NEWリアクトについての追加情報

これまでに追加して新しい情報です。単なる簡単な翻訳ですが。


■ 完成車にはフレームと一体化されたMETRON 5Dが付属。METRON 6DはMETRON 5Dよりも空力的なドラッグの削減効果が高いが、バーレーンメリダチームへ1年間の独占供給となり、市販されるのは来年となる。

■ ヴィンチェンツォ・ニーバリがこの新しいリアクトに乗り、風洞実験した結果、45kmhで18wもの出力が削減された。

■ プロ選手仕様にした場合、スクルトゥーラとの重量差は100g。いずれも6.8kgスキームに合わせて、必要十分な軽量さを持つ(これ以上軽くする場合、剛性を失ったり、耐久性を失ったり、異常に高価になるため)。実測した結果、選手仕様のもので7キロやや切る程度のようです。

■ メリダ「剛性に関してこれまでのリアクトが十分に優れたものを発揮できているので変更する必要はなかった」

■ 160km以上の距離を3日に渡ってテストライドした結果、快適性は特筆すべきものだった。アペルドールン近くの整備されていない路面ですら、全く恐れる必要はなかった。
アペルドールン