3種類に増えたファイントラックのドライレイヤー

ファイントラックを着ておけば間違いはありません

ウェアには色々なメーカーがあり、高いものから安いものまであります。ファイントラックの良さは安定していることです。都内に直営店舗も2軒あり、アンダーウェアからアウターウェアやアクセサリまで何でも揃っています。また、”遊んでいる人が作っている”ということも忘れてはなりません。やはり、ブロガーに開発企画依頼したり、どこかしことコラボしてブランドで売ろうとしたり、海外からかっこいいからと街着メインで拡散させようとするものとは一線を画します。

まさに実力派

肌をドライに保つ

ファイントラックのドライレイヤーは優れた耐久性を備え、水分を肌から離します。

水を弾いて汗冷えしない

肌に直接着用することで、汗冷えを防ぎ、体力消耗や低体温症などのリスクを低下させますし、着用感はサラッとしていた快適です。

3種類に増えてシーズン問わず活用できるドライレイヤー

これまで一種類だったドライレイヤーは
 ドライレイヤークール 5,390円
 ドライレイヤーベーシック 4,070円
 ドライレイヤーウォーム 4,800円
の3種類となりました。

クールは生地が薄くサラッとしており、ウォームはニット織りになっており、レイヤリング時の静電位の発生も抑える制電糸を採用。

左からクール、ベーシック、ウォーム

匂いを抑える抗菌防臭機能

抗菌防臭加工により、速乾ウェアにありがちなイヤな匂いの発生を抑え、長時間・複数日にわたる着用をする際にも快適性を維持します。