Category Archives: イベント告知・報告

サイクリングに欠かせないもの その2

写真 2015-01-31 6 40 29

これは欠かせませんねぇ。有るか無いかで大違い。これなしのサイクリングは考えられません。

スポーツバルムはオランダで研究・開発されているスポーツの為のケア用オイルです。自転車とスケートが盛んな国であり、国全体が平坦で、冬場はとても風が強い国で生まれました。冬も秋も、春先にも、四季に合わせてオイルを使い分けますが、どちらかというとお国柄的に秋冬用のアイテムが充実しています。

でも、難しくありません。最低3種類ほど揃えれば良いだけです。

詳しくやるには冬用にレッド1〜2種類、春秋用イエロー2種類、アフターライドにはグリーン2種類を揃えると完璧。一度に揃えなくても、1シーズン2本買えば良いだけなので、一時的な負担は抑えられますし、すぐになくなってしまうものではありません。

土曜日にもREDシリーズのお世話になりまして、腕や足が熱くなるほどポッポします。約3〜4時間は続きますので、この時期の平均的なワンデイライドはカバーできますね。1本1800円ほどのコストでサイクリングがさらに充実。

冬場のライド後には暖まるタイプのマッサージオイルであるグリーン2が良いですね。

シクロクロスなど寒い中で行うレースでも必須ですよね。他のオイルじゃダメなんですよ、バルム(通称)じゃないとね(笑

春先になったらイエロー2。半袖が着られるくらいまで暖かくなってきたら、盛夏まではイエロー3。

”この香りがしてくるとやる気が出る”という声もあり。
変態ですね(笑

そう言えば、JFAハウスにある日本サッカーミュージアムのロッカールームコーナーにはこのスポーツバルムがあるんですよ。オフィシャルサプライヤーではないでしょうけど、冬場のスポーツには欠かせないんですね。

ちなみにこの時期に使うRED3は代理店欠品中。当店にはあと1個在庫があります。

スポーツバルムのオフィシャルウェブサイトはこちら
http://www.podium.co.jp/sportsbalm/

今週末までの営業予定についてお知らせです

まことに勝手ながら、下記の通り営業予定を変更させて頂きます。

6/4(水):通常であれば定休日ですが、14時より営業致します
6/5(木):都合によりお休みさせていただきます
6/8(日):MTBイベントの為にお休みさせていただきます。

DT SWISS テクニカルセミナー

昨日はDT SWISSのテクニカルセミナーが横浜にありますDT SWISSサービスセンターで行われました。

朝6時半に出るつもりが、7時出発になってしまって…。自走でスタートしたのは良いんですが、「間に合うだろうか…」と不安になりながら爆走(笑)

自宅から約25分で日の出桟橋付近を通過、1時間経過時点で川崎競馬場あたりまで到達。静止時を含めた平均時速は22キロ強ってことは、目的地まで38キロなので10〜15分前には到着する計算。最初は走りにくかったんですが、慣れてくると悪くない感じですね。あっちの方まで初めて自走しましたけど。迷わなかったら1時間半強で着きますが、良いトレーニングになる感じ(笑)ゆっくりでも2時間あれば着くという見込みは間違いじゃなかったです。

肝心のセミナーはDT SWISSサスペンションフォークの分解とメンテナンスについて行われました。色々と細かなところまで説明をして頂きましたので、他社との違いや中身について理解を深めることが出来ました。このノウハウは3年間にわたってミヤタメリダバイキングチームが実戦の中で培ってきた結果であり、そのおかげです。サスペンションフォークで大事なのは性能よりサービス。性能も大事ですが、サービスのないフォークは”使えないも同然”なので、どんなにスーパーなフォークであっても買う価値なしです。

その上で今回のテックセミナーはDT SWISS製品のサービス体制を充実させる為に大きな一歩でした。

現在のところ、すでにオイルや消耗品の在庫も国内で確保しており、ダンパーのOHや交換、メンテナンス全般を最短で即日行われる体制を維持していますので、5営業日以内には返却させて頂けるだろうと思います。

完成車に装着されているDT SWISS製品は国内で購入された製品に限って当サービスセンターでのサービスを受けることが出来ます。当店へのお持ち込み修理やメンテナンスも承ります。

「DT SWISSってどうなの?」
というご質問等もどうぞ、店頭にて。

写真 2014-05-28 9 20 54

写真 2014-05-28 9 32 11

TOJ ランプレメリダ ウェルカムパーティ

昨年に続き、UCI1クラスのアジアツアー2.1レースとして行われたツアーオブジャパンにランプレメリダが招待されました。ジロ組とは違ってピリピリ感が薄いのはワールドツアーではないので仕方がないけれど、昨年は挙げられたなかった勝利を達するべく若手主体のチャレンジングなメンバーで来日。

若手とは言え、日本の選手はプロコンレベルの選手と比べたら一流ですから、本調子になればグランツールクラスをこなす選手達ばかり。

その中ではフィリッポ・ポッツァート選手に私を含めたミーハー陣営の注目が集まる一方で、レースの行方そのものに注目度が薄い気がするのが寂しいところ。

3年契約の2年目となるランプレメリダは、新車リアクトを得てからの活躍はめざましく、日本に来た若手選手達がシーズン後半や来シーズンどんな活躍を見せるのかに注目してみて下さい。

写真 2014-05-25 20 11 00

写真 2014-05-25 20 11 48

写真 2014-05-25 20 12 30

写真 2014-05-25 20 13 02

写真 2014-05-25 20 17 49

僕はと言うと、ピッポ様との2ショットは撮らず、昨年まで宇都宮ブリッツェンでキャプテンとして走っていた中村誠さんと2ショットを実現!「自分は命削って走ってましたから…」って冗談でも言える人そうそういません。魂の走りは記憶に残っています。吸収できることを見つけて勉強したいです。っていうか、一緒に走りたい!(笑)
写真 2014-05-25 19 03 09

朝練&TOJ東京ステージ

いつもの朝練に、いつもの遅刻、土曜が忙しいときは起きられません…と言い訳。調子は悪い方ですが、何とか後ろで休ませてもらって、最後は帳尻会わせる感じでした。

腹圧を意識してインナーで回す感じがいい感じ。

そのあとは日比谷へ。メリダブースの前は人だかり、というよりピッポ様の周りがと言った方が正しい。そりゃ興奮しますよね、わかります。こういう時はお店の人は遠慮しないといけません(笑)

ミヤタサイクルさんに差し入れ渡して、スタート前の整列だけ見て、お店に戻ってきました。

今夜はそろそろ営業終了です。東京プリンスでランプレメリダ ウェルカムパーティへ行ってきますー。

ニッコロ・ボニファッツィオ選手が勝ったんですが、僕としてはアベタカ選手の勝利に期待していましたよ。ブリッツェンを応援しています!。

似非ブリッツェンやってる僕ですが、ホンモノはやっぱりカッコイイ!!!

写真 2014-05-25 10 53 22

写真 2014-05-25 10 47 00

写真 2014-05-25 10 52 30

つくばでサイクリング

昨日は早朝から筑波でサイクリングしてきました。

ロードデビュー1ヶ月半足らずのKさんの初ヒルクライム。これまで一緒に練習
した成果が存分に発揮され、私とHさんがゆっくり走るペースについてこられましたし、遅れても大きくは遅れない程度とすばらしい。走力というよりやる気がすばらしい!

最後はヘロヘロでしたけど、それもまた自転車の楽しみです。

また筑波へ行きたいですね。あるいは奥多摩デビューの為にまた練習しましょう!

入梅までにしっかりと走っておかないと、雨で乗れない時期がある上に明けるといきなりの猛暑で昼間は地獄…。だから、今は1日をフルに使って走れる良い時期です。

IMG_3299

最後の登りを登り切って感無量
IMG_3303

とっても良い天気が一日中続きました!
IMG_3305

早速ステッカー貼り付け
IMG_3301

途中でイチゴォ〜。イチゴもGW時期でもう終わりですね。
IMG_3297

「これどうぞ」とイチゴジュースを頂きました。
IMG_3298

XCライダーの為のボディアーキテクトコンディショニング&トレーニング

XCバイク(MTB)にもっと上手く乗る為に、そんなテーマで「ボディアーキテクト」のお二人(館さん、山下さん)にの身体を建て直す手助けをして頂くイベントです。

辛いことをがんばってやるトレーニングではなく、これまでと同じ事を辛くない楽な状態でする為のトレーニングです。

今の身体に満足していない方、これ以上トレーニング時間を増やさずに効率を上げたい方、怪我とお付き合いしながらもまだがんばりたい方、こんな方にはオススメです。

ここ2年間ほどで私は自分のフォームを変えてきたのですが、そのものになったのがボディーアーキテクトです。

そんな私には、多くのバイクフィッティングや整体・カイロなどは、今の身体を諦めてその上で楽な姿勢を確保しようという発想だと感じます。ボディアーキテクトでは傾いた土台そのものに手をつけて、自分が持っているパフォーマンスをもっと引き出すという考え方(だと私は理解していますが)ですから、「自分はもっと出来るんだ」というモチベーションを感じることが出来ました。

それは単に数値としてパフォーマンスが出ているかどうかではなく、自転車に乗ることを含めた身体のパフォーマンスが上向きであることを喜ぶという意味です。また、その上にでないと数値のパフォーマンス向上は継続的に行えないだろうと思っています。

日時:2014年5月9日(金) 21時〜23時
場所:曳舟
費用:7000円
※場所の詳細は参加される方にのみお伝えます

ご興味のある方は当店までお電話(03-6658-4977)でご連絡下さい。

http://body-architect.net/

雨予報になったので予定変更!走ってきました!

10290614_779867022026485_6784677886428063670_n

本日は奥多摩方面へ行く予定だったのですが、天候が怪しいどころか悪化確定予報でしたので、中止に。

空いてしまった午前中を利用してロードライドしてきました。

方角は千葉方面。目的地は印旛沼へセット!
いつものうなぎ屋さんで鰻重弁当を買って、近所で食べて、とんぼ返り。滞在時間は40分。往路2時間半、復路2時間、往復100キロの公道サイクリングは楽しく走ることが出来ました。

100キロ走って公道でAVE24km/hなら、まずまずじゃないですかね(当社比w)

鰻重弁当も美味しかったです!
また、食べに行きましょーね。いっしょに行きます?

土日は沢山走りました

週明けて雨ですね、明日は走れますかね?

私は沢山食べているので、計っていませんが横にも大きくなっているかも?

いや、良いんですよ(開き直りかw)。

むしろ、食べたいものを食べず、節制して生活するなんて自分が感じる生活の豊かさではないので(完全に開き直ったw)。それに体重が影響するほどの人って、スキルを極めた人ですよね。生活削って減量するより、ペダリングが上手くなるように頭動かした方がベターだと思います。練習時間を急には増やせませんからね。

と自己正当化を終えたところで…

土日はガッツリ系でした。土曜日はJ参戦初年度のFさんを鍛えるために?インターバル練。ちょっと追い込み不足だったかな…。まだいけたな…。

日曜日はロードでクラブ周回練8周くらいしたあとに、クオーレさんの練習に混ぜて頂きました。大人数だと後ろは楽ですねぇ。アップ以降は前に出るといけないので(飛び入りですからね)、後ろからです。付くだけだと楽なので、わざわざ中切れして追ってみました。いやぁ〜、つらかった(笑)

結構な強度でがんばったのでまたまたご飯が美味しく食べられますね。

100キロ走れる人が距離を伸ばす為の補給ノウハウ講座開催のお知らせ

DSC_8204

自転車では走行距離ではなく”走行時間x強度”で管理することが大事です。

有酸素運動くらいの強度でも、一般的な場合は3時間ほどで体内のエネルギーは枯渇し、ガス欠になります。どんなに優秀なエンジンをお持ちでも、ガス欠では走れなくなってしまいますよね?

いつ?
どのくらい?
どんなものを?
食べればもっと楽に走れるのか

補給の仕方を改善することで実現されることが多いですから、その部分についての詳しい講座を開催致します。

100キロくらいの距離を走って、帰りに疲れてしまうことはありませんか?

自転車に乗る時は距離ではなく時間で考えるのが肝。なぜなら、人間は放っていてもカロリーを消費するからですね。そしてまた、蓄積できる熱量にも限度があります。

人間は動く為の熱が無くなれば、動けなくなってしまいます。どんなにパワーが出せてもガソリン無しに車は動かないのと同じです。

4時間から5時間以上の連続きた運動で疲れてしまうのは補給が足りていないか、間違っていることが考えられます。

それを修正するだけで走れる距離は伸びますよ。

今回は7月に8〜9時間の間、心拍数120〜140平均の運動をする方をモデルにして、その為の準備や必要な知識を説明していきます。

開催日と時間
日時:2014年4月27日(日)17時〜18時半

内容はこちらです
・身体の中に蓄積できるエネルギー量
・自分は何時間動き続けられるのか?
・ライドの前の備えとライド中の補給
・疲労回復について

始めて当店へお越しになる方もどうぞご参加下さい。
参加料はショッツエナジージェル3個以上(780円)です(笑)この講習後、必ず何かしらのジェル系補給食が必要になりますので、無駄にはなりません。

参加申し込み方法
以下のリンクよりFacebookイベントで参加表明をした頂くか、あるいはお電話(03-6658-4977)でご連絡下さい。
https://www.facebook.com/events/492200040908990/
※人数に達し次第締め切らせて頂きますが、締め切りはありません。前日でもご連絡下されば大丈夫です。

ショッツエナジージェルについてはこちらをお読み下さい。
唯一100%炭水化物のエナジージェル「ショッツ」に新味