Tag Archives: ミヤタサイクル

2019/4/14 Eサイクリングツアーレポート

昨日は南房総でのEサイクリングツアーに行ってきました
ミヤタサイクルさんから「MIYATA CRUISE」を2台借りまして、クルマで南房総へ移動。時間はドアtoドアでのんびり走って75分。以前と比較して、房総半島はこの辺りからグッと近くなりました。

いつものマンネリコースから脱出
房総だったらロードバイクでも走ったことはありますし、クルマでも行ったことは何度もあります。しかし、過去40年間で訪れた街や山や海は限られます。これは他の地域でも、他の方でも同じ様になると思います。それはそれで良いのでしょうけれど、いつも行くコースの隣町や脇道に興味があればどうでしょうか?今回はそんなマンネリから脱出する刺激的なコースやプランをE-BIKEにより開拓しました。

日本再発見プロジェクト
今回のコースは距離わずか50キロ弱ではありますが、獲得標高は1400メートルとものすごい山岳コース。「そんなところをモーターの力を借りて走って面白いのか?」と思う方もいるでしょうけれど、E-BIKEは基本的に自転車なので自転車に乗って旅をすることが好きな人ならば楽しめると思います。

今回誘ったお客さん2名は自転車に慣れた方ですし、ロードからMTBまで経験のある方です。最初は「これは楽だ」ととにかくアシスト力のことを気にされていたようですが、それに慣れてからはE-BIKEの楽しみ方を十分に堪能していました。

いざ変態林道へ(笑)
今回のコースは最大勾配も22%以上ありました。”ありました”というのはよく調べてはいなかったからです。某Eバイクアンバサダーの方に紹介されたコースは「そこそこハードですよ」と言われていたものの、ストリートビューにも出てくるわけがない秘境で、もう平成が終わるというのに携帯の電波は一切入りません(笑)ゆえ、地形図を読むレベルです。もしE-BIKEでなかったならば、その時点で路面状況や斜度などについて詳細に調べ上げ、どのくらいの時間で通過可能かという確度を上げておく必要があります。しかし、E-BIKEであれば「とりあえず登ってしまおう」ということが可能です(笑)もちろん下りは経験と練度により注意が必要ですが、登りはまず心配が不要になります。

こんなコースでも誰ひとり”千切れない”
今回は3名。E-BIKE以外でサイクリングすることはあっても、このコースでは無理でしょう。それなら、ロードバイクやグラベルロードで一人で来ればいいじゃないか?というのは言えますが、それは別の楽しみ方です。どんなコースであれ、複数人で楽しみを共有できることがE-BIKEの良さの1つです。

E-BIKEは自転車の新しい世界である
このようにE-BIKEは自転車の新しい世界への扉を開いてくれます。「遠くへ行くにはまず体力をつけなければならない」のではなく、走っているうちに必要な体力がつくでしょう。また、普段の足としても通勤から買い物まで役に立ちますし、クルマの代替え手段として大変使い勝手がよく、また伝えきれない楽しさを秘めています。

今回のコースでは路面の一部に未舗装の林道も含まれ、E-BIKE以外の自転車ではまず走りたくありません(笑)絶対に嫌ですし、E-BIKE以外でこんな所に来ることは無かったことでしょう(笑)

どんな場所でも自転車で走って旅をすることが出来るので、これまで拾いきれなかった日本国内のスポットを細かく拾い上げることができるようになります。

必要な予算は30-40万円
これを高いと思うか、買える範囲だと思うかは考え方次第でしょう。ロードバイクに同じだけ掛ける人は多くても、これ以下という人は多くありません。むしろ、更に多くの予算をかける方が大多数になるかと思います。それに対してE-BIKEでは軽量化の必要があまりなく、完成車を買ったままでもすぐに通勤や旅の足として活躍をします。同じ金額であっても、その意味は大きく違うことでしょう。

今後もE-BIKEツアーを行います
今後もE-BIKEの楽しさを広めていくため、また購入のきっかけにして頂くために、E-BIKEを利用してのツアーを行っていきます。今回のコースは少々危険度が高いために慣れた方限定ですが、もう少しイージーなコースも設定します。3時間程度で周ることが出来るような都内を巡る観光&カフェライドツアーが基本となる予定です。

E-BIKEに興味のある方はご連絡下さ〜い

今回使用したバイクはこちら「MIYATA CRUISE」税別269,000円
シマノSTEPS E8080 に合わせた独自設計の軽量フルアルミフレームとアルミホークで、軽快なライディングポジションを実現したクルーズは、自転車本来の乗る楽しさを体験できるクロスバイクです。 大容量の36V/11.6Ah バッテリーを搭載し、クラス最長の115km*1 の走行距離を実現しながら重量も18.7kg と軽量に仕上がっており、コミューティングやシティライドのみならず長距離のツーリングでも楽しめる仕様。アシストモードはHIGH/NORMAL/ECO の3 モードで、液晶サイクルコンピューターにより走行距離や走行速度に加え、アシスト力やバッテリー残量などを確認できます。油圧ディスクブレーキを採用し、雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮。 スポーツサイクルとしての基本性能を突き詰めた電動アシストクロスバイクがクルーズです。 

以下、参加者の方の感想です
マティーノ店長朝倉さんからお誘いがあり、行ってきました。
場所は千葉県南房総。お店に7時集合してスタート地点に移動し、9時スタート。千葉は近いですね。

事前にルートは渡されていましたが、距離の割に獲得標高があるルート。普段なら参加するのを躊躇うレベルですが、それは杞憂に終わりました。

試乗車はMIYATA CRUISE。クロスバイクタイプのe-bike。朝倉さん含め参加者3名全員CRUISE。

e-bikeの乗る前の印象は、以前に保育園通園用に電動自転車を購入を検討する機会があり、Panasonicの電動自転車を試乗した経験があるのですが、乗り始めのパワーにびっくりした記憶がありましたので、今回も走り始めはそんな感じなのかなと思っていました。

そんな印象を思い出しながら、スタート地点で軽く漕いでみます。モードはECOモード。ガツンという感じはなくて、フワッという感じ。自然なかかり方でした。操作自体もシンプルで分かりやすかったです。設定自体はHARD、NORMAL、ECO、OFFモードが選択できます。

今回はGPSサイコンなどは持たず、スマホにルートと入れてその都度確認していくツーリングのスタイル。なので最初のうちはルートをミスすることが多かったのですが、切返しの際もアシストが効いてふらつくことがありませんでした。信号待ち後のスタートもスムーズで安心。都内での移動で一番嫌なのが信号待ちの後なので、久々のツーリングだったのですが、心理的に楽になりました。

最初のうちはECOモードで頑張っていましたが、だんだん奥地に入り斜度が出るようになったら、NORMALに。激坂になるとHARDと調整しながら走りました。HARDモードになるとガツンとかかります。激坂で話しながら、時速10km以上をキープできるというのは新鮮な経験です。心拍もそこまで上がっていません。でも汗は適度に掻くので、運動していないわけではないです。

ヨーロッパでは認知されているe-bikeですが日本であまり認知されていないのは、電動自転車=普段の足=運動ではない、のイメージが強いからではないでしょうか。実際、3時間弱のライドで50km弱走って、950キロカロリーの消費になりました。獲得標高は1400m弱でした(笑)e-bikeでなければもっと時間もかかっていたのは間違いありません、

モードを切り替えながらライドしていましたが、最終的にバッテリーの半分弱は残っていました。CRUISEは100km持つバッテリのものでしたが、用途によっては距離は伸びるのではと思います。普通(その定義が難しいですが)の1日のツーリングなら問題なく使えると思います。

バッテリーですが、汎用性があるといいですね。USB3.1とかで急速充電できるとか。移動先で充電できると数日のツーリングとかもできそうですね。また専用のサイコンではなく、GPSサイコンも使えるとかになれば。

自宅からお店まで自走で行ったのですが、疲れが残る帰りはCRUISEで帰りたかったです(笑)自走とイベントでTSS250近く稼いだので、月曜日は疲れが出るかなと思っていましたが、ほとんど疲れがなくてこれもまた驚きでした。社会人だと特に疲れを翌日に引きずらないことは良いことだと思います。

イベントなどに誘われる際、いつも気にするのは参加者の脚力差です。あまりに差が大きいことが多く、他の参加者に対して常に申し訳ない気持ちになります。そのギャップを埋めるべく日々トレーニングをしていますがそんな簡単には埋まるわけもなく悶々としています。

実際e-bikeに乗ってみて感じたのは、そのギャップを埋めてくれる新しい自転車だということです。今回は男性3人(間違いなく自分が一番脚力がありませんでした)でしたが、男女混成のツーリングでもギャップを埋めてくれ、参加者の心理的ハードルを下げてくれることは間違いありません。

今回のツーリングでe-bikeの印象はがらりと変わりました。もし、e-bike1台買うとしたら、太めのタイヤに交換して荷物は身体に背負わずバイクに装着し、いろんなところをぶらぶらしたいですね。それ以上の交換はあまり必要ないかもしれません。これが例えばロードだと、コンポやホイールなどのアップグレードすることが一つの楽しみだと思いますが、お金の際限がないですよね。ロードだと気になる他人の目は気にならないかな…。

またe-bikeだと他のスポーツバイク(特にロードバイク)では得られない時間の余裕ができます。気負いなく、乗れるのは楽。とりあえず、目的地だけ決めてスタートして寄り道しながらのツーリングもいいと思います。汗も掻きにくい、漕ぎ出し時の安定感などから通勤の足としても使えるでしょう。一台で何役にでもなれる可能性がe-bikeにはあるのだはないでしょうか? 会社の規定がなければぜひe-bikeで通勤したいです。

最後に、お誘いいただいた朝倉さんありがとうございました。

東京ベイエリアをEサイクリング

今日は湿気があり、ちょっと涼しく、身体はちょっと疲れ気味
そんな朝だったのでEサイクリングにでかけました。

とその前に税務署へ。消費税を払ってきました。次は途中から税率アップするんですよね。また、駆け込み的なやつはあるんでしょうかね。しかし、あれを支払う時にはもっとありがたく受け取っていただきたもんです…。むしろ、税務署の職員になったら胃が痛くなりそうだけど、慣れるんでしょうな、あれも。

というわけでスタートは税務署(笑)

そこからいくらかウロウロしながら南下し、明治通りから一本西へトラバースし、かなり出来上がってきたように見えるアクアティクスセンターの脇を通って夢の島公園へ。そこでちょっとお花見し、そこから湾岸道路沿いをお台場方面へ。幕末の要塞「第3台場」へ上陸し、トレッキング。久々に入ったので面白いです。対岸のお台場エリアを眺めて一息ついてから、有明テニスの森の裏を抜けて豊洲方面へ。豊洲からはまっすぐ北上して帰宅しました。

いやー、カルチャーショックを受けますね。なんだかどんどん変わっちゃって、おじさんにはわかりません(笑)今どきの人にはお台場って言えば通じますけど、その昔は13号地って言っていたんですよ?有明は10号地。知らないでしょうねぇ。

約2時間半(移動時間は1時間42分)、26キロの楽しいサイクリングでした。天候はやや雨がぱらつき、また気温がさがり、「短パンは失敗した!」と思ったんですが、動けばなんとか平気なレベルで助かりました。

自転車にはフレームバッグを装備したのでバックパック要らずでラクチン。今回は散策がメインだったんですが、次回はグルメサイクリングでも楽しもうと思います。

で、これ「別にロードバイクでもできるじゃん」と思うじゃないですか?いやぁ〜、違うんですよねぇ、これが(笑)
■ 結局街乗りにはフラットバーのほうがすぐ止まれるし、姿勢もラク
■ タイヤを太くできるので安心(今回は32C)
■ もちろんEアシストで助かる
■ 特に信号でのストップ・アンド・ゴーには最強でストレスなし
■ フラペでOKなので散策できちゃう
■ サイドスタンド付きなので立ち寄りに便利
■ ジャージにレーパンじゃなくていいので気楽

市街地の場合には、平均時速を上げようにも車がいたり、信号があったり、結局無理です。だから、ロードでもクロスでも大して変わりはありません。むしろ、加速時にはアシストが助けてくれるのでちょうどいい具合の運動ができ、いつでも楽しくサイクリングを楽しめます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

[E-BIKE特集] 買い逃してしまった方、当店なら間に合うかも?

ミヤタサイクル、国内初のロングストロークフルサスペンション搭載e-bike、メリダ「eONE. SIXTY 800」を限定予約開始


メリダブランドのe-bike「eONE. SIXTY 800(イーワン シックスティ 800)」は限定販売
昨年11月いっぱいで予約期間を終えております「eONE. SIXTY 800」ですが、当店であればまだ間に合うかも知れません。「迷っていたけど、今になってやっぱり欲しい!」という方は、今すぐお電話下さい。

[E-BIKE特集] 日本仕様と欧州仕様は何が違うのか

欧州仕様と日本仕様のe-bike、どこが違う? メリダの「eOne-Sixty」を元MTB世界チャンピオンと乗り比べてみた

詳しくは上のリンクから記事を読んで下さい。

「日本は24キロの規制があるし意味ない」
「すぐに切れてしまうのでおもしろくない」
「法律を変えて欲しい」
などの声が”スポーツサイクル業界”からは度々上がってきます。しかし、これが単なる都市伝説であり、欧州仕様と日本仕様を比較した場合には特に不足を感じることはないでしょう。

 日本仕様に決められたルールは以下の3つ。

・アシスト自転車のアシストは電動機(モーター)によらなければならない
・ライダーの出力に対してアシストできる割合は1:2
・アシスト力は10km/hを超えると24km/hに向かって逓減(次第に減ること、減らすこと)していき、24km/hに達するとアシストを停止しなければならない

時速10km/hを超えると徐々にアシストが低減する日本仕様に対して、欧州仕様ではその法律に則って25km/hを超えたら直ちにアシストを停止するという仕様です。ゆえ、欧州仕様では通常使用する3つのモードに加えてTURBOやBOOSTというモードを持っているケースもあるようです。ただ、それらのモードでは2時間ほどでバッテリーが切れてしまうので実際には用途が限られます。また、文中でも早速触れられていますが、パワーユニット自体の出力が大きいので、アシスト比率を低減しても十分に急峻な坂を容易にクリアすることが出来、かつバッテリーの無駄な消耗をセーブすることができる日本仕様だと言えそうです。

街乗り仕様もあれど、高額なE-MTBがメインマーケットである欧州と比較し、旅の道具として足としての役割がメインになるであろう日本でのE-BIKEマーケットが異なり、それに合わせた仕様と法律になっていると理解して頂ければ不足がないこともご理解いただけるかと思います。

メリダを扱い始めてから6年目のシーズンを迎えます

GOPR0056

私がメリダを扱い始めてから5年目のシーズンを迎えています。来年は2017年となり、6年目です。

ここ数年、メリダを扱うディーラーは増えてきました。色々なお店でメリダを買うことができるようになったと思います。今回行われたメリダディーラーキャンプは二つに日程に分けて行われ、メリダを日本でさらに広めて、愛していただけるように尽くし、共に歩む特に重要なディーラーの中に私を選んでいただきましたので、初日日程に参加しました。

初めて行われたディーラーキャンプに参加したのはたった28店舗。これは”全国で”なので、どれだけ寂しい数字かわかっていただけるかと思います。都内を中心に展示会が多く開催される日程の中でこの28店舗は全国からまさに”人知れず”集結した、そんな印象でした…(笑)

盛り上がるという感じではなく、「みんながんばろうね」って感じ(笑)

その後、都内で開催された展示会もガラガラで、デビューしたばかりのSCULTURA SLに私が乗っていれば「メリダ乗ってんだ。へぇ、それっていいの?」とまるで興味がなさそうなコメントをいただいたりもしました。

それが今や、アメリカンブランドやヨーロッパの有名ブランドから続々と乗り換える人が現れるという状態にまでなりました。ランプレメリダに供給を始めたことがキッカケになったのは確かですが、ここ数年でスポーツバイクメーカー・ブランドを取り巻く状況が変わってきたことも同時並行で発生しており、それらの様々な要因によりメリダ製品の良さを実感し、正当に評価していただけるようになったという印象を持っています。

6年前、私はメリダに関しての情報を全く持っていませんでした。知る手段はありませんでしたし、興味もありませんでした。なんとなく、「ガンリタが乗ってる」というくらいのイメージだけでした。サイクルモードで偶然に業界内でお世話になった方と再会を果たし、その後「メリダを日本に根付かせる為に一緒にやってほしい」と声をかけていただきました。しかし、半信半疑。安モノメーカーでOEMメーカーだというイメージでしたから、「ホントにメリダをやるんですか???」という気持ちがあって当然だったと思います。

しかし、そこで「一緒にやります」と返答したディーラーがいくつかありました。その内の一つは私です。

売れるかどうか全く分かりませんでした。まして、実物は見ていましたが、乗ってもおらず、自転車に関してもメーカーに関しても詳しく聞くことなく、なぜか「やる」と決断しました。何かを感じた?といえばそうかも知れません、だって誰もが「へぇ、それっていいの?」という状態だったわけですから。

そしていきなりマヨルカ島へ(笑)

まさにこの時も”人知れず”でしたね。いったい何が起こるのかもわからない状態で成田空港に集合し、不安を抱えて28時間のフライト。お店は10日間休業ですから(笑)普通のお店はOKしません(笑)最近でも他メーカーで現地へ行くという光景がありますが、それとこれとは全く別でした。だって、乗ってもいないし、知らないんですからね(笑)最近のやつはご褒美的な旅行でしょ?

でも、あの時の旅は「これから大きな仕事をする為の小さな一歩を如何にして踏み出すか」という真面目な緊張感に包まれた、地中海に浮かぶ離島での一週間。僕の自転車業界人生では特別な時間でした。あのようなチャンスを貰える人は極めて稀でしょう。

P1000538

なぜ信じたのか、行ったのかと言えば、やはり人と人の関係。それしかありません。モノは見てないけど、信じて動いただけです。もちろん、リスクはありました。すでに売れていたり、売れると分かっている製品を扱うの簡単にできます。はい、資金がありさえすればなんでも可能だからです。しかし、我々にあったのは気持ちでした。それを共有し、団結しました。

それが日本のメリダファミリーのスタートでした。

現地でプレゼンを聞き、同じく世界中から集まった人たちが醸す空気を感じ、選手の真剣な表情を見て、
 「これはすごい事になるぞ!」
と武者震いをしました。

P1030146

P1030154

「ここまで大きな規模のメーカーが日本のマーケットに参入することは、今後絶対にない。ここが最後だ。」そう確認し、気持ちを決めたのを思い出します。そして翌日にはテストライドをして、その”すごさ”を確信に変えたのです。「このバイクはヤバい」と。

だがしかし、宴が終わり日本に帰ってきて来てからは前述したディーラーキャンプがあり、展示会があり、現実を叩きつけられました(笑)

あの時の熱を、現地の空気を、少しでも伝えたい。日本でメリダに対して持っているイメージを変えたい。そして、いくつかの有名ブランドをひっくり返したい。そう願い、本当のメリダの姿を伝え続けてきました。

それが今年のディーラーキャンプに参加し、ユーザーさんから注目を浴びるのを見て
「ようやく、ここまで来たのかな」
と感慨深い思いです。

でも、まだまだです。

多くのディーラーで販売されるようになったメリダ。

その中で私は最初から携わってきた人間の一人として、共にここまで大きく成長させたことを振り返りつつ、だからこそ出来ること、言えることを思い出し、足りない部分を確認し、まだまだこれからもメリダと共にマティーノは存在し続けると宣言します。

次回はこのディーラーキャンプで見て、乗った新型バイクについて個別に触れていきます。
次回もお楽しみに。