Monthly Archives: 2月 2019

遡ること5年前 〜私がWAHOO KICKRをトレーニングに使う理由〜

遡ること5年前、そう、WAHOOのトレーナーをみたのはその時でした
場所はスペイン、マヨルカ島。チャレンジマヨルカのスタート前、あるいはレース後にチームスカイのバスの周りをウロウロしていると、見つけたんです。確かスカイがレースに登場して2年目くらいだったんじゃないかと思いますが、とにかくやることが他と違うと思っていたので、ウロウロしたわけです。

その時の写真がこれ
「トレーナーもなんか違うの使ってるなー。そういえばこのメーカーはウェブで見たなぁ」と思って細部まで色々見学。屋外でも電源を使ってましたね。プロチームは最良のものを使うはずというと、自転車本体を思い浮かべそうですよね。しかし、自転車の世界ってフレームやホイールでそこまで大きく変わることはありません(あ、言っちゃった…)。使用感は違いますが、成績にはほぼ反映なしというのが現実です。軽さは違うはず?違いますけど、古典的な一部のフレームに乗るチーム以外はどのバイクも制限一杯でしょうからね。しかし、トレーナーって家電のようなものですから、良い悪いはある程度はっきりします。機能があるかないかですからね。その理由をこれから説明します。

ウォームアップとウォームダウン
日本語ではクールダウンと言いますが、彼らはウォームダウンと言います。英語圏の言い方なのか、彼ら独特なのかはわかりませんが、作業内容を加味するとこちらのほうが正しいでしょうね。過去を遡ると、これらについては全くしないというレーサーがほとんどでした。もちろん、それで出せる結果もあるでしょう。またトレーニングのほぼすべてを屋外で行っていました。彼らから見たら今のインドアサイクリングは”非現実的”で”異様”なものに見えることでしょう。

何をすべきか
プロであれアマチュアであれ、トレーニングでは調子を定めることが大事です。つまり、高いパフォーマンスに注目し、それを得るために何をすべきかを考えることです。ただ、そこで描いた理想的な戦略と実際に実行環境には大きな隔たりが現れることが多いと思います。過酷な環境の中でトレーニングを行うことは選手を強くするという意見もあるでしょう。果たしてそうでしょうか?過酷な環境で仕事をするほうが、その人の仕事な充実し、さらに良い仕事ができるようになるのでしょうか?あるいは、多くの社員をそのような環境に放り込んで、這い上がってきたものだけを拾い上げるほうが良いのでしょうか?

トレーニングは辛いものです
実際、トレーニングは辛いものです。しかし、辛いの意味を勘違いしてしまいがちです。寒さ、雨、暑さ、そのような困難な環境に耐えることも大事ですが、それが全てではありません。トレーニングで追い込むことと、ただ辛い思いをすることを同一視してしまってはいないでしょうか?インドアサイクリングは全く新しいスポーツだと言えます。まるで実際のサイクリングとは違う体験ができることは良いことでもあります。これをどう活かすかは戦略次第となるでしょう。以前ならば、雨だから「仕方なくインドアで」というものでしたが、もはやそれは過去です。インドアでできることと、アウトドアでできることは違うものだということはわかっています。つまり、それをパフォーマンスアップの戦略上、どのように使うか?ということです。

当店にはWAHOO KICKR、KICKR CLIMBがあります
これまでならば、30分すらままならず、10分で飽きてしまい、ただただ精神的に辛い60分を過ごすということが、インドアトレーニングだったことでしょう。今では天候に左右されず、どのようなトレーニングでも可能になりました。30分で止めてしまっていた人が2時間や3時間のインドアトレーニングをするようになったということは珍しいことではありません。時間や気分に左右されることはありますが、今やるべきことをしっかり認識し、そのセッションを具体的で明確な内容として落とし込むことが出来ます。つまり、結果が読みやすいということです。

トレーニングとは?
トレーニングとは修行だと思ってしまっていませんか?それは一部誤りです。自身が行うトレーニングセッションは何のためにあり、どこへ向かっているのか?あるいはそれをすることは正しいのか?と考えるのは普通のことです。過去の選手たちは、それを行ったあとに得た結果によって行った内容を肯定し、それをセオリーとして自分の中に保持しました。つまり、まずはメンタルというわけです。

しかし、私自身にはそのメンタルはありません。読んでいるあなたはどうでしょう?
私達は自分が行う物理的な要素に加えて、それを行う際の心理的体験や要素を関連付け、自分がしているセッション一つ一つの妥当性について納得しなければなりません。そうすれば、より強い自信を持てるはずです。それがメンタルを鍛えることであったり、勝利のメンタルを作り上げることにならないでしょうか。自分が行っているトレーニングに対する信頼が必要です。つまり、自分が行っていることが近い将来に違いをもたらすと思う必要があります。

安ければ良いのか?
冒頭に書いたとおり、フレームと違い価格差は性能差や機能差へ顕著に出ます。もし、予算が許すならハイエンド機種を手に入れるほうがより良いでしょう。買っても使わないのであればどれを買っても同じく無駄ですが、目的を達するために買うのであればハイエンドが誰にとっても最良だと断言します。より重たいフライホイールの重量、より重たい本体重量による安定性、進化した静粛性は先に書いたトレーニングへのポジティブは感情をサポートし、自信をつけることが出来ます。きっと、壊れるまで買い替えをすることは想像していないでしょう。自転車と同じように考えるべきではありません。遠慮は無用です。

実際に漕ぐとわかります
WAHOO KICKRではこれまでのトレーナーと違い、たいへん漕ぎやすいとわかります。音がうるさいか、静かであるかは大事ですし、話題にもなりますが、トレーニングツールとして本質的に大事なのは、先程言ったようなポジティブさをいかにして保つかということにあります。そのためには実際の使用環境、競技環境、走行環境をイメージし、実際にその環境下にある中でのシミュレーションをするべきでしょう。そのためにWAHOOはKICKR、KICKR CLIMB、KICKR HEADWINDを揃えました。

試乗しに来て下さい
実際に自分の自転車をセッティングし、試乗できるようにしています。乗ればわかる、本当にそのとおりです。私自身がそうだったように、です。「”ただのトレーナー”だから、金をかけるより外で乗ったほうが良い」と乗った後も言えるかどうか、それは果たしてどうでしょうか?

本日28日は営業開始が遅れます

本日は子供の通院のために営業開始が遅れます
営業開始は14時を予定しています。

恐れ入りますが、ご理解下さい。


また、本日2月の最終日は世界稀少・難治性疾患の日です。丸ビルでイベントをやっていますので、会社帰りにでも寄ってみてください。講演会やいろいろなイベントが開催されます。

うちの子の写真が同イベントの写真展で審査員賞に選ばれましたー!

洗車から気が付きました

気づきを生む
汚れた自転車は気分が良くないのですが、それ以上にトラブルに気が付きます。単にクリーニングするだけではなく、細かなトラブルの予兆に気づけるチャンスです。その意味では我々に洗車を依頼頂くことには意味があるかと思います。

今日も1件ありまして、そこからチェーンの伸びとフリーボディの緩みに気がつくことが出来ました。細かいところではボトルケージの固定ネジも少々緩んでいました。

細かい部分まで徹底して”完璧を目指す”ことがノートラブルを生むのだと思います。

洗車サービスは上に承っています
いつでもどうぞ。3240円〜です。


他、私が接客の際に説明している内容です

■ 洗車
定期的に洗い、きれいにし、トラブルがないかどうか気をつけます。わからない場合には店に持ち込むべきです。「私は○年何も起きてない」という声も時折聞きますが、むしろそういうケースが危険かもしれません。つまり、気づいていないだけという可能性がああります。洗う場合には水が入り込みますから、組み上げる際にはそれを前提にして消耗品のサイクルを考えたり、防水のためにグリスを多めに塗ったりします。現在は水を使わないクリーニング方法もありますので、適宜選択して下さい。

■ 部品
自転車はフレームを含めてパーツの集合体です。それ全体が消耗品であるならば、全てのパーツは徐々に消耗します。消耗品は消耗し切る前に交換すべきです。そうしないと、壊れてしまいます。つまり、フレームからホイールまで全てです。それらが破壊する場合に関しては、運が悪いとか、怪力なのではなく、単に”使いすぎ”であることも少なくないでしょう。実際、我々ショップオーナーやプロのレーサーは頻繁にパーツやフレームを変更しますので、トラブルを多く生む人は極稀にしかいないのではないでしょうか。様々なパーツを選択する場合には、そういった交換タイミングと運用コストを考慮して選ぶほうが良いと思います。部位によりますが、高いパーツにするなら安いパーツを頻繁に替えるほうが良いかも知れません。その意味で105クラスは単品で買いやすい価格になっていますから、ケチらず替える法が良いと思います。105クラスをばらして直すより買い替えたほうがコストは安いです。それ以上のクラスに関しては使用できる時間が長くなると思いますが、アルテグラ以上のクラスがレーシングコンポーネントであるならば、使用者の走行量が増えることを考慮すると、実際には105クラスと同じくらいの時間単位で交換が必要になることでしょう。

■ ブレーキ
ブレーキシューのクリーニングは頻繁に。特に雨上がりや200キロ程度以上走った後には毎回します。一度に100キロ以上場合にも極力行います。月に一度は見ます。ブレーキシューは半分近く使ったらすぐに交換します。

■ チェーン
万全を期すなら3000〜4000キロで交換、ギリギリで5000キロまでです。ただ、すり減ったカセットやチェーンリングを使う場合、あるいはそれに汚れが重なると、それ以下の距離でチェーンの摩耗が進むケースがあります。私は最低限1回/月は洗っています。洗う場合には徹底して完全にキレイにし、用途を考えてオイルの種類や量を選びます。ちなみに、シマノが”最高の性能を維持する場合に”と前置きするとチェーン2回交換でスプロケット一回、スプロケット2回でチェーンリング1回の交換を目安に表現しています。あくまでも、”最高の性能を維持するには”ですが、そのためには決して大げさではないということです。

■ タイヤ
種類によって異なりますが、どんなに長くても1年はもちません。その前に劣化します。ゆえ、半年くらいでの交換を推奨します。摩耗について言えば、レーシングタイヤではチェーンと同じくらいのサイクルだろうと思います。しかし、4000キロ以上もつものは稀です。劣化したタイヤはゴムが固くなり滑りやすくなるのはもちろんですが、カットしやすくなりますし、パンクするチャンスも増えます。

■ QRレバー
意外と盲点です。止めたほうが良いのは”とりあえず装着する”ことです。洗車後、輪行後、車載から下ろした後などに、”とりあえず”つけたことを忘れてそのまま乗ってしまいます。レバーの向きよりも、締め付ける強さとホイールがまっすぐはまっているかどうかの方が大事です。スルーアクスルでも一緒です。また、使いすぎたレバーも交換しましょう。締め付ける時に固いもの、あるいはガタツキがあるとか、音がするものもメンテナンスが必要です。

■ インソール
カスタムの物を含めて使用されることをおすすめします。当店ではソールスターをオススメしています。ただ、熱成形タイプは特にですが、年単位で使い続ける場合には注意が必要です。使いすぎにより劣化し、元の性能を維持できなくなっている可能性があります。

いつやるの?雨練

まあ、今じゃないんですけどね
一つ前のポストでやるべしと言った雨練なんですけど、いつやるの?ってところです。
さて、以下の4つのウチでいつ雨練します?

■ 降り始め
■ 土砂降り
■ 小雨
■ 雨上がり

私の答え
この内一番危険なのは降り始めです。ドライの時のスピード感や接地感に慣れているので、急に雨が降り始めた時には感覚が慣れません。急にビビってしまってむしろ悪い方向に振れることもあるので要注意。ルートもドライ時のままでしょう。特に帰り道が注意です。早く帰ろう、降り始める前に帰ろうなどと焦る気持ちが危険です。

雨上がりがその次に危険です。降り始め同様に、濡れている箇所と乾いている箇所あるいはその中間などが入り混じり面倒です。雨降りが止まってしまうと、汚れが落ちない割に跳ね上げがあるので一番汚れます。チェーンもオイルが落ちてしまって乾いたり、砂や細かな砂利が入ってオイルを吸ってしまったり、偏摩耗を呼ぶのでもっとも過酷です。まだ降っている方がマシ。

土砂降りは視界や路面の水たまりに注意して走りますが、酷い場合にはルート変更等をします。消去法で考えると、小雨が一番走りやすいと思います。ただ、気温が低い場合には体温が奪われてしまいますのでライドを中止するなどの判断も必要です。

以上、私が雨練をする場合の判断基準です。
つまり、暖かい時期の小雨が最適ですかね。

ワンウェイのロングライドなどで天候が変化する場合には、ウェアを着替えるほか以上のような走りの切り替えも必要になるかと思います。

以前にも雨練についてはポストした記憶がありますけど

雨練をしておこう
西加南子さんがとても良いポストをしていただけましたので、皆さんとシェアします。昨今、ブレーキがタイヤがと道具は変わりつつありますが、使えなければ一緒です。3ミリ太いから勝手に止まるわけではなく、人が操作する範疇が広いというのが自転車の楽しみでもあります。

以下は私のやり方ですので、参考まで
雨でキーになるのはタイヤと路面だと思います。ドライでもタイヤの種類によって路面とのコンタクト感覚は変わりますし、空気圧の設定もそれによって変わります。雨であればよりシビアになるのは言いやすいと思いますが、雨になると性格が変わるタイヤもあったりします。これらはドライでも雨でも、つまり様々な状況で使ってみないとわからない、想像ではわからないことです。

「こう動くだろう」と予測してこちらは動かすわけですが、結果的に裏切られるケースがあります。ゆえ、小さなトライをし続け、大きなエラーを負わないように気をつけます。”雨に強いタイヤを使えば済む”というものではありません。タイヤはあくまでも使い方が大きいです。2年ほど前、雨の日に乗っていたところで段差に滑って転びました。数ヶ月前にも、雨の降っている時に公園内などに見られるタイル状の舗装が予想以上にスリッピーだったため、一瞬で空を見上げていました。いずれも原因は無理をしたことですし、注意不足でした。

飛行機は飛んでいる限り落ちる可能性がありますし、自転車も走っている限りは事故を起こす可能性があるものです。あくまで前提にそれがありますので、注意に注意を重ねます。

無理をせずに十分に気をつけていても転んでしまうことはありますが、長時間のライドにおいて体力が削られた状況においてはより注意が不足してしまう可能性が高くなります。そのために普段から安全マージンを確保しておくことと、そのクセをつけるようにしています。自動車を運転するときと同じなんですが、自転車の場合には減速したくない、止まりたくないというその特性が”勢い”をつけてしまう場合があるかと思います。その点、最近乗り始めたE-BIKEは加速に体力と筋力をそれほど必要としない上にディスクブレーキを備えるため、安全率を上げやすいとは思いました。

就労時間の関係から夜練をされる方も見かけますが、ある意味雨練より危険度は高いと思います。お気をつけ下さいと言うばかりですが、正直申し上げて暗い中での練習はオススメいたしません。


スポーツバイクスタートキットプレゼントキャンペーン

MERIDAパートナーショップおよび、MERIDAアドバイザイリーショップにて
MERIDA BIKE(CROSSWAY、MATTS、KIDSを除く)ご購入のお客様全員にMERIDA X BASE専用商品をプレゼント!


※MERIDA X BASEのみで販売される専用商品です

● キャンペーン概要
■ 期 間:2019年2月23日(土)~3月31日(日)
■ 対象車:MERIDA BIKE ※CROSSWAY、MATTS、KIDSを除く
※配布はグッズがなくなり次第終了とさせていただきます。予めご了承ください。

CATEYE SYNCはとても便利です

導入しました、CATEYE SYNC
これまではVOLT400、X2 KINETIC、WEARABLE Xを使っていたのですが、全て買い換えました。それくらい良いです。

フロントライトはSYNC CORE、リヤはSYNC KINETIC
コアという名前だけあって、まずはこれありきです。コアに他のライトを追加していく形です。それぞれがリンクすることで、いずれかのライトのスイッチをいれることで全てのライトが連動して点灯・消灯します。スマホアプリから電源オンオフもできますが、いつ使うんだろう?とは思いますが、フロントのコアに関しては”ハイモード、ミドルモード”は使いませんというようにオフにもできるので便利ですね。

SYNC COREもSYNC KINETICもパターンが豊富で、デイライトのためのパターンも用意されており、ツーリングにもトレーニングにも使いやすい。

さらにSYNC WEARABLEを追加
WEARABLEはクリップ付きのライトなのでサドルバッグやジャージのポケットに取り付けることが出来ます。これも更にシンクロさせると、リアライトであるSYNC KINETICと点滅のタイミングがシンクロし、点滅パターンもシンクロします。これもとてもいいですね。点滅タイミングがシンクロするほうがクルマから見た場合の視認率が高まりますから、安全性がアップします。

KINETICはモードのカットがなかったので使用できる時間が短くなってしまったのですが、SYNC KINETICはカットが出来ます。ゆえ、長寿命が必要なときにも対応できるようになってます。SYNC KINETICは丸いポストにしかつけられませんので、SYNC WEARABLEを利用して下さい。

CATEYE SYC CORE&SYNC WEARABLEセット
15660円(税別)
※こちらは店頭販売のみ(通販禁止)商品です
※バラで買うよりお得です

バッテリーの持ち時間はこんな感じです。

アプリに登録すると設定変更やバッテリー残量などを表示します。

フロントのライトで点滅系しか使わないなどの設定も可能です。

例えばこんな感じにも出来ます。

キネティックモードのオンオフができるのは良いですね。

バッテリーが低電圧になった場合スマホに通知が飛ぶようになるのも便利ですよ。

オーバーホールが完了しました

オーバーホールが完了しました
先日も書いたのですが、オーバーホールをするには良い時期ですので、本格的に暖かくなるまでにご依頼下さい。

3月から乗りましょう
3月からの乗り込みはGW辺りでの脚の出来上がりを決めますし、梅雨時期にどれだけ乗り込めるかは7月8月の出来栄えに関わります。

ご依頼をお待ちしております
ベーシックコース:21600円(税込)
フルコース:32400円(税込)
※購入店舗は問いません
※当店購入の場合には割引があります

まだまだ乗れます、元気です。2017年REACTO。前回はベアリング替えなかったのですが、さすがに今回は替えました。トラブルは予防しかありません。壊れる前に替えるが最善です。

フィジークの新しいバーテープを巻いてみました。2ミリだと結構薄めでダイレクト感あっていいですね。一般的には真ん中の厚さが良いかも。

グニュッ → パチン

ペダルを替えましてって言いましたっけ?
ペダルをDIXNAのクロス48からクランクブラザーズのキャンディに替えたんですよ。でも、まだレースでは使ってないんで、明後日は結構不安ですw

あまりイメージが良くなかった
クランクブラザーズのペダルにはあまりいいイメージがなくてですねw
やはり接地面の小ささと踏んだ感じのグニュッと感というか、そのへんです。DIXNAはシマノ形状ですから、すごく良いってことではないんですけど、普通ですよねw まあ、半年も使えば慣れますけどね。

で、導入したのがこれです
クランクブラザーズ シューシールド 1318円(税込)
靴のソールを守るためにつけるものらしいです。クランクブラザーズのペダルのウイング部分、引っかかるところですね、そこがシューズのソールにぶつかるたびにすり減ってしまうんだそうです。なるほど。それを防ぐのがこのプレートというわけです。

ハマったかどうかがわかりやすくなる
とりつけるとこうなります。個人的に狙った効果は金属同士の接触になるので、ハマった瞬間がわかりやすくなるかなーということでした。ためしてみたところ、狙ったとおりになりましたよ。安心感あっていいですね。

LAKEのシューズを使う場合にはシューシールドは必須です
アウターソールがペダルのウイングで攻撃されてしまい、摩耗したものもありますが、LAKEの場合にはそのせいでソールが割れてしまう場合には保証の対象となりません。ゆえ、シューシールドを必ず装着して下さい。

在庫あります
シューシールド 1318円(税込)
ゼロフロートクリート 3532円(税込)
プレミアムクリート 3532円(税込)