Tag Archives: パワーメーター

バロックギアの影響です

P_20160508_105946

「バロックギアは楕円ではない」
「楕円ギアとは仕事が違う」

そう言い続けてきました。

しかし、それをなかなか頭でイメージしていただくことが難しいだろうと思ったので、参考データを作成してみました。

昨日、本日と同じインターバルメニューを実行し、その際のデータを比較します。
1m-30sec 320W x5本
を実行した際のラップデータを比較します。

抜き出したのはペダリンググラフです。

ペダリングモニター独自の機能で、30度毎にどの方向にどの位の力がかかっているかを可視化しています。90度位置で踏み込む力は真下を向き、そこをピークにして接線方向に力を掛けた状態が理想的な曲線です。きれいなサインカーブを描ければ良いわけです。しかし、私の場合には120度まで踏み続けてしまうという癖があります。そうなることで、抜きが甘くなり、踏みすぎてしまいます。ゆえ、次に踏み込む側の足に対してネガティブフォースを発生させます。これはあまり重いギアを踏んでいない時であれば、大きな問題になりませんし、踏みすぎも緩くなりますが、登りなどの苦しい状況では顕著になります。

以下の2パターンを比較すると、その改善模様は顕著に表れています。

グラフは明らかにきれいになっており、ケイデンスも約7%改善しています。つまり、低いギアを回転させることで同一の出力を得ることが出来ました。120度付近で法線方向に残ってしまっている力も抜けています。

高ケイデンスに関しては、すべての状況やライダーにとってメリットであるということはありません。あくまでもレースライクな走り方ではメリットが大きく、大きなギアを使って同一出力を得る方法は効果的ではありません。例えば、アタックした前方を走る選手に10秒ほどで追いつくことを想像して頂くと実感できるかと思います。

あるいはロングライドなどの相対的に余裕のあるペース走行に対しては、必要以上の踏力を発揮することと無く、ペダルをスムーズに回転させることができますから、登坂時や高トルクが必要な時に威力を発揮するでしょう。

これはペダリング時のピークトルク位置を何も意識せずにペダリングした結果です。FTP比で130%なので、正直調整している暇はありません(笑)しかも、この3本は後半の3本なので、必死ですよ(笑)

こういった効果を体感し、なおかつ可視化出来るのはパイオニアのペダリングモニターだけです。

大きなギアや高い出力は機材を軽くしても踏めるようにはなりません。なぜなら、あなたは変わっていないからです。また、あなたのスキルも変わりありません。

スミス バロックギア
16800円(税別)

※34/4と36/4は在庫ございます



以下は真円ギアを踏んで出力した場合

Ave 82.0rpm
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-13-06-39

Ave 89.1rpm
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-13-06-54

Ave 93.6rpm
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-13-07-05


以下はバロックギアを踏んで出力した場合

Ave 94.9rpm
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-12-04-47

Ave 93.8rpm
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-12-04-10

Ave 95.0rpm
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-12-04-24

ホイールよりクランク

DSC_0504

はい、到着しました。お待たせしました。

未だにパワーメーターをオススメすると、「でも、高いですよね」って言われますが、全然高くありません。荒川辺りでもよく見かけるカーボンディープリムホイールより安く、それをアルミにするだけで差額で確実に買えます。機械式をDi2にする予算があれば、これまた確実に買えます。

例えば
 ヒルクライムでタイムを短縮したい
 去年より頑張りたいからやる気がほしい
 レースで結果を出したい
 イベントに向けてがんばりたい
など目標に向かって自分を鍛えて楽しみたい方にはピッタリです。

きっと誰もが少しでも速くなりたいとは思われているはずですが、いや、そんなの買うならホイールの方がいいし、速くなりたいなんてちっとも思ってないし楽しいよって人は買う必要が無いでしょう。でも、あまりそういう方に出会ったことがありません。自分には無理だからと、諦めている方にはよく出会います。

特に私らのようなおじさんとか、より年齢が上の方、例えば40代50代になっても
 「まだやれるだろうか?」
と不安混じりの期待とやる気を秘めている方に多く出会います。

そんな質問にはいつも同じように答えています。
 「やれますよ。今からでも間に合いますよ。」
と。

そんな方こそ、次に買おうと思っているカーボンホイールや電動コンポーネントを止めて、パワーメーターへ投資して下さい。

そして、私に相談して下さい。一緒に目標に向かって頑張りませんか?

自転車を組む時から、パワーメーターを使用することを考慮してコンポーネントを選び、グレードを選び、完成車のスペックも考えましょう。

まだまだ、やれますよ。そして、今やらないと、あと10年後にはもっと衰えてしまいますよ。

そう、やるなら今です!(ん?どっかで聞いたような笑