「BH EVO 38 ULTRA」を試乗用に下ろしてみました

たびたびご紹介してきましたBHのカーボンホイール
BH社はスペインの中でも大きな企業で様々な産業に対して活動を行っています。ベスタギ・エルマノスという創業者の頭文字をとったBHは、100年以上続く巨大な企業でその中の自転車セクションがBH Bikesです。

日本での知名度はありませんが、いいバイクですよ
初めて日本に導入されたのはだいぶ前ですが、いまいち知名度が低いままでした。それはBH本社側の”欲の無さ”にも影響されていますが、そのかわり地味にいいバイクを作り続けています。それっていい製品を作る際の両面だったりしませんか?

当店でからご注文可能です
BHはエアロロードが乗りやすくて巡航性が高くおすすめです。快適性も高く、ULTRALIGHTの方がレーシーに感じます。私自身、G6 Proをしばらく乗っていましたが、これまで乗ったロードバイクの中でも5本の指に入るほど気に入りました。BH、なかなか良いです。

今回は「BH EVO 38 ULTRA」を試乗用に下ろしてみました
ラインナップは
■ ULTRA EVO 38 カーボン チューブレスレディ 199,800円(税込) 1330g
■ EVO 38 カーボン チューブレスレディ 178,200円(税込) 1445g
■ EVO 50 カーボン チューブレスレディ 178,200円(税込) 1535g
■ EVO 50 カーボン チューブラー 178,200円(税込) 1265g

単なる安いホイールではなく、しっかり使えるホイールです。BHを取り扱うコリドーレの中田さんは元はNIPPOで走っていたレーサーであり、某イタリアンブランドの日本での普及を支えた功労者でもあり、その機材選択眼は私も長年に渡って信頼しています。その中田さん曰く、あの乗り味は硬すぎず柔らかすぎずBORAのに近い印象で、モノも良いものです。

下ではスペック比較をしていますが、単純に軽さと値段で選ぶと”絶対に失敗する”のがホイール。しかも、アルミじゃなくカーボン素材となると、大抵の安物には罠しかありません。10万円で買えますよなんていうやつは絶対におすすめしません。

そのあたりの勘所をコリドーレさんは熟知されています。その目利きは私も信頼しており、カーボンホイールを普段使わない私が今回選んだのがBH EVOとなります。

今回は上位モデルのレースモデルなULTRAを試乗して頂けますが、非ULTRAに関してはロングライドなどにも適した剛性感になっていますので、用途に応じて選ぶことが出来ます。

試乗できます
ご自身のロードバイクに装着して試乗していただくことが出来ます。
※試乗される場合には身分証をお預かりします。また、ライダーのスキルや経験を加味し、お貸出できない場合もあります。ご了承下さい。

EVO 38 ULTRAは38ミリのリムハイト、外幅26mmのチューブレスレディリムをフロントはラジアル、リヤは2:1の2クロスで組み上げたホイールです。35mmはBORAなどでありますが、はやり中途半端な印象が残りますし、50mmではクセが強くなります。38ミリはフルクラムのSPEED 40に近いオールラウンドに使いやすく、リムハイトの高さも活かせる寸法です。

ULTRAにはチタンシャフト、カーボンレバー、非ULTRAにはスチールシャフト、アルミレバーのQRレバーが付属し、ブレーキシューも付属します。

チューブレスレディに対応していますので、このようなキットを用いてチューブレス及びチューブレスレディタイヤを利用できます。このキットはご希望に応じてオプション販売されています。

今回は久々にハッチンソンをテスト。「FUSION 5 GALACTIK 11STORM」は大変軽量はチューブレスレディタイヤです。ちょっと楽しみです。

実測重量もご紹介。フロントは599g。リムテープ、QRレバーは外しています

リヤは761gです。前後を合わせて1360gとなります。20万円クラスの38mmワイドリム、しかもチューブレスレディ対応でこの重量は凄まじく軽いと言えます。

QRレバーはOEMでしょうね。興味のある方もいると思うので、一応計測しました。個人的にはこの手のパーツは使いたくないので、もっとノーマルなレバーが付属していてくれる方が嬉しいです。


ライバルとなるホイールとスペック比較を行ってみました
他社では20万円クラスは廉価版の位置付けゆえ、重量やスペック的にEVO 38 ULTRAと比べてしまうと明らかに見劣りしてしまいます。一方、上位モデルに対してはちょうど同程度のスペックとなりますが、価格面で10万円以上の差が生じてしまう状況です。

ULTRA 38はBORA ULTRA 35とかなり似通ったスペックだとおわかりいただけるでしょう。しかし、価格は半分以下でチューブレスレディにも対応しています。ROVAL CLX 32の軽さは際立っていますが、32mmは用途を限定してしまいます。

※表には乗せ忘れてしまったんですが、Aeolus Pro 3 TLRもありました。
 タイヤタイプ:チューブレスレディ/クリンチャー
 リムサイズ:高さ35mm、外幅27mm
 ハブ:ボントレガーRLハブ
 フリーボディ:シマノ/スラム(10s・11s)
 重量:前後セット1506g(フロント656g、リア850g)
 税込価格:198,720円

非ULTRAも十分に戦闘力は高いのですが、ULTRA 38が際立っているのがわかりやすいです。

EVO 38 ULTRAEVO 38EVO 50
カタログ重量1,330g(F:587g/R:743g)/実測1,360g(F:599g/R:761g)1,425g1,535g
リム高38mm38mm50mm
リム幅内:19mm/外:26mm内:19mm/外:26mm内:19mm/外:26mm
リム重量405g475g520
チューブレスレディ対応
スポーク数F:20本/R:24本F:16本/R:21本F:16本/R:21本
スポークパターンF:ラジアル/R:2クロス(2:1)F:ラジアル/R:3クロス(2:1)
スポークメーカー・品名Pillar 1422Pillar 1422Pillar 1422
税込価格199,800円178,200円178,200円
Aeolus Pro
5 TLR
Roval
CL 50
Roval
CLX 50
重量1,605g(F:705g/R:900g)/実測1540g(F:660g/R:880g)1465g(F:607g/R:768g)/実測1540g(F:660g/R:880g)1,375g/実測1390g(F:622g/R:768g)
リム高50mm50mm50mm50mm
リム幅内:19.5mm/外:27mm内:20.7mm/外:29.4mm内:20.7mm/外:29.4mm
リム重量N/AN/AN/A
チューブレスレディ対応
スポーク数F:18本/R:24本F:16本/R:21本F:16本/R:21本
スポークパターンF:ラジアル/R:フリー側2クロス/反フリー側ラジアルF:ラジアル/R:2クロス(2:1)F:ラジアル/R:2クロス(2:1)
スポークDT Swiss AeroliteDT Swiss CompetitionDT Swiss Aerolite
税込価格198,720円199,800円297,000円
Roval
CLX 32
BORA
ONE 35
BORA
ULTRA 35
重量1280g(F:550g/R:730g)/実測1291g(F:548g/R:743g)1405g(F:600g/R:805g)/実測1407g(F:596g/R:811g)1370g(F:585g/R:785g)/実測1372g(F:594g/R:778g)
リム高32mm35mm35mm
リム幅内:20.7mm/外:28.1mm内:17mm/外:24.2mm内:17mm/外:24.2mm
リム重量390gN/A
チューブレスレディ対応
スポーク数F:16本/R:21本F:18本/R:21本F:18本/R:21本
スポークパターンF:ラジアル/R:2クロス(2:1)F:ラジアル/R:G3F:ラジアル/R:G3
スポークDT Swiss AeroliteCampagnoloCampagnolo
税込価格275,400円319,680円461,160円