オーバーホールは随時受け付けしております

作業が完了しました

数年バラしていないバイクだったのですが、1週間でお戻しすることができました。しかし、左STIレバー内部が錆びていて正常に動作しなくなっていました。しかしながら、とりあえずはそのままということでお戻ししています。

作業を承る際にはおおよそ掛かるだろうと思われる金額を、目視で判断できる範囲でお伝えします。その上で、作業中に発生する追加作業とその際のコストについてもお伝えします。それらにご納得頂いた上で承ります。

オーバーホールという言葉が通称になっていますが、実際には”ドックに入れる”ということです。人間もドックに入れた結果見つかった診断によって、より詳しい検査や治療が必要になったり、手術が必要になるケースがあるでしょう。自転車でもそれと同じです。普段の健康管理が正しかったのかどうか、普段の運用に無理がなかったのかどうか、それが分かるのがドック入りです。

ゆえ、オールインワンで決まった金額に仕上がるということはありません。ただ、費用に上限はあるでしょうから、それとのバランスや、今後の運用あるいは買い替えについても合わせて相談しています。例えばディスクロード、例えばEバイクへの買い替えについてです。


オーバーホールは常時受け付けしています
■ どのようなメーカーのバイクでも
■ どこで購入したバイクでも
承ります。

わざわざ言うことでもないんですが、今は持ち込み禁止云々が話題になって以降なので、わざわざ言うわけです笑

■ リムブレーキでも、ディスクブレーキでも承ります
ディスクブレーキはメンテナンスフリーではありません。定期的なオイル交換、パッドやローターの清掃や交換が必要です。

■ 納期は7−10日間
何もなければ数日で返却できるので週末にお持ち込みいただければ、次の週末にはお渡しできると思います。

基本工賃が33000円です。納期は7−10日ほどです。
※当店購入の場合、27500円

基本工賃の中で目的に応じて必要なことを埋めていきます。修理が必要な場合で基本工賃で不足がある場合にはその工賃が追加になります。

部品代は別途必要です。

購入店舗、ルートは問いません。代金をお支払い頂ければ承ります。


メンテナンスについてはこちら
http://www.biciclettadimattino.com/maintenance.html