メリダの2022年モデルの受注について

当店では仮予約を開始しています

正式な受注はまだ開始されていませんが、当店では独自に仮予約を開始しております。今週末にも承りますので、詳しくは店頭でお問い合わせ下さい。

「もし、◯◯◯◯◯の次期モデルが発売されたら、注文したいです(連絡ください)」
と言って下さい。

受注開始したら、すぐにおさえます。

正式な受注開始は今月中に開始予定です

メリダジャパンからの正式な受注開始は今月中に開始される予定です。

夏が終わるまでに動いて下さい

昨年夏から早めに早めにと言い続けていますが、今回も変わりません。

ただ、状況は悪化しています。
そして、2023年初頭までは続きます。

今月から受注開始する予定ですが、納期は先になるでしょう。早くて年末〜年明け1/2月くらいです。つまり、待ち時間は約5−7ヶ月となります。待ちます。でも、今は仕方がありません。

初回ロットに対して、各店舗が注文を入れます。店舗に展示したり、在庫したりします。結果としてカンタンに予想できるのは、初回ロットの早期完売です。恐らく、一瞬で完売します。

車種によっては第2ロットがないものもあると思います。もし、第2ロットの入荷予定があっても、その納期は”早くて”4-6月となるとおもいます。初回ロットが入荷し、製品の現物を確認してから第2ロットを狙う場合、待ち時間は短く感じます。しかし、問題は発注する余剰があるかどうかです。

第1ロットは一瞬で完売することが予想されますので、第2ロットを8-9月から順に消化していくでしょう。私が想定するワーストケースは”年内ほぼ完売”です。あり得ると思います。特に新機種が出る場合、あるいは人気の集中する車種やサイズは”まず年を越せない”と思っています。

第3ロットがあるとは期待しないほうが良いと思います。もしある場合でも、その納期は秋から初冬になりますし、2023年モデルの始動を考慮する場合、その時期に納品する予定の受注をメーカーが受け入れると考えるのはイレギュラーケースだと思います。

つまり、確実な入手を考える場合、”現物を見てからでは遅い”、そんな2022年に備えてください。