Category Archives: フィッティング

フィッティング前後での変化

本日は急遽フィッティングを行いました
何度かお話したり、乗り方講習にも来ていただいている方で、年末にレースがある事と来年に向けて乗り方についてクリアにしたいということでした。

これまでは自己流ですので、基本的な部分からカバーしました。

自転車の寸法を修正するだけでは足りず、自転車を漕ぐ運動をする上で、またそのパフォーマンスを上げる上で大切なことを幅広くお伝えしました。「そんなことまで…?」と思われたかも知れませんが、時間がない方ほど広範囲への効率化は効果を出します。最終的には効果を実感しないと、次へのモチベーションがわきませんので大切です。

今回はハンドルを上げて、サドルを下げましたが、それによって身体各部の可動域を利用しやすくなり、足だけで踏むペダリングから全身の力を使って自然に動かすペダリングへと動きのイメージを少しだけ変えるきっかけになりました。

身体を変える作業はこれからですので、それを続けるともっと良くなると思います。

[フィッティング前]


[フィッティング後]

フィッティングを受けてくれたお客さんがブログにその感想を書いてくれました

フィッティングを受けてくれたお客さんがブログにその感想を書いてくれました
ニュアンスや言い方には気をつけているんですが、すべて伝わるということはありませんし、誤解されることもあります。しかし、色々な葛藤がありながらも一定程度受け入れて頂けた事には有り難く思います。

どうしても、フィッティングをしますと仰ることを肯定することばかりではなくなり、むしろ否定されたことの方が(直接的でなくても)気になってしまいますし、頭にこびりついてしまいます。努力されている方ほど、それは顕著だとわかっています。私にもその経験は何度かあります。”モヤモヤ”するものです。

しかしながら、どこかで方向を修正して差し上げたいという気持ちから、極力優しい言葉で(でも、ついビシッと言ってしまう時もあります…)、でも”伝えなければならないことは伝えたい”という気持ちでお話しています。それは勇気を持って私に伝えてくれた人達に対しての感謝と、わざわざ私のところまで訪ねてくださった方への感謝からです。

スポーツ自転車の入り口は浅く、しかし奥は広い
自転車はペダルを回せば前に進み、それで一応自転車に乗っていると言えますが、スポーツやアスリートレベルで”乗れている”状態になるには他のスポーツと同様の努力が必要です。自転車の場合、ペダルを回すことが上手になればバランスを取るのも上手になり、結果的にスピードはあがり、視野が広がり、安全に乗れるようになります。それには一定以上の積算乗車時間というものも必要だと思います。どんなに技術が優れていても、初めて1年の方は1年間に蓄積可能な経験値によって培われた感覚による解釈となり、3年乗った方にはもう少し進んだ別の解釈があるはずです。

フィッティングの方法はその方次第で変えております
この方はトライアスロンでというある程度の目標設定がありましたので、最も奥の深いパターンで中長期的なお話しています。ゆえ、パフォーマンスアップの天井は最も高くなる想定です。しかし、時間は掛かると思います。乗る頻度が少なかったり、経験値が浅い方の場合には、もう少し短中期的な改善を感じられるようにお話しています。ただ、自転車に乗るという基本的なことや内容は一緒ですので、いずれの場合にもカバーするようにしています。そうでないと、その先の細かい寸法を調整する際に障害となってしまうからです。どこまでを個性として認めるかは際どい判断ですが、入口の部分の基礎的な認識は共有しておいたほうが良いと思います。そうすれば、どれを個性として発揮すべきかは自ずと個人で判断ができるはずです。それが自分のフォームを理解したという状態かと思います。

ブログの最後に書かれていらっしゃいますように、私のフィッティングに限らずパーソナルトレーニングコーチングだと言えると思います。”フィッティング”という寸法の調整だけで済ませるのは実際に無理なんです。どの程度具体化されているかは異なりますが、各々の方には目標があるから”どうにかしたい”と思われているでしょう。しかし、それは寸法の調整だけで実現できないのです。特にパフォーマンスアップに関わる部分はより一層です。ゆえ、回数を重ねれば重ねるほど感覚の摺合せに終止したり、実際のトレーニングや走行プランへの修正作業にもなったりします。

またお待ちしております
この度は詳しく書いて頂きましてありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。いつか、目標に達することを願っています。


ロードバイクのフィッティングサービス初体験@サイクルショップMattino
http://yokamono.com/roadto35vol4/

ペダリングの時にどの筋肉を使うか

ペダリングの時にどの筋肉を使うかわかりますか?
ペダリングの時に、どのフェースでどの筋肉を使うことが正しいのかわかりますか?よく見るのは上の図です。イメージ湧きますか?あるいは、パイオニアの北米アカウントで映像化してくれたものがありましたので、それも参考にしてください。

ペダリングの最中に、これらの各部位を”意識”しようと試みても難しいと思います。フィッティングの時にいつも「意識だけで変われるなら、もう変わっているでしょうし、苦労しないでしょう」とお伝えしています(笑)

「キレイに回しましょう」と言っても、これらの筋肉を正しく使えないフォームなのであれば、意識することは出来ないと思います。

つまり、必要なのは、これらの理想に近づけるための正しいフォームと正しい姿勢がとれる身体です。


当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
登りが苦手
スタミナがない
下りが怖い
向かい風で失速
コーナーリングが苦手
練習の仕方がわからない
などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
現状理解
乗車姿勢改善
ペダリングフォーム改善
練習メニューへのアドバイス
目標レースやイベントの選定やアプローチ
補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

本日のフィッティング

本日のフィッティングはこんな流れでした
やりたいことや目標を伺う → それに対しての感想と見込みを伝える→ 何を言われているのかわからない表情 → ペダリングを見せて頂く→ 現状を伝える → やっぱりなかなか理解していただけない → 幾つか順番に改善点や改善方法を伝える → 段々と変化を感じる → さらに伝える内容を追加する → 変化が確信に変わり、基礎となるイメージのキッカケが掴めたり、序盤で伝えた言葉の意味を理解できる

「フィッティングというと、ステムの長さを変えたり、ハンドルを弄ったり、そういう事が多いけれど、基本を理解できていないと意味が無いことがわかった」
という感想を頂きました。

また、
「明らかに足でペダリングをする感覚が軽くなった」
ともおっしゃってました。

まだまだ、これは入り口の所です。ここから集中して、考え続けて、自分にとっての正解を見つけられることを祈っています。

また、継続してフィッティングをすることも効果的ですので、フォローフィットへお越しいただくこともお待ちしています。


当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
登りが苦手
スタミナがない
下りが怖い
向かい風で失速
コーナーリングが苦手
練習の仕方がわからない
などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
現状理解
乗車姿勢改善
ペダリングフォーム改善
練習メニューへのアドバイス
目標レースやイベントの選定やアプローチ
補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

当店ではパワーを見ながらフィッティングします

当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
 登りが苦手
 スタミナがない
 下りが怖い
 向かい風で失速
 コーナーリングが苦手
 練習の仕方がわからない
 などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
 現状理解
 乗車姿勢改善
 ペダリングフォーム改善
 練習メニューへのアドバイス
 目標レースやイベントの選定やアプローチ
 補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

ここ最近のフィッティングで

最近は定期的にフィッティングの内容に共通することは
ここのところ、定期的にフィッティングを承っています。その中では骨盤の動きが悪い方がいらっしゃいます。その場合、フィッティングをするのには苦労しますし、ご本人もそのことを感じます。産みの苦しみですね(笑)

骨盤がうまく動かない方は、それまで行ってきた自転車の上での運動によって筋肉を固めてしまっていたりし、自らの力で動かなくしている事が一般的です。決して、動かない事は先天的なものではなく、あくまでも”自分でそうした”という結果です。ゆえ、動くようにすることは可能です。

その為に自転車を下りてスクワットして頂いたり、サドルを交換したり、あるいは自転車の上でアドバイスを続けます。

それらのフィッティングでは、極端な例を除き無暗にステムの長さやサドル高を変更することはせず、あくまでも”正しく動かすこと”を覚えて頂くことに注力します。

これは正しい筋トレと同じです。
身体を正しく動かす前に正しく床の上で立てていないと、自転車の上で適切に身体を利用することは出来ません。強くも踏めません。強く踏んでいるつもりでもパワーが出ない理由は、踏めていないからです。正しい姿勢は大事です。どちらも完璧に実現できなくても、正しい姿勢や正しいペダリングのイメージを頭に思い浮かべることは欠かせません。

正しい筋トレは、無理せず怪我せずに重たいウェイトを上げることができます。無理やりではありません。これは自転車でも同じです。歯を食いしばって、思い切りペダルを踏んでいるときほど、正しく踏めていないということです。

力が入っていないけどスピードが出ている状態こそ、正しくペダリング出来ているのに近く、言い換えればリラックスであり、脱力なのでしょう。

そのためには、緊張して固まった筋肉をリリースしたり、正しい動きを覚えなおして、筋肉をうまく利用することを脳へ再教育することも必要です。


一つだけヒントを
骨盤周りの筋肉で大切なのは「骨盤底筋」です。

尾骨・恥骨・坐骨をつないだ骨盤の一番底の部分に膜のようにハンモック状に張っている筋肉で、
骨盤内臓器を下から支えています。

そして、お腹、背中、太ももの筋肉の出発点なので、骨盤底筋が強くなるとお腹、背中、太ももに
力が入り、体に軸ができて 骨盤にかかる重さの負荷が減るので、動きがよくなります。


基本料金は10800円/90分です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

ヒルクライムでブレイクスルーするフィッティング募集

今年こそ、今こそ、「ヒルクライムでブレイクスルー」をしましょう。
大きな出力を出せるライダーはいくつかのブレイクするーを通過しています。それらは多くの経験から編み出されるケースが多いのですが、単独で考えていても難しいと思います。お互いの経験を披露しあい、それぞれの感覚を言葉にしてみることが、前に進むためのコツです。

今のまま、去年と同じことをしても、それほど大きな変化は起きないででしょう。必死に登っていると、そのうち楽になるというのは間違いです。
さらに言えば、正しくペダリング出来ていない人が減量をすることも無駄です。まずは出力に余裕を出すことが最善であり、欠かせません。

必要なのはバイクの寸法を変えることではありません
ペダリングという運動を正しく機能させることが目的です。例えば重たい荷物があるとします。それを持ち上げてみます。その際、荷物の重さを重たく感じる人とそうではない人がいます。それは単に”力持ち”なのではなく、荷物の重心を掴み、手をかける位置を調整し、スタンスに気をつけ、しっかりと体幹に力を入れた状態で筋力を効率よく発揮します。ペダリングでもそれを行います。

最も大事なのは”違和感”を乗り越えること、そして素直さ
私はあなたを変えようと努力します。ですから、あなた自身も自分を変えようと、私の声を聞き入れ、努力して下さい。あなた自身が変わろうとせず、自転車だけをいじっても何も変わらないでしょう。その様なコストを出す必要はありません。何かを変える場合、それは違和感を伴います。しかし、それは必要な変化であり、その為に必要なのは順応です。順応が終わった結果に至れば、自分の新しいフォームを獲得したことになります。

練習内容にしても同じです。やりたいことをやる時間だけでできた結果が現状だと理解しましょう。現状の打開をするには、今やっていることも変えないといけません。好きなことだけやっていても限界を迎えているのではありませんか?
※こんなこと書くと”ガチ”な店だと思われちゃうんでしょうね(笑)ガチなレースに出てるのに、ガチに練習していない人に向けた言葉ですので、レースに出ない人は自由に走りましょう!

今からやれば何か得られます。4月末にテストをし、6月や8月までに結果を出しましょう。
変わるなら今です。練習の仕方も変えていきましょう。WahooのKICKRでパワーを見ながら、どうやってペダリングすると楽になるか、辛くなるか、それをテストしながらフィッティングしましょう。

基本料金は10800円/90分です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

本日のフィッティング

最近、フィッティングの要望が増えています
フィッティングで大事なのは、自分の身体を動かせるようになるだろうという希望を持つことです。

相談に来られる方の多くは「何が正解なのかわからない」という漠然とした疑問を持っていることが多くあります。加えて、その見えていない正解に対して自分の位置もまた分からないということが言えます。つまり、目的地も現在位置もわからない、迷子のような状態です。

マティーノフィッティングでは、まず客観的に見た現在のフォームをお伝えします。自分自身で意識できなかったことを、外から見た視点で表現します。そして、各々が持つ目標に対してアドバイスを行います。現状をどう打開し、目標達成に必要なフォームや身体のイメージを共有できるようにすることが一度目のフィッティングの目的です。

ここ数件のフィッティングにおいても、その目標を達成することが出来ています。
最初は疑問だらけだった自分のペダリングと、私が言うことの意味が少しずつ分かってきて、そのイメージができ、最終イメージの共有レベルが上がりました。

結果としてサイクリングへのモチベーションは上がり、楽しく乗ることができるだろうという道筋や希望を感じていただいています。

単に感覚だけに基づいたものではなく、フィッティング前の出力とそれを出す感覚に対して、フィッティング後のそれが良化していることを実感することができます。つまり、辛い状態は必ずしも出力に結びついているわけではなく、それは無駄が多いという意味かもしれないのです。

基本料金は10800円/90分です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

連日のフィッティング

一昨日と昨日は連日のフィッティングをしました
BGフィットでも、バイクフィットでも、他のブランドロゴも無いフィッティングですが、時々それに魅力を感じてくださる方がいらっしゃいます。

今回の方々は理解が早かったですし、効果も感じて頂けたようです。パワーメーター利用者だったからでしょうね。パワーメーターを使ったことがある人とだと、自己評価や様々な自己判断基準が絶対化されるので共通言語ができ、感覚や言語も他人と共有しやすいので、フィッティングした結果を正しくコミットしやすいですね。昨日もそうだったけど。だから、パワーメーターは使うべですき。これはレースに出る出ないに限らず、サイクリングの質を高めるならば一緒です。

私がするフィッティングのゴールは
「自分の体を理解し、それを正しく動かすこと」
です。

”ハムストリングを意識して”とか、”大殿筋を意識して”などと言われたり書かれたりしていますが、その部分を動かせない姿勢になっているならば、そこに筋収縮をもたらすことができないでしょう。あるいは筋肉が張っていたり、固くなっている状態の場合、そこを自在に動かしたり、動きを感じ取ったりすることはできなくなってしまいます。逆を言えば、意識した瞬間に使えなくもなるでしょう。「◯◯を意識していますか?」とベテランライダーに聞けば、厳密に言えば「していない」と答える人が多いと思います。つまり、当該部位を動かすことができるフォームだったり、身体の使い方をしているからです。色々な部位をバランスよく使って身体を動かしているということでもあります。

つまり、意識できていない部位を意識するには、ハンドルやステムの位置だけでなく身体のフォームそのものを変える必要があるということですし、身体を正しく動かせる状態にすることが必要です。

フォームは他の人に与えられるものではなく、自分で作るもの。しかし、その組み立て方が分からないのが今の状態。完成形、それは経験値の積み重ねによって培われます。経験は乗車時間を積み上げることであり、それを繰り返すことです。

常にペダリング毎に、自分の体を見つめ、動きの質を高めます。

もう一つ大事なのはモチベーションです
ライドをする際、やる気の有無によって同じ距離や時間を経験したとしても、それを後々のために取り込める情報量は大きく異なります。モチベーションが無いと、”ただ乗るだけ”になってしまうでしょう。当店のフィッティングでは、出来ていることと出来ていないことを理解して頂き、目的に合わせて切り分けたり優先順位をつけたりし、”僅かでも今より向上する”と信じる思いを生み出します。実はこれが一番大事なのです。


当店のフィッティングはパワーメーター内蔵ローラー台を利用して数値を計測しながら、感覚的にも感じて頂き、それぞれの方の目的に合わせたフォームについて相談を承ります

当店のフィッティングは、ブランド名とそのメソッドを守ることに徹したサービスを提供するのではなく、色々なメソッドから良い部分を論理的に取り入れ、自転車の考えに偏らない考えに基づき、お客様のフォームをバッサリと切らせていただきます(笑)

サービス料金は10800円/1回(90分)です。1-2時間を定期的に診せて頂く方がオススメです。
※自転車の無料点検付き
※もちろん、持ち込み車両でもOKです

営業時間内であれば混雑する時間帯を除いて承りますので、まずはご相談からお気軽にご連絡下さい。きっと、メリットを提供できると思います。

ご希望の方は電話(03-6658-4977)やメール(mailto:info@biciclettadimattino.com)で、まずはお問合わせからどうぞ。

SMPのレンタルサドルがたくさん揃ってます

SMPのレンタルサドルは人気モデルをフルラインナップしてます。現在貸出中のものを含めて、全7モデルありますよ。

あなたの走り方にどれが合うかも、相談に乗りますよ。

[貸出可能モデル]
COMPOSITE
FORMA
DYNAMIC
EVOLUTION
BLASTER
DRAKON
HELL
NYMBER(3月-4月に追加予定の新モデル)

[レンタル料金]
 1500円(14日間目安)
です。
※取り付け及びセッティングは別途お代(1500円)を頂きます
※SMPサドルに限らずサドルをご注文頂いた際にはレンタル料金をお返し致します。

[SMPでは座り方が大事です]
SMPの導入にはフィッティングサービス(10800円/90分)の導入もオススメします。なぜなら、従来のサドルとは座り方、使い方が異なるからです。SMPを理解し、慣れてしまうと、逆にSMP以外のサドルに違和感を感じることでしょう。それくら、”使い方がわかればコレ以外無理”なのがSMPです。

「SMPってどうなの?良いの?」
SMPが持つ4つの特許、会社の歴史や座り方、あるいはフォームについてのアドバイスまで、まずはお話からでOKですよ。