Category Archives: 日記?つぶやき?

Q36.5 サマーグローブL1

すごいグローブが発売されています。

とにかく蒸れません。

「通気性と速乾性に優れ、ライディングポジションを取ったときの手の形に合わせて裁断され、着用時のストレスを感じない」と、どのメーカーでも書くのでしょうけれど、本当に納得したことがあるかどうか…です。

カタログ通りの文句に疑問符を感じるウェアは多くあります。

ベースレイヤーL1を体感して頂くと、「このグローブもスゴイのだろうなぁ…」と容易に想像出来ます。”きっかけは◯◯◯◯◯”という古いキャッチがありましたけど、Q36.5の凄さを感じて頂く入り口は沢山あります。

Q36.5 サマーブローブL1
6500円(税別)

Q36.5 ドトーレ スキンスーツ

今期、Q36.5の中で個人的にイチオシはこのスキンスーツです。

ドトーレスキンスーツはドトーレビブショーツとL1ジャージを合体させたものですが、単に縫い合わせただけではありません。最新世代のエッセンシャル・エルゴジェニックサイクリングウェアです。

重量はわずかに229グラム!しかなく、これは他社のハイエンドビブショーツとほぼ同じ重量です。

実際に今朝はこれを着て走ったのですが、あまりにも動きやすく、皮膚に対して攻撃的なタッチを一切感じることがないばかりか、足を動かし続けるペダリング動作に対して完璧に追従しました。

これらは決して大げさではなく、着用して頂ければ気がついて頂けるものでしょう。

ドトーレ スキンスーツ
38800円(税別)

サイズ:S、M (Sの場合、下がSで上がXSに相当します)
※入荷量が少ないのでお急ぎ下さい

ビフォアアフター

オーバーホール時にガラスコーティングを承ることが多いのですが、今回はポリッシュも同時にオーダー頂きました。

ガラスコーティングの効果を最大限まで出すことができますので、ご予算が許す場合にはおすすめです。ポリッシュ工賃は10800円(税込)〜です。

下の写真を見て頂くと分かるのですが、細かな傷が消え、鏡面のように仕上がっているのできらめきが違うと思います。

オーナーさんが大事にしているバイクは大事に整備します。

[Before]


[After]

Q36.5 L1ベースレイヤー N/S

今回はただ一言
「参りました」
としか言えません。

今日は暑かったですよね。汗もかきましたよね。私は今朝の朝練でTSS100(自分なりの全力走行を1時間が100です)の周回を2度もやったのですから。

暑さを感じたとは言え、途中ライドの合間には汗で冷えるような感覚が合っても良いはずですね、日陰とかで。

これが全然ないのです…

店に帰ってきてアンダーを脱ぐと…

サラッとしてる…

「なんじゃこりゃー、すげー!」

ポリプロピレンアンダーもいくつか使ってきたのですが、完全に汗を吸わないがゆえ、ジャージで吸収しきれない汗が残っていたりするもんなんですけど、ん?なぜ?サラッとしているのか…

そもそも着た感じはフィットしているのですが、正に適切なフィットなのできつくなく、ナイロン独特の肌への当たり感も無く、かゆみ等もない…

アームホールがないので、腕と肩関節の動かしやすさが凄まじい…次元が違いますよ…

繰り返しになりますけど。
「参りました、Q36.5」

峠ライドに最高。

Q36.5がなんかスゴイらしい…ということを体感して頂くにはこのアンダーが一番ですね。

Q36.5 ベースレイヤーN/S | サイクルショップ マティーノ ウェブストア

https://mattino.theshop.jp/items/6071593

前から見た様子

後ろ側です。何の変哲もない様に見えて…

ハニカム状の部分は特殊なメッシュになっています。

部分ごとにメッシュの大きさは細かに変えています

実は同じ形状ですごく細かいメッシュになっています…

その周りの部分は?(亀の甲羅の外周部分です)

実はここも超緻密なメッシュ…

切りっぱなしですけどほつれません。腕の動きを一切妨げません…

今朝は周回練習でした

今朝は周回練習をしてきました。

初めて参加する方と一緒に走りました。初めての時って、どの程度の走力が有るだろう?と予測しつつも、実際に走ってみないと分からないので段々と速度を上げていくのですが、今朝のKさんは全然切れない(笑)

後ろにつく付き方も上手なのでしょうね。間を空けずに来てくれるので、普通に走れちゃいました。むしろ、全引きしたお陰でこちらが切れそうに…(笑)

その後、クオーレさんのところの練習にも混ぜて頂き、追加で周回したので、全部で20周をこなしました。店の引っ越しやその他色々なことがあり、前々回のライドまで10日、そこから3日空いてしまったので感覚が戻りません。14日からは連日乗れてますけど、まだ回す感覚が薄いですねぇ。

パワーの持続性は維持しているのですが、大パワーへの立ち上がりを急激に行うと無駄が多い状態なので繰り返せませんし、立ち上がりも鈍い感じです。その辺はフォームスプリントからやり直しかな。

使えるシチュエーションがあるのだろうか…

お知らせを見た時には”面白い”とは思ったものの、果たして…という感じだったわけですが、全然ダメみたいですね(笑)

さっそく人柱になっていただいた方がいて有り難い!

もし用途が有るとすれば、TTバイクやクランクが対応していないケースなどに限って試してみるのはありかなと当初から思っていたのですが、それすら役に立つかどうか…というレベルのようです。

固定ローラーで使えないとなると、1台目のパワーメーターには全く無用ですね。

そもそも、空気抵抗低減にまで踏み込んでいる今のロードにおいて、スマホをハンドルバーにマウントすること自体がやりたくたいです(笑)

専用コンピュータがリリースされると言うんですけど、それも便利なのかどうか…

初期の段階であれば分かるんですけど、もはやパワーメーター市場は成熟から円熟へと突入しているわけで、変なリスクは取らないほうが良さそうです。

当店ではQ36.5を試着できます

Q36.5というサイクルウェアブランドをご存知でしょうか。

北イタリアのボルツァーノで2013年に生まれたサイクルウェアブランドです。もとはASSOSでプロダクトマネージャーを努めていたルイージ・ベルガモが立ち上げたQ36.5はジョルジオ・アルマーニ、山本耀司、川久保玲、マッシモ・オスティなどのファッションとスポーツウェアを高次元で融合させて革命を起こしたデザイナーたちと同じようにあり、身体に対してユニークに、そして究極的にフィットするウェアを作り出すことを目的にしています。

サイクリングウェアを単なるファッションとしてではなく、先に上げたデザイナーたちのようにして、そのスポーツが持つ運動的特徴を解析し、Vision、Research、Design、Inovationにより製品を生み出します。

Q36.5の「Q」はイタリア語のQuaerereからとっており、英語ではResearchの意味です。「36.5」は人間が運動をする際に最も適した体温を指しています。

イタリアのエリートテキスタイルパートナーとの関係により、ウェアの中のそれぞれのパネルは機能的に最適な生地をオリジナルで使用し、大変にエルゴジェニックです。他社のマネ、追従は一つもありません。

そして、最も軽量でもあります。Q36.5の製品は驚くほど軽量です。ビブショーツ ドトーレはわずか160gしかありませんが、その原型となったビブショーツL1は世界で最も軽量であるばかりではなく、織布で出来たビブショーツにおいて最も高い耐久性を誇ります。

各々の製品の特徴は今後掘り下げていきます。

当店では試着室を用意していますので、Q36.5の凄さを体感して、購入いただけます。

Q36.5はマティーノウェブストアでも販売しています。

Q36.5 ビブショーツ ドトーレ
https://mattino.theshop.jp/items/6071119

Q36.5 S/S ジャージ L1
https://mattino.theshop.jp/items/6071469

Q36.5 S/Sジャージ ヴァカボイア
https://mattino.theshop.jp/items/6071276

Q36.5 S/S VCボルツァーノ ジャージ
https://mattino.theshop.jp/items/6071431

Q36.5 ベースレイヤーN/S
https://mattino.theshop.jp/items/6071593

Q36.5 サマーグローブL1
https://mattino.theshop.jp/items/6071764 #BASEec @csmattinoさんから

Q36.5 コンプレッションQソックス
https://mattino.theshop.jp/items/6071929

Q36.5 2017春夏モデルが入荷しました

当店ではこの春から本格的にQ36.5サイクリングウェアの取扱を開始しました。

早速、2017春夏モデルが入荷しましたので、ちょいちょいお見せしていきます。

ルイージ・ベルガモがQ36.5を立ち上げたのは2013年の夏。

彼が意識しているのはGiorgio Armani、Yohji Yamamoto、Rei Kawakubo、Massimo Ostiなど、あらゆるファッションとスポーツウェアのデザイナー。

Q36.5はユニークなフィット感が特徴です。このユニークなフィット感は、ライダーが感じたことがないものですが、すぐに馴染みます。これは、Q36.5のウェアを最初に着用したときに見られるブランドの目に見えない署名です。

店頭ではすぐにご案内・試着も可能です。お気軽にお立ち寄り下さい。
試着室も準備してあります。当店ほどの規模で、かつQ36.5が試着できる店舗は極めて稀だと思います。ご試着だけでもどうぞ。

※ウェブショップでも購入できるように準備を進めておりますので、もう少々お待ちください。

KABUTO AERO R-1の先行予約分が入荷しました

KABUTO AERO R-1の先行予約分が入荷しました。

早速私も被って使ってみたのです。

それほど暑いという気温ではなかったですが、むしろやや冷えた空気が頭皮に抜けるのを感じました。これは涼しいですね、夏でもイケそうですよ。

空気抵抗の低減を感じることはありませんでしたけど、軽いし、カッコイイし、日本人にかぶりやすいし、2万円以下で安いし、悪い所が見つかりませんね。

追加のご注文・試着も可能です。
お待ちしております。

4/14(金)腰痛に悩む方へのイベントです

タイトル「腰痛に悩む方のペダリング改良方法」

日程:4/14(金)
時間:18時半〜20時
費用:1000円(当店のお客様は無料)

内容:自転車が進む仕組み、ペダリングの基本、レバーの握り方、クリートの位置やサドル高について、ケイデンスの設定、身体と道具の関係性
※自転車は合ってもなくても構いません。あればよりリアリティのある修正を行うことは出来ると思います。

腰が痛くなる仕組みはどのようなものなのでしょうか。それが理解できると、腰痛解消を目指すことが出来ると思います。

痛くなるパターンも様々ありますので、それぞれの方のケースに合わせてレクチャーを行います。