 4000]
199,000円でCF2カーボンに105ミックスは、2017年と同じスペック。カラーは2色。

マット仕上げのUDカーボンカラー。黒に塗っているのではなく、UDカーボン目そのままの仕上げ。

バーレーンカラーが正式ラインナップに加わります。

このフレームの素性の良さをこの価格で、これをされると他メーカーにとっては厳しい一手。そりゃ、スペックダウンしても値段を合わせてくるのも仕方なし。

リヤ周りの設置感が安定感を生み出します

CF4譲りのフレーム形状

[SCULTURA 400]
ハイドロフォーミングアルミフレームに105ミックスで139,900は2017年と同スペックで同価格。カラーは2色。

この価格でもカーボンコラムのカーボンフォーク、他社と較べてください。

溶接部分はキレイなので、パット見た感じではカーボンとの区別がつかないほど

不思議なカラーですが、どれにも似ていない感じが個性的

ジワジワ好きになるカラーです

400のもう1色はシンプルなブラック。

仕上げはマット。

まぁ、黒ですね

[SCULTURA 700]
400と同じアルミフレームに、105をフルスペックで搭載したのが700で、価格は169,900円。400とのもう一つの大きな違いはチェーンリングが52-36であること。これがミソ。このアルミフレームのポテンシャルをぐっと引き出します。

このカラー良いですよね

2018年からはグロス(つや有り)仕上げがトレンド。

700のもう1色はバーレーン。700グレードは色で迷いますね。

チェーンステイ裏側にもロゴ配置。

2018 メリダ REACTO フォトギャラリー

REACTO TEAM[CF4]
1100,000円(完成車)
339,000円(フレームセット)

一体型ハンドルバーを装備します。コラムスペーサーも専用品となり、ステムの上に乗せることは出来ません。

後方へのアピールも中々強烈で、美しい

シートステイは大きく絞った形状

リヤブレーキはDMにしても空力的に変わらないか不利などと言われていましたが、これで完璧。

他メーカーでも見られたようなシェイプのフロントフォーク

ゴムは簡単に外れないようになりました

ヘッドチューブとフォークの付け根は完全な一体感でデザイン

REACTO TEAM DISK[CF4]
1200,000円(完成車)
369,000円(フレームセット)

R9170のSTIレバーは素晴らしく握りやすい。というか、R9150と言われても全然わからない

今回はフロントにもディスククーラーを装備

シマノのFreezaローターはすばらしい。ディスクブレーキはローターが安いとフィーリングがプアになるので注意。他メーカーと比較してもシマノのローターはダントツでいいです。他社と比較して2世代は進んでいます。

真正面から見ると、ものすごい板っぽさ(笑)

FlipFlop機構が無くなり、やぐらまでワンピースになったシートピラー

REACTO 8000-E[CF4]
750,000円(完成車)
329,000円(フレームセット)

VISION METRON 5Dハンドルバー

VISION METRON 5Dハンドルバー

なんかもうすごい

空気を切り裂く感じが半端ない

カラーはマットブラックで落ち着いているとも言えるが、少々地味

REACTO 7000-E[CF2]
499,000円

わりと濃いブルー。微妙にグレーのラインも使っていて、メリダは基本的に3色使い

青好きにはいい感じ

ホイールのステッカーもフレームカラー同色

REACTO 6000[CF4]
449,000円

パッと見はSUNWEBっぽいけど、それほど似ていません

黒い部分はUDカーボンカラー

赤がポイントになっています

いいんじゃないでしょうか。

REACTO 5000[CF2]
289,000円

清潔感のあるパールホワイト

白はレーシングカラーの基本形

ヘッドキャップもエアロ形状なので

ハンドルを切ると着いてきます

アルテグラミックスなので基本性能高し

REACTO 5000[CF2]
289,000円

黄色いアクセントが印象的なカラー

いいですね。

CF2フレームは28Cまでのタイヤを使用可能です

REACTO 4000[CF2]
249,000円

お待ちかねのバーレーンカラーのリアクトはゴージャスなカラーコンビネーション

CF4同様にリヤブレーキ前方にはフラップ

パット見はCF4との区別がわかりません

シート角を立てられる機構は継続採用されたCF2グレード

ダウンチューブへの入り口はDi2用とワイヤ用でパーツを付け替えます

シート角を変更することが出来る機構を備えます

REACTO 4000 DISK[CF2]
289,000円

CF2グレードではリヤステイの絞込はそれほど強くありません

リアクト4000 DISKのカラー違い

黒が好きな方には

2018年からはグロスカラーが戻ってきました。高級感があって、良い黒です