[新型ROADREXで行く] 林道と温泉を堪能する日帰り旅

またまた行ってきましたよ

先々週も行ったのですが、またまた行きました。1人でふらっと、事前に体力を大げさに整える必要もなく、「じゃあ来週行こうかな」と思って気軽に行けるのが素晴らしい。これぞEバイクでしかできない旅です。

今回は新型の未発売車種で行きました!

今回は、ミヤタサイクル様よりまだ未発売の「ROADREX i 6180」をお借りできましたので、その試乗も兼ねての旅となりました。現行機種からアップデートされた箇所や変更箇所を確かめるのには、実際に使ってみるのが一番です。新型はバッテリー位置や形式、あるいはフォークやジオメトリなどが変更になっています。バッテリー位置の変更によって、重心バランスは後ろよりからセンターへと改善され、変わったフォークも剛性が高くなるなど、悪くなったところがないという正常進化を確認できました。税込36万円でこのバイクは破格だと言えます。

ミヤタサイクル ROADREX i 6180
363,000円(税込)

サイズ

基本的には前モデルと変わりないですが、バッテリー一の変更によりシートチューブ長が変わっています。

450サイズ:(適正身長 165~178 cm・重量 18.9 kg)
530サイズ:(適正身長 175 cm~ ・重量 19.1 kg)

内蔵型バッテリー

外付けバッテリーから内蔵型になりました。バッテリー容量は変わらず、418Whです。フル充電に要する時間は3.5時間です。あっという間ですね。

アシストモード ECO NORMAL HIGH
距離 105km 85km 70km (※一般社団法人自転車協会が定める標準パターン走行時の走行距離。走行可能距離は使用用途により変化します。) ・充電時間 0~80%まで約 3 時間 0~100%まで約 3.5 時間

SHIMANO STEPS DU-E6180 を搭載

最大トルク 60Nm・定格出力 250W のハイパワーアシストで、坂道でも安定した走行を実現。 ・ディスプレイにはスポーツモデルの STEPS SC-E7000 を採用。ハンドル周りをスッキリとさせます。

金策と、家族への通知は、注文してから準備しましょう笑

初回入荷分には限りがあります。また、COVID-19の影響により、次回生産分はだいぶ先の日程になる可能性が少なくありません。よって、無理を申し上げるようで恐れ入りますが、このタイミングでできるだけ早めのご注文を頂けますようにお願いいたします。

自転車の旅が身近にできるって良いですね

これまではロードバイクで行くことが多かったこのような旅ですが、やはり山だらけの地形で行うには、なかなか厳しい戦いだったはずです。それはそれで楽しみ方の一つではありますが、体力も気力も兼ね備えた人でないとできないことでした。しかしながら、Eバイクを利用することでできるのは、もっと気軽で、手軽で、快適な自転車旅です。

色々な景色に出会えました

予定していた林道は完全な通行止めとなっており、全く通行することができなかったのですが、その先にあった偶然出会えた景色に満足しました。いずれも未舗装路を含むルートのため、ロードバイクで到達するのは難しいでしょう。昨今はやっているグラベルロードであれば走破性は問題ないものの、いくつかの小さな峠をクリアした先にあるため、その上で未舗装路を走ることを楽しむのもまた別の意味で難しいことになるでしょう。あるいは、下のデータをご覧いただくとわかりますが、自転車に乗っている時間は多くありません。つまり、平均時速が高いんですね。ゆえ、自転車を降りて楽しむ何かに時間を割くことができます。なおかつ、運動強度は高くないのですから、もはやEバイクが楽しくて堪らなくなるのもご理解頂きやすいのではないでしょうか。

行きませんか?Eバイクでの旅に

同じ自転車ならEバイクでなくても、これでも行ける、そう思われたり。気持ちはわかりますが、それはまるで違うことです。同じ場所でもみ見えてくるものは全く別のです。ハアハア苦しみながら景色をも記憶にしっかり残すことなどできないでしょう。Eバイクなら、ロードレックスならば、好きな場所に手軽で気軽に登っていくことができますし、遠くへも行けます。明日は天気いいし、乗鞍でも登るか!ということも可能だということです笑

[データ]
走行距離:67.1km
獲得標高:1,370mUP
平均速度:AVE 14.6km/h
移動時間:3時間52分
経過時間:6時間10分
消費カロリー:2,174kcal
バッテリー残量:メモリ3/5残
平均心拍数:NA
最大心拍数:NA