[業務連絡] Wahoo関連商品が入荷しました

Wahoo Fitnessの「KICKR CLIMB」、「ELEMNT」が入荷してきました。

「KICKR CLIMB」は今回初入荷の商品です。展示会で試乗したのですが、登りをちゃんと再現できていて驚きました。来年のヒルクライムシーズンにむけたシミュレーションや登りでのフォーム改善にも役立つと思います。

「ELEMNT」は今注目のWahooのサイクルコンピュータです。画面が見やすく、利便性も高く、合理的な設計により、ストレスを感じない操作が魅力です。

[業務連絡] 雨天走行後のメンテナンスが終了しました

本日夕方にお預かりしました雨天走行後のメンテナンスが終了しました。
正確には明日朝にチェーンオイルの馴染みが出ますので、明日以降お引取り可能となります。

雨天走行後のメンテナンスを承りました。
・全体的な点検
・各部浸水チェック
・チェーン清掃後にオイルの再塗布
・BB及びヘッド部への防水再処理
・洗車
・フレームクリーニング
以上です。

合計ご請求金額 6480円

マイナス3ミリ

クリート位置と同じく、諸説あるとされるQファクター
諸説というか、原因と結果は明確化されているように思います、だいぶ前から。広い方は瞬間的な入力優位、狭い方は持続的な入力優位。つまり、狭いほうがスキル発揮を持続的にしやすい。立ち上がり重視と言っても、数字上の出力上昇がごく短時間に行われるので、ほんの2-3踏み程度でしょう。ゆえ、狭い方が適正だと思います。

「自分は○○の方が良い」ということは、甘いもの好きか辛いもの好きかみたいなもので、あくまでもスポーツを上達させるメソッドとしての正しさに根拠を提供するものではありません。あくまで結果論です。

ちなみに、広い状態のままで膝だけを内側に向けると、足が内旋してしまい受傷率も上がりますし、出力向上にも効果的ではありませんので、ご注意下さい。

メルマガの配信(不定期)をはじめます

なんかいまさらですけど、メルマガの配信(不定期)をはじめます。

まずは登録からよろしくお願いします。内容はブログに向かない内容のテキスト、セール情報(これもブログに向かないやつ)、ライドイベント情報等々です。当ブログの内容も十分にマニアックですが、それ以上の深さまで掘り下げる意気込みです。

一般的なメール配信サービスは使用せず、拾ってきたフリーCGI(この呼び方も懐かしさを感じますね)を独自に設置しておりますので、無駄な広告やそれに類するメールが多数届いて迷惑することはないようにしています。ご安心下さい。解除方法もカンタンで、配信されるメールに記載します。

登録ページは下記URLよりリンクしております
http://www.biciclettadimattino.com/acmailer/form.cgi

フィッティングの楽しさ

先日のフィッティングは実に良かった(と思います)。

余りの変わりように、ご本人が「全然違う(フォームで楽に同じ出力ができる)!!!」と笑ってくれました。
「自転車ってこうやって乗るのか!?」と。

僕のせいじゃなく、ご本人の身体がそれを成しただけなのです。私はちょっとしたきっかけを与えただけです。

ちなみに、自転車側の寸法でいじったのは、一時的にサドルを変更しただけです。他は何も変えてません。変えたのは身体とイメージです。


お申込みがカンタンになりました
これまでは個別にお問い合わせをいただいておりましたが、フィッティングとインドアトレーニングセッションへのお申込みがカンタンになりました

営業時間中ならいつでも可能です。

申込みはこちらから入力して頂き、送信するだけです

基本的には翌営業日の営業時間中に、ご希望への可否について返信をいたします。

お申込みをお待ちしております。

[業務連絡] 納車準備完了しました

SCULTURA 700の納車準備が完了しました
700は400とフレームは同じとイージーに理解説明されてしまいますが、完成車としてはホイールの水準は2段くらい高く、ステムは深い角度になり、フロントのチェーンリングは52-36という構成なので、レーシングポテンシャルが高くなっています。フル105になっているのもポイントですね。

今回はホイールをチェンジ
ホイールをWH-RS700にチェンジしました。チューブレスになり、快適性、転がり抵抗、グリップ力のすべてがアップデートされ、気持ちよく走れます。このホイールはいいですね、とてもいいです。構造的には9100に近くて、カーボンラミネートリムにもなっており、とてもグレードが高い製品です。ハブの構造やスポークの組み方もとてもいいですよ。

タイヤは定番のFORMULA PRO TUBELESS RBCC 700Cx25C
28Cも考えたのですが、25Cでまずはチューブレスの軽快さを味わって頂くほうがおすすめです。この先は冬場なら特に28Cの安定感とそこそこの軽快さで走るのもよいですよ。


改めて問う、今買うならリムかディスクか

どっちを買うのが”正解”なのか
正解って言葉がややこしいですね。”正しい”の反対語が頭をよぎって、ついつい「間違えたくない」と思ってしまいます。ただし、常に「Correct answer」は変化すると思いますし、個人によってそれは異なると思います。

まあ、ここまではよく聞く話です。


ここからは私の見解です

色々なサービスを受けつつレースや諸々の活動することを考えると、どっちが優秀かではなく、どっちが多数派かで勧めます、自分は。他の人のレコメンドに文句言う気はありませんし、判断はそれぞれがされるでしょう。

自分の活動範囲での多数派に合わせる方が、道具って便利です。しつこくベータや650C(訂正)使ってるのは好きだからだろうだけど、不便を楽しめる知識と技術と根気とコストは欠かせない。意固地になってるだけかも知れない。まあ、それも趣味ですね。

だから、ロードはまだリム。早くて2020以降だけど、それでもきっと多くて4割くらいだと思うので、過渡期の始まりってところです。なので、2019はあと2〜3年乗るフレームに乗り換えて良いと思います。

レースやイベントで活動しない人は個人にニーズで決めるだけだと思いますが、それでもどこでどういうサービスを受けるかっていうことは考えを巡らせてみたほうがいいと思います、自転車をいじれない人ほど余計にです。決してどっちかを推奨するわけでも否定するわけでもないけれど、流されてしまわずに自分で決めることが大事だと思います。

お金を使えるや使いたい人は新しい選択肢にワクワクしていることだろうけれど、そうではない人にはのしかかる負担増に間違いはありません。こういうセール時期に2−3年乗れるリム車に乗り継いでおくってのもアリじゃないでしょうか。まぁ、軽さは正義ですしね…。DISKで今と同じくらい軽くするにはコスト増がなかなかです。

ディスクしか売ってなければ覚悟決めるだけだけど、ブレーキがどっちでも自転車の楽しさに変わりはないと思います。

便利モノは沢山あるけれど、そうじゃない方法もあります。「simple is best」って言葉もあります。便利な道具を使うメリットを沢山享受する人もいれば、そうでもない人もいます。

僕はどっちも否定しないので、相談に来て下さい

フィッティングとインドアトレーニングセッションへのお申込みがカンタンになりました

「インドアトレーニングセッション(仮)」のお知らせ
「狙っているレースやイベントに対して、必要な要素を入れたワークアウトメニューを店内で実行していただき、その様子からペダリングやフォームの改善点を見出すサービス」です。

例えば
 ・レースやトレーニングで○○が弱い
 ・もっと〇〇を改善したい
などのご要望を改善するワークアウトを提供し、実行していただきます。

実行した上で、それを見ながら改善点についてアドバイスを差し上げるサービスです。今後のトレーニング方法についてのカンタンなアドバイスも含みます。現実的に、今現在において改善したい内容や弱点に対して直接的にアプローチを行います。

ネーミングは「インドアトレーニングセッション(仮)」。

☆☆☆ サービス価格は1セッション3240円/60-90分 ☆☆☆


お申込みがカンタンになりました
これまでは個別にお問い合わせをいただいておりましたが、フィッティングとインドアトレーニングセッションへのお申込みがカンタンになりました

営業時間中ならいつでも可能です。

申込みはこちらから入力して頂き、送信するだけです

基本的には翌営業日の営業時間中に、ご希望への可否について返信をいたします。

お申込みをお待ちしております。

はい、雨ですね

雨ですねぇ、っていうか台風被害が心配です
こちら都内は夜中に結構降ったみたいですが、現在は小ぶりあるいは止んでいて、夜にかけてのエネルギー充填中という感じ。路面はハーフウェットですが、前回のレースで弱点をさらけ出した私としましては、「楽しいからって外ばっかし走ってちゃダメなんだよ」との言い聞かせとともに、極力楽しくモチベーションを維持しつつインドアトレーニングをしました。

今朝行ったメニューはこちら。

各セットの最後にあるニューンって伸びてるところがきっついきつい!乳酸溜まってきて可動域が狭まった状態から、上体が崩れだしてからのスプリントって感じです。フィジカルだけで埋めようにも埋めきれない気がするけれど、まずはそれがないとダメかも。体幹ではなく、筋力。体幹なんて夢物語ですよ。結局はアウターなしにインナー無し。


「インドアトレーニングセッション(仮)」のお知らせ
「狙っているレースやイベントに対して、必要な要素を入れたワークアウトメニューを店内で実行していただき、その様子からペダリングやフォームの改善点を見出すサービス」です。

例えば
 ・レースやトレーニングで○○が弱い
 ・もっと〇〇を改善したい
などのご要望を改善するワークアウトを提供し、実行していただきます。

実行した上で、それを見ながら改善点についてアドバイスを差し上げるサービスです。今後のトレーニング方法についてのカンタンなアドバイスも含みます。現実的に、今現在において改善したい内容や弱点に対して直接的にアプローチを行います。
ネーミングは「インドアトレーニングセッション(仮)」。

☆☆☆ サービス価格は1セッション3240円/60-90分 ☆☆☆

営業時間中ならいつでも可能です。
申込みはこちらからカンタンに行えます


■ 例えば、普段はロングライド系な一定ペースでしか走っていない人なら、こんなワークアウトはどうでしょう。30オン30オフを5本行うインターバルで、セット間レストは4分。FTPの65%と115%を繰り返します。時間は60分、IFは0.77なので、そんなにきつくないと思います。

主に、有酸素パワーを向上させること、またはその付近で繰り返し動作する能力を向上させることが目的です。このようなインターバルは、あなたの有酸素運動パワーの天井を引き上げ、さらに無酸素運動パワーの改善の余地を生み出すことができます。こうすることで、有酸素運動の伸びを期待します。ケイデンスは90rpm程度、各インターバルの間にさらに高いケイデンスを目指しますが、無理はしません。あくまでギアがかかっている範囲です。

■ あるいは踏み踏みなコースが苦手なシクロクロスライダーにはこんなのいかがですか?
典型的なオーバーアンダーインターバルで、9分4セット、セット間レストは6分です。9分の中では95%を2分、120%を1分行い、これを3セットです。トータルで1時間15分、IFは0.89とちょっときつめのメニューです。

オーバーアンダーインターバルはFTP向上に適しています。FTPより高い出力と低い出力を繰り返し、それを乗り越える能力を高めます。誰もにおすすめできるワークアウトであり、有酸素パワーの上限とベース出力発揮能力、筋持久力、痛みに耐える能力のすべてを鍛えることができます。

本日はおやすみです!

本日は娘の保育園の運動会なのでおやすみです。明日は通常営業いたします。

なお、来週末は土日共に通常営業ですが、月曜祝日は茨城シクロクロス 取手ステージによりお休みまたは営業時間変更の予定です。

ご了承ください。

ご来店をお待ちしています。