首を温めよう

体感気温が2-3度上昇

先週くらいから急に冬になってきましたので、冷えに悩まされるかたも多くなってきたでしょう。冷えは筋肉不足や運動不足、ストレス等が大きな原因とも言われます。それ以外にも体をしっかり温めてることは重要で、私が紹介している入浴剤を利用頂くという方法もあると思います。あれは明確に効果があり、寝るまでだけではなく、翌日の日中も寒さを感じにくくなります。体を効率的に温めるには「三首」をしっかり保温することが大事だと言われます!三首とは「手首」「足首」「首」の三箇所です。まずはこの部分を温めて、体の内側からポカポカに。今年の冬をサイクリングを快適にしてみてください。

普段から温めることが大事だと申し上げたとおりで、サイクリングしている以外の時間も温めてあげましょう。そのどちらでも使えるのはネックウォーマーです。色々なメーカーのものが発売されていますので、肌に合うもの、あるいは形状やデザインなど、見つけてみましょう。手首や足首は袖の形状、あるいはソックスの長さや素材などで工夫ができます。

上着がやや薄くて平気な15度前後の気温であっても、日陰が寒く感じたり、あるいは風があったり、体感温度が下がるタイミングはありそうです。この頃の季節のように気温が上下するような場合、寒い時間帯に合わせて上着などを選ぶと、特にスポーツをする際には暑く感じてしまうこともあります。その場合、ネックウォーマーの活用をオススメします。すぐに脱ぐことができ、脱いでもじゃまになりにくいので、とりあえずつけていく(持っていく)のが良いでしょう。