MERIDA ePASSPORT CC 400 EQの納期について

納期が定まって来ました

ご予約やご期待いただいている方に関しましては、落胆のお気持ちを察するところですし、私自身も残念で申し訳ない気持ちなのですが、毎日TVで見るニュース同様に、気にして努力したところでなるようにしかならない…そんな気持ちもあります。この車種に限らず、今の自転車の納期はとにかく時間がかかります。

ePASSPORT CC 400 EQは4月中旬から5月中旬の納期でほぼ確定してきました。

最善の方法は唯一つ「いますぐオーダーをしていただくこと」です。

納期が遠い場合、その落胆とともに、注文を控えてしまうことは理解します。欲しくなった気持ちが叶わないとわかれば、ガッカリしますよね。現在、2021年モデルの納期は最長で9月くらいまで予定されています。これは通常では考えられないことです。メリダではおおよそ、6月くらいが最長ですが、概ね4-5月までに入荷は終わります。それが半年延びています。

つまり、我々パートナーショップには夏頃に、一般のグローバルディーラーさんには秋頃に発表される2022年モデルの納期は、そのまま半年ほど遅れることが考えうるということです。これは全モデルにまで及ぶのか、一部になるのか、その時になってみるまでわかりません。なおかつ、供給量と供給の安定性がどこまで戻っているかを加味すると、来年の夏くらいまでまともに納期が出ないことは予想しうるわけです。

つまり、今オーダーした自転車が6-7月、あるいは9月納期だとしても、入手したい場合にはオーダーすべきで、欲しいけれどオーダーしない場合、来年の夏を過ぎてもまだ、すぐに買えるようになっていないだろうと予測できますから、最善の方法は今すぐにオーダーすべきだと結論付けられます。無論、今乗っている自転車がまだまだ元気で、買う気がない方ならそのまま見ないふりをすれば良いのですが、必要に迫られている場合には今すぐオーダーすべきということですね。納期はまだ先なので、そこまでに金策をする時間はあります。

メリダの生産能力はとても高い

なお、メリダの生産能力は大変高く、安定性やラインコントロール能力に関しては、世界一だと思われます。最近起きたことでは、年内納期だったものが年末になり、年明け3月になり、4月から、一気に9月まで伸びたのですが、9月に延びた2週間後、急遽4月頭に納品される予定に変更されました。結局それは3月末に入荷して来ました。また、別のモデルでは6月末納期予定だったものが、急遽3月頭に生産されて入荷することになりました。

自転車はたった1つの部品でも不足していれば出荷できず、納品されません。メリダは優れた生産管理体制を有していますので、そのたった1つが入ってきた段階ですぐにラインに載せ、生産できる分だけ出荷するというきめ細やかな運用を行っていることがわかります。このような調整は以前から行われていたのですが、今回の件でより顕著に表出しており、それはハッキリと優位性として感じ取ることができています。普通のメーカーならどうなるかと言えば、一度遅れたら遅れっぱなしになります…。それは一般的にイメージされる通りでしょう。

つまり、他社にオーダーする場合、その納期提示と比較して、ちょっと意味が違うかも知れないということが言えます。

これは自社設計・デザイン・テスト・生産を一貫して行い、なおかつ世界でダントツに規模の大きな2社のうちの1つだからできることです。デザインやテストはしても。生産を委託していたら、こんなきめ細やかな体制は確保できませんから、きっと半年経っても出荷されないどころか、1年から2年待ちという納期が提示されていることだろうと思います。

なおかつ、当店がメリダパートナーショップであることを鑑みますと、当店でのオーダーが最善だと思われます。商品はパートナーショップを優先して納品されます。

現在、同モデルの4-5月納車分にはほんの少しだけ余裕があります。しかし、それを逃してしまいますと、はるか先の納期になります。ご理解下さい。