ミヤタサイクル ロードレックス 450が入荷しました。

この記事は約 4 分で読めます

大変長らくお待たせいたしました

今月中旬以降に、450サイズのミヤタサイクル「ロードレックス i 6180」がフリー在庫分として入荷いたします。複数台の入荷がありますが、ご予約分を割当後に空きがありますので、即納可能となります。

450サイズも、530サイズも即納可

これで450も530も、ほぼ即納状態になりました。ただ、本当に数が少ないです。大事なことは、在庫があるタイミングで買って下さいということです!

今年の春から、Eバイクで遊べるわけです

多くのEバイクは、その納期が2023年以降になっているわけですが、その中でミヤタサイクルは頑張っています。ただ、少しずつですので、次回の入荷がいつになるのかはまだお約束できていません。ですから、今回の入荷分からお買い求め下さい。

買えば遊べます

「Eバイクは高い」という声、あるいは「あれは自転車ではない」などの意見は、変わらずありますが、そんなことは気にするのは止めましょう笑。買えば走れる、どこでも登れる、自由に移動できて、何でも出来ちゃいますよ。

悲しいですが、ここ2年くらい、自転車を自由自在に買うことができる世界はやってこないので、このタイミングでコストを投入することは、とてもいい2年間を過ごすことかができる起点になると思います。2年は結構長いです。45歳のわたしが、47歳になるくらいです。当たり前ですけど、2年後に動ける身体かどうかはわかりません。

今を楽しみましょう!
2年間、遊び倒しましょう笑

40万というものは安くないわけですが、そのコストをどこに出すかということを考えると、結構楽しさが得られると思います。


ミヤタサイクル ロードレックス i 6180
407,000円(税込)
カラー:ブラックxグレー、ブラックxブルー
サイズ:450、530


とにかく旅をするのに最高のパートナー

ロードレックスはロードバイク型でタイヤが太いので、「グラベルロードなのだろうか?」という質問を頂きます。グラベルロードはその中でグラベルレース、グラベルツーリング、グラベルエンデュランスなど細分化しており、ロードレックスはツーリングのためのバイクと言えます。

軽いバイクで軽快に未舗装路を”走ることそのもの”を楽しみたい方には向きませんが、ほぼオンロードのルートの中で未舗装路すらこなすことができる上に、アシスト付きなので”どんなコースでも初見で完走できてしまう”というメリットは、Eバイクであるロードレックスならではです。

搭載可能なオプションも多彩

旅をするには荷物が必要です。その荷物を積載する場所も必要になります。ロードレックスにはキャリアの搭載が可能なほか、フレームバッグ、ポーチやパニアバッグなどを利用することで、身体にバッグを背負うことなく走ることが可能です。暖かい時期はもちろん、寒い時期でも暖かい格好のまま走ることができるEバイクの特徴を活かし、シーズンを問わず一年中活躍する自転車です。