SMPにすると踏めるようになる?

「SMPは合う人と合わない人がいる」と言われますが、それは間違いです。これを使えるようになる人と、使えないままの人がいるということが実際です。

これまではサドルの後ろの方の平らなところにお尻を乗せようと思っているのですが、SMPのでは骨盤を素直にサドルへ乗せることがコツです。そのコツとフィッティングをあわせて、店頭でレクチャーしてます。

SMP使えるようになるともの凄く踏めるようになります。
ただ、これを自分のものにするとすごくペダルに荷重がしやすくなります。骨盤(腰)が落ち着きますから、これまでペダリング中にサドルの上でお尻が前に出たり後ろに下がったり、「どこに座ったら良いかわからない」なんていう事態も改善可能です。

まず、腰が落ち着かないとペダルへ荷重した力が逃げてしまいますし、腰から上(上半身)とペダリングの連携も難しいですね。だから、大きなパワーが出ません。

SMPのレンタルサドルは人気モデルをフルラインナップしてます。現在貸出中のものを含めて、全7モデルありますよ。

あなたの走り方にどれが合うかも、相談に乗りますよ。

[貸出可能モデル]
COMPOSITE
FORMA
DYNAMIC
EVOLUTION
BLASTER
DRAKON
HELL
NYMBER

[レンタル料金]
 1500円(14日間目安)
です。
※取り付け及びセッティングは別途お代(1500円)を頂きます
※SMPサドルに限らずサドルをご注文頂いた際にはレンタル料金をお返し致します。

[SMPでは座り方が大事です]
SMPの導入にはフィッティングサービス(10800円/90分)の導入もオススメします。なぜなら、従来のサドルとは座り方、使い方が異なるからです。SMPを理解し、慣れてしまうと、逆にSMP以外のサドルに違和感を感じることでしょう。それくら、”使い方がわかればコレ以外無理”なのがSMPです。

「SMPってどうなの?良いの?」
SMPが持つ4つの特許、会社の歴史や座り方、あるいはフォームについてのアドバイスまで、まずはお話からでOKですよ。