Category Archives: フィッティング

骨と筋肉

クリス・フルームってクライマーってイメージかも知れないけれど、体重は普段のレースだと70キロあるいはそれ以上あるし、TTがめちゃ速い。70キロで体脂肪率等々を考慮すると、きっと筋肉量は60キロ以上に達するんではないか?と推測してます。つまり、筋肉と骨で出来てるってことではないですか?

先日は170センチ弱60キロの方があと5キロ減量するって言っていたけど、FTPは大きめに見積もって210Wだったので「いやいや絶対減らしちゃダメっす、むしろ増やして」って話になりました。この状態から体重を減らしたら確実にパワーダウンするでしょうから、結果的に遅くなると思います。とりあえず、筋量3キロ増を目標にと。

昨年のジロでのフルームのベストウェイトは68-69キロ。普段から絞り込んでるから1キロで目いっぱいなんですけど、むしろそう簡単に体重を失うことはダメだと分かっています。また、年齢が35越えたら平坦重視?で考えたほうが良いと思います。フィジカルの伸びでカバーできる年齢はその辺りで終わるので(笑)”筋肉を失う=スピードを失う”ことになると思います。

特に危険なのはロングライド。楽しいけどとっても危険で、強度が高いとなおのこと。筋肉を失うには格好の条件が揃ってます。毎年、8月以降に自分が調子崩すのは間違いなくこれです(笑)でも、楽しいライドなので年に1-2度は自分に許しています。これを月イチでやるならば、その分筋量維持もがんばりましょう!

強くペダルを踏めば結構筋トレになっているのでは?と言われますが、かなりしっかり踏まないとそこまで筋肉を育てることはできないでしょう。3時間以上乗る際にそれやったらすぐ脚終わるんで、1時間位のライドでガッツリやるべき。でも、そうするなら筋トレしたほうが早く、確実です(笑)

体重は減らすのではなく、最後に絞るだけです。でも、自分ら普通の人はそこまで絞れません。だって、仕事と生活があるからです。絞ったらストレス過多で死にます(笑)だから、自分の生活スタイルの中で1キロだけ絞ればいいのです。基本的には実用的な出力のアップを考えたいところ。

筋量を失うと、身体の貯蔵できるグリコーゲンの総量まで失うので最悪の結果。極力脂肪を燃焼させやすい身体を手に入れられるのは理想形ですけど、そう簡単ではないし、みんながそうなるわけではないので、ちゃんと生活しながらスポーツをするには乗ってる間は食べるようにしたいですね。

週の中で1時間だけ自転車乗るの止めて筋トレすれば結構な問題が解決するんだけどねぇ…。週に3-5時間くらい乗る人でも30分は充てたい。むしろ、30-45分なら他のことする時間とトレードオフできるできると思います。

パワーメーターの購入は当店へ相談ください

最近はパワーメーターもそこそこ普及してきていますが、まだまだもっている人は多くはありません。「レースをしないから要らない」というのはもはや過去。今は”少しでも速くなりたい人”なら全員使えるグッズだと認識されてきています。

ただ、購入後には「使いきれるのか?これ」というくらい数字数字の雨あられ…。わけわからんチャートやら数字やらが雪崩のごとく迫ってきます(笑)

私も理解度は高くありませんが、助けは無いよりマシです(笑)また、実際にトレーニングライドを日々こなしている人じゃないと、ただ装備していてもわかりません。

自分は数字を見て判断して理解し、安心を得るタイプです。そんな人にはパワーメーターは向いてます。

しかしながら、パワーメーターの功罪も見て取れます。特にインドアトレーニング時の出力というのは余り信用してはいけないと経験上思うわけですが、そっちで判断してしまうケースも少なくないようです。あるいはFTPにこだわるあまり、それを出すこと、テストをすることがもっとも意味があるかのように思ってしまうケースも少なくありません。確かに20分間においてはその数字通りなのでしょうけれど、自分の脚質をどのようにしたいのか?については視点が不足してしまっています。

具体的に言えば、
■ 20分間に強くなるとあなたは本当に速くなるのか?ということです(笑)
■ あるいは速くなるという基準は誰より?ですか?、あるいはどのくらい?どの部分を?
■ あなたの一番の弱みはなんですか?
■ あるいは強みはなんですか?

あくまでもゲーム的に楽しむだけであれば、数字だけを見て実走行での検証はせずともよいかと思いますので、各々の方の目的や楽しみ方に合わせて判断ください。

興味はあるけれど、書いてあることがなんだかよくわからない方は購入の相談にお越しください

必要なのはワットの削減ではなく、いかに適切に出力を増するか、です。


オススメのパワーメーターはパイオニア ペダリングモニター、あるいはPOWER2MAXです

今朝は中々調子がよかったです。ポジションでの迷いも解決する方向へ、そして腰痛もとりあえずオンロードではほぼ起きず、出力もそこそこですし、バイクが進んでいる感じもしました。この”進む感じ”が超大事。つまり、出力は出てるけど進まない時はダメな時。

気分に任せてスタートしましたが、途中で3-5分のVo2MAXインターバルを実行。そんな感じにしたのでFRC/FTPが占める時間が結果的に長めになりました。自分の場合、とりあえずはフォームが整った段階になると、足がスムーズに回ってくると、1分以内をやりたい気持ちになってきます。足が自然に回転するところまでイメージが進む感じです。それまではにっちもさっちもって感じですね。無理して踏んでもダメだし、かと言って踏まないのもできないし、「あー、ホントダメだわ」っていうどツボにハマります。で、結局そこのリミッターになるのは身体そのもので自転車のポジションいじってもダメなんですよ。今回は上半身の筋トレを行ったことで、なんとなく張りが戻ったというか、柔軟性を取り戻すきっかけを得た、そんなところ。結果的にVo2MAXでの出力維持をケイデンスアップでスムーズに可能になり、何度も繰り返し出せるようになります。Pmaxもその延長で出す感じですね。ペダリングがダメな時にスプリントしても、ただ無理に踏むだけになってしまうんで、一発すらうまく出ない。

無理のない感じで回せていたのですが、高出力時(当人比w)でのトルクがもうちょい欲しいので、そこが課題ですね。高出力をケイデンスアップで出すのは通常のことですが、自分の感触としてはまだわずかに足りない感じがするっていうところです。

[Wahoo KICKR] 当店はKICKR&KICKR CLIMBを試して買えるお店です

KICKR良いですよ。売れてます。
皆さんが良いという理由でよく言われるところは
■ ペダリングがすごく自然
■ 意外と小さい
■ 重たいから安定
■ 十分静か
です。

うちのお店にある2017モデルはちょっと大きな音が出ますが、ベルトが刷新されてかなり静かになりました。無音ではありませんが、十分に静かだと思います。ロボット掃除機や洗濯機の方がよほどうるさいです(笑)

ペダリングはとっても自然。インナー使用時とアウター使用時でも感覚が異なるので、色々なトレーニングができます。色々なというのはローケイデンスからハイケイデンスまで色々なメニューをこなせますし、CLIMBと合わせて使えば飽きずにZwiftできちゃいます。ヒルクライムのシミュレーションにもぴったりです。

サイコンはもちろん、ELEMENT BOLTですよね!

店頭で試乗できますので、KICKRとCLIMBと試しに来てください。
試乗して購入いただければ、そのままご自宅まで直送しますよ。

[Wahoo ELEMNT/ELEMNT BOLT] センサーあったほうが良い人もいますよね

こんな検証がありました。いやー、スゴイですね。

ここまでやろうと思わないテキトー人間なので、尊敬しかないです(笑)

何年か前、ブルベやった時だけ距離がメーター読みとずれていくのが気になりました。もう一キロ以内にコンビニがあるはずなんだけどなーと思っても無くて突然来るっていう経験がありました。あの時にはキャットアイのメーターも搭載している人がいたのを「なるほどなー」と思ったんですよ。でも、今回の検証でWahooならセンサーを取り付ければ正確に距離計算ができそうですね。他のサイコンでどうなるか、また誰か検証してください(笑)

フィッティング前後での変化

本日は急遽フィッティングを行いました
何度かお話したり、乗り方講習にも来ていただいている方で、年末にレースがある事と来年に向けて乗り方についてクリアにしたいということでした。

これまでは自己流ですので、基本的な部分からカバーしました。

自転車の寸法を修正するだけでは足りず、自転車を漕ぐ運動をする上で、またそのパフォーマンスを上げる上で大切なことを幅広くお伝えしました。「そんなことまで…?」と思われたかも知れませんが、時間がない方ほど広範囲への効率化は効果を出します。最終的には効果を実感しないと、次へのモチベーションがわきませんので大切です。

今回はハンドルを上げて、サドルを下げましたが、それによって身体各部の可動域を利用しやすくなり、足だけで踏むペダリングから全身の力を使って自然に動かすペダリングへと動きのイメージを少しだけ変えるきっかけになりました。

身体を変える作業はこれからですので、それを続けるともっと良くなると思います。

[フィッティング前]


[フィッティング後]

フィッティングを受けてくれたお客さんがブログにその感想を書いてくれました

フィッティングを受けてくれたお客さんがブログにその感想を書いてくれました
ニュアンスや言い方には気をつけているんですが、すべて伝わるということはありませんし、誤解されることもあります。しかし、色々な葛藤がありながらも一定程度受け入れて頂けた事には有り難く思います。

どうしても、フィッティングをしますと仰ることを肯定することばかりではなくなり、むしろ否定されたことの方が(直接的でなくても)気になってしまいますし、頭にこびりついてしまいます。努力されている方ほど、それは顕著だとわかっています。私にもその経験は何度かあります。”モヤモヤ”するものです。

しかしながら、どこかで方向を修正して差し上げたいという気持ちから、極力優しい言葉で(でも、ついビシッと言ってしまう時もあります…)、でも”伝えなければならないことは伝えたい”という気持ちでお話しています。それは勇気を持って私に伝えてくれた人達に対しての感謝と、わざわざ私のところまで訪ねてくださった方への感謝からです。

スポーツ自転車の入り口は浅く、しかし奥は広い
自転車はペダルを回せば前に進み、それで一応自転車に乗っていると言えますが、スポーツやアスリートレベルで”乗れている”状態になるには他のスポーツと同様の努力が必要です。自転車の場合、ペダルを回すことが上手になればバランスを取るのも上手になり、結果的にスピードはあがり、視野が広がり、安全に乗れるようになります。それには一定以上の積算乗車時間というものも必要だと思います。どんなに技術が優れていても、初めて1年の方は1年間に蓄積可能な経験値によって培われた感覚による解釈となり、3年乗った方にはもう少し進んだ別の解釈があるはずです。

フィッティングの方法はその方次第で変えております
この方はトライアスロンでというある程度の目標設定がありましたので、最も奥の深いパターンで中長期的なお話しています。ゆえ、パフォーマンスアップの天井は最も高くなる想定です。しかし、時間は掛かると思います。乗る頻度が少なかったり、経験値が浅い方の場合には、もう少し短中期的な改善を感じられるようにお話しています。ただ、自転車に乗るという基本的なことや内容は一緒ですので、いずれの場合にもカバーするようにしています。そうでないと、その先の細かい寸法を調整する際に障害となってしまうからです。どこまでを個性として認めるかは際どい判断ですが、入口の部分の基礎的な認識は共有しておいたほうが良いと思います。そうすれば、どれを個性として発揮すべきかは自ずと個人で判断ができるはずです。それが自分のフォームを理解したという状態かと思います。

ブログの最後に書かれていらっしゃいますように、私のフィッティングに限らずパーソナルトレーニングコーチングだと言えると思います。”フィッティング”という寸法の調整だけで済ませるのは実際に無理なんです。どの程度具体化されているかは異なりますが、各々の方には目標があるから”どうにかしたい”と思われているでしょう。しかし、それは寸法の調整だけで実現できないのです。特にパフォーマンスアップに関わる部分はより一層です。ゆえ、回数を重ねれば重ねるほど感覚の摺合せに終止したり、実際のトレーニングや走行プランへの修正作業にもなったりします。

またお待ちしております
この度は詳しく書いて頂きましてありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。いつか、目標に達することを願っています。


ロードバイクのフィッティングサービス初体験@サイクルショップMattino
http://yokamono.com/roadto35vol4/

ペダリングの時にどの筋肉を使うか

ペダリングの時にどの筋肉を使うかわかりますか?
ペダリングの時に、どのフェースでどの筋肉を使うことが正しいのかわかりますか?よく見るのは上の図です。イメージ湧きますか?あるいは、パイオニアの北米アカウントで映像化してくれたものがありましたので、それも参考にしてください。

ペダリングの最中に、これらの各部位を”意識”しようと試みても難しいと思います。フィッティングの時にいつも「意識だけで変われるなら、もう変わっているでしょうし、苦労しないでしょう」とお伝えしています(笑)

「キレイに回しましょう」と言っても、これらの筋肉を正しく使えないフォームなのであれば、意識することは出来ないと思います。

つまり、必要なのは、これらの理想に近づけるための正しいフォームと正しい姿勢がとれる身体です。


当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
登りが苦手
スタミナがない
下りが怖い
向かい風で失速
コーナーリングが苦手
練習の仕方がわからない
などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
現状理解
乗車姿勢改善
ペダリングフォーム改善
練習メニューへのアドバイス
目標レースやイベントの選定やアプローチ
補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

本日のフィッティング

本日のフィッティングはこんな流れでした
やりたいことや目標を伺う → それに対しての感想と見込みを伝える→ 何を言われているのかわからない表情 → ペダリングを見せて頂く→ 現状を伝える → やっぱりなかなか理解していただけない → 幾つか順番に改善点や改善方法を伝える → 段々と変化を感じる → さらに伝える内容を追加する → 変化が確信に変わり、基礎となるイメージのキッカケが掴めたり、序盤で伝えた言葉の意味を理解できる

「フィッティングというと、ステムの長さを変えたり、ハンドルを弄ったり、そういう事が多いけれど、基本を理解できていないと意味が無いことがわかった」
という感想を頂きました。

また、
「明らかに足でペダリングをする感覚が軽くなった」
ともおっしゃってました。

まだまだ、これは入り口の所です。ここから集中して、考え続けて、自分にとっての正解を見つけられることを祈っています。

また、継続してフィッティングをすることも効果的ですので、フォローフィットへお越しいただくこともお待ちしています。


当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
登りが苦手
スタミナがない
下りが怖い
向かい風で失速
コーナーリングが苦手
練習の仕方がわからない
などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
現状理解
乗車姿勢改善
ペダリングフォーム改善
練習メニューへのアドバイス
目標レースやイベントの選定やアプローチ
補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

当店ではパワーを見ながらフィッティングします

当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
 登りが苦手
 スタミナがない
 下りが怖い
 向かい風で失速
 コーナーリングが苦手
 練習の仕方がわからない
 などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
 現状理解
 乗車姿勢改善
 ペダリングフォーム改善
 練習メニューへのアドバイス
 目標レースやイベントの選定やアプローチ
 補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

ここ最近のフィッティングで

最近は定期的にフィッティングの内容に共通することは
ここのところ、定期的にフィッティングを承っています。その中では骨盤の動きが悪い方がいらっしゃいます。その場合、フィッティングをするのには苦労しますし、ご本人もそのことを感じます。産みの苦しみですね(笑)

骨盤がうまく動かない方は、それまで行ってきた自転車の上での運動によって筋肉を固めてしまっていたりし、自らの力で動かなくしている事が一般的です。決して、動かない事は先天的なものではなく、あくまでも”自分でそうした”という結果です。ゆえ、動くようにすることは可能です。

その為に自転車を下りてスクワットして頂いたり、サドルを交換したり、あるいは自転車の上でアドバイスを続けます。

それらのフィッティングでは、極端な例を除き無暗にステムの長さやサドル高を変更することはせず、あくまでも”正しく動かすこと”を覚えて頂くことに注力します。

これは正しい筋トレと同じです。
身体を正しく動かす前に正しく床の上で立てていないと、自転車の上で適切に身体を利用することは出来ません。強くも踏めません。強く踏んでいるつもりでもパワーが出ない理由は、踏めていないからです。正しい姿勢は大事です。どちらも完璧に実現できなくても、正しい姿勢や正しいペダリングのイメージを頭に思い浮かべることは欠かせません。

正しい筋トレは、無理せず怪我せずに重たいウェイトを上げることができます。無理やりではありません。これは自転車でも同じです。歯を食いしばって、思い切りペダルを踏んでいるときほど、正しく踏めていないということです。

力が入っていないけどスピードが出ている状態こそ、正しくペダリング出来ているのに近く、言い換えればリラックスであり、脱力なのでしょう。

そのためには、緊張して固まった筋肉をリリースしたり、正しい動きを覚えなおして、筋肉をうまく利用することを脳へ再教育することも必要です。


一つだけヒントを
骨盤周りの筋肉で大切なのは「骨盤底筋」です。

尾骨・恥骨・坐骨をつないだ骨盤の一番底の部分に膜のようにハンモック状に張っている筋肉で、
骨盤内臓器を下から支えています。

そして、お腹、背中、太ももの筋肉の出発点なので、骨盤底筋が強くなるとお腹、背中、太ももに
力が入り、体に軸ができて 骨盤にかかる重さの負荷が減るので、動きがよくなります。


基本料金は10800円/90分です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。