Daily Archives: 2018/11/18

SCULTURA TEAM-Eに馴染んできたかなぁ?

前回のポストの続きです。

今朝はいつものロード周回練で鍛えていただきました。

サマリーを書けば、3時間半で75キロ、186TSS、IF0.80、NP197Wで、最も高強度だった35分間はIF1.05、NP259Wと満足な数字でしたし、実感としてもそこそこ無理もできたのでいい感じでした。

シクロクロス的な踏み方をしてみたのでギザギザな感じです。ロードだとある程度の高強度でダラーッと踏む感じが多いように思えますが、SSTやLTを境にして上下を行ったり来たりしたほうが何度も高強度に入れることが出来て良いんじゃないかと思います。休む時はしっかり休むタイミングがないと、ダラダラ強度が下がってしまうと思います。

今日のトータル乗車時間を各パワーゾーンごとに表にしました。

出力(W)割合(%)
アクティブリカバリー101-12613
エンデュランス139-18724
テンポ190-22319
SST228-2406
LT240-26610
VO2max278-38017

長く強く踏むのに最適なSSTがもっとも低い割合になっており、テンポとLT以上の割合はほぼ同等です。つまり、SSTを挟んで上下のインターバルをしたというイメージです。これは私が今日やりたかった内容にドンピシャですね。

また、それを実現するのにスクルトゥーラチームはとてもいい反応をしてくれました。切れそうな場面で、踏む気持ちさえ切らさなければ、最初の2-3踏みでジャ!っと加速して追いついてしまう事ができました。リアクトだとそこがちょっと粘っちゃうんですよね。だから、一旦見逃してジワっと追いつくほうが楽だったりしました。

ペダリングも掴めてきましたよ!
いい感じです!

スクルトゥーラはいいバイクですね!

買ってよかった!!!

私の冬のサイクリングについて
私の場合、今どきの冬は寒い時期が短いという感覚なので、いわゆる防風ジャケットは要らないという考えです。一応パールイズミのは持っていますが、昨年稼働実績ゼロでした。

まず、早朝に走ることがほぼなく、時間帯は9時半〜12時なので、気温が5度以下であるケースは稀です。また、土日に気温が3度以下になった場合、都内では凍結しやすいので走りません。つまり、気温5度以上の状況でいかにして汗の処理と保温を両立させるかがポイントとなります。

そうした場合にベストな回答の1つが
Q36.5 Air Insuration Jacket
32,300円(税別)
でした。

これはイイです!

まず温かい
今朝、7時半時点で温かすぎて驚き、練習後の今も汗冷えする事なく快適に駄弁ってられた事にも驚きました。アンダーはQ36.5のベースレイヤー3 L/Sを1枚のみでした。

そして蒸れない
温かいと群れてしまうケースがあります。群れは気温における湿度上昇と同じくして、不快指数の上昇を生みます。しかしこのジャケット、蒸れないから不快感のなさに驚きました。36.5度という運動するのに最適な体温を保つための、シリアスサイクリストのためのウェアメーカー、さすがです。

動きやすい
ノーストレスです。買ってもらったらわかりますw

Q36.5は高くない
「良いのはわかるけど高いよねー」と言いますが、実際に良いので高くないですよ。ムレムレで汗だくになっちゃうジャケットだって25000円くらいするはずですし、輸入品はほぼ30000円オーバーじゃないでしょうか。Q36.5は作りもしっかりしていますので、耐久性もあり、結局のところ安く感じる事が多いです。

[業務連絡] 納車準備完了しました

今週の金曜日に納車予定のO様、納車準備が完了いたしました

2018 SCULTURA 5000
239,000円 → SALE価格

スクルトゥーラCF2フレームは現行メリダのロードバイク中最も乗りやすく、コンフォータブルさも備えます。初めてのロードバイクには最適、いやそれ以上のバイクだと思います。これから寒くなりますが、”サイクリストは冬に作られる”というくらい大切な時期。この時期から乗り込んで、春には少しだけ冒険できるようになるといいですね。