緊急事態宣言解除に向けて、Eバイク通勤環境を整えよう

まずはこちらのリンク先をチェックしてみてください

新型コロナの流行で自転車通勤初心者にe-bikeがオススメのワケ

インプレス 家電ウォッチ

基本的にはテレワーク推奨という世の中ではありますが、私も同様でして、それが無理な職種というのはあります。妻に「3階の居住スペースから窓を開けて叫んで接客したらテレワークになる?」と悪ふざけして聞きました笑

あるいは、月に何度かは通勤せねばならない方もいらっしゃいますし、出向先が複数あってあっちへこっちへ行ったり来たりという方もいらっしゃるかと思います。

そんなケースでも”あの満員電車”にはもう乗りたくないと、誰もが思っているわけです。

この2ヶ月半、生活においてのストレスは過大になっています。家にいるのは最初はよかったものの、好んでいるわけではなく、半ば強制的に外に出てはいけない状態になるというのはまるで別のことです。

そんな状態で、解除された状態とはいえ、通勤路でのストレスを想像するならば、ため息しか出てこないですよね。

自転車通勤をする方は以前からいらっしゃいました。しかし、それをしなかった理由はいくつはあると思います。もちろん、禁止されているというケースは除いてですが、その場合も会社や組合に許可するように働きかけたいところです。

その理由として私が思いつくものとしては、
・ファッション問題
・汗問題
・ルート問題
の3つです。

どの服を着て行くかと考えても選べないのが通勤です。選べる範囲は狭く、スーツの場合にはなおさら。その上でさらに汗はかきたくありません。週末に乗ることを考えても、止まらない汗を滴らせながらカフェやアパレル販売店に入るのはちょっと…。最後にルート。行きたいところに行くには坂が1つ、2つ、あるいは3つ。北側からの方が近いけれど、西側からアクセスするほうが走りやすそう。しかし、Eバイクならばそんな問題は考えなくて良さそうです。

Eバイクなら汗をかかないし、激しい運動にはならないので着る服も自由度が上がります。私も普段Eバイクに乗るときには少々ストレッチの効いたパンツやショートパンツがあれば十分ですし、汗だくになるようなチャンスもほぼありません。特にルートの自由度は際立っており、都内でも郊外でも、どのルートを走るにしても”高低差を気にしない”というのは、自転車を趣味にして以来初の出来事です笑

Eバイクへのお問合せが激増中

3月はぼちぼちだったのですが、4月に入ってからは劇的に増えています。リンク先の文章では爆発していないとありますが、店舗にいる私の感覚では、もうすでに小さな爆発は起きていると思います。これが大爆発に至るのはちょっとしたことで可能でしょう。

とにかく自転車で通勤しよう、普段から移動しよう、公共交通機関は使いたくない、そういう方が増えておりますが、それと別方向からは「遊びたいけど手段と目的に困っているので、それにはEバイクがぴったりだ」という方々が迫ってきています。今は、後者のほうが優勢です。

Eバイクは風邪を引きにくい

リンク先の文章に記載されていることは私も感じます。私がロードに頻繁に乗っていた時、身体の中で弱い喉粘膜を乾燥でやられ、そこからバイキンが付いてしまい体調を崩すということが年に2度ほどはありました。しかし、それがなくなりました。一方、Eバイクで走ってもそれほど乾燥に悩まされることも、汗冷えに悩まされることもなく、いつも暖かい格好で余裕を持っては知れますので、体調を崩すスキは確実に狭まっていると言えます。

Eバイクは走行中の安全性が高い

これも書いてあるとおりに思います。信号待ちの時、そこからの発進に夜用があるEバイクの場合、後方にいる車にプレッシャーを掛けられている感覚は大変薄く感じます。むしろ、ロードバイクよりも鋭く加速するSTEPS E8080ユニットをもってすれば、3秒で時速20キロに達し、あっという間に交差点を通過しているのですから、本当に街中を楽しく走れるのです。つまり、”脚に余裕がある”ということは安全に繋がります。パワーもトルクもない非力な自動車より、いずれにも余裕がある方が安心して、安定した走行を行うことができると言えば、わかりやすいでしょうか。

ゆえ、周囲の状況や道路環境に対してより多く目配り気配りができるメンタル面への良い影響は絶大です。つまり、Eバイクの方が安全性は高いと私も思います。

通勤が楽しくなる

単純に、加速の鋭い乗り物に乗ることを人間は楽しく感じます。恐怖も感じますが、アミューズメントパークでコースター系の乗り物に乗るのが楽しいように、人間はある程度の恐怖を楽しめるように出来ています。

自転車に乗って楽しいのはそれと共通しており、加速が鋭いほど楽しいはずです。となれば、ゆったり走るペダルバイクよりも、Eバイクで通勤したほうが楽しくてラクなのです。

さらに往復のルートは自由自在。ちょっと早く帰れた日に、今までなら電車で移動してちょっとお買い物だったかも知れませんが、今後はそこに抵抗感が出てきます。ゆえ、Eバイクでちょっと寄り道して、一人の時間を楽しんだり、駅から遠くて人気の少ないカフェでお茶をするということも楽しめます。

この文章の冒頭では「今後の通勤は不安だし、怖いし、嫌だ」というところからスタートしたわけですが、ここまで読み進めていただくと、なんとまあ明るく楽しい通勤時間を満喫できることを想像して頂けたかと思います。

週末にも楽しめます

通勤だけに大きなコストをかけるのに抵抗があれば、さらに週末を楽しく過ごすツールとしてEバイクを活用することを考えてみては如何でしょうか。

これまで自転車で走ることを考えられなかったような山間部、あるいは風の強い場合でもラクをして走れますし、さらにはオフロードを楽しむこともできる車種も用意されています。

遊びの中で自転車を使う、そんなライフスタイルに魅力を感じませんか?自動車やバイクの方が速いですが、自由さでは徒歩や自転車のほうが上です。その意味で自転車は人間がもっとも自由に、速く、ラクに移動することができる手段だと言えます。

ソーシャルディスタンシングを気にされる生活においては、Eバイクで走ることが、ただラクに楽しく走るだけでソーシャルディスタンシングが勝手に確保されます。