SILEXの次

SILEXに乗ってご来店いただいたお二人
いいですよね。自転車に乗るというより、旅をするために自転車を使うイメージ。だけど、SILEXは優れたジオメトリのお陰で走ることもまた楽しめます。長いヘッドチューブはアップライトなフォームを提供し、長い目のフロントセンターは安定した直進性に優れた走りを生みます。

しかしながら、旅の世界へ飛び出しつつも、ホイールだコンポーネントだと交換をするスパイラルから抜け出すことは難しい。しかし、全ては体力ありきという自転車の世界ですから、パーツの交換は頑張るためのモチベーションアップというのが実際のところです。

年齢が増すほど、体力を整えたり維持するのは難しくなります。それが出来る人もいれば出来ない人もいます。楽しむための方法は人それぞれです。

思い立った瞬間に「よし、んじゃ来週行こっか!」とどこへでも自転車で旅をするなら、MIYATAのROADREX 6180が良いという結論になりました笑


SILEXの次はROADREX
はい、今SILEXに乗っていて、もっと旅を楽しみたい方にはROADREX 6180への乗り換えをおすすめします。手持ちのSILEXのパーツを交換することにコストを割くより、買い替えたほうがベターです。

SILEXやロードバイクのようにパーツ交換に頭を悩ましたり、コストを生み出し続ける必要がありますが、Eバイクには軽量化からも、ギア段数を増やすことからも、ギア比に悩むことからも卒業できます。


MIYATA ROADREX 6180
カラー:グレーブルー/ブラック、チャコール/ブラック
サイズ:47、53cm
価格:299,000円

納期:10月

この自転車についてざっと書き出しますね
メリダのSILEXのジオメトリそのままを採用し、650Bx45Cタイヤを装備したEバイクです。

これだけ分かる方には凄さが伝わると思います。しかも、それが299,000円です。39万じゃありません、29万です。メリダから新しくデビューするSILEX+は35万〜なのに、Eバイクになってるこれが29万。全く意味がわかりません。

いくらでも荷物を積めるし、積んでも坂をスイスイ登れて、どんなルートでも開拓可能な最強グラベルツアラーが30万円未満…大丈夫ですか?ミヤタサイクルさん。

ラクしてたら面白くない?
いやいや、ツーリングも人生も楽しいほうが良いですよね。つらい思いは普段からしているんですから、休みの日くらいは楽しい思いをしましょうよ。いいじゃないですか?楽しくて何が悪いんです?笑

バッテリーは418Whなので、航続距離は115km程度。これに不足という方もいるのは仕方ないですが、一般的には十分かと思います。ずっと山ばかりでもなく、ずっとアシストが必要というわけでもありません。車重は53cmで18.3kgです。十分に軽く、重すぎないので何でもできそうです。

100km程度のロードツーリングならおまかせですし、林道も、シングルトラックも走れます。それが30万笑

この自転車を衝撃と言わずになんと伝えましょう?
すごすぎて、言葉ないですよね。