リムに傷が付いたら

この記事は約 1 分で読めます

ブレーキを掛けたときにコツンコツンと鳴るようであれば、リムに傷が付いている可能性があるのですが、そのまま放っておくとシューを削って傷を付け、さらにリムの破片がシューに刺さり、それがまたリムを傷つける…という悪循環に。

なので、僕のオススメはシューを使い切る前に替えてしまう事。こまめにみれば、シュー表面をヤスってブレーキも再調整しての繰り返しでOKですが、そんな人ばかりでもないので頃合いを見計らって替えてしまうのも吉。

傷ついてリムの方はどうするか?というとヤスリます。酷く出っ張っている場合は紙やすりの中目を当てた後、細目をあてて、その後にラバー砥石やソフトストーンです。

効きが悪くなったかも?という時にもほんの少し軽くリムを研いであげると、タッチが復活します。

某M社のソフトストーンが有名ですが、あれの2分の1以下のお値段です

HOZAN ラバー砥石 #120 830円

M社のソフトストーンは値段の分だけ大きいのですが、私たちショップですら一つを使い切るには相当な時間を要しますw ので、こっちで十分です。