パイオニア、サイクルスポーツ事業をシマノへ譲渡

パイオニアは4日、同社が保有するサイクルスポーツ事業資産の一部をシマノに譲渡する契約を締結しました。サイクルスポーツ事業を収束するとともに、2020年3月末をもってペダリングモニター、サイクルコンピューターなどの販売を終了すると発表しました。

シマノは「パイオニアの強みである電子技術やIT技術を取り込み、製品、サービスの機能拡充を図っていく予定」だと発表しています。

シクロスフィアを利用しているユーザー、シマノからの新サービス導入後、移行していただくようにお願いいたします。移行するまでの期間は引き続き現行サービスをご利用下さい。

またアフターサービスについてです。補修部品はパイオニアが在庫しており、「今後も部品在庫がある場合は従来通り修理対応する」ということです。


まず、当店でもこれまで販売を行ってきたパイオニア製品の継続がされないことが決定されまして、とても残念に思います。独自性のある製品でしたが、海外マーケットへの順応や低価格製品の登場、あるいはコマーシャルなど様々な理由で販売の拡大が上手くいかなかったのでしょう。

今後について、以下はあくまで私の予測です。

シマノがパイオニアのペダリングモニターを生産し、販売することはないでしょう。ゆえ、ペダリングモニターという製品は現在販売されている限りで終了となるはずです。なぜなら、シマノはシマノであり、パイオニアの製品を作るわけではないからです。「パイオニアの強みである電子技術やIT技術を取り込み、製品、サービスの機能拡充を図っていく予定」の部分はそのままの内容ですね。シクロスフィアはシマノの別のサービスに移行するとありますように、シクロスフィアではない何かだと思います。そこにあくまでもベクトルとフォースが見られるのか、どこまでシクロスフィアの機能を移行するのかとは別の話だと思います。

ペダリングモニターのユーザーさんは今後、大きなアップデートは期待できませんが、使える限りは使い続けるのも一つの選択です。通常使用する限り、あるいは故障しない限りは使い続けられます。ただ、新ウェブサービスでの機能次第ではあるかもと思います。あるいは将来的なことも加味して別の製品に移行するのももう一つの選択になるでしょう。

ドライに書いていますが、大変残念に思っています。日本の製品を使ってサイクリングできるのは楽しみでした。