夏はこれが無いと走れない

電解質含有量はかなり多く、余計なものを含まないのが大きな特徴
このパウダーは発汗によって失われた塩分を補給するためのものです。1つで440mgものナトリウムを補給することができますし、それ以外の余計なものは一切含んでいません。つまり、ブドウ糖や果糖やクエン酸は含んでいません。

余分なものを含まないことで、必要なものだけをチョイスし、不要なものを排除することができます。ブドウ糖や果糖は血糖値を急激に上昇させてしまうので避ける人もいます。クエン酸は疲労回復に効果があると言われますが、ライドやレースの全然に摂取してしまうと、無駄に疲労回復機能を動作させてしまうため、厳密には後半摂取すべきだと言われています。

ナトリウム量440mgはポカリスウェットであれば1Lに相当します。かなりの濃度です。汗に含まれる塩分量は0.3%と言われています。つまり1Lの汗をかいたら、3gの塩分が失われるという計算です。激しい運動をする場合の発汗量は1L/1時間だと言われます。つまり、毎時3gの塩分をも失っています。

ただし、平成23年国民健康栄養調査(厚生労働省)によれば、日本人の食塩摂取量は、男性10.9g/日・女性9.4g/日です。一方で“日本人の食事摂取基準(2010年版)”(厚生労働省)では食塩摂取の目標量として成人男性9g未満/日・女性7.5 g/日としています。さらに日本高血圧学会では6g未満/日、欧米のいくつかの国では高血圧症でない方も6g/日、WHO(世界保健機構)は世界の人の減塩目標を5g/日にしています。そのあたりを踏まえて、それぞれの方の目的や体調に合わせて摂取目標を設定しましょう。

ナトリウム量440mgは食塩換算した場合には1.1176gとなりますので、激しい運動をする健康なサイクリストに関しては、ボトル1本にこのパウダーを2本溶かして下さい。

それがなくても走れていると自覚するサイクリストは多くいますが、果たしてパフォーマンスの低下を最小限にして走り切れているのでしょうか?

ショッツ エレクトライトパウダー
4536円/30本入り