Eバイクなら楽しめます

いざ北関東へ

まだまだ寒さの残る3月末、雪も降ったり降らなかったりなので、多少の積雪があることは承知の上で、北関東へ向かいました。

目的は雪上走行と温泉。うーん、いい。雪見をしながらの温泉は最高でしょう。

Eバイクだから気楽にこんなことできる

体力と技術と度胸があれば何でもできそうではあるんですが、実際、気温は0度とか、4度とかなわけで、体力が目減りしてきたときの寂しさや不安というのは、たいへんなものなのです。寒いと余計にお腹も空きますしねぇ。そこでペダルバイクよりEバイクが効きますし、タイヤが少々太めなロードバイクというのは良い感じなのですよ。

特に、VITTORIAのTERRENO系がとてもいいのです。舗装路でも重くならないけれど、スリッピーな環境下でもグッと耐える感じなんですよ。大島へ行ったときにも雪を上を走ったのですが、しっかり走れました。

本来の目的地ではなく…

今週は東武浅草から特急リバティに乗って、雪に覆われた林道を走りに行こうとでかけました。目的の駅で降りたのですが、「あ!」下車する際に荷物を忘れてしまうという失態を犯しました。「やってもーた…」

野岩鉄道内はほぼ無人駅ですが、私が下車した駅には夕方まで人がいます。すぐに忘れてしまったことを伝え、途中の駅で下ろしたいただくようにお願いをしました。会津高原か、終点の会津田島くらいでしか下ろせないので、おそらく終点まで行ってしまうだろうと思いました。しばらく待っていると、やはり終点で下ろすことになると伝えられました。

会津田島まで約50キロ。これを2時間で走り、荷物を回収完了!

さて、予定が大幅に狂ってしまったので、ここからどうするかです。戻る方向へ向かうか、あるいは進行方向へ向かうか。戻る方向の場合、国道121号を走らないといけません。道路脇に雪や氷がある関係上、あまり大きな道路を走りたくはないので、甲子道路を経て、白河まで行くことにしました。もし、体力と時間に余分があれば、那須塩原方面へ欲張りできるとよかったですが、なかなか寒くて無理でした。

この日は結局、約95キロで1360メートルを登るコースを、4時間10分という移動時間で走りきました。このペースの場合、Eバイクとはいえ疲れますね笑

来週は別の予定が入っていますが、来月にはまたどこかへ行きたいと思います。

ミヤタサイクル ロードレックス 530は即納可

530サイズは即納できます

450サイズはご予約を頂いており、ご予約を頂いた順に納めておりますが、530サイズブラックxグレーに限って約1週間ほどで即納することができます。

これからの季節、自転車で旅をするにはピッタリですね。ペダルバイクより気楽に、気軽に、どんなルートでも走ることができるので、とっても楽しく自転車との生活を過ごすことができるのではないかと思います。

ミヤタサイクル ロードレックス i 6180
407,000円(税込)
カラー:ブラックxグレー、ブラックxブルー
サイズ:450、530

とにかく旅をするのに最高のパートナー

ロードレックスはロードバイク型でタイヤが太いので、「グラベルロードなのだろうか?」という質問を頂きます。グラベルロードはその中でグラベルレース、グラベルツーリング、グラベルエンデュランスなど細分化しており、ロードレックスはツーリングのためのバイクと言えます。

軽いバイクで軽快に未舗装路を”走ることそのもの”を楽しみたい方には向きませんが、ほぼオンロードのルートの中で未舗装路すらこなすことができる上に、アシスト付きなので”どんなコースでも初見で完走できてしまう”というメリットは、Eバイクであるロードレックスならではです。