2018 SILEX 6000 を今買うと…

旅人による旅人のためのスペックが詰まった実践的ツーリングバイク
2018 SILEX 6000 289000円

ファイナルセールとして、今ならSILEX 6000をびっくり価格で購入できます
価格はお問い合わせください

フレームバッグや、大型サドルバックの装着に対応したフレームデザインを持つフルカーボンのツーリングモデル。可動部を少なくする事で長距離ツーリング時のトラブル軽減を狙ったフロントシングルのドライブトレインは、フロントダブルのドライブトレインと遜色ないレベルのワイドレシオを実現。油圧ディスクブレーキを装備し、様々な路面で安定した制動力を発揮する。

① 標準装着の700Cから、2.2インチ幅の650bタイヤに換装も可能なワイドクリアランス
② 長いヘッドチューブによりツーリングで快適なサイレックス独自のポジション
③ ロングトップチューブとショートステムが実現する楽しさ最優先のハンドリング

[店長によるインプレ]
”Every road is yours”まさにこのキャッチの通りの自転車でした。

とにかく安定感にはびっくりしました。路面が舗装路でも、未舗装路でも、自転車が真っ直ぐ前へ進む能力が非常に高いです。これは披露した際にハンドルバーをしっかり抑えなくてもよく、また思わぬ荒れたり濡れたりした路面でのリカバリーをしやすくしますので、ロングライドにぴったりです。

舗装路で遅いのでは?とも思ったのですが、そんな事はありませんでした。30キロ前後での巡航も可能ですし、レースライドができないだけで立派にロードバイクとして利用できます。

ややアップライトなポジションは身体への負担が少なく、筋力や耐久力を養わないと乗りこなせないロードバイクよりだいぶイージーだと言えます。ゆえ、下ハンドルも持ちやすく、下りでしっかりダウンヒルが出来ます。

長いトップチューブにより、小さいサイズでもフレームバッグとボトル2本がしっかり装備できますし、大型のサドルバッグを装備した際にもハンドリングへの影響が最小限に抑えられます。

この6000はカーボンフレームと軽量なコンポーネントを採用しているので、車重はわずか8.7キロ。スクルトゥーラ4000よりも軽量です。

レースをしない、ツーリングがメイン、そういった用途であれば”レースライド以外は何でも出来る”このSILEX 6000を検討してみてはいかがでしょう?

まだあります、旧モデル

予算の都合で出来るだけお得なモデルを買いたいという方もいますので、まだ購入可能な2018以前の製品をリストアップしてみます。
※これ以外にもありますのでお問い合わせください

価格は書きませんので、お問い合わせください。
これもびっくりセール価格でお求めいただけます。

メリダ 夏のボーナスセール

MERIDA BIKE(CROSSWAY、MATTS、KIDSを除く)ご購入のお客様全員にMERIDA X BASE専用商品をプレゼント!

※MERIDA X BASEのみで販売される専用商品です

● キャンペーン概要
■ 対象車:MERIDA BIKE ※CROSSWAY、MATTS、KIDSを除く
※配布はグッズがなくなり次第終了とさせていただきます。予めご了承ください。


② アクセサリ購入プレゼント
■ MGDモデルを購入の方に 10,000円
■ MSDモデルを購入の方に 5,000円
をアクセサリ購入代金から値引きします。
※対象は2019年モデルに限ります
※一部対象外の商品があります
※お取り寄せ商品にも利用していただけます
※工賃・フィッティング以外のすべての商品に利用していただけます


③ e.BIG-SEVEN600 プレゼントキャンペーン
これからの時代の中心になるEバイク。そのe.BIG-SEVEN 600を購入の方にプレゼントを差し上げます。
キャンペーン概要
期 間 2019年4月12日(金)~6月30日(日)
対象車 MERIDA eBIG.SEVEN 600
※配布はグッズがなくなり次第終了とさせていただきます。予めご了承ください。


MIYATA CRUISEまたはRIDGE-RUNNERをお買い上げの方にプレゼントを差し上げます
● キャンペーン概要
期 間 2019年4月12日(金)~6月30日(日)
対象車 MIYATA CRUISE/RIDGE-RUNNER
※配布はグッズがなくなり次第終了とさせていただきます。予めご了承ください。



⑤ スターターキットをお得に販売しています
メリダのワイヤーロック、前後ライト、キャップ、高圧対応フロアポンプにステッカーをセットにして、通常販売価格16,350円のところ、9,800円(税別)で購入いただけます。

e-BIKEは一体何が面白いのか? その2

日本人がまだ知らない「e-BIKEの世界」<2>
e-BIKEはなぜ海外で流行ったのか、若者も楽しむドイツの事情

第2弾がアップされた難波さんのEバイクレコメンド記事が、またもや素晴らしい出来栄えです。

私も店頭で「ドイツやベネルクスではEバイクしか店頭に並んでおらず、買う側も”なぜ自転車を選ぶのにEバイクじゃないの?”というくらいペダルバイク(通常の自転車)が売れにくい状況になっている」と説明しますが、説得力が不足しているのはわかっています。

しかし、一度でも試乗して頂くと、その現状を現実味を帯びたものとして想像していただくことができます。

ツーリングや普段の足として自転車をメインに利用するそれらの国ばかりではなく、ここ数年はレース志向が強いイタリアやスペインでもEバイクによるサイクルツーリズムが普及し、自治体や企業がそこへ投資を増やして継続することが常態化しています。

現在日本では60代前後やそれ以上の方をメインにEバイクを魅力的に捉えているというのが主なのですが、すでに当店で試乗された30代あるいは40代の方も「これはロードやMTBとは別の楽しさですね。すごく欲しいです。」とジワジワその魅力は拡がり始めています。

ロードは不要だ、要らないと言っているわけではありません。”それはそれ、これはこれ”です。楽しみ方を広げるアイテムです。

■ ロードは自分のために一生懸命ペダリングするために自転車
■ Eバイクは複数の人と自転車で楽しく景色や地域の魅力を楽しむために自転車

だと言えます。

ロードバイクでは他の人が走る場所やクルマが走る場所をルートとして選ぶことが多く、総せざるを得ないと思いますが、Eバイクではそのどちらも居ないような、また自分だけの景色や空気を求めて、どこへでも走りに行くことが出来ます。そのために体力を向上させる練習は不要です。「いつかは富士山5合目や乗鞍を足付きなしで登りたい」という願いも、極端に言えば翌日には叶ってしまいます笑

最初は”何が楽しいの?”と受け入れがたいかと思いますが、ぜひ一度試乗をしに来て下さい。驚くべき体験があなたを夢中にするはずです。

アーバンカモ!かっこいいぃぃぃ!!!

LAKE CX237 アーバンカモ 税込 43,200円

やばいです。めっちゃカッコいいです。

カモ柄すっごい好きなんですけど、センスが悪いとクドくなるんですよ、カモ系は。フォレストカモとか、マルチカムとか、そっちはちょっとね…です。でも、アーバンカモをセンスよくアレンジして採用したLAKEの勝利!

ベースモデルはCX237、LAKEのラインナップ中もっともボリュームのある足型を採用しているため、私のような幅広タイプでも全然余裕で履けちゃいます。

しかも、銀付きカーフレザーによる、しなやかさとコシのある、耐久性とフィット感の両立は、シューズ選びの終点と言っても過言ではないでしょう。

■ラスト:CX/TXコンペティション
■アウトソール:剛性係数11.0でわずかにしなりのある『LAKEレース』フルカーボン製アウトソールを採用。ルック/シマノ用3穴仕様。
■アッパー:フルグレインレザー(銀付き革)にメッシュを組み合わせています。履き心地と抗菌性を考慮し、土踏まずからヒールにかけてとタンのライニングにもレザーを使用しています。
■クロージャー:アッパーサイドに設置された2個のBoa L5小型リール(ダイアル)はプッシュ/プルの操作でワイヤーのロックとリリースを瞬時に行います。ワイヤーはガイドからの取り外しが可能です。
■サイズ:39~50(ハーフサイズは39.5~46.5)となります。


[売りたし]パワーメーターの引き取り手を募集します

私が少しだけ使用したパワーメーターの引き取り手を募集します

■ Power2max 3D24 NGeco 4S/165mm
 クランクとセンサーのセット 112,320円(税込)
 専用工具付き

コンディションはとても良いです。中古なのか新品なのか見分けがつかないくらいです。

4Sなのでシマノチェーンリングをそのまま使用できる仕様になっています。次期モデルのALDHU24では165mm以下がラインナップになく、困っている方には朗報です。ちなみに、すでに3D24の在庫はありません。

Type-NGecoモデルの主な特徴
 - 測定誤差±2%
 - ANT+及びBluetoothコンピューター対応
 - CR2450電池採用(400時間程度使用可能/満充電時)
 - シマノ4bolt対応モデル有り
※Type-NGecoを導入後、以下の機能を個別にアップグレード可能です
 - 左右バランス計測
 - ペダルスムースネス

価格は75000円です
※あくまで私の私物をお譲りする形ですが、購入後のサポートはいたします

[売りたし] シクロクロスフレームセット

私が昨シーズン使用したシクロクロスフレームセットの引き取りてを募集します
フレームセットに主要コンポがくっついてます。もちろん、ここから組み上げたいという要望も承ります。

[スペック]
2017 MERIDA CYCLO CROSS 9000(メリダ シクロクロス9000)

レースで1シーズン使用しましたが、出場は5戦程度で小さな傷もほとんどない状態です。

フレームセット(47サイズ:160~170cm)
ハンドルバー
ステム
BB(WISHBONE)
STIレバー(ST-R8070)
ブレーキキャリパー(BR-RS785)
ジャンクションAB
Rメカ(RD-RX805)
シートポスト
内蔵バッテリー
がセットになります。
※他にクランクセット、ホイール、タイヤ、ブレーキローター、カセットが必要です

ステムは90ミリ、ハンドルはDIXNAのアグリーハンドルバー395です。BBはWISHBONEにしており、シマノクランクをそのまま使用できます。Eワイヤは張ってありますので、そのまま動きます。ブレーキもブリーディング済みです。

価格は20万円です

カタログスペックは以下を見て下さい
https://www.merida.jp/archive/merida_2017/lineup/cyclo_cross/cyclo_cross_9000.html


ちょっと先だけどイベント予告です

6/23(日)にパン&コーヒーライドを開催します

内容は自転車種類問わず走るカジュアルライドです。
私はEバイクかロードで走ります。

2時間位荒川辺りを走ってから、美味しいコーヒーとパンを隅田川沿いで食べるだけのライトなイベントです。

8時に堀切集合

走り方は有酸素域。
誰でもウェルカム。


■ 知人・常連さん以外の方の参加は店頭でのみ受け付けます
■ イベント参加は無料です
■ はじめての方へ 基本的に何か買って参加下さい。接客させてください


スーパーなグラベルグラインダーに進化したeBIG.SEVEN 600

最近連投しているEバイクネタですが、その中でも今回はカスタム仕様についてご紹介します

マウンテンバイクを楽しむというと、道なき道を突き進むそんなイメージをお持ちかも知れません。しかし、多くのMTBライダーは舗装路とちょっとした林道を組み合わせたようなルートでアクセスできる景色や風景を楽しんでいます。

激坂、激下り、転倒!のようなライドをしているのは一部のライダーだけです。

つまり、MTBはクロスバイクの上位互換的存在でもあるということだとも言えます。更に多くの道を走ることが出来るスーパーなバイク、つまり”SUV”のような存在だろうと考えると、ぐっと身近になりませんか?

完成車使用がこちら

今回はこのeBIG.SEVEN 600のカスタム依頼
テーマは軽量化とニーズへの最適化です。そのためにFフォーク、ホイール、タイヤの最適化を行いました。

カスタム後がこちら

フロントフォークは軽量なサスペンションフォークも検討したものの、走る場所が林道程度までということでさらなる軽さと舗装路での走りの軽快さを重視してLaufを採用しました。ホイールは指定いただいてフルクラム RED PASSION 3 BOOST。タイヤは私からおすすめしたIRC BOKEN Tubeless Ready 40C。

これにより全体で約1.8kgの軽量化を実現し、17.4kgとなりました。

走りは大変軽快さを増しました。通常のサスペンションフォークとは違った動きにはなるので、とても軽いサスフォークではありません。ソフトなリジッドフォーク、しかしストロークが結構あるよという印象ですね。ペダリングするのが楽しいeMTBになりました。

これならば舗装路アプローチが長くても、あるいは舗装路メインのルートでもさらにeBIG.SEVEN 600が持つシマノSTEPS8080ユニットの機動力を活かせそうですし、バイクパッキングをしてのツーリングにも良いツールになりそうです。