セルフケアに始まり、セルフケアに終わる

歳取ったらセルフケアしないとダメなんだなーと、人には言うけど自分のことはやり切れていません。レースに出ていたときには真剣なのでやるわけですが、身体を痛めて以来怠惰になってきています。私には筋膜リリースを毎日行うことが必要です。

でも、ここ数日続けてみたところ、やった成果はでますね。

フィッティングのご相談も頂くのですが、実際には身体が動かないので取れるポジションが狭くて痛みが出たり、出力が出なかったりすることのほうが多く、目下のところの修正をした後は、自分の身体のケアをして頂いて、その後フォローフィットという流れが一般的におすすめしているものです。

一度のフィットの3-5万も掛けるより、週に一度のボディケアをひと月続けたり、週二度の筋トレにパーソナルを付けてやってみたり、その方が効果が継続すると思います。

身体を緩めること、踏みすぎない事、パワーの数字を出すことに固執しない事と自戒の念を込めます笑

力自慢をしてしまうと、歯を食いしばってしまいがち、あるいはそういう方向性になります。そうなってしまっては、きれいなペダリングにはなりません。「踏もう」と思った瞬間にフォームやきれいな回転は崩れてしまうものです。

わかっちゃいるんですが、ハマります笑

私は身体が硬いので、回せている感覚は身体が緩んでないと感じられませんし、硬い=稼働範囲が狭い部分が顕著にあるので、パワー維持もなかなか難しいです。そこから無理に踏んで維持するしかなくなると、出力は下がり、維持できる時間も短くなります。

個人的に、これはローラーでやるのと実走行とでは、別の運動になっていると感じます。出力の出し方が違うからでしょうね。

なので、ローラーに乗る際には出力を上げないように心がけるか、冬場にきついのやりたい場合にはランニングとか筋トレとかで負荷を与えるようにしてます。

特に私は朝が苦手なので笑、バイクにしてもランにしても身体が動くようにするには、出発前に筋膜リリースをすると明確に違いが出ますね。