こういう方法もあります

ディスクロードじゃなく、シクロクロスバイクを買う
ディスクブレーキの搭載されたロードバイクが話題になっていますが、すでにリムブレーキ仕様のロードを持っている方の場合には買い替えより買い増しになるケースが多いと思います。

その場合、ロードが2台手元にあることになります。もちろん、一台を下取りに出すなどの方法もありますが、ディスクに慣れるまでの間は輪行やツーリングなどではリムブレーキ車を持ち出すこともあるはずです。実際、その方がトラブルを起こしにくく、使い慣れた機材は安心・安全にも繋がります。

レースに出る予定がなければ
ロードレースに出る予定がなければ、シクロクロスバイクを買います方法がオススメです。同じく話題の、特に秋冬シーズンはピックアップされることが多いグラベルライドにも活躍しますし、バイクロアなどのシクロクロス型イベントで遊ぶこともできますし、一部で開催され始めているグラベルクリテにもいいと思います。ロードが2台あっても、走る場所は同じですからね。

ロードだとスピードが容易に出てしまうので、冬場はとても寒い。シクロクロスバイクに細身のブロックタイヤなら、適度に強度も上がりますし、スピードは落ちるので身体が温まりやすくて走りやすいですよ。

冬場に200キロも走る人はいますが、本当に稀です。普通の人はしません。だから、ちょっと暖かいかな?という日に走っても4-5時間だと思いますから、シクロクロスバイクでも十分に対応できます。同じ道ばかりではなく、未舗装だったりまだ走ったことがない脇道にもシクロクロスバイクならチャレンジできるでしょう。冬場は楽しさをアップさせて、寒さを乗り切りましょうw

MISSION CXはよくできてます
新しいMISSION CXにテストライドしてみたのですが、その印象はシクロクロスバイクでもあり、ロードとしても十分使える印象でした。ヒルクライムでも上手く前に進みましたし、ダウンヒルでも危なっかしい感じはありませんでした。MERIDA X BASEでも試乗することができますので、ぜひ乗って確かめてみてください。

価格も24万9千円とSCULTURA TEAMより税別8万円も安く、買いやすいのも魅力ですね。