Category Archives: メリダ2019

メリダ eONE-SIXTY 9000

2018年モデルとしてデビューした前後160ミリフルサスペンションを装備したeONE-SIXTYに、カーボンフレームモデルが登場します。

フレームは前三角がカーボン、リヤはアルミです。車重はなんと約22キロという驚異的な軽さ。モーターもバッテリーも込みでこの重量です。

今回はバッテリーもシマノの内装仕様を採用しています。ユニットの電源もフレームに内装されており、未来的な外観を演出しつつ、使い勝手も高めました。バッテリーの容量は504Whと大容量ですので、まだ発表されていませんが、100-140km程度は走れるはずです。

新しいEバイク用のジオメトリはこれまでより低重心となり、Eバイクに求められるペダリング特性も加味してクランク長を165mmに統一しています。

ホイールはフロントが29インチ、リヤが27.5インチという前後異径。これは29インチの走破性と27.5インチのレスポンスを同居させるためですが、まるでそのことについての違和感はなく、最高のトレイルブレイカーに間違いはありません。ちょっと林道を走る程度にはトゥーマッチですが、本格的なトレイルを走り倒すのにはこの車種がベストチョイスになるでしょう。

アルミの800グレードとはジオメトリもホイールサイズも異なりますが、それほど大きな違いはないように感じました。ゆえ、アルミグレードの方が30万円も安いのでどちらも魅力的だろうと思います。

Eバイク用のデイスプレイやスイッチ類はスマートで小型になり、コックピットで過剰に目立つこともなくなりました。フレームやバイク全体の外観と相まって、E-MTBであることがわからない人もいると思います。それくらいスマートです。

乗った感じはもう”無敵”の一言
これまではフルサスは重たい、上りがつらいということから、”下り専用”とも言うべき存在でした。夏のスキー場などでリフトやゴンドラに乗り、下りだけを楽しむものだったわけです。

しかし、このeONE-SIXTY 9000は同800とともに強力なアシストユニットの力を借りてどんな急な上りでも平気で登っていけます。しかも、それを複数本走ることが出来るバイクです。ジオメトリも登りやすく、走りやすく、ペダリングも楽しめました。

160mmというと大げさ感が目立ちますが、アシストユニットの威力やジオメトリの軽快さもあり、120-140mmトラベルのフルサスをカバーしてしまうだろうと思います。もはや、その辺りのフルサスMTBを買う理由は無くなりそうです。

走ってみると、下っている時に車重をほぼ感じず、とても軽快かつアグレッシブ、楽しさを存分に味わうことが出来るマウンテンバイクだと思います。価格的に高いと思いますが、買える人は買うべきですコレ笑

MERIDA eONE-SIXTY 9000
サイズ:XS(40cm) S(44cm)
価格:850,000円(税別)

予約受付中です。

メリダ 2020モデルの受注を開始します

7月23日〜24日の日程でメリダディーラーキャンプへ行ってきました。これは毎年行われるもので、メリダディーラーの中でも主要なところが招待され、新モデルの発表や新しいシーズンへの戦略などが話し合われます。

今回もA日程、B日程とあり、私は前者に招待されました。A日程は主要ディーラーの中でパートナーショップを含めたコアディーラーとなり、約40店舗ほど。B日程はそれ以外のディーラーさんとなっています。

すでにパートナーショップミーティングで2020モデルについてはプレビューが行われていましたので、その現物確認であったり、詳細についての質問などを行い、試乗もしました。


一言で言えば、スキがないラインナップ
正直言って、全方位的にスキがないものになっています。
☆ロードバイク
☆マウンテンバイク
☆クロスバイク
☆シクロクロス
☆Eバイク
☆キッズバイク
この全てがしっかり正当進化を遂げています。

価格はこれまで通りに廉価を保っており、他メーカーと比較する際には相変わらず威力を発揮するでしょう。

ロード乗りの方からすれば、代わり映えのしないロードバイクにがっかりという声もあるのでしょうけれど、デザインとカラーに関してはこれまでのメリダで最もスタイリッシュな印象ですから、決してネガティブなものではないと思います。むしろ、廉価で安定したメリダのロードバイクを「このデザインなら乗りたい」と思って頂ける方が増えそうな感じがします。


ロードバイクをザッと
フレームの中身に大きな変更はありません。まぁ、そのままです笑
■ リアクト → ディスクメイン
■ スクルトゥーラ → リムとディスク
となります。
おそらく、「もうディスクしか売れないだろう」と思っている方もいらっしゃると思いますが、ディスクだけにしないのは理由はあります。シンプルに言えば、リムブレーキにも需要があるからです。すべてのユーザーにとってディスクが第一の選択肢ではなく、それぞれの方のニーズや環境に合わせてどちらも選べるのがメリダです。


SILEXに追加モデル
2018年からデビューしたSILEXに追加モデルが加わります。700Cを装備したモデルに加えて、650Bx45Cに変更したSILEX+が登場します。700Cモデルがタイヤが35Cから38Cへ変更されます。SILEX+はアドベンチャーやオフロードに最適なモデルとなります。


結構売れてるグランスピードがモデルチェンジ
スポーツバイクジャンルのクロスバイクとして年々人気が上がっているグランスピードのフレームが新しくなります。スクルトゥーラシリーズと同じヘッドチューブ形状を取り入れ、よりスポーティなイメージでブラッシュアップされます。


Eバイクはミヤタとメリダがリードします
■ Eバイクラインナップ拡大 2車種 → 6車種(ミヤタも2車種 → 5車種)
一気に拡大します。それだけの需要が今すぐ見えているとは思えませんが、このマーケットを制圧すべく、他を圧倒するラインナップで迎撃体制を整えました。

2019年からEバイクでデビューしたメーカーもありますが、2020年でここまで拡大するのはミヤタ・メリダだけではないでしょうか。2020年モデルでもEバイクをまったくラインナップしていないメーカーもありますので、完全に差がつく展開になると思います。

ドイツでの2018年のEバイク出荷台数は約100万台に至り、ヨーロッパ全体では125cc以上のモーターサイクル出荷台数である90-100万台を大きく上回る213万台となりました。日本では環境の違いはありますが、その魅力を我々がリードして伝えていきます。


2020年モデルは早ければ8月から
ロードバイクの人気モデルは早ければ8-9月から、新しいEバイクは1月くらいからの入荷となります。お早めにご予約頂くと、多少の特典を用意していますので、お気軽にご相談下さい。

2019モデルのセールは継続開催中です
2019年モデルとの比較もして下さい。価格は多少お得にお買い求め頂けるので、それを含めて比較検討して頂けます。

当店ではMIYATAのEバイク「CRUISE」の試乗車を常設しています

とにかく衝撃でした
Eバイクは都内の街乗りに最高の道具であった…練習以外をロードで走る気がもうしません。結論から言えば、そうとしか言えないです。

MTBではなおのこと、クロスバイクでもロードでも、私が感じていた都内走行時に感じたストレスは、東京の中心に向かえば向かうほど増し、郊外へ向かってしか走りたくないという感覚が染み付きました。

具体的には
■ 交差点でのゼロ発進
■ 再加速時
■ ブレーキの制動距離
という代表的には3つの問題がありましたが、これが見事に解消されました。

■ 交差点でのゼロ発進について
どんなに軽量なロードバイクに転がりに優れたタイヤを装着しても、ゼロ発進でクリートを装着してからスピードに乗るまでには同じくらいの時間と走行距離が必要なため、私が交差点の先頭にいる場合には緩やかに発進し、後方に停車している自動車を2−3台通過させてから、巡航速度に入るようにします。自動車同士でも信号が赤から青になる場合には交通の流れが詰まってしまうので、先頭車両にストレスがかかりますし、自転車ではなおのことでしょう。私は交通の流れ全体にストレスを与えず、自分の身を守るべくそのように走行しています。しかし、E-BIKEに関してはゼロ発進がものすごく速く、得意です。思い切り漕がなくても、一般的な加速をしていた50ccの原付きバイクと時速20キロくらいまでは同じようでしたから、驚きました。これは自動車と張り合うべくするのではなく、あくまでストレスを軽減できるという意味です。いやはや、驚きです。自転車で都内を走って信号がストレスフルでしたけど、それがかなり軽減されました。結果的に走行時の安全性がアップします。

■ 再加速時
これも先に述べたことと似ていますが、走行中に前方の自動車やあらゆる障害によって減速を強いられるケースがあると思います。時速30キロ未満で走る状況から時速20キロ未満へ減速させられると再加速が大変。だから、原則せずに右へ避け、そのまま走り抜けようとするケースも見かけますが、大変危険なケースもあります。

■ ブレーキの制動距離
時速が速ければ速いほど交通の流れには乗れるのですが、止まるための距離も長くなってしまうのが問題です。時速35キロ以上で走れることができるサイクリストはいますが、その制動距離は大変長くなります。雨天時にはなおのことです。ディスクブレーキを装着したロードならばそれも短くなるのですが、タイヤの太さに限界があります。28Cまで太くしてなお、ブレーキ自体が発揮する制動力を使い切れるとは言えません。

★まとめ★
都内で余裕を持って走行できる自転車の速度を私は30キロ前後だと思っているのですが、E-BIKEはそのスピード域での加減速に関して最高の使い勝手を誇ります。E-BIKEに関する誤解としては「時速25キロを越えると重たい自転車になる」ということがありますが、大変な誤解です。もうひとつ、「海外仕様は最高」というものもありますが、これも誤解です。日本仕様は基本的にEU仕様とさほど変わらず、むしろ時速20−24キロにかけて緩やかにアシストが減ることで時速25キロ以上でも走行する際に重さを感じることはほとんどありませんでした。ゆえ、時速28キロ前後での巡航も大きく力を使う必要はありませんでした。車重を上手に利用するのがポイントですから、これは店頭で接客時にご説明差し上げます。


都内や平坦でもE-BIKEは活きます
先日の某ポッドキャストでは「都内や関東平野でE-BIKEはあまり必要ないし、活きないだろう」と繰り返されていたのですが、私が実際に走ってみた感想を正直に申し上げると、それは想像不足か体験不足かと思います。

街乗りや通勤にディスクロードだ!とか、勘違いかウソかのどっちかです。

E-BIKEはコストパフォーマンスが大変良い
ロードでは20-30万で完成車買ってもまだホイールが要るとか、コンポがアレだとか金を使ってプライドを買うわけです。あるいはそれを完成させても体力ありきという土俵の中にいますので、楽しむには楽しくない走り方を”ある程度は”受け入れる必要があるでしょう。つまり、ロードは結構お金がかかりますし、大変。もちろん、それに迎合しない楽しみ方もありますけれど。

私はMIYATAのCRUISEのホイール、サドル、シートピラー、ブレーキ一式、シフト一式などを交換したのですが、これはそれらのパーツが余っていたからで、改めて買ったのはフォークだけです。フォークも35000円だから、しばらくしてからお小遣いで換えても良いでしょう。輪行をするなどを考えると少しでも軽いほうが有利ですが、走行するだけで言えばE-BIKEに車重はそれほど影響がありません。登坂時にはEアシストで登りますしね。

Eバイクなら、例えばMIYATAのCRUISEならば税込で約28万の完成車に少し良いタイヤとステムの角度と長さを換えたらば、それで十分であるし道具として成立し満足してしまうと思う。どんなにお金を掛けたロードバイクよりもスムーズに加速し、一般的に利用する速度域でストレスを少なくして走ることができます。

使いみちや用途に合わせた最適な道具選びとは?
”使いみちや用途に合わせて…”と言葉尻では言うものの、ユーザーさん達の目はロードバイクに向けられることが多く、そこから出られないケースもあり、結果的に世間にはロードバイクが増えています。しかしながら、そもそもロードは練習やレースの道具である前提で言えば、沢山売れているのに疑問だった自転車屋は多いはずですし、そんな声もよく聞きます。なぜ?何に使うの?と。もちろん、何に使っても自由ではあります。しかし、Eバイクがカッコよく思われれば、クールだと思われればたぶんロードが売れる数は減ると思います。

私は時速35キロ以上で走れはしますが、機材がロードバイクじゃないとそれは辛い。クロスバイクやMTBではより辛いですし、ロードであっても汗だくになってしまいます。ブレーキがディスクになってもタイヤ幅と発揮する摩擦力次第ですから、ドライならリムブレーキと制動距離は同じです。ところがEバイクならば、流れに乗るのに必要なスピードを楽に実現でき、ディスクで安定して制動できます。

街乗りや観光にはディスクロードよりE-BIKEが最高である
ロードを2台も3台も作る人は別として、他の人は台数を増やすなら用途から被らないようにするのがポイントです。私はMIYATAのCRUISEを少々アレンジしたんですが、時速30キロ未満での巡行はしやすくてスタートダッシュに強いから、まぁこれが交通の流れに乗りやすいんですよ。ストップアンドゴーにめちゃくちゃ強いので、街乗りや観光には最適です。

とにかく乗りに来てください!
街乗りする際にもっともストレスになるところをアシストがカバーしてくれます。再加速も楽なのでとにかく交通の流れにサッと乗れるのに感動しました。30年以上自転車に乗っていますが、都内を走るのがこんなに楽しいと思ったのは初めてです。橋や坂で車は加速するけど自転車は減速してしまうけど、それもありません…。そして汗を沢山かかないから冷えない…。あぁ、最高じゃないですか…

比較的ガチなロード乗りがEバイクに乗ったらこうなった

GW中に沢山の方に試乗していただきました。その中でトライアスロンやマラソン・トレランへ熱心に取り組んでいらっしゃるご夫婦に書いていただいた素晴らしいレポートを掲載します。Eバイクってどんなもの?と興味のある方はぜひご一読下さい。

前回、前々回とお伝えしましたのは私と一緒に走っていただいたツーリングでのレポートでした。いずれも男性、自転車マニアに間違いはありません。

今回は自転車は好きだけれど、二人で楽しみたいというご夫婦。身体を追い込むのも好きなので、普段からしっかりトレーニングしているお二人で、当店を通じてモルテンドリンクミックスやソールスターインソール、パワーメーターまで使用されています。

しかし、そんなお二人でもロードで走ると離れてしまったり、トレーニングになってしまったり、きっと最初に自転車に触れたときの楽しみとは別の方向に行き着いてしまったのではないでしょうか?そんな経験はありませんか?諦めてしまってはいませんか?ロードはロードで良い遊びですが、自転車を使って十分に時間を楽しむには違う方法もあるのではないか?と試乗して頂きました。

乗り始めは他の方同様にしてアシストでの加速感に「おおお〜〜〜!」と感動されていたのですが、「実際に楽しいのだろうか?」とはわからない状態。しかし、朝10時に出発し、夕方18時過ぎまで目一杯遊んで帰ってきてからは「これほんっとに楽しいです!」を連呼されてました笑

その気持ちわかります。私も乗るたびに楽しいと感じます。スピードを出したり、コントロールを楽しんだし、ライトウェイト2シーターに乗るような楽しみはロードバイク独特のものでしょう。しかし、どんなルートでも大きな疲労なしに走ることが出来るEバイクは自転車を使って遊ぶ気持ちをアスリートになってしまったお二人に思い出させてくれたのではないでしょうか。


奥様のレポートです

GWにEバイクを試乗させていただきました。
マティーノさんから二子玉まで都内を抜け、往復約55キロほど。Eバイクということであえて坂道の多い都内の道を旦那さんが選択。いつもロードバイクで一緒に走ってもペースが違うので距離が空いてしまうことがほとんどですが、Eバイクだと坂道でラクラク追い抜かせるのでそれもまた快適でした。

特にseraph ミズタニは舗装路に最適でした。

MERIDA のeBIG.SEVEN 600もレンタルさせていただいたのですが、流石マウンテンバイク、草むらや丘に最適でした。

正直、電動バイクなんてと思っていましたが、乗ってみるとロードバイクとは全く別ものだと感じ、トレーニングとサイクリングは違うな~、と自転車という乗り物をより好きになる経験となりました。


旦那様のレポートです

[試乗前]
私は普段トライアスロン(ショート~ミドルが中心)やマラソン、トレイルランといったエンデュランス競技を趣味にしています。
どちらかといえば(むしろ)体を追い込むことが好きなタイプです。また人生でアシスト自転車に乗ったことはありません。なので単純な好奇心プラス、アシスト付きの自転車は楽しいのか?という思いが試乗前にありました。

[試乗後]
今回試乗したのは、メリダ(MTB)とミズタニ(クロスバイク)のEバイク。コースはマティーノのお店から二子玉川までの往復約55km。途中、河原の不整地もふくめて、朝から晩までトコトン遊びました。

その感想はというと、もうとにかく楽しいの一言!

例えば、普段は坂道を選びませんが、Eバイクであればそのアシスト具合を味わいたくてわざわざ激坂を探しにいくほどです。特にアシストモードをハイにすると強烈。かといって急発進するわけではなく充分コントロールできる範囲です。

アシスト自転車に乗るのはママチャリ型含めて人生初なので他とは比べられませんが、信号待ちからの発進がとても楽でした。特に有効だと感じたのは、坂道の途中で信号待ちとなった時です。都内の坂道で後ろに車が待っていると、車の邪魔にならないよう早くスタートしなくては、とストレスですが、そのような事を一切考えずに済みました。

そして一日中遊んでも体力、バッテリー共に充分余裕がある状態。普段なら後半は疲れて寄り道するのも悩みますが、ついつい色んな場所に寄ってしまいます。(おかけで返すのが遅くなりました…)かといって楽なだけではなく適度な疲労感を感じることができるので運動としてもバッチリです。

体を徹底的に追い込み、自身の身体能力を引き上げたい!というのとは違った楽しみ方が出来ます。

[もしEバイクで遊ぶなら]
①山で遊ぶ
ほぼMTBに乗っていたのもありますが、Eバイクのアシストがあればどんな道でも走れそうです。登りは楽して、下りで楽しめそうだと考えていたらウズウズしました。
②旅先でのツーリング
例えばどこかの旅先で、かつ少し登坂があるコース。体力差がある相手だとお互いが辛いばかりですが、そんなこともなく楽しめそうです。親にプレゼントするのもアリかと。

[総括]
自転車そのものとしての楽しさを感じながら、自転車プラスアルファをも楽しむにはこれ以上ないものだと思います。既に何台もロードバイクを持っていますが、Eバイクも欲しいなと感じる試乗会でした。是非ともまた乗りたいです!


今回試乗したのは「MERIDA eBIG.SEVEN 600」 税別 359,000円

最大70Nmを発生するSHIMANO STEPS E8080を搭載した電動アシストMTB、eBIG.SEVEN。約500Whの大容量リチウムイオンバッテリーBT-E8010により1充電走行距離140kmを実現。MERIDA本社に新設されたE-BIKE専用工場で製造される最新のアルミテクノロジーを駆使したフレームを採用し、マウンテンバイクの常識を覆す走りを実現。

クロスバイクタイプよりも明らかに優れた走破性はレジャーや観光をする際には大活躍します。走れない道はないとも言えますし、走れない登り坂もありません。また通勤でも大変使いやすいだろうと思います。Fサスペンションが不要な方はリジッドに組み替えれば約1キロくらい軽量化も可能ですし、それぞれの用途に合わせたカスタムも可能です。
今回試乗したのは「MIZUTANI SERAPH E-01S」 税別380,000円

極太の軽量カーボンフォークにグラベルロードバイクのフレーム設計にしたアルミフレームが
アシストが切れた状態でも重さを感じさせない軽快な走りを提供します。またそれらのことで圧倒的な長さの走行距離が可能に。

弊社の取扱ブランドである「SHIMANO」コンポーネント、「Continental」タイヤ、「Selle SMP」サドルを贅沢に使用。

クラシカルな雰囲気を醸し出しながら、都内や山岳路をアシストを効かせながら軽快に走る、そんなバイクに仕上がりました。
どのE-バイクより「スポーツ」走行が可能なSeraph E-01S。新たな世界を体験してみませんか?

Eバイクに適したルートとは

探索してきた
昨日までの二日間、みなさんが連休した後に連休をとりまして、Eバイクに最適なルートとは?というテーマで探索をしてきました。

これまで通りのルート、例えばロードで走るようなメジャールート、これをEバイクで走って面白いとは思います。景色を見たり、何かを食べたりも良いと思います。ただ、Eバイクらしさを活かしきれてはいないのでは?と魅力を追求する私です。

例えば、ロードでこれまで避けていた所というと急坂、狭い道、荒れている道、何もない所でしょうか。中にはそういう場所を狙ってロードで走る方もいらっしゃいますが、概ね避けるかと思います。

Eバイクに適しているのはむしろそんな道じゃないかと思います。日本は狭いようで深掘りしていくとまだまだ未開の地が沢山あるように思います。未開というのは拓けていないのではなく、観光資源的魅力が追求されていない場所ということです。つまり、ガイドブックに乗っていないような所です。

都内から1〜1.5時間で行ける場所にもそんなところがまだまだあるんですよ。先日の伊豆七島もその仲間ではありますが、今回のところはなかなか秘境でした。その地域にクルマで来る方もいるんですが、クルマが入らない道はまるで未開状態。まずロードでも通らないでしょうね、激坂の先だったりするんで。

そういう場所を開拓しつつ、新鮮な過疎地観光を楽しめるEバイクはなかなか魅力的です。

MTBではどうなのか?
MTBではこれまで走っていたルートを走るとどうなんだろう?ということでこちらでも探索しました。走破性はむしろ向上するんですが、重量のせいで動きはややダルです。後輪を持ち上げるのもやや苦手なので、倒木の乗り越えにはフルサスの方が良さそうです。リジッドの場合には主に林道や拓かれたルートに適していると思います。通常のMTBでは漕ぎ続けないとダルいセクションもアシストのおかげでスピードに乗せ続けやすいので爽快でした。トレイルをガーッと登ってガーッと下るならフルサス、それ以外はリジッドという感じかも?いずれも、29erの方がいい感じもします。特に前輪はデカイほうが。

こうして走ってみると、完成車をアレンジする際の方向性も見えてきそうです。例えば、タイヤ、ハンドル、フォームやその他パーツアレンジについてです。ドロッパーは必要ですね、やはり。

今回はかなり巨大な倒木を越えないといけなくて、あるいは担ぎおろしもあり、そこでの苦労もしっかり体験しました笑

Eバイクをしっかり楽しむにもコツは必要
ロードでもMTBでも同様でしたが、Eバイクでもしっかり楽しむにはそれに適したルート開拓をするとより深く楽しめそうです。ただ、Eバイクのそれがラクなのは、アシストによって体力と脚力を圧倒的に底上げしますので、走ることが出来るルートオプションが無限にあることでしょう。つまり、時間の許す限り様々なルートを攻め続けることが出来ます。今回のような探索にしても、通常の自転車では探索可能なルートオプションが限られるので、実際には2択くらいになるでしょう。同一地域で八の字を描いたり、網の目を細かく探索するのではなく、A地点からB地点へできるだけ快適に移動するという主旨を捨てきれないのもネガ要素です。

Eバイクは徒歩移動感覚に近い
Eバイクは徒歩移動の目線である地域を探索することができると感じています。しかし、移動速度は坂が急になるほど通常の自転車以上となり、周れる地域も大変広く、多くの探索が可能だろうと思います。

だから、観光課が目をつける
ゆえ、各自治体の観光課のみなさんがEバイクに目をつけることが多くなっています。すでにレンタルEバイクを設置したり、誘致したりしています。これが通常の自転車では無理です。貸すのは出来ますが、走りたいかどうか?というとネガが多すぎる地域もかなりあります。それだけ日本は山だらけ。特に今回のような秘境地域・過疎地域は同じ理由でそうなっているわけで、クルマで来る人を呼べなかったという結果ですからね。
※残念ながら、ロードバイクが増えても観光資源の活用にはほぼ役に立ちませんでした。これは今後も同様でしょう。お互いの住む世界に壁もありますね、ジャージを着ていると入りにくい、馴染めないなど。気持ちわかります。あるいは身軽にしたいからお土産も買わない(買えない)。走り終わるとサッサと帰ってしまう(タイムスケジュールがタイト)など…。私も耳が痛いです笑
実際、レースを開催しても赤字ですし、自治体側がロードバイクへ投資するメリットはかなり薄いと言わざるを得ませんし、それはもう全国へ伝わっています。しまなみはあくまで特例で、あれはあそこだけです。

どんなEバイクが良いのか?
形状も色々出てきているEバイク。クロスバイク型、ミニベロ型、MTB型が主な所でしょうか。観光をする場合に限って言えばミニベロ以外ならOKかと思います。クロスバイク型はやはり舗装路で軽快なので、スポーツ自転車がはじめての方にはこっちですかね。ロードにも乗ってる方なら思い切ってMTB型が良いと思います。走れる場所は拡がりますからね。

MTB型のオススメは「MERIDA eBIG.SEVEN 600」 税別 359,000円

最大70Nmを発生するSHIMANO STEPS E8080を搭載した電動アシストMTB、eBIG.SEVEN。約500Whの大容量リチウムイオンバッテリーBT-E8010により1充電走行距離140kmを実現。MERIDA本社に新設されたE-BIKE専用工場で製造される最新のアルミテクノロジーを駆使したフレームを採用し、マウンテンバイクの常識を覆す走りを実現。

クロスバイクタイプよりも明らかに優れた走破性はレジャーや観光をする際には大活躍します。走れない道はないとも言えますし、走れない登り坂もありません。また通勤でも大変使いやすいだろうと思います。Fサスペンションが不要な方はリジッドに組み替えれば約1キロくらい軽量化も可能ですし、それぞれの用途に合わせたカスタムも可能です。
クロスバイク型のオススメは「MIYATA CRUISE」税別269,000円
シマノSTEPS E8080 に合わせた独自設計の軽量フルアルミフレームとアルミホークで、軽快なライディングポジションを実現したクルーズは、自転車本来の乗る楽しさを体験できるクロスバイクです。 大容量の36V/11.6Ah バッテリーを搭載し、クラス最長の115kmの走行距離を実現しながら重量も18.7kg と軽量に仕上がっており、コミューティングやシティライドのみならず長距離のツーリングでも楽しめる仕様。アシストモードはHIGH/NORMAL/ECO の3 モードで、液晶サイクルコンピューターにより走行距離や走行速度に加え、アシスト力やバッテリー残量などを確認できます。油圧ディスクブレーキを採用し、雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮。 スポーツサイクルとしての基本性能を突き詰めた電動アシストクロスバイクがクルーズです。

Eバイクなら海沿いだけでなく内陸も楽しく走れる

自転車と海
海を眺めなら自転車で走るのは気持ちがいいものです。私も大好きです。しまなみ海道は特別かもしれませんけれど、あそこがモデルになって、あるいは○○いち系ライドなどでは海沿いを走ることがコンテンツ化しています。景色もよく、海そのものの魅力もあり、開放的なライドが楽しめます。

良いところばかりでもない海沿い
そんな気持ちよく走れる海沿いなのですが、自分はルート作成時に避ける場合もあります。海沿いには以下ような場合があるからです。景色を眺めながら走っているのは自転車だけではなく自動車もなので、よそ見をしている自動車も少なくありません。また地理的事情により信号がないか、あるいはその感覚も長いので、交通量が少ない場合も重なってスピードを出して走るケースをよく見かけますし、右へ左へワインディングになる場合にはそれもまた気になります。特に左コーナーはブラインドになるので要注意。右コーナーから左に切り替えるタイミングもです。また、海沿いは確保できる道路幅に制限もあったりしますので、自転車を避けて追い抜きがしにくい場合があります。地域によっては海沿いでもアップダウンを繰り返したりトンネルを通過するケースもあり、意外と走りにくいのが現実だったりもします。ゆえ、自分は海岸線沿いを走る場合には気楽ではいられず、むしろ緊張感を強めますし、よりスピードを上げて自動車との速度差を詰めるようにはしています。景色は気持ちいいんですけどね。

Eバイクには内陸が良い
内陸に入ると急に上りが始まるのも海沿いの特徴でしょう。列島全体が島になっている日本では、関東地方を除いては海岸から平坦な土地が続くことは考えにくく、すぐに山が始まります。特に伊豆のような半島では顕著です。自転車で山を走るのは大変ですから、海岸沿いをできるだけ走りたいと思うわけですが、先程の課題も同時に存在しています。しかし、Eバイクにとって坂を登ることはなんの問題もありません。自動車にとっても上り下りは走りやすいとは言えません。ゆえ、どうしても海岸線沿いをそこを通るようになります。あるいはバイパス化しているケースもあるでしょう。よって内陸の山間部は自動車が少なく、自転車にとっては走りやすいケースが少なくありません。しかし、従来の自転車で走る場合には地獄を見ることになるでしょう…笑

内陸には様々なコンテンツが隠れている
海岸沿いを走ると遠くへ移動するには便利ですが、内陸には様々な名所旧跡、あるいはグルメも隠れているはずです。海沿いは走り抜けてしまいますが、遠くへ遠くへではなく、やや狭い地域をきめ細やかに走り尽くせるEバイクなら、隠れた観光資源をマイニングするチャンスが多く巡ってきそうな気がします。

自転車の特徴とは
自転車はその自由さに特徴があります。走れる場所は自動車より多く、徒歩よりも早く移動することが可能です。免許は不要で、ヘルメットも義務ではありません(もちろん被ったほうが良いです)。つまり、両方の良いところを持っています。しかし、通常の自転車で坂を走る場合には”修行”になってしまい、リラックスできる時間を作るのはなかなか難しいものです。出来たとしても河川敷のような場所だけで、一般道でそれをするのは無理でしょう。これまでは「それが自転車だから」と狭い世界に生きていたわけですから、”合わない人”も出てきました。Eバイクならば、いかなるルートであっても友人や知人と楽しい時間を作ることができ、自転車が持つ根源的な自由さをより多くの人が満喫することが出来るでしょう。

メリダのキッズ用ヘルメット

MERIDAのキッズ用ヘルメット
メリダにもキッズ用ヘルメットがあります。
価格 5400円(税別)
サイズ:50−54センチ
カラー:ブルー

試しに頭のサイズが50センチの娘にかぶせてみたら、そんなに大きくなくてかぶれました。ちなみに身長は95センチです。参考にしてみて下さい。

Eバイクツーリングレポートその2

Eバイクに乗った方の感想です
前回走りに行った南房総Eバイクツーリングに参加頂いた方が、Eバイクやその遊び方についての感想を書いてくださいましたので公開します。文末には別の方の感想も再掲載しておきますので、合わせてイメージを膨らませてみてください。

今回使用したバイクはこちら「MIYATA CRUISE」税別269,000円
シマノSTEPS E8080 に合わせた独自設計の軽量フルアルミフレームとアルミホークで、軽快なライディングポジションを実現したクルーズは、自転車本来の乗る楽しさを体験できるクロスバイクです。 大容量の36V/11.6Ah バッテリーを搭載し、クラス最長の115km*1 の走行距離を実現しながら重量も18.7kg と軽量に仕上がっており、コミューティングやシティライドのみならず長距離のツーリングでも楽しめる仕様。アシストモードはHIGH/NORMAL/ECO の3 モードで、液晶サイクルコンピューターにより走行距離や走行速度に加え、アシスト力やバッテリー残量などを確認できます。油圧ディスクブレーキを採用し、雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮。 スポーツサイクルとしての基本性能を突き詰めた電動アシストクロスバイクがクルーズです。 

以下、本文です

サイクリングはもっと気楽でいいんだ(著者:Mさん)
お誘いいただいた場所は千葉は南房総でした。田舎道を荒れた林道も含め凡そ50㎞ 獲得標高1400mという通常ではハードなコースです。しかし終わってみれば「嗚呼、楽しかったな。いい時間を過ごせたな」でした。

他のスポーツバイクでの気合の入ったサイクリングも追い込んだりと充足感はあるのですが、これは適度な疲労で心地好く短い時間で充実した感覚です。いわゆるアシストによる(楽)がもたらすのが大部分なんですが、体を使って漕いでる感覚を邪魔をしないんですね。これまでに経験した電動自転車(スポーツタイプ含む)ではそのアシストされる制御の違いからか、(体感できる)、(味わえる)感覚が違うものに感じます。自分の脚力や体調、同行した方々にそれ程気を使うことなく!

stop and goがしやすい。通常の電動自転車より自然と言いますか、手伝ってくれてる感覚の提供が優秀なんでしょう。だから、今までより花を愛でたり滝へ続く道へと冒険したり、美味しい物を食べに行ったりが多くなります。

服装や持ち物に関してはもっと気楽でよかったかも?と思いました。今までのサイクリングよりもっと気楽でいいと思います。勿論、必要最低限はありますし場所によりけりですが、e-bikeの場合そのハードルは低いものではないでしょうか?何よりそれは、日常生活から地続きで無理なく存在するように思います。道具の必要性を今までスポーツ車に興味が無かった方々がイメージがしやすいのでは?その道筋はこれまでのスポーツ車には無かったのではないでしょうか?尚且つ、そのアシストの優秀性から気持ちに余裕ができるので運転する上で精神的にも健康でいられると思います。

走り終えることで、望めばもっと広いイメージでこだわりを乗り手自身で作っていける許容範囲がある魅力も感じられました。使えば使うほど見えてくる部分、例えば走りであったりユーティリティな部分であったり、あの確かで滑らかなアシストを体感することによって創造を走りながら掻き立てられたのです。

だから走り終わってからでも楽しさが持続しました。ハードなサイクリングだと何か特殊なモチベーションがない限り暫くはいいかなぁと思ってしまうものですが、それとはまた別の楽しさがあります。おかげさまで帰りの車の中では良い夢見心地でした(ありがとうございます)。

欲を言えば、もっともっと格好良い車体が出てくるといいなぁと思った次第です。

 他のスポーツバイクでの気合の入ったサイクリングも追い込んだりと充足感はあるのですが、これは適度な疲労で心地好く短い時間で充実した感覚です。いわゆるアシストによる(楽)がもたらすのが大部分なんですが、体を使って漕いでる感覚を邪魔をしないんですね。これまでに経験した電動自転車(スポーツタイプ含む)ではそのアシストされる制御の違いからか、(体感できる)、(味わえる)感覚が違うものに感じます。自分の脚力や体調、同行した方々にそれ程気を使うことなく!
  stop and goがしやすい。通常の電動自転車より自然と言いますか、手伝ってくれてる感覚の提供が優秀なんでしょう。だから、今までより花を愛でたり滝へ続く道へと冒険したり、美味しい物を食べに行ったりが多くなります。
  服装や持ち物に関してはもっと気楽でよかったかも?と思いました。今までのサイクリングよりもっと気楽でいいと思います。勿論、必要最低限はありますし場所によりけりですが、e-bikeの場合そのハードルは低いものではないでしょうか?何よりそれは、日常生活から地続きで無理なく存在するように思います。道具の必要性を今までスポーツ車に興味が無かった方々がイメージがしやすいのでは?その道筋はこれまでのスポーツ車には無かったのではないでしょうか?尚且つ、そのアシストの優秀性から気持ちに余裕ができるので運転する上で精神的にも健康でいられると思います。
 走り終えることで、望めばもっと広いイメージでこだわりを乗り手自身で作っていける許容範囲がある魅力も感じられました。使えば使うほど見えてくる部分、例えば走りであったりユーティリティな部分であったり、あの確かで滑らかなアシストを体感することによって創造を走りながら掻き立てられたのです。
 だから走り終わってからでも楽しさが持続しました。ハードなサイクリングだと何か特殊なモチベーションがない限り暫くはいいかなぁと思ってしまうものですが、それとはまた別の楽しさがあります。おかげさまで帰りの車の中では良い夢見心地でした(ありがとうございます)。
 欲を言えば、もっともっと格好良い車体が出てくるといいなぁと思った次第です。


Eサイクリングを初体験(著者:Oさん)
マティーノ店長朝倉さんからお誘いがあり、行ってきました。
場所は千葉県南房総。お店に7時集合してスタート地点に移動し、9時スタート。千葉は近いですね。

事前にルートは渡されていましたが、距離の割に獲得標高があるルート。普段なら参加するのを躊躇うレベルですが、それは杞憂に終わりました。

試乗車はMIYATA CRUISE。クロスバイクタイプのe-bike。朝倉さん含め参加者3名全員CRUISE。

e-bikeの乗る前の印象は、以前に保育園通園用に電動自転車を購入を検討する機会があり、Panasonicの電動自転車を試乗した経験があるのですが、乗り始めのパワーにびっくりした記憶がありましたので、今回も走り始めはそんな感じなのかなと思っていました。

そんな印象を思い出しながら、スタート地点で軽く漕いでみます。モードはECOモード。ガツンという感じはなくて、フワッという感じ。自然なかかり方でした。操作自体もシンプルで分かりやすかったです。設定自体はHARD、NORMAL、ECO、OFFモードが選択できます。

今回はGPSサイコンなどは持たず、スマホにルートと入れてその都度確認していくツーリングのスタイル。なので最初のうちはルートをミスすることが多かったのですが、切返しの際もアシストが効いてふらつくことがありませんでした。信号待ち後のスタートもスムーズで安心。都内での移動で一番嫌なのが信号待ちの後なので、久々のツーリングだったのですが、心理的に楽になりました。

最初のうちはECOモードで頑張っていましたが、だんだん奥地に入り斜度が出るようになったら、NORMALに。激坂になるとHARDと調整しながら走りました。HARDモードになるとガツンとかかります。激坂で話しながら、時速10km以上をキープできるというのは新鮮な経験です。心拍もそこまで上がっていません。でも汗は適度に掻くので、運動していないわけではないです。

ヨーロッパでは認知されているe-bikeですが日本であまり認知されていないのは、電動自転車=普段の足=運動ではない、のイメージが強いからではないでしょうか。実際、3時間弱のライドで50km弱走って、950キロカロリーの消費になりました。獲得標高は1400m弱でした(笑)e-bikeでなければもっと時間もかかっていたのは間違いありません、

モードを切り替えながらライドしていましたが、最終的にバッテリーの半分弱は残っていました。CRUISEは100km持つバッテリのものでしたが、用途によっては距離は伸びるのではと思います。普通(その定義が難しいですが)の1日のツーリングなら問題なく使えると思います。

バッテリーですが、汎用性があるといいですね。USB3.1とかで急速充電できるとか。移動先で充電できると数日のツーリングとかもできそうですね。また専用のサイコンではなく、GPSサイコンも使えるとかになれば。

自宅からお店まで自走で行ったのですが、疲れが残る帰りはCRUISEで帰りたかったです(笑)自走とイベントでTSS250近く稼いだので、月曜日は疲れが出るかなと思っていましたが、ほとんど疲れがなくてこれもまた驚きでした。社会人だと特に疲れを翌日に引きずらないことは良いことだと思います。

イベントなどに誘われる際、いつも気にするのは参加者の脚力差です。あまりに差が大きいことが多く、他の参加者に対して常に申し訳ない気持ちになります。そのギャップを埋めるべく日々トレーニングをしていますがそんな簡単には埋まるわけもなく悶々としています。

実際e-bikeに乗ってみて感じたのは、そのギャップを埋めてくれる新しい自転車だということです。今回は男性3人(間違いなく自分が一番脚力がありませんでした)でしたが、男女混成のツーリングでもギャップを埋めてくれ、参加者の心理的ハードルを下げてくれることは間違いありません。

今回のツーリングでe-bikeの印象はがらりと変わりました。もし、e-bike1台買うとしたら、太めのタイヤに交換して荷物は身体に背負わずバイクに装着し、いろんなところをぶらぶらしたいですね。それ以上の交換はあまり必要ないかもしれません。これが例えばロードだと、コンポやホイールなどのアップグレードすることが一つの楽しみだと思いますが、お金の際限がないですよね。ロードだと気になる他人の目は気にならないかな…。

またe-bikeだと他のスポーツバイク(特にロードバイク)では得られない時間の余裕ができます。気負いなく、乗れるのは楽。とりあえず、目的地だけ決めてスタートして寄り道しながらのツーリングもいいと思います。汗も掻きにくい、漕ぎ出し時の安定感などから通勤の足としても使えるでしょう。一台で何役にでもなれる可能性がe-bikeにはあるのだはないでしょうか? 会社の規定がなければぜひe-bikeで通勤したいです。

最後に、お誘いいただいた朝倉さんありがとうございました。


「GW中はレンタルEバイクキャンペーン!」

「GW中はレンタルEバイクキャンペーン!」
朝から借りて乗ってみたいということでご夫婦で出発されました。あ二人ともトライアスリートなカップルですが、ひと漕ぎ目から「すごいすごい!」の連発です(笑)
楽しんできて下さいね!

Eバイクのメリット
・体力をカバーする(坂で速いロードの人が全力で走るのと同じくらい)
・坂道や向かい風が全く苦ではなくなる
・他の人と走っても坂で遅れない
・航続距離は一般的な電動アシストママチャリ・ルック車の3〜4倍(100-140km)
・汗だくにならない(通勤にも最適)
・体力に際限がなくなるので走るルートの選択肢が増す
・バッグで荷物を積載しても体力を削らない
・走り出しと再加速が軽く、体力を保持できるので安全に走れる
・ディスクブレーキ装備で安心

明日以降も貸し出し可能です
ちょい乗りから、がっつりまで、乗ってみたい方はご連絡下さい。
■ 通勤経路をいつものクロスバイクではなくEバイクで走ってみたい
■ 体力に自信がないから興味があるので乗ってみたい
■ 坂が多い地域に住んでいるので興味がある
などなど、様々な用途にEバイクは適しています。

メリダ パートナーショップ ミーティング 2020

メリダ パートナーショップ ミーティング 2020
24日にメリダXベースへ行き、メリダ パートナーショップ ミーティング 2020に参加してきました。全国からメリダブランドを日本で伝えるためのキーマンが集まり、2020モデルのプレビューや来年以降の戦略、あるいは日本国内の現状解析や今後についても大変充実した議論が行われました。

メリダXベース
2018年9月にオープンしました、世界最大級のメリダ展示体験スペース「メリダXベース」。伊豆半島がサイクリングをするのに最適な土地であり、地理的事情を鑑みると日本で最強なのでは?ということで、その中心”へそ”に設置されたメリダのメリダによるメリダのための施設です。

ぶっちゃけ、ミヤタサイクルにも我々にもベースの重みは”頑張らないと!”という大きさで重さでもありますが、今回のこの施設こそがメリダを日本にもっと伝えたい!という大きなポテンシャルです。

Eバイクツーリング、スクーリング、メンテナンス講習などの様々な企画を行っています。ぜひ、伊豆に旅行に行く感覚でちょっと立ち寄ってみて下さい。

2020モデルのプレビュー
これから2019年モデルの最盛期にかかりますが、我々は翌年2020年についてのミーティングを行いました。来期の全ラインアップ、方向性、詳細な状況などについて集中して時間を設け、より良い製品になるように検討を重ねました。

具体的にはサイズまたはその特徴、カラー展開、パーツ構成などに及びます。本当に細かいところまでに関して、皆さんから頂いたフィードバックを伝えましたので、今後も皆さんそれぞれの希望や願いなどについてフィードバックを頂ければ幸いです。

今後ともメリダをよろしくお願いいたします。

Eバイクの魅力を伝えること
Eバイクは以下の点について不足しています
・魅力がどこにあるのか伝わっていない
・どんな使い方・遊び方をするのか
・どういう状況なのか
・何に使うと楽しいのか
・どういうものなのか
・またそれらを伝える人が足りない
そんな状況です。

ゆえ、「Eバイクの魅力」が伝わっていません。その状況でEバイクについての意見も散見しますが、概ね”偏見”による場合が多く、実際に良さを体感・体験した方の声ではありません。

むしろ、Eバイクを体験した方の意見は通じて
■ 自転車にもっと乗るようになった
■ これまでより楽しくのれるようになった
■ 多くの人と笑顔を共有できた
など大変ポジティブな意見が多くなっています。

GW期間中は連日Eバイク試乗会を開催しておりますので、ぜひまずはどんなものか乗ってみて下さい。

伊豆の魅力を伝えること
伊豆は半島の中でも非常に島らしい地形を持ち、むしろサイクリングには向いていないのではないか?というほど急峻な坂が多くあります。東西南北どちらに走っても山、そんな感じです。むしろそれはEバイクにとって最適な土地だと言えます。クルマでは通行が難しい場所や自転車で行くと楽しい場所があれば、その途中にどんな急な坂があろうとも、Eバイクなら行くことが出来ます。ゆえ、伊豆半島とEバイクの相性は抜群です。
東京から伊豆を見るとき、高級なリゾートのようなイメージを持っていたものですが、まさか車以外で移動しようとは思いません。ゆえ、車が止められる箇所以外の場所が知られるチャンスは多くありません。Eバイクにより伊豆半島の魅力はより広く、多く、深く、細かく伝えることが出来るでしょう。