グラベルクリテリウム幕張が無事に終了しました

昨日開催されたグラベルクリテリウム幕張は無事に終了しました
昨年に続き、スタッフとして参加いたしました。レース運営というのは多くの方の働きによって作られています。その末端を体験することでそのありがたみを実感します。

グラベルクリテリウムはロードバイクで走れる未舗装路を含んだクリテリウムです。コースは650メートル、そこを10-20周回します。一周は約1分半〜1分40秒程度で、周回遅れも発生する状況での戦略性など面白い競技です。グラベルクリテリウムは向山と幕張のみの年2回開催ですが、まだまだ増えて欲しい競技形式です。

なんと言っても「ロードがあれば走れる」という点が最大のメリット
乗車技術の向上については必要性を実感されるところかと思います。ロングライドなどする方の中でも必要なものです。グラベルクリテリウムは30Cまでのタイヤで、特にグラベルロード向きのタイヤを用意することで、自転車での危ないシーンを体感することができます。ロードタイヤかつ舗装路で転倒してしまうとスピードも早く路面も硬いのでダメージは大きくなりますが、芝生や土の上であればそこまで大きなダメージになることはありません。

また、滑り出してからコントロールをする時間がライダーに許されるのも未舗装路の大きな特徴です。舗装路では”あっという間”に転んでしまい、リカバリーが難しいばかりか、転倒の原因すらわからないままのこともあります。未舗装路ではゆっくりと滑り出し、「わー」となりながら転ぶので、その間にどうすればいいかという対処がまだ可能です。

つまり、グラベルクリテリウムやグラベル走行は乗車スキル向上にうってつけだと思います。

MTBを買え、シクロクロスを買えと言われても難しいでしょうから、ロードでさらにスキルアップを早めるには良い方法だと思います。

レースデビューにちょうどいいです
いまのところ来年の開催も頑張って行いますということで発表されておりますので、ぜひ一人でも多くの方にロードバイク乗車のスキル向上に役立てられたらと思います。それほど強い人がいない大会なので、レースは初めてという方にも気軽に参加して頂けますよ。

私も一応走りました
「せっかくだし、オープンで走らない?」という三船ボスからのお声掛けを頂きましたので、「ではよろしくお願いいたします」ということでした。スタートから終始先頭を独走し、2位の方以外は全員周回遅れにする大人げない走りで勝ちましたw 「レースはレース」ですからね。とにかく前へ行くのみです。1分25秒±1のラップタイムで10周を完了しました。初めて走ったのですが、同じペースでもう10周ならできそうです。豪華な副賞まで頂き、わずか16分のレースでしたがしっかり追い込めました。

リザルトはこちら
http://www.massaenterprise.com/makuhari/2018%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%83%88


今日はマーベラチューブレスをレーススピードで使ったけど、すごく良かった
走りは軽いし、ロール感と剛性感がロードタイヤなのでハイスピードでも割としっかりタイヤに乗せてOK。スライドはしても面で捉えてるからコントロールしやすいし、それもロードっぽいから、ロードの練習にこれでグラベル走ったらすごくいい練習になると思います。ちなみに空気圧は4barで使いました。最低空気圧は5bar〜なので4barはコンディションや私のセンスとスキルを前提にした私の選択です。ほんと、このタイヤいいですよ。開発に携わった方から「手元に古いロードやスチールのロードなんかがあれば、それにこれを履かせて遊んでみては?」なんて話も聞いていたんですが、その話を印象がシンクロしました。

ブース出展ではワコーケミカルさんのニュートラルサービスも行われ、参加者の皆さんからは熱心な質問が投げられていました

RENさんがオープンクラスに出場され、産経Cyclistにその時の記事が掲載されるようです