パワーメーターは群雄割拠

ここ最近この手のネタばかりでスイマセン(笑)
でも、やはり熱いんですよ。僕の周りでは…ですけどね。年齢が増すほど、機材を買って楽しむことに限界をきたし、自分自身の変化を楽しむスタイルも魅力が増すと思います。そこでの時間の確保が難しいほど、あるいは効率的に行おうとするほど、パワーメーターが必要になってきます。

以前は高価でした。
以前は40万近く支払える人だけが使うものでした。しかし、SRMの時代はもう終わったと思います。むしろ、安いものが際限なくリリースされている昨今、まるでホイールを買うように「同じ重さなら安い方がいい(これも誤りですが…)」として、「数字が出るもので一番安いものはどれなのか?」という視点も目立ってきました。

日本語のバイヤーズガイドって無いんですよ
海外ではそれがあります。それぞれのメーカーのメリットとデメリットをフラットな視点から書いている記事があります。しかし、日本では広告記事ばかり、比較記事がありません。

というわけで、今回はちょっと前のこの記事をピックアップします。
Kona Bike Count 2017 Power Meter Analysis
https://www.dcrainmaker.com/2017/10/kona-bike-count-2017-power-meter-analysis.html

なぜKONAで比較するのか?という理由は、彼らが持っている全ての時間やコストを利用するからです。まぁそれなりの所得の方が集まるのは事実なので…買えるなら一番いいものを買おうという意識が大変高いマーケットなのです。
※ここ最近発売された(あるいは予定にある)Favero Assioma、Vector 3(未出荷)、Stages Dual(未出荷)はまだ多く含まれていません

あくまでもお金に余裕のある人達が選ぶものなので、低コストのモノはシェアが小さくなります。また、片側計測のものも小さくなります。また、広告力や流通もキーです。

日本でもこのようになるとか、なりつつあるということではありません。あくまでもKONAの現状ということでご理解下さい。

しかしすごいですね。全体の6割がパワーメーター装備(笑)


まさに群雄割拠
2012年位にはSRMとPOWERTAPがその半数を締めていたのですが、今ではとても多くのメーカーが参入しています。その中ではERGOMOがなくなり、LOOK/POLARはほぼ死滅しました。GARMINが大躍進しているようです。VECTORは3になり、ポッド不要となったので今後は急激に伸びるでしょう。ただ、VECTORが他に比べて特に優れているという部分は見当たらないため、流通による成長がその理由だろうということです。GARMINはどこのお店でも売っています。価格的にはQuarqとほぼ同等です。問題はコストとペダルであることです。他のペダルを選択したいというニーズは、クランクを変更するよりも保守的で大事な部分だと言えます。特にQファクターに関する要素は顕著でしょう。

SRMはその時代の終わりを迎えようとしているように見えます。お金がなくて買えない私ではなく、KONAを走る人なのでSRMを買う余裕くらいある人がほぼ全員でしょう。しかし、減っている。つまり、それだけの価格に価値がないと判断されているということになります。

STAGESは左側しか無いというデメリットを拭えず、KONAではどんどんシェアを落としています。ゆえ、左右計測可能なモデル(Stages LR)をリリースする予定です。片側しか計測できないのであれば、もっと安いモデルはありますから、その価格的優位性の無さがその原因だろうということです。

ROTORは着実に伸ばしていますが、特別優位性を感じることはないようです。あえて言うならそのデザインだけでしょうか。それでも一定数に好まれているようです。

パイオニアは昨年と比較して数字が倍になっています。まだ伸びる可能性はあるようですが、プロチーム使用による効果が大きいようで、その点に派手なアピールが鍵になりそうです。パイオニアは日本国内でのシェアは大きく、日本で使う限りは”最も困らない道具”だと思います。

最近私が注目しているのはPOWER2MAXです。新しいNGecoは低コストで両側を足した出力を計測することができ、その点で我々貧乏人が使うには抜きん出ています。ウィークポイントは流通ですが、ちゃんとしたショップで買う限りは困らないと思いますが、近くに取扱店がない場合には別でしょう。マグネット不要で、どんなフレームにでも取り付けることが出来るというのも大変なメリットです。

パワーメーターは高いからいいわけでもなく、安いもので済ましていいわけでもなく、使いみちとトレーニングへのプロセスにしっかりアプローチする事が必要なのです。