メリダの完成車についていた付属品

今回組み立てたのはスクルトゥーラ 8000-Eです。

8000-EはチームモデルのCF4フレームにアルテグラDi2(R8050)がフル搭載されている機種なのですが、付属品にメリダらしい特徴が表れていました。

シートピラーにバッテリーを内蔵するんですが、そのアダプタってメーカーに寄って付属するものに差があるんです。ヨーロッパのブランドでも怪しかったりして、同梱物では足りないから別に部品を買うなんて事態もあります。

メリダはこういうところに気が利くメーカーなのです。

シーズン途中でこれらに変更があったりもするんですが、それは我々パートナーショップを中心としたディーラーからのフィードバックが出来る限り反映されるからです。その様なことは自社生産だから可能で、”常に良くしていく”ことができます。

8000-Eに付属していたのは、オリジナル?かもしれないバッテリーホルダー。Dedaのものに似ていますが、違いました。サイズもちょうどよくて、抜くことも難しくありません。それと別に通常バッテリーに付属しているストッパーのCリングも付属しています。

これが中々優秀。昨年はチームモデルのフレーム販売に付属していなかったんですけど、今年はこれが付属しているんでしょうかね。

ホイールにはFULCRUM RACING QUATTORO CARBON AC3を装備しているので、純正の赤いブレーキシューが装着されているんですが、同梱物の中にはシマノ純正のアルミリム用ブレーキシューもありました。こういう配慮は嬉しいですよね。手持ちのアルミリムを使う時にも対応できます。

もう一つ、これ。JAGWIREのブレーキアウターにDi2のEワイヤを添わせるパーツ。日本で流通していない商品じゃないかと思いますけど、気が利いてます。今回は使うところがなかったのですが、こういうものを付属させてくれると非常に助かります。

寒い時用のシクロクロスで使うグローブ

これを試してみます。新製品なのですよ、これ。

イントロ ステルス5
5616円(税込)

防風ではないのがポイントで、寒すぎないくらいのちょうど良さです。フィット感はよく、少し使うと伸びてくるのでいい感じになりそうです。変速やブレーキの操作感もいいですよ。

朝練とココア

いつもの朝練。昨日はファミサポでお休みだったので、走りに行きました。走り始めは腰回りが重くて、身体全体的にも動いていない感じ。SSTからLTまでペースを段階的に上げてみて、回せる身体の使い方やポイントを探りました。こんばんはセルフケアを入念にやって様子見します。明日は走らない予定だったんですが、早朝走れたらいいかな。

練習帰りにアシックスコネクション東京へ寄って、川を眺めながら落ち着いてココアタイム。こういう時間はあまり必要としない人なんですけど、たまには良いもんです。これから定期的に行くことにします。店内テーブル席もパン屋ベーグルあるので、冬でも平気ですよ。

週末の営業予定と店内イベントの紹介

今週末の11/11-12は通常通り営業します。
※来週18(土)-19(日)はシクロクロス遠征のためにお休みです

[11月の週末営業予定]
 11/11(土) 通常営業:12時〜20時(夕方から店内イベントあり)
 11/12(日) 営業開始時間前倒し:10時〜19時(お昼前後と夕方から店内イベントあり)
 11/18(土) 臨時休業
 11/19(日) 臨時休業(東北CX 猪苗代ステージ)
 11/23(木・祝) 通常営業:11時〜19時
 11/25(土) 通常営業:12時〜20時
 11/26(日) 通常営業:11時〜19時

[店内イベントの紹介]
今週末の夕方〜夜に掛けて、店内で「目的別パワートレーニングのはじめ方」というイベントを行います。

土曜日はシクロクロス、日曜日はヒルクライムについてのテーマとなります。今よりもモチベーションを得たい方や伸び悩んでいる方は、ぜひこの機会にパワートレーニングの
メソッドを取り入れられていはみませんか?

まだパワーメーターを持っていない方から、持っているけれど上手く活用できていない方まで、どなたでもウェルカムです。


また、日曜日の営業開始時間を10時に前倒しします。そこからお昼すぎまではツール・ド・おきなわを観戦しますので、落ち着かないと思いますがご勘弁を。

現実的なタイムアップは具体的にどの程度なのか?

例えば、富士ヒルでブロンズやシルバーを目指す時、どうすればよいのでしょう?

・今目指したり、想像している目標は、そもそも「がんばれば出来ること」なのでしょうか?
・現実的なタイムアップは具体的にどの程度なのでしょうか?
・その為に何をすべきなのでしょう?

そんな疑問にお答えします。


私は今度の1月で41歳になります。

20代の頃は疲れ知らずでした。30台中盤までも同じような感じで乗れました。しかし、40歳に近づくに連れて、”やらないデメリット”が大きく響くようになりました。

つまり、”乗らない時間(トレーニングしていない時間)”によるマイナスが大きいのです。

もう一つは回復の問題があります。回復力が明らかに衰えているのを感じます。筋疲労についてはさほど感じませんが、内臓疲労に関しては顕著です。それと代謝系や粘膜なども弱くなっています。

私は2年前に気づきました。

気づかせてくれたのがパワートレーニングでした。
「やらないと、今よりもっと弱くなる…」
「そんな自分を受け入れられるの?」
「そんな乗り方で楽しめるの?」
それでいいの?と自問自答しました。

ただ、目標のレースも無かったので頑張っても報われないのです。

そんな時、日々の練習結果を数値にして受け取れることが新たなモチベーションを生み、トレーニングを継続することができ、その実施内容を考察する意欲も生まれました。

やっているのに結果が出ない、そういうことも世の中にはあります。しかし、スポーツにおいてはそのようなことは多くありません。結果が出ないということは”やってない”のです。あるいはやっているつもりだけどやれてないのです。

人それぞれの楽しみ方は異なります。でも、体力はあって損なし、無いと困るものです。自転車を死ぬまで楽しく乗りたい方は、今すぐにパワートレーニングを開始しましょう。

パワーメーターは高くありません。

使えばひと月で慣れてしまうだけでタイムアップが全く期待できないカーボンホイールより余程安く、絶大な効果をもたらしてくれることでしょう。

12(日)はツール・ド・おきなわLIVE中継を観戦できます

12日(日)は朝6時台から始まるツール・ド・おきなわのLIVE中継を店内で観戦します。

このレース引退する選手もいますが、今勝っておかなくてはならないアンダーの選手たちもいます。都内はすっかり冬ですが、暑いオキナワの戦いが今年もやってきました。

2017年の締めくくりに、ロードレースへの想いを語り合いましょう。

もちろん、その間に接客等できますので、レースを見ながら楽しみましょう。

レース中継終了は12頃台になると思うので、その頃が一番盛り上がりますね。飲食物持ち込みもOKです。

営業開始時間は11時が通常ですが、10時にオープンします!

本日11/7〜14までSILEX9000に試乗車できます

本日11月7日より14日までの間、MERIDAの2018年モデルでは最注目車種の1つである
「SILEX」の最上級モデルSILEX9000の試乗車をミヤタサイクル様よりお借りして展示・試乗キャンペーンを行います。

※当日は身分証明書のご提示をお願いいたします。
※保険などはご用意しておりませんので予めご了承ください。
※試乗車は予告無く変更される場合がございます。
※ヘルメット、フラットペダルを用意していますが、それ以外のペダルはお持ちください。

マウンテンバイクで遠出は辛い
そう、マウンテンバイクは遠出するには辛いんです。タイヤが太いし、ホイールセットも重たい。そして、シクロクロス車はレースバイクなので落ち着かない。ロードバイク然としていてマウンテンバイク的な設計思想からスタートしたSILEXはメリダ史上最も走れる場所の多いバイクです。

つまり、本当に1台で何でも出来るロードバイクです。
あるいは都会に住む人や駅からのアプローチが遠いトレイルへ行く時などには、この時のSILEXがぴったりだと思います。

9000グレードは高い!分かってます。

月末にはアルミフレームの700グレードも用意する様に準備していますので、それまで9000でテストしてください。カーボンフレームの上質な乗り味は楽しいですよ。

また、アルミグレードではフロントダブルですが、カーボンではフロントシングル。その違いも面白いはずです。

週末までに専用バッグも届きます。
メリダから発売されるSILEXに合わせて設計されたフレームバッグとサドルバッグが届きますので、実際に装着した状態をご覧いただけます。特に問い合わせが多いのは「47サイズでサドルバッグを使えるかどうか?」というもので、サドル高によってシートポストの出シロが違うからです。

細部までゆっくり見られます。
試乗会等では落ち着いて見られないですが、当店ならゆっくり見られます。大きなお店のように沢山のお客さんがいて気を使うことはありません。

ご来店をお待ちしております。
SILEXを使ってできるいろいろな旅、思い出づくりについて、地図を見ながら相談しましょう。

すごい世の中ですねぇ、おじさんはびっくりですよ

このサービスは前からありますけど、使っている人は少ないでしょうし、お店の人で興味持ってる人も多くはないんでしょうねぇ。あまり話題になってない気がします。

走る気はないですけど、富士ヒルクライムのシミュレーションデータです。自分が走った場合に、どの程度の出力で走ればどのくらいのタイムになるか出ちゃってます(笑)残酷ですけど、練習のしがいはありますよね。機材データも入力し、影響しています。

スプリットタイムとワット数も出ちゃってます(笑)

これどこでもシミュレートできるのです。データにしてワーウアウトとしてダウンロードできるので、それをインタラクティブなローラー台と合わせて使うことで試走可能ですね。

これに、KICKR CLIMBを合わせて使ったら完璧なのかな。

CLIMBなしでも、KICKRだけでテストライドできるので、今月末からのサービスに加えるかどうか検討します。

KABUTOの新型ヘルメット「FLAIR(フレア)」

これも目玉の1つでした。KABUTOの新型ヘルメット「FLAIR(フレア)」です。

当初はCLIMBER(クライマー)という名前だったくらい、軽量好みの方に向けたヘルメットで、開発には登りが得意なGOKISOの森本さんも加わっているということです。

軽さは170グラムくらいかなーと予測していたら、その通りでした。とことんやりきった、軽量スペシャルモデルですが、価格は2万円程度と買いやすくていい感じです。

前から見た感じは割と普通な見た目ですけど、サイドビューは好きな感じです。

斜め後ろもいい感じがしますね。

先週末はサイクルモードに行ってきました

直前まで行く予定は立ててなかったんですが、レース観戦をメインにして行くことになりました。午前中は保育園のバザーのお手伝いがあって、そっちで焼きそば焼いてました(笑)


その後、車で幕張へ。

子供抱えて会場内を歩き回って疲れちゃいましたね。

試飲オファーしていた女性は1タブをボトルに溶かせば大丈夫ですというが、176mg(ショッツエレクトロライトパウダーのわずか40%)しかナトリウムは含まれない。足りないと思うので、タブレット税別単価180円(同じ濃さにするには2.5倍掛の税込486円もかかる!)は高すぎると思うと伝えると、輸入品なので高くなってしまうと答えた。何もわかってないどころか、素直に聞こうとも改善しようともしませんでした。

展示会等で自分が知りたい内容に答えてくれる人ってほとんどいないんですよね…。

むしろ、こちらが”聞いてスイマセン”みたいになったり、「それは直接こっち(メーカー)に聞いてもらえます?」みたいになることも少なくないです。

KABUTOさんとか、ミヤタさんとか、そうじゃないんで、「ちょっとまって、それ初めて聞いた!すぐ調べます!」とか「詳しい人間に聞きます!」って即応してくれるのは、メーカーだからなのだろうと思うんですよ。

”商社だから”という言い訳にはならないと思いますが、むしろちゃんとした商社ならこちらの意見や意図を汲み取って頂けると思ってるんですけどね…


wahoo fitnessもありました。とても好評で、代わる代わる体験される方がいらっしゃいました。Zwiftもですが、この手のトレーニングアプリケーションはこれからまだまだ利用者が増えますね。当店でも今月末くらいから、これと同じ環境を整えますのでお楽しみに。

このローラー台はとっても良いですよ。まるで実走行しているかのような、ホイールに慣性があるかのようなフィーリングです。負荷も自動調整です。


なんと、来月からSTAGESの代理店が変わるそうです。インターマックスからインターテックへ。名前は似ていますが、何の関係もありません(笑)

シマノ用は当然あります。

FSAやSRAMもあります。

CampyやMTBもあります。

今後STAGES LRという左右タイプも発売されます。また、STAGES DASHというサイクルコンピュータの日本導入も準備されています。


その後、18時半からのエリートレースを観戦しました。