通販で自転車を買ってはいけない

ハッキリ言いますが、通販で自転車を買ってはいけません

以下が主な理由です。
■ 組み立て状態が良くない
■ 説明が全く足りない
■ 通販する店はユーザーファーストではない
■ 問題を解決する手段を持てない(駆け込む場所が持てず孤立する)
■ アフターメンテに不安しかない

まず、まともな自転車を受け取れる確率が低いので、それを自分で判断し、安全と安心を担保できない方は止めたほうが良いと思います。

リアル店舗にも色々ありますが、何かあったら文句を言いに行けない時点で、通販業者というのはその責任を追求されないことが多いという事実を盾にして、テキトーに組んで出荷する場合が多いようです。「ウチはそうじゃない」という店舗の言い分もありそうですが、実際には国内外含めてちゃんと組まれた自転車が出荷されるのを見たことはありません。

自転車店では通販で購入された場合、納車説明すら満足に受けていないことがほとんどです。当店では約60分以上掛けて説明していますが、それをすべて文書化したら膨大な量になるでしょう。説明書を添付してれば問題ないのであれば、わざわざ納車説明という無駄なこともしませんが、読んで”ちゃんと理解できる”場合ばかりではないので、説明は必須だと思っています。このように自転車に乗る際に知っておくべきことを、まったく知らずにいるため、話の食い違いも多くなります。

サイズ、機種選び、いろいろな部分で間違いや食い違いが多発し、始めから”ボタンの掛け違い”が多発します。ゆえ、購入した店舗ではないところへ持ち込んでも、こじれるケースが多くなるので、通販購入車の持ち込みは嫌がられます。お店から購入者へ伝えるべき基本的なことが全く伝わっていないことも一因です。

心配になった方は持ち込んでください

これを読んで自分の自転車に自身が持てないと心配になった方は持ち込んでください。修理でも整備でも承ります。どんなところがOKでNGなのかも説明します。

当店では通販購入車両の持ち込みも承ります。

ただし、それは通販での購入を認めたり、推し進めるものではありません。あくまでも、うっかりそのような手段で購入してしまった方が、ご自身や周囲の方の安全を担保するために不安がある場合、それを解決する手段を提供するためです。

例えば、こんなところがダメ

おそらく組立時間は15分前後と思われます

自転車を組み立てる資格はありますが、必須ではありません。また、販売するのに必要な資格はありません。許可制でもありません。ゆえ、自転車を買う場合には”性善説”を信じても無駄です。「売っているから平気だろう」と思ってはいけません。通販業者の一部はそこにつけ込みます。

当店の場合、完成車の組み立てに少なくとも45-60分以上はかけています…というか、かかってしまいます。

組むだけではなく、必要な部分を一度ばらして組み直してをしています。

やるべきことをやるとそれだけかかってしまいます。確かに私の作業の段取りや速度が最速ではないと思いますが、15分では無理な作業量です。

そして納車にかける時間もゼロ分、ゆえの説明不足

丁寧な説明書がある、あるいはウェブサイトで説明などと言い訳がありそうですが…、実際には説明していないのとほぼ同等でしょう。使用している方が使い方を熟知されていない場合がほとんどですから、実際には説明という役割は果たされていないという現実があります。そろそろ、通販での販売を禁じる条例や法律が出来ていいレベルなので、自治体に向けてロビー活動を行おうと思っています。

メーカーが出荷する7部組みの状態は未完成品です。それを完成車として完成させるのは私達です。”完成車価格”として販売しているので、日本国内では完成車を組み立てる工賃を請求している店舗は少ないと思いますが、そのことが組み立てに対する価値観を下げる原因にもなっていると思います。つまり、ユーザーにそれを意識させることが出来ていません。

見て分かる部分に問題があるので、中身は…

じゃあ他の部分はどうだろう?と心配になるのが普通だと思います。そもそも時間をかけられない理由は、コストをかけないからです。たくさんの注文をさばくことが必要なので、それは他の業種でも不幸な結果を招く理由のスタート地点として共通化されているわけです。つまり、人件費は高い。そして、物を安く売るには人件費を削ることが必要です。さらに言えば、技術にお金を払わない(払えない)ということが欠かせません。

今回は通販で購入した自転車の組み直しを承りました

整備不良の箇所を修正することと同時に、組み直しやチェックが必要になった箇所をクリアにする作業を承りました。

行った作業は以下の通りです。
■ 洗車
■ ホイールの振れ取り
■ リム研磨
■ リヤハブOH
■ クランクとBB組付け着脱して確認
■ ヘッドパーツクリーニング、組付け確認
■ ワイヤ、チェーン、バーテープ、ブレーキシュー等交換
全て行った場合には24800円ほどの工賃がかかりますが、19800円に収めました。別途パーツ代をお支払いいただきます。

全ては快適なサイクリングと安全のため

人の命を乗せて走るものなので、どこの誰だかわからない人から買うというのはリスクです。販売者がPL保険に加入しているのは間違いないと思いますが、それがあるから事故を起こす確率が少なくなるわけではありません。キーポイントは販売時のクオリティ、使用者への情報の伝達、そして使用者による継続的なメンテナンスであり、3つのうちどれか一つが欠けてもいけません。

そのためにはリアル店舗での販売が必要だと思うので、我々は販売店を路面に維持しています。

ウルサイ店なのはわかってますが…笑

必要なことはたとえ嫌がられてもお伝えしないといけません。通販で買えば、納車に掛かる時間もゼロだし、家にいればいいし、楽チン。それを利用して、テキトーなクオリティで出荷する業者。そして、どこへ行くアテもなく孤立する購入者。

かたや実店舗に行くと、私のように口うるさい店主が自転車のイロハを小一時間かけて説明してきますし、扱っているブランドを心底愛しているがため、そのブランド歴史から語りだす始末…

まあ、どっちも迷惑ですが笑、あなたがこれを読んでどちらを上手に利用し、ご自身の自転車の健康をご自身の責任で保つために”ご自身にとっての良い選択”をしていただけることを願っております。

それではご来店をお待ちしております。

だいぶスッキリしました

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。