「MASSA T2X01シリーズ」を試して欲しい

このタイヤは良い

「このタイヤは良い」という修飾があっても、それはフェイクであることが多いわけです。それはすべてがそうなのではなく、使う人の感覚や立場によって評価は変わるからですし、それ以上に”使っている人が多い”という事でしかなかったりします。

自転車業界では”タイヤは水物”とも言われます。それを唯一突破できる評価指標は”シェア”です笑。もちろん、主体的な評価基準においてこれは良いということはできますが、実際に販売されているものから見れば、やはり”みんなが良いと言っているものを良いという”程度に落ち着くことが多くなるはずです。

このタイヤ「MASSA T2X01シリーズ」について

ではこのタイヤはどうなのか。

シェアは低いですね笑。このタイヤを販売している店舗がどのくらいあるのでしょう?都内でも数えるほどなんじゃないかと思います。また、このタイヤを知らない人も少なくないと思います。MASSA人とは三船雅彦さんのことで、三船さんが開発したタイヤです。

このタイヤを良いと思う人は多くないということですが、だからと言って、このタイヤはいいタイヤではないということではないはずです。

それではどんな人からの評価が高いのかというと…
 ■ 広めでできるだけ均一な接地感が欲しい
 ■ 転がり抵抗を下げると同時に、自然なグリップ感が欲しい
 ■ 適度なソリッド感が欲しい
 ■ パンクしにくいタイヤが欲しい
 ■ ちょっと前のレースタイヤっぽい感じが良い
 ■ パナレーサーのタイヤが好きではない笑
という感じです。

私はパナのタイヤがあまり好きではないのですが、このタイヤはパナっぽくありません笑。ベースがパナのタイプDとは思えないほどしなやかで、それらしくパンクに強く、劣化にも比較的強いので長く使えます。この単価としては破格の性能です。草レースなら使えますし、未知なる道を走る際にも安心してパートナーとなってくれるでしょう。

ブルベ、ロングライド、あるいは軽めのグラベル系、練習用になど、用途は広く利用可能です。

MASSA
T2601/T2801
5,500円(税込)