新型SCULTURAはこうなる!

想像の中で組み立てる楽しさ

さて、新しいSCULTURAがデビューすることが発表されました。
その新しいバイクを想像し、分析し、どういうものかを考えてみましょう。

フレームはCF5とCF3の2種類

フレームはチーム仕様のCF5と、ミドルグレードとなるCF3の2種類。これまでSCULTURAのミドルグレードはCF2をいうカーボングレードだったので、1つ上がったことになります。これはREACTO4のデビューと同じロジックで、以前から十分に予測されたことです。この意味はREACTOがそうであったように、SCULTURA CF3はCF2よりもレーシーに、よりアグレッシブに変化しているだろうと思います。

ジオメトリは1種類

自動的にジオメトリはCF5とCF3で共通となるでしょう。今のSCULTURA CF4よりも短いヘッドチューブになり、しっかりしたレーシングジオメトリのバイクを4000グレードから市販してしまうということは、これはなかなか衝撃的だと思います。税込30万円ちょいで、ジオメトリだけではなくしっかりレーシーなオールラウンダーに105を搭載したものが買えてしまうのは、なかなかです。

SCULTURAはどんなバイクなのか?

フレーム形状を鑑みるに、スローピングが緩くなるのでSCULTURAの振りの軽さが少々マイルドになり、TARMAC的な振りの軽さ、レスポンス、中速以降の伸びをバランスさせたものになるだろうと思うので、これまでクライミングバイク的なイメージよりも、よりオールラウンダーとしての総合力を高めてくるだろうと思います。

REACTOとの対比

となると、REACTOとどう違うのかが気になるわけです。両者が近くなると、何れかの存在意義が目減りするのではなく、共に守備範囲を広げ、共にオールラウンダーとなり、つまり違いは”ペダリングの質の違い”になってくるのではないかと思います。純粋にケイデンスの違いとか、ペダリングトルクの違いとか、そういう部分になるなら、その使い分けは面白いかも知れないし、2機種ある意味合いが他社に対してアドヴァンテージになるだろうと思います。REACTOも3から4になり、やや出力持続時間が短縮された印象があり、それらとSCULTURA ENDURANCEとの役割分担がはっきりしてきました。

TEAMから4000に至るラインナップ構成

当然ながら、チーム仕様のSCULTURA TEAMから、4000に至るまで幅広くラインナップするでしょう。TEAMは12Sのデュラエース、次に12SのアルテグラDi2があり、11Sの機会式アルテグラと105が続きます。チームカラーはTEAMと4000にラインナップされるのではないでしょうか。となると、やはりSCULTURA 4000は狙い目ですし、早めの予約をオススメします。

SCULTURA ENDURANCEとの使い分け

2022年のポイントはここだと思います。もはやこれに乗る際には45歳になる私にとって、今乗っているREACTO 4000はなかなか厳しく感じています。REACTOもSCULTURAもレーシングバイクです。レーシングバイクは楽に走るバイクではなく、速く走るためのバイクです。そのために乗り手のフィジカルを削ることも厭わない。もちろん、”できるだけ楽に速く”は自転車を作る際の命題ですが、SCULTURAとSCULTURA ENDURANCEを相対比較した場合、ファーストプライオリティを”ラクに長時間”にしているのは後者です。

ただ、乗った感じとしてどちらを楽に感じるかは、人によって違うと思います。ペダルを軽く回したい人はSCULTURA、もう少ししっとり踏み回す感じで掛かる感じが気持ちいいと思う人はSCULTURA ENDURANCEが良いでしょう。MTBで舗装路と走るのが楽しい感じは、SCULTURA ENDURANCEのそれに似ていると思います。その特性は、グラベルで活きますね。ホイールベースの長いSCULTURA ENDURANCEは、下りで圧倒的な安定感を発揮しますし、平地でも直進安定性の良さから、乗っている人に余裕が出ると思います。ロングドライブをする際、安定感のあるクルマに乗ったほうが、高速道路を走っても山を走っても気持ちにも体力にも余裕が出てくるでしょう。

SCULTURAは良くも悪くもレースバイクです。その上での軽さ、俊敏さ、安定感、伸びなどあらゆる点を今の世代より一歩前へ進めた新型バイクは、とても素晴らしいものになるでしょう。

これは偶然のタイミングかもしれませんが、コロナ禍で新型を投入できないメーカーが多くなり、来年もそれが続くかも知れない状況下で、今出る新しいバイクは注目すべき存在であることは明確だと思います。

予約受付中です

すでに新型SCULTURAシリーズへの予約を受付しています。

納期はまだ先になりますが、2度目の納品時期は2023年以降になると思います。待ち時間が発生することは残念ですが、それが解消されるまでには2024年まで待たねばならないでしょう。2021年モデルを早めに手に入れた方が実感した感想の通りで、「早めに動いて正解だった」という結果が起こると思います。特にメリダパートナーショップでご予約を頂くことが、確実に最短で手に入れるための方法であることは重ね重ね案内を差し上げます。