こんなにかっこいいクロスバイクがあっただろうか…

クロスバイクのかっこよさってなんだろう?
クロスにも色々あると思いますけれど、今のトレンドはスポーツスタイル。かつてのような、カッコイイ街乗りバイクはもう過去のものです。ファション同樣にスポーツミックスが都市生活者のトレンドに実在してます。

その意味ではミニマルであることはその根本にもあり、ごちゃごちゃとギミック満載で、グッズ満載なスタイルにイマドキ感はありません。

カラーリングもメタル感があってめちゃくちゃいい感じです。ペインティングには全メーカーの中でも最高の技術と品質管理をしているメリダだからこそできるもので、2020年モデルでも新しい塗装が登場しています。

このモデル、ミヤタサイクルは流石だなと思うのは、シフトはSRAMでもブレーキをシマノにしているところがその一つです。SRAMのブレーキが悪いわけではなく、クロスバイクという生活に根ざした道具のメンテナンスサイクルや生活圏での利便性を考慮した場合、自転車店であればどんなお店でも整備可能なシマノを搭載するという選択が評価できると思います。シフトに関してはワイヤを引っ張るだけなのでどちらもで構わないのですが、油圧ディスクブレーキになるとメンテナンスのコストに影響をしますからね。

ちなみに、メリダはどっちかというとSRAM推しなメーカーでしたし、今もその傾向はあるので、どうしてもSRAMが乗りがちなんですが、日本国内での事情を考慮してシマノ搭載に年々更新しています。これは容易ではなく、国内のユーザーさんがたくさん買ってくれるから主張できることであり、全てはつながっています。また、そういった不断の努力を欠かさずしてくれる代理店さんは信頼に値すると思います。グローバルカタログに掲載されているものをそのまま右から左に流すのはプアな代理店業だと思います。ミヤタサイクルさんは値付けも含めて、グローバルとドメスティックを上手に接続し、アレンジを行ってくれています。

重量はめちゃくちゃ軽い9.8キロ。他社のクロスバイクと比較しても最軽量クラスに当たるでしょう。

こちらのバイクは2019モデルなので在庫限りとなります。ちなみに、2020年モデルはシマノ製ダブルギアに変更されていますので、重量的メリットやコックピットのシンプルさが欲しい場合にはこの2019年モデルを選んでください。

2019 メリダ GRANSPEED 300-D
117、900円(税別)

はぐれメタルカラー笑
とってもシンプルなコックピット
めちゃワイドなギア
クロスバイクタイヤの不動の定番デトネイター。意味は起爆剤、起爆装置、雷管って笑