Tag Archives: ロードレーサー

[メリダ 2017モデル] その3 スクルトゥーラ CF2編

DSC_0621 のコピー

DSC_0608 のコピー

DSC_0610 のコピー

DSC_0613 のコピー

DSC_0616 のコピー

DSC_0622 のコピー

DSC_0627 のコピー

DSC_0629 のコピー

DSC_0631 のコピー

DSC_0634 のコピー

DSC_0637 のコピー

DSC_0640 のコピー

スクルトゥーラ CF2というのはフレームのグレードのことです。9000がCF5、チームがCF4、そして最もよく売れるミドルグレードである5000や4000に採用されるのがCF2です。

スクルトゥーラシリーズはチームモデルが2016年に新しくなり。2017年にはそれと同じような形状に変更されたCF2グレードとなります。つまり、フレームがモデルチェンジします。
リアクトが登場する前にオールラウンダーを担っていた先代スクルトゥーラはリアクトの登場と共に、中低速でのかかり重視に路線変更しました。その弟分が今回のCF2となります。

乗って比べてみても、先代CF2より瞬発力が重視されており、登坂時のかかりは良くなっています。チームモデルが僅かな”ため”しか無いのに対して、CF2では程よい”ため”がペダルリングのリズムを維持しやすく効果的に感じました。ペダリングも上手で、心肺機能もあり、それに耐えうる精神を持っているライダーならばチームモデルは効果的でしょうが、ノービスライダーには諸刃の剣となるかも知れません。

先代ではあまりバネ感を感じにくく、しっとり感が強調されていたと思います。それは先代チームモデルがその傾向だったからで、「デチューンするとそうなるよね」という感じです。その意味では、ヒルクライムを重視したような場合でも今回のCF2は好まれるフィーリングだと思います。チームモデルはより高いケイデンスを要求してきますから、長時間の高強度となると身体はきつくなります。むしろ、CF2にし、ケイデンスを落とし、落ち着いて効率的なペダリングをすることが長時間ライドでは有効な場合もあります。

剛性バランスは硬いと感じないレベルですが、グイグイ踏みつけるパワーにも反応してくれるので思わずニッコリしてしまいました。先代CF2はちょっと柔らかい印象だったのですが、今回は上位モデルの味付けを継承しているようです。

ブレーキ位置は先代の通りノーマルキャリパーを使用しますので、メンテナンスは容易に行うことが出来ます。自分で管理しやすいということをメリダの開発陣は重視しました。このあたりは手堅いドイツ開発の味付けでしょうか。

このフレームにこの価格で乗れるというのは本当に驚異的です。毎度のことながら、メリダは強力なバイクを次々出してくるなと関心します。

「メリダはチームモデルを安価に買える」というメリットが強調されがちですが、ミドルグレードやボトムにまでしっかりと作りこんで来るのが本当に良いメーカーの仕事であって、その乗り味はベテランライダーすら満足させてしまうのですから、それは「もう”有名ブランド代”を払わなくても良いなぁ」と思わせて当然だろうと思います。ゆえ、ブランド物をメインに扱っているお店でも”放っておけない”存在になっていますよね。

BBはPF86になりました
スペック面ではBBがスレッドから圧入式になりました。いまだに”圧入式へのアレルギー”をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、メリダのフレームは工作精度も良く、私が問題を感じたことは一度もありません。周囲でレーサーの方が使っている状況も聞き取りしますが、「某メーカーではダメだったけどメリダは全然平気だ」と太鼓判をもらうことばかりで、問題視されることはありません。アダプター内に圧入されているベアリングについても、非常にシール性能が高いものが使われています。すぐにダメになると聞く幾つかのメーカーとは状況は違うと思います。どうしても心配であれば、あるいは万一問題が発生した場合には「WISHBONE」という飛び道具がありますので一気に解決することも可能です。

新車時からWISHBONEに交換するサービスも承ります。
プレミアム組み立てであれば工賃無料、パーツ代のみでOKです。

何台も試乗する中で私はこのCF2を2度試乗しました。
それほど印象的であったからです。「これは自分で乗っても全然イケるな」と感じましたし、4000グレードでも問題ないと思いました。もちろん、5000とはフレームが同じなのですが、ホイールさえ変更してしまえばまさにオールラウンドに活躍してくれると思います。

105仕様で19万、アルテグラ仕様で24万、このバイクに対抗できるメーカーは少ないでしょう。
スペックだけではありません。フレームの精度、乗り味、カラーリングまで抜け目がないとはこのことです。正直、2016モデルのカラーラインアップにはガッカリしていたのですが、2017年を見て思わずテンションが上ってしまいました。

「中身は良いけど見た目はね…」とも言われないほど、2017モデルではさらにスタイリッシュになっています。チームカラー以外の選択肢も充実し、色選びが本当に楽しい2017年モデルです。

4000と5000で迷ったら?
色で決めましょう。それで構いません。コンポーネントで速さは変わりません。重さが少しだけ変わりますが、バイク重量はパーツとフレームを全て合わせた重量ですから、105をアルテグラにした程度ではさほど変化しません。ベテランライダーがアルテグラを使いたいケースであっても、色重視でOKでしょう。6900デビュー時に載せ替えてもOKなのですから。

というわけで、ミドルクラスのカーボンロードレーサーのベストバイだと言えます。

高級車両と並べて比較されますと、「メリダはコストパフォーマンスが良い」とばかり言われるのですが、乗ってみてください。純粋にパフォーマンスが素晴らしく良いことに気づいて頂けるはずです。

当店ではメリダを中心に販売するディラーとしては、きっと都内で唯一になると思います。
それほどメリダに力を入れていますし、メリダの国内販売促進に力を尽くしてきました。

2017シーズンは多くの試乗車を常設し、新たなシーズンを迎える予定です。
ぜひご来店下さい。

価格以上の価値を持っていることは間違いないと思います。好みや感覚は各々違いますが、上手に中庸を守っているのですが凡庸ではないというところがメリダの上手さです。

メリダを扱い始めてから6年目のシーズンを迎えます

GOPR0056

私がメリダを扱い始めてから5年目のシーズンを迎えています。来年は2017年となり、6年目です。

ここ数年、メリダを扱うディーラーは増えてきました。色々なお店でメリダを買うことができるようになったと思います。今回行われたメリダディーラーキャンプは二つに日程に分けて行われ、メリダを日本でさらに広めて、愛していただけるように尽くし、共に歩む特に重要なディーラーの中に私を選んでいただきましたので、初日日程に参加しました。

初めて行われたディーラーキャンプに参加したのはたった28店舗。これは”全国で”なので、どれだけ寂しい数字かわかっていただけるかと思います。都内を中心に展示会が多く開催される日程の中でこの28店舗は全国からまさに”人知れず”集結した、そんな印象でした…(笑)

盛り上がるという感じではなく、「みんながんばろうね」って感じ(笑)

その後、都内で開催された展示会もガラガラで、デビューしたばかりのSCULTURA SLに私が乗っていれば「メリダ乗ってんだ。へぇ、それっていいの?」とまるで興味がなさそうなコメントをいただいたりもしました。

それが今や、アメリカンブランドやヨーロッパの有名ブランドから続々と乗り換える人が現れるという状態にまでなりました。ランプレメリダに供給を始めたことがキッカケになったのは確かですが、ここ数年でスポーツバイクメーカー・ブランドを取り巻く状況が変わってきたことも同時並行で発生しており、それらの様々な要因によりメリダ製品の良さを実感し、正当に評価していただけるようになったという印象を持っています。

6年前、私はメリダに関しての情報を全く持っていませんでした。知る手段はありませんでしたし、興味もありませんでした。なんとなく、「ガンリタが乗ってる」というくらいのイメージだけでした。サイクルモードで偶然に業界内でお世話になった方と再会を果たし、その後「メリダを日本に根付かせる為に一緒にやってほしい」と声をかけていただきました。しかし、半信半疑。安モノメーカーでOEMメーカーだというイメージでしたから、「ホントにメリダをやるんですか???」という気持ちがあって当然だったと思います。

しかし、そこで「一緒にやります」と返答したディーラーがいくつかありました。その内の一つは私です。

売れるかどうか全く分かりませんでした。まして、実物は見ていましたが、乗ってもおらず、自転車に関してもメーカーに関しても詳しく聞くことなく、なぜか「やる」と決断しました。何かを感じた?といえばそうかも知れません、だって誰もが「へぇ、それっていいの?」という状態だったわけですから。

そしていきなりマヨルカ島へ(笑)

まさにこの時も”人知れず”でしたね。いったい何が起こるのかもわからない状態で成田空港に集合し、不安を抱えて28時間のフライト。お店は10日間休業ですから(笑)普通のお店はOKしません(笑)最近でも他メーカーで現地へ行くという光景がありますが、それとこれとは全く別でした。だって、乗ってもいないし、知らないんですからね(笑)最近のやつはご褒美的な旅行でしょ?

でも、あの時の旅は「これから大きな仕事をする為の小さな一歩を如何にして踏み出すか」という真面目な緊張感に包まれた、地中海に浮かぶ離島での一週間。僕の自転車業界人生では特別な時間でした。あのようなチャンスを貰える人は極めて稀でしょう。

P1000538

なぜ信じたのか、行ったのかと言えば、やはり人と人の関係。それしかありません。モノは見てないけど、信じて動いただけです。もちろん、リスクはありました。すでに売れていたり、売れると分かっている製品を扱うの簡単にできます。はい、資金がありさえすればなんでも可能だからです。しかし、我々にあったのは気持ちでした。それを共有し、団結しました。

それが日本のメリダファミリーのスタートでした。

現地でプレゼンを聞き、同じく世界中から集まった人たちが醸す空気を感じ、選手の真剣な表情を見て、
 「これはすごい事になるぞ!」
と武者震いをしました。

P1030146

P1030154

「ここまで大きな規模のメーカーが日本のマーケットに参入することは、今後絶対にない。ここが最後だ。」そう確認し、気持ちを決めたのを思い出します。そして翌日にはテストライドをして、その”すごさ”を確信に変えたのです。「このバイクはヤバい」と。

だがしかし、宴が終わり日本に帰ってきて来てからは前述したディーラーキャンプがあり、展示会があり、現実を叩きつけられました(笑)

あの時の熱を、現地の空気を、少しでも伝えたい。日本でメリダに対して持っているイメージを変えたい。そして、いくつかの有名ブランドをひっくり返したい。そう願い、本当のメリダの姿を伝え続けてきました。

それが今年のディーラーキャンプに参加し、ユーザーさんから注目を浴びるのを見て
「ようやく、ここまで来たのかな」
と感慨深い思いです。

でも、まだまだです。

多くのディーラーで販売されるようになったメリダ。

その中で私は最初から携わってきた人間の一人として、共にここまで大きく成長させたことを振り返りつつ、だからこそ出来ること、言えることを思い出し、足りない部分を確認し、まだまだこれからもメリダと共にマティーノは存在し続けると宣言します。

次回はこのディーラーキャンプで見て、乗った新型バイクについて個別に触れていきます。
次回もお楽しみに。

WILIER IZOARD XP 展示車特価

赤と白のオサレなカーボンフレームにいいとこ取りの105を載っけております。

この価格で不安なのはブレーキ、クランクのアッセンブルですか?

「ブレーキがFSAかぁ…」と思うかも?ですけど、まぁまぁ使ってみてからで良いじゃないですか、そんな悪くないですよ。TEKTROあたりでも高いのと安いのとは全然違いますしね。

このブレーキとクランクなら、ビギナーが1台目に乗る分には不満なんて無いはずです。今の時代、ロード始める方ってゼイタクですね、羨ましい。

組立にはいろいろと気を遣っています、いつも。7部組を信用せず、あらゆる箇所を外して組み付け直しています。このバイクに限らずですけどね。グリス塗ったり、締め付けトルクを適正に…

先日は某チェーン系で組まれた自転車でしたけど、ヘッドがガタガタの状態で納車されていたり、ワイヤが短かい状態で納車されていたり、いくら良い自転車でも悲しい結果ですね。

最初の一台って、そんな組まれ方をしていても分からないですよねぇ…

納車時にはしっかりフィッティングを行いますよ。漕ぎ方、ロードレーサーの扱い、メンテナンスなど何でも聞いて下さい。ロードの乗り方は初心者練習会で。

IZOARD XP 105/WH-RS10完成車
レッド Sサイズ
完成車価格:242,000円 → 展示車価格:211,750円

完成車購入時にはフィッティングも無料にて行います

泡泡にしてキュキュッと磨きます

仕上げにはこれをプシュッと

BBには防水用のグリスを塗ってますから、ガンガン走ってもグリスが抜けにくいように

クランクやら、BBやら、ヘッドパーツやら外してみて、下処理して組み直し

2011 ORBEA ONIX 105 完成車 展示特価車 1台のみ

日本人と同じ程度の体格であるスペインのフレームは、剛性バランスが行き過ぎにならず、とても扱いやすいと思います。もちろんレースにまで対応できるので、ポテンシャルはしっかり持たせてあります。

2012年モデルのORCA ブロンズはONIXと全く同じ繊維ですので、乗り味一緒です。

ORBEA ONIX 105完成車
カラー:レッド
サイズ:51(トップ長:530、身長160cm後半〜170cm前半の方が目安)
定価:235,200円 → 超特価:175,000円

2012年モデルのONIXはTIAGRA完成車で178500円となりました…
そっちはもうそろそろ完売ですか?
乗るなら105でどーぞ!

アルテ仕様と同じフレームに105を搭載しました。穏やかな伸びはロングライドに最適です。

松崎さんマティーノに降臨

秘蔵の松崎さんパネルを出してみました、そして飾ってみました。

ザニアのデビュー以降、ようやく?グラファイトデザインへの注目が高くなってきたと言うか、まぁ正直言って”何を今さら…”って話なんですけどね(笑)これまで勧めていなかった人やお店までもが、今頃になってグラファイトデザインの自転車を組み上げているのを見ると、思わずほくそ笑んじゃいますよ…

誰も”良い”と言っていない時にそれを肯定するっていうのはマイノリティになるってことなので、それはそれは勇気の要ることなんですよ。だって、好奇の目でしか見られてなかったんですからね。「ふぅん、良いんだー。でも高いよ」とか「デザインがイマイチ」とか、結局乗り気じゃない。「その値段なら○○○買うよ」とか、ね。名前が欲しいだけなら、ブランド料の方が高いと思いますけどねぇ…

だって、メテオスピードデビュー時の最初のインプレなんて酷かったですよね。”柔らかい、以上”みたいな。ですから、僕が乗っていても誰もが「柔らかいですか?」としか聞かない(笑)

「いや、そこじゃないんですよ」って言うにも、説明が回りくどくなりすぎて、メテオスピードの真価を説明するには路上では無理。だから、「まぁ、そうですね」としか答えられない。

ちゃんと説明しますよ、今でも。昨日もしっかり接客したばかり。良いところも、悪いところも、ちゃんと話します。たぶん、ちゃんと所有していなかったようなちょろっと試乗しただけのお店には分からないことがあると思います。

未だに半信半疑の方もいらっしゃるのでしょう。僕が本気で売りたいバイクの一つです。

グラファイトデザインはとてもすばらしいメーカーです。

スケジュールが決まれば、テストバイクもご用意できます。遠慮無く仰って下さい。

家族連れなアナタにMTBのススメ

MTBは家族連れなアナタにオススメです。ロードを公道で走らせてってのは、僕が親なら子供に薦めるのって勇気いるよねって思います。だって、車に轢かれるかも知れません。大人だって事故に遭うのに、子供はもっと無茶します。楽しいから。

だから、無茶しても良いよって素直に言えるMTBの良さを、もう一度家族連れな方々には認識を改めてして頂きたいなと思います。近所の公園でまずは満足だし、都内だったら水元公園や葛西臨海公園でも遊べますし、ちょっと郊外に行けばトレイルも走れます。

「山で危なくないの?」
と思われるかも知れませんが、あっという間に30キロ出ちゃう舗装路で転ぶのとどっちが痛くないでしょう?車に轢かれる心配がないだけでどれだけ安全でしょう?歩行者を轢いて、子供が加害者になる可能性が物凄く低いだけでどれだけ楽しめるでしょう?

レースにも子供カテゴリーがあります。運動会が年に何度もあるみたいな感じなので、子供のレースはやってる本人達も周りも親もすごく楽しいんですよ。もちろん表彰台に乗れたらヒーローになれますし、そうでなくても負ける悔しさや諦めない気持ちを学べます。これらが”自転車に乗れるだけ”で出来るのですから、とっても良い教育になると思いませんか?

お母さんが自転車に乗らなくても大丈夫です。子供ががんばる姿を通して家族が一つになれます。そして、お父さんが子供を連れて走りに行ってしまえば、その間お母さんは自由の身。ま、その他にも個々の事情はあるでしょうが…そこは何とかして下さいw。

男の子でも、女の子でもOK。

まだ居ませんが、僕の子供には真っ先にMTBを与えたいと思います。

心の俳句「ホイールを大事にするならシュー換えろ」

今日の一句からはじまりましたw

友蔵ではございません。

”リムが減る”という事を知らない方もいらっしゃいます。もちろん、ご存じの方も居られるでしょう。しかし、それに対して何もしていないのが現状ですよね。

なので、ブレーキシューを換えましょうと言うわけです。

なぜ?まずは写真をご覧あれ。

使いっぱなしのブレーキシューはこんなことに…

キラッと光ってますね…

シューの表面もザラッとしてますし、凸凹

な、なんかデカいのが刺さってます…

特に雨の日や雨上がりに乗った場合、地面にあるこういった金属片を拾い上げてしまいシューで拾ってしまったり、あるいはリムが削れたカスが刺さったりということが起きます。

このままにしておきますと、この金属片によってさらにリムを削り、加速度的にリム表面は荒れ、偏摩耗し、シューは汚れていきます。

実際、このシューによって削られたリムのブレーキ面は逆アーチ状に偏摩耗してしまっていました。

ブレーキシューなんて減ったら交換くらいしか思ってませんよねぇ。

こんな写真のようになってしまったら交換が吉です。これを除去し、シューを研磨してとやっているよりは交換のが早く確実。シマノのシュー(R55C3)は数百円しかしませんしね。

出来るだけ長持ちさせるには
 ・シュー表面を250〜500番程度の耐水ペーパーで研磨する
 ・リム表面も時々研磨する(MAVICソフトストーン等使用)
 ・雨天時・雨上がり走行後のメンテをしっかり
など行います。

これらを行えば、

リムのブレーキ面の摩耗量が酷い場合や摩耗の仕方が酷い場合には、ホイールは使用不能となります。ホイールはいつまでも使えるんだと思っている方もいらっしゃるでしょう。

もっと知りたい方はぜひご来店ください。

写真のサンプルシューもお見せします。きっと「うわー」って声を上げるくらいですね。「こんなもんでリム削ってたのかーっ」て思いますよ。そして自分のバイクをちぇけらっちょ。

せっかくの大事な自転車ですから、出来るだけ大事に長持ちさせたいものですよね。

今朝はいつもの朝練

チームメンバーは奥武蔵方面へ走りに行ってしまったし、残っている人も練習に来ないようなので、一人で自主練してました。

たとえ一人でも、続けることが強くなるための一歩であって、これなしに強くなることなどあり得ません。良い機材を使うなら、それなりに脚の方も出来る限りやれることやらないといけません。

練習をサボるのなんて簡単で、探せばいくらでも理由は見つかるモンです。仕事、家族、体調などなど。それも人ごとではありませんから。だから、まずは自ら実行です。

というわけで、3km周回を16周回。どうやら最近、周回コースへの苦手意識もなくなってきたかも。

来週も走りまっせ。

”集団走行はちょっと”とか、”やったことない”って方は初心者練習会へどーぞ。来週の土曜ですね。
現在参加者1名のみですけど、やりますわよ。

ドリル加工

色々な作業をしているとたまにあるんです、緊張を伴う作業が。

LOOK 566をオーバーホール作業中の事。

566に限らず、ダウンチューブ下を通ったFのシフトワイヤが、BBの下をくぐった後、フレームに開けた小さな穴を通ってFメカに達するタイプは多くなってきました。特に、中価格帯の一体成形カーボンフレームに多い。BB周りの剛性を高める為の方法によって影響を受けているのだろうと思われる。

この穴を通ってFメカに到達するタイプ

直前に降雨の中のブルベで300kmを走破したこの566、ばらす時Fシフトワイヤが抜きにくかった。けど、きっとワイヤが錆びているとかの理由だから、ワイヤを抜けば解決すると思っていたのだけど、いざ組立しようと思ってワイヤを通そうと試みるが…

全く通らない

何度か試みるがダメなので、他のもので突いてみる。例えばピック。すると、黒いカスと水が出てきた。泥?のようだった。

どうにか突いたり、押したり、試行錯誤して泥らしきものを除去していくが、ちょうど真ん中あたりに硬いものがあるのが分かる。なんだろう?

ワイヤの残りカス?どっちみち見えないので、ドリルで貫通する事にした。それしかないと判断。何度やっても、フレームに電動工具を当てる作業というのは緊張を伴う。以前ピナレロのドグマにディスクグラインダを当てた事がある。あれはやばかった。ボトルケージ台座のリベットがバカになってしまったので、フレーム内部に落とすしかなかったから、それしか方法がなかったのだけど。数ミリずれればフレームはお釈迦だから。

ちゅいーん♪

で、1.5mmの歯を使ってドリリング。泥と一緒にカーボンの削れカスが出てくる。貫通はしたけど、このままだとまた泥や何かが詰まりそうなので2mmに拡大する事に。

ちょっとだけ穴が大きくなっているでしょ?

とりあえずはひと安心です。

さすがはレース現場の機材

カーボンは表面にクリアがかかっているのでどうしても滑りやすい。だからシートポストが止まらなかったり、あるいは必要以上にトルクをかけてしまったりして、部材を破壊してしまう危険が高まります。

その為に塗るのがカーボンアセンブリーペースト。もう有名ですよね。

TACXのが有名です。まぁ、FSAでも、Effetto Mariposaでも同じものです。製造元から複数のメーカーへ供給されているだけで、同じものなのです。

ですから、モーガンブルーも同じだろう?と僕は勘ぐっていたのですが…

カーボン滑り止めペーストには間違いありませんが、他社とは一線を画します


MORGAN BLUE
CARBON ASSEMBLY PASTE 定価:1,365円 → マティーノ価格:1,250円

全然違いました!

濃いブルーのすごい色

色じゃないですよw

実は従来のペーストで僕が不満だったのは”粘度”でした。緩すぎるんです。特に時間が経つと、ペースト内部に溶けていた?オイルがしみ出してしまい、どんどん緩くなってしまうんです。レース機材としては雨でも使います。何度も過酷な環境で使います。整備の度にペーストを塗り直す事なんて出来ません。

ちなみに…カーボン同士でも固着ってするんですよ…仕組みは知りませんけど、動かなくなることあります。その為にもペーストは必須です。

で。

モーガンブルーのペーストは”ネットネト”です。これは落ちません。

シートチューブの内側、フォークステアの内側、カーボンバーのクランプ、どれも雨に晒されやすい箇所ですから、これは待ちに待った商品でした。

現在オーバーホールを承っているバイクには早速使ってます。

モーガンブルー、間違いなさそうです。