Category Archives: メリダ 2017

[メリダ 2017モデル] SCULTURA 4000 の長期テストに入ります

アルミフレームの方は大体わかってきたので、続いてカーボンをしっかりテストします。

仕様も自分仕様に衣替え。クランクをFSAからSHIMANOに替えるのでBBも交換しました。ヘッド周りは特殊パーツを使ってペタペタに、フレームサイズが一つ大きいので。ホイールはお気に入りのシャマルさんにIRCチューブレスタイヤ、これ最高ですね。

シルバー&グリーンに赤の差し色がカッコイイ!!!

写真の仕様で7.9kでした。ペダルやペダリングモニタを取り外した仕様では7.5kgくらいになるでしょう。十分な軽さですね。

というわけで、明日から乗り込み開始!

こんな風に割と本気で乗り倒しますし、試乗会でも時間いっぱい使って乗り込みましたので、「どうなの?いいの?アルミとカーボンの違いは?リアクトってどんな感じ?」などいろいろな質問でもどんと来いですよ。

dsc_1246

dsc_1250

dsc_1253

dsc_1254

[メリダ 2017モデル] その4 史上最軽量?

2年遅れでやって来る手堅いヤツ、それがメリダ(笑)

いやまぁ、意識してやってるかどうかは別として、ほんとに手堅いです。冒険的な事をやっているようで、かなり堅実路線。その上、パーツパッケージも良くて、価格も安い。だから、売れてます。

ここ数年、
カーボンキラー
史上最軽量
カーボンバイクに匹敵
とか訳の分からないキャッチが並んでいるくらい、アルミで盛り上げているので。

メリダもやってみました、というわけです。

基本的にメリダさんは作るより乗っかるタイプ(笑)なので、トレンドを見極めて、しっかり開発したやつを、コスト低くドーン!と出します。

というわけで、今回はアルミフレームのアップデートに関して書きますね。

2017モデルになり、アルミフレームのスクルトゥーラは全面刷新されました。

dsc_1102

完成車のグレードは2種類あり、
700
400
です。
※この2種類のグレードの違いについてはまた次回書きます

メリダさんは広告が上手じゃないので、史上最軽量!とか、カーボンキラー!などとは広告していませんが、結構良く出来ています。ディーラー向け試乗会で散々乗り倒したんですが、かなり気に入りました。この上のカーボンモデルより、スクルトゥーラチームに近い乗り味じゃないか?と思います。CAAD12やエモンダALRにも負けないでしょう。

私は決して「アルミのほうが良いです」とは申しません。それはないでしょう。コストをかけて作れば、カーボンのほうが優秀なバイクが出来上がります。

しかし、レーサーらしい乗り味を適価でリリースするには適した素材だと思います。

それを大袈裟に言うと、カーボンキラーだなんだとなるわけです。

正直、このバイクのフレームは良いものです。でも、車種名が400とか700とかだと、”イマイチ萌えない(笑)”のもわかります。名前が特別だったりする方が気持ちが盛り上がりますよね。わかります。

でも、そこを上手くやれないのがメリダさん(笑)

細かな乗り味の差はありますが、レーサーらしい振りの軽さと加速はとても味わえます。皆さんが気にされる乗り心地については十分だと思いますし、それについてはフレームに仕事をさせるより、チューブレスタイヤを装着するなどしてもっと出来ることがありますから、フレームに対して”細かい振動云々”を期待したり、させたりするのは無駄なコスト発生の原因となります。

この写真のスクルトゥーラ700は実測重量が8.3kgでした。

メリダはこのフレームを軽量だとはうたっていません。実際、それほど重量面を意識して作ったというわけではないでしょう。

でも、あちらは重量も売りらしいので、折角なので真っ向から比べてみます(笑)

パーツアッセンブルの事を考えますと、エモンダALRの105仕様が8.19kg(54サイズ)、CAAD12 105 5が7.9kg(48サイズ)との比較をしても、十分な戦闘力を持っていることが分かります。
※48と54のサイズ重量差は約100g程度

ただ、実測データを調べるとエモンダALRの105仕様では8.3kgあるようです。ってことはスクルトゥーラとほぼ一緒ですね。

軽い軽いと言っても、どれもフレームが1000gほどあるようですから、新しいスクルトゥーラでも大きな差がないことが分かります。つまり、カタログ上の謳い文句ほどではないということです。

ちなみにこの2車種と違うのはフォーク重量でして、エモンダALRが345g、CAAD12が390gとなっているのに対して、新しいスクルトゥーラのフォークは…

p_20160909_161231

450gでした(笑)
※下玉押しは10g以下

これを「メリダは重たいな」と思っちゃうのはビギナーさんですが、ベテランさん達は「お、しっかりしててイイね」となります。以前にも書いていますけど、300g台のフォークは色々と問題が出ます。ここが軽いのは良いことばかりではありません。

かつてロード界を席巻した、あのTIMEフォークは450gほどありましたし、同時代にTIME製として性能を誇ったONDAフォークも480gほどありました。

つまり、良いフォークは軽くないというのは歴史上の事実です。

そのことから、メリダは無闇に軽いフォークより、しっかりした乗り味をチョイスしたということです。そこで”たった100g”を削るより、他のパーツで削れますから、重量のことだけ考えてフォークから削るというのは、あまり一般的ではありません。レーサーではない方が乗るなら、尚の事です。そこまでして削るメリットが少ないので私は嫌です。良いバイクである条件、それはフォークが良いこと。

アルテグラ仕様ですと、CAAD12が8.0kg→7.4kg、エモンダALR8.19kg→7.82kgとあります。ホイール等細かに違いますから多少さがありますが、アルテグラと105のパーツ重量差である260gプラスアルファといった感じです。
※前述した実測値を考慮すると、ここまで軽くないでしょう

ちなみに、店頭試乗車を私の仕様にしてみましたのがこちら。

img_20160909_150222

この状態から、ライト類とペダルを除去すると、

p_20160909_142117

7.95kgでした。

クランクがアルテグラになっていますが、ペダリングモニターが75gあります。105とアルテグラのクランク重量差がちょうど70gくらいなので帳消しくらいです。

つまり、このバイクのパーツをアルテグラにした場合、アルテグラと105との重量差が260g(カタログ)をそのまま計算してOKでしょうから、7.69kgとなります。

ちなみに某サイトにはCAAD12にフルDA、ホイールをコスミック プロ カーボン、DAペダル、ガーミンのマウント、センサー、ボトルケージ2個付けた実測重量が7.2kgとあり、「メチャ軽い!」とあるんですが、そうでもないですよね…

この新しいスクルトゥーラでも十分に実現可能な重量でしょう。

というわけで

新しいスクルトゥーラのアルミフレームは同カテゴリーの他社種に対して
乗り味も
重量も
負けていないのですが、

価格は安く、とてもよいバイクですよ。

あ、最後に。

カラーリングは他車種より相当手間かけていますし、カッコイイですね。単色塗りにデカール貼っただけという仕様ではありませんから。

[メリダ 2017モデル] その3 スクルトゥーラ CF2編

DSC_0621 のコピー

DSC_0608 のコピー

DSC_0610 のコピー

DSC_0613 のコピー

DSC_0616 のコピー

DSC_0622 のコピー

DSC_0627 のコピー

DSC_0629 のコピー

DSC_0631 のコピー

DSC_0634 のコピー

DSC_0637 のコピー

DSC_0640 のコピー

スクルトゥーラ CF2というのはフレームのグレードのことです。9000がCF5、チームがCF4、そして最もよく売れるミドルグレードである5000や4000に採用されるのがCF2です。

スクルトゥーラシリーズはチームモデルが2016年に新しくなり。2017年にはそれと同じような形状に変更されたCF2グレードとなります。つまり、フレームがモデルチェンジします。
リアクトが登場する前にオールラウンダーを担っていた先代スクルトゥーラはリアクトの登場と共に、中低速でのかかり重視に路線変更しました。その弟分が今回のCF2となります。

乗って比べてみても、先代CF2より瞬発力が重視されており、登坂時のかかりは良くなっています。チームモデルが僅かな”ため”しか無いのに対して、CF2では程よい”ため”がペダルリングのリズムを維持しやすく効果的に感じました。ペダリングも上手で、心肺機能もあり、それに耐えうる精神を持っているライダーならばチームモデルは効果的でしょうが、ノービスライダーには諸刃の剣となるかも知れません。

先代ではあまりバネ感を感じにくく、しっとり感が強調されていたと思います。それは先代チームモデルがその傾向だったからで、「デチューンするとそうなるよね」という感じです。その意味では、ヒルクライムを重視したような場合でも今回のCF2は好まれるフィーリングだと思います。チームモデルはより高いケイデンスを要求してきますから、長時間の高強度となると身体はきつくなります。むしろ、CF2にし、ケイデンスを落とし、落ち着いて効率的なペダリングをすることが長時間ライドでは有効な場合もあります。

剛性バランスは硬いと感じないレベルですが、グイグイ踏みつけるパワーにも反応してくれるので思わずニッコリしてしまいました。先代CF2はちょっと柔らかい印象だったのですが、今回は上位モデルの味付けを継承しているようです。

ブレーキ位置は先代の通りノーマルキャリパーを使用しますので、メンテナンスは容易に行うことが出来ます。自分で管理しやすいということをメリダの開発陣は重視しました。このあたりは手堅いドイツ開発の味付けでしょうか。

このフレームにこの価格で乗れるというのは本当に驚異的です。毎度のことながら、メリダは強力なバイクを次々出してくるなと関心します。

「メリダはチームモデルを安価に買える」というメリットが強調されがちですが、ミドルグレードやボトムにまでしっかりと作りこんで来るのが本当に良いメーカーの仕事であって、その乗り味はベテランライダーすら満足させてしまうのですから、それは「もう”有名ブランド代”を払わなくても良いなぁ」と思わせて当然だろうと思います。ゆえ、ブランド物をメインに扱っているお店でも”放っておけない”存在になっていますよね。

BBはPF86になりました
スペック面ではBBがスレッドから圧入式になりました。いまだに”圧入式へのアレルギー”をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、メリダのフレームは工作精度も良く、私が問題を感じたことは一度もありません。周囲でレーサーの方が使っている状況も聞き取りしますが、「某メーカーではダメだったけどメリダは全然平気だ」と太鼓判をもらうことばかりで、問題視されることはありません。アダプター内に圧入されているベアリングについても、非常にシール性能が高いものが使われています。すぐにダメになると聞く幾つかのメーカーとは状況は違うと思います。どうしても心配であれば、あるいは万一問題が発生した場合には「WISHBONE」という飛び道具がありますので一気に解決することも可能です。

新車時からWISHBONEに交換するサービスも承ります。
プレミアム組み立てであれば工賃無料、パーツ代のみでOKです。

何台も試乗する中で私はこのCF2を2度試乗しました。
それほど印象的であったからです。「これは自分で乗っても全然イケるな」と感じましたし、4000グレードでも問題ないと思いました。もちろん、5000とはフレームが同じなのですが、ホイールさえ変更してしまえばまさにオールラウンドに活躍してくれると思います。

105仕様で19万、アルテグラ仕様で24万、このバイクに対抗できるメーカーは少ないでしょう。
スペックだけではありません。フレームの精度、乗り味、カラーリングまで抜け目がないとはこのことです。正直、2016モデルのカラーラインアップにはガッカリしていたのですが、2017年を見て思わずテンションが上ってしまいました。

「中身は良いけど見た目はね…」とも言われないほど、2017モデルではさらにスタイリッシュになっています。チームカラー以外の選択肢も充実し、色選びが本当に楽しい2017年モデルです。

4000と5000で迷ったら?
色で決めましょう。それで構いません。コンポーネントで速さは変わりません。重さが少しだけ変わりますが、バイク重量はパーツとフレームを全て合わせた重量ですから、105をアルテグラにした程度ではさほど変化しません。ベテランライダーがアルテグラを使いたいケースであっても、色重視でOKでしょう。6900デビュー時に載せ替えてもOKなのですから。

というわけで、ミドルクラスのカーボンロードレーサーのベストバイだと言えます。

高級車両と並べて比較されますと、「メリダはコストパフォーマンスが良い」とばかり言われるのですが、乗ってみてください。純粋にパフォーマンスが素晴らしく良いことに気づいて頂けるはずです。

当店ではメリダを中心に販売するディラーとしては、きっと都内で唯一になると思います。
それほどメリダに力を入れていますし、メリダの国内販売促進に力を尽くしてきました。

2017シーズンは多くの試乗車を常設し、新たなシーズンを迎える予定です。
ぜひご来店下さい。

価格以上の価値を持っていることは間違いないと思います。好みや感覚は各々違いますが、上手に中庸を守っているのですが凡庸ではないというところがメリダの上手さです。

[メリダ 2017モデル] その2 スクルトゥーラ チームモデル編

毎度おなじみ?ニューモデルについて一言というコーナーです。

なんか巷では、このコーナーを待っている方がいらっしゃるらしく、早く書けと言われてもいるんですが、まあとりあえず書き物は勢いとイメージが大事なので(笑)

というわけで、今やメリダと言えばランプレであり、そのチームバイクが注目されるのでそこから行きます。

今回の2017ニューモデルのポイントをザッとに書いておきます。

[スクルトゥーラ]
 チームのキャリパーモデルは変更なし
 チームに黒赤モデルのフレーム売りが追加
 9000も変更なし
 チームにディスクモデル市販化
 ミドルグレード完成車でフレームがモデルチェンジ
 ミドルグレード完成車にディスク仕様が追加
 アルミ完成車でフレームがモデルチェンジ
 アルミ完成車にディスク仕様が追加

[リアクト]
 チーム・ミドルグレード完成車共にフレームは変更なし

[ライド]
 チーム・ミドルグレード完成車共にフレームは変更なし
 ミドルグレード完成車にディスク仕様が追加

[完成車]
 多くの完成車でクランクとブレーキキャリパがオリジナル・FSAからシマノ製に変更

こんな感じでスクルトゥーラに対して大きく手が入れられた形になります。他メーカーでの販売実績を聞いても、オールラウンドモデルの方に寄っているということで、特に日本国内はその傾向が強くなっています。決してリアクトがオススでないということではなく、使用目的において検証した結果としてスクルトゥーラを選択する方が多いというだけのこと。ちなみに私はリアクト派です。

その辺りについて疑問があれば、いつでもご来店下さい。あなたの立場になって相談に乗ります。

DSC_0601 のコピー

DSC_0603 のコピー

さて、インプレです。
試乗エリアには一番に到着し、バイクを物色。まずはディスクでしょう?ということでスクルトゥーラチームのディスクモデルから乗りました。パーツ供給が間に合わず、新しいデュラエースではない状態でしたが、そんな事はどうでもいいことです。新しいデュラがいいことは分かっています(笑)eTapが装備されている機種もあったのですが、それもどうでもよいことです。今見るべきはフレームですから。それに今更カンパやスラムと真っ向比較するのはナンセンスですね。資本力、技術力、マーケティングのどれもが今やシマノの手の中にあります。むしろ、シマノが転けるとみんな転ける、そんな怖い世の中でもあります…

ディスクブレーキについて
ディスクブレーキは相変わらず要不要論になっています。販売に積極的か、消極的か。2択ではないと思います。必要な用途があれば、そうでないものもあるでしょう。全体を2つに切り分けることはできません。消極的なケースでは個人的に嫌いか、あるいは扱うことが難しいというケースもあるようです。

私は積極的でも消極的でもなく、その出来栄えを判別し、必要な用途にはおすすめするだけです。

レースでは不要というのは、何度も言いますように、レースはゲームが面白くなることが最大のポイントであって、最新機材の発表会がメインではありません。ただし、レギュレーションが変われば使わざるを得なくなります。きっとそうなると思います。

一般の方の要不要に関してはそれぞれの方が決めれば良いと思いますが、今回試乗した新しいデュラエースのディスクブレーキに関して、これまであったものと比較して出来栄えが素晴らしく、はっきりと”ロード用”であると感じました。これより下位グレードに関しても相当熟成されています。これまであったXTのキャリパーにレジンパッドを装備したものは効きすぎていましたし、制動力の立ち上がりも急だったのですが、今回のものは”タッチ”も柔らかであって、”粘り”もあり、なおかつめちゃくちゃ効きました。相当に良い感じです。

試乗車は左前ブレーキ仕様だったんですが、「ん?どっちが前だっけ?」と走りながらわからなくなってしまうほどに右手で操作するリヤブレーキの制動力は強力で、「んー、ここまで効くと世界が変わるな」とニヤニヤしました。50キロくらいからリヤブレーキだけで止まれましたので、別世界です。それにはもちろん、28Cという非常に太く、接地面が広いタイヤもその理由なのですが、ブレーキそのものの出来栄えは”とにかく素晴らしかった”ですし、かつて体感したことがないフィーリングでした。

ゆえ、今更ながら一元的に要らないよっていうのは、単に嫌いなのか、なにか理由あってのことで”聞かなかったことにする”のが一番の対処だと思います。「”個人的には”要らないと思う」っていうのが一番無意味な意見です。

そこで言えることは、2018年以降にこの仕様をダウングレードしたアルテグラグレードのコンポーネントがデビューし、ディスクブレーキが搭載された完成車がリリースされ始める時、きっと大きな流れのスタートになるだろうと思います。なんの根拠もありません、なんとなく思うだけです。

ちなみに私個人はディスクブレーキ大好きですので、頃合いを見計らって導入いたします。また、ディスクをほとんど扱ってきたことがないというより、自分で使い慣れていない自転車屋さんでディスクブレーキ仕様の車両を買うと後々のメンテも大変そうですけど、そもそも知識不足っていうケースもありますの注意して下さい。ここ2年ほどのシマノテックセミナーで離されている内容は、ディスクブレーキが流行り始めた頃の内容と全く同じでして、「この内容を知らないディーラーが沢山あるということか…」と愕然とします。実はディスクブレーキの問題点は、ブレーキそのものではなく、販売する側だったりします。

フレームの味付け
昨年乗った2016年モデルのライドディスクとは別物でした。あれはロードレーサーではなかったし、CXバイクかと言われても不思議ではなかったです。評価している方もいたようですが、私は全くダメでした。しかし今回のスクルトゥーラチームディスクはかなり良いものになっていました。しかし、フォークに関してはまだ解決していない問題があるように感じたので、今後の熟成を見守りたいと思います。漕ぐという点においては、やはりまだリムブレーキモデルに及ばない点があります。

クライミングバイクというほどシャカシャカでもないので、オールラウンド要素は持っています。しかし、そのチームモデルなりのレスポンスは、効率のよいペダリングを必要としてきます。ケイデンスは無駄に上げるとよくありません。あまりスキルの高くないライダーはミドルグレードのCF2を選択したほうが良いでしょう。軽量であることより、長時間のライドこそペダリングの質が体力温存に影響します。

先代のスクルトゥーラSLチームは軽量ながらしっとりした踏み味で、まさにオールラウンダーという印象だったのですが、2016年に刷新され、よりレスポンシブルなフレームになったと思います。オールラウンドというよりヘッド周りやハンドル周りの返しが早く、それと同じようなリズムで後ろ三角が反応するようで、ケイデンスをついつい上げたくなる反応性重視のフレームです。対してリアクトは古くからあるホリゾンタルフレームのような伸びと落ち着きに、程よいレスポンスを加えたものでまさにオールラウンダーだと思います。人によって意見は違うでしょうが、私はこのように感じました。

レースでは上げ下げに対応できなければそこで終了なので、まずは残ることが大事です。プロのレースのように”展開がある”ことは稀ですから、総じてスクルトゥーラの方がよく売れるのも当然かと思います。むしろ、インターバルよりアベレージで走ることが多い一般サイクリストはリアクトの性能を活かすことが有効な場合もあります。ただし、出力できるパワー値があまり高くないケースではそれでもスクルトゥーラの方が有効です。

ディスクモデルはチェーンステイが8ミリ長い
タイヤクリアランス向上の為にここまで拡大したのですが、むしろこのくらいあったほうが乗りやすい気がします。変速性能の事を考えても、短すぎることはデメリットにも成り得ます。ショートチェーンステイにすると、ペダルをキックした時のレスポンスは上がるんですが、それが進むということになるかというとスピード域やパワーの伝え方に寄って異なると思います。ディスクモデルの方が乗りやすく感じたのはそのせいもあるかもしれません。カタログでは28Cまでに対応したフレームだと記載があるのですが、コンチネンタルの28Cが余裕を持って収まっているので30Cくらいでもいけると思います。

レースで選ぶならリムブレーキ?ディスクブレーキ?
このモデルを求める方はレーサーか、あるいはそれに興味がある方だと思います。大きくレギュレーションの変更を伴っており、尚且つ他の参加者の大半がディスクブレーキ装備車に乗るような状況にならないかぎりはディスクブレーキを導入することは考えなくて良いと思います。あくまでも”レーサーなら”ということなので、その気分で乗りたい一般ライダーはディスク仕様を選択しても便利だと思います。ただ、自分でメンテナンスできる範囲は確実に狭くなりますので、どちらを選ぶかは慎重に。つまり、”沢山走る人ほど自分でやらなければならない範囲は広くなる”ということです。全てお店頼りでは困っちゃいますね。

わからないことは店頭で聞いてください。
そんなわで、スクルトゥーラチームについてはキャリパーモデルの好評価は変わらず、これが26.9万円という恐ろしく安い価格で販売されていることで他メーカーは相当困るだろうと思います。米3社と幾つかの欧州メーカー以外の小規模メーカーでは、”かっこいい形で安い”という戦略が多くなってきています。つまり、”型起こし”までやるけど、あとはデザインでカバーっていうパターンです。「それは開発なのか?」と思ってしまいますが、値段と素材とデザインだけで広告されてしまえばバレないんでしょうね。型起こしの際やデカール・ペイントのデザインには凝るけど、生産は安価に済ませるという感じでしょう。それくらいカーボンフレーム製作会社が”慣れてきている”ということもあると思います。プロパーで用意した型が熟成してきてるのでしょうね。”変わったデザイン”はまだまだ人気の有るところですが、本来の使い方をする方ほど”突飛押しもないデザイン”によって性能バランスを崩すことはやむを得ない、ゆえに選択しないと思います。実際、大手マスプロメーカーのフレームは年々シンプルになっていると思いませんか?小メーカーほど派手に走りませんか?

ですから、もし中身で選びたい、あるいは出来るだけ速く・やる気に溢れ、でも安いフレームを選ぶ場合には、このスクルトゥーラチームを選択肢の一つに入れるべきだと思います。むしろ、選択肢から外す理由は色が嫌いだとか、とにかく好きじゃないということ以外に思いつきません。

スクルトゥーラ チーム、この性能でこの価格、買って損なしです。

[メリダ 2017モデル] その1 フォトアルバム編

先週の半ばに行われました「メリダディーラーキャンプ」では国内から主なメリダディーラーが集合し、新しいシーズンに登場するバイクの品定め?をしました。

2017モデルのプレカタログは店頭に用意しています。お見せできますので、ご来店下さい。
その他色々な当店ならではの情報も沢山あります。

当店はメリダがメインですから。

価格は基本的にキープです。

これはここ数年のメリダを見ている方なら予想できることですね。ですが、他メーカー・ブランドの動きを見ていてわかると思いますが、”バリュー感”は毎年増しており、ゆえに他メーカー・ブランドは対抗すべく値下げをしています。この値下げは明らかにメリダを意識したものでしょう。

つまり、「価格が同じでは内容で勝てないし、同じ価格にすることもできないから内容でも負ける。さあどうしよう?」というわけです。あ、言っちゃいましたねw

これでフレームが良くないとか、信頼出来ないブランドだろう…と思われていた数年前なら、”相手にもされていなかった”んですが、数年で大きく変化しました。”高級車”を販売するディーラーさんでも扱う様子が多く見られるようになりました。はい、”もう無視できない”存在になったということです。

というわけで、まずは写真からどうぞ。

次回からインプレなど書いていきます。