みんな思い出してほしい笑

この記事は約 6 分で読めます

上がる〜上が〜るよ値段は上がる〜♫

どうせぼくが言うことなんて誰も聞いてないんだけれど、メリダの2022年モデル価格が出た時「高い」なんて言われたのに対して、数ヶ月すればこの価格が相対的に下に位置するようになるって言ったわけですし、この1-2年を考えれば今の価格で予約したほうが良いと思うんですよね。

「ふざけている」と加害性を問われそうですが

”値上げは仕方ない”なんていうと「買えない人はどうするんだ」なんて言われそうなんですが、まあ仕方ないとするしかないじゃないですか…。なんでも、誰でもというわけにいかないじゃないですか、サービスなので。もちろん、”自転車”という広い概念においては、人々が安価に自在に移動できるべきということにはもちろん賛成するものの、”同じもの”を買うのに価格が上がるのは仕方がなく、それは別のことだと思います。これは誰のせいでも、ウイルスのせいでもなくても、いずれは上がるものでもありますし、上がっているのは自転車だけではないので、自転車だけそこから逃れることはできないですよね。

コストに合わせてパーツのグレードを変えるとか、あるいは自転車の中で別のジャンルを選ぶとか、できることはありますし、そうするしかないでしょう。私もそうしようと考えてます。

例えば、比べてみましょう。

GIANTとMERIDAは同胞でありライバルでもありますが、値上がり後のGIANTと比べるとこうなります。MERIDAの2022モデルも値上げを行わないとは言えないと思うので(現時点では何も知りませんよ)、今のうちの予約をオススメします。

何度も何度もぼくはこの場でもSNSでも、2020年の夏頃から「今買え〜今買え〜」と言ってるわけです笑。その場では「お金はない」と思っても、すでにそこから2年経つわけですし、まして新しいSCULTURAの納期は年末予定なのですから、今から10ヶ月後ですよ???

MERIDA SCULTURA 4000 308,000円
GIANT TCR ADVANCED 2 DISC KOM 352,000円


MERIDA SCULTURA 5000 352,000円
GIANT TCR ADVANCED 1 DISC KOM 407,000円


さらに

MERIDA SCULTURA 8000 698,500円
GIANT TCR ADVANCED PRO 1 DISC ULTEGRA 616,000円
GIANT TCR ADVANCED PRO 0 DISC ULTEGRA DI2 803,000円


SCULTURA 8000は8200 Di2なわけです。ホイールはカーボンにしないことでスタートアップの価格は下げることができました。カーボンホイールは誰もが必要なものではありませんからね。TCRの場合、それよりちょっと安いPRO1だと機械式なので、8000なんですね。11速なんです。しかし、PRO 0だと80万オーバー。これはSCULTURA 8000が相対的に安く見えてきませんか?

なお、あくまで主観ですが、今回の新しいSCULTURA CF3はTCR ADVANCED PROと同等クラスだと考えるべきかと思います。となると、4000や5000が更にやばい価格に見えてきませんか?

だから、これと同じつくりによって2021年もREACTOも「これはこの価格で買えるのはおかしい」と欧州で話題になったわけです。

パーツではなくフレームで選ぶ

私はかつてメリダのエンジニアから「ユーザーはバイクをパーツや重量で選ぶ場合が多い。フレームで選ぶべきだ。」とそのジレンマについて聞いたわけですが、そのジレンマからの回答が2021年のREACTOであり、2022年のSCULTURAであることは、以前にも述べた通りです。

シマノが値上げを行うことに関しては、いい気持ちがしないのは確かです。また、自転車に限らずだと思います。しかしながら、その値上げの是非については今時点では言えないと思います。未来から振り返ってどういう効果があったのかという説明はできるでしょうし、そうとしか言えないと思っています。現時点で断罪できるほどのことはないと思います。みんなが「私のシマノ」だと思う形に差はあるでしょうしね。

自転車に関してだけではなくて、コロナ明けからの急激な値上げは十分想定内ですし、僕は2年前から言ってたので、だから「今買おう!」と叫んできたわけです笑。11速だとか12速だとかそういう問題ではないですよ、と。近しい人は信じてくれてましたし、伝えてよかったと思ってます。

Eバイクへの投資も有効性が高い

その点からもEバイクへの投資も大変に有効だと思います。

「新しい自転車の世界を楽しむことができます」と言ってきましたし、今も同じことを言ってます。特に中高年に入ったら、高コストを払って練習に励む意欲は以前より発揮できなくなる人が増えるでしょう、と。そこでの40万円は妥当性と合理性があると思います。

軽量化とか、通販で買ったホイールを持ち込む場所問題とか笑、体力の維持とか、ややこしい問題はある程度忘れて自転車を漕いで景色を楽しむことに集中できるのだから、私にとってはなくてはならないものです。悪いこと言わないので、早く試した方がいいと思います。

まずはお店で私に相談して下さい。

1件のコメント

コメントは受け付けていません。