ミヤタメリダバイキングチーム 小野寺健選手の決戦ホイールがコレ

DSC_6971

「27.5でちょっと良いホイール欲しいんだけど、良いのないかしら?」

だったらコレ、DT XR1501 SPLINE
DTが2014年にリリースするアルミホイールのトップレンジがコレです。

多くは語りません…
あなたの目利き能力が試されます…

前後で1463グラム(実測)、カタログ重量は1470グラム。
とても軽いです。これ以上言うことはありません。

XDフリーにももちろん対応
もちろん、別売りのXDフリーを使えばXX1にも対応します。

チューブレス対応
ホイールを買っても、軽くても、チューブレスでなければ困ります。No Tubesと同じ方式なので、クリンチャータイヤをチューブレスにして使用することが出来ます。

使った感じは?
剛性は十分、走行感は当然軽快です。粘りは多めではないので、シャキッと走るタイプながら、スチールスポークの振動吸収性があります。

ちなみにミヤタメリダバイキングチーム 小野寺健選手の決戦ホイールがコレ
カーボンホイールも試したんですが、軽すぎて伸びないのでこれが良いとのこと。

軽くて、多用途、DTだからこその信頼性もあって…言うことなしです。

お値段は他メーカーより数万円はお得
前後ペア価格:125000円(8%税込) → サマーセールプライスは店頭にて
※地方発送も可能です

DSC_6978
フロントです。

DSC_6979
リアでございます。

DSC_6975
フロントの重量。

DSC_6974
リアの重量。

DSC_6980
ロゴのたぐいはステッカーではないので剥がれません

DSC_6981
リム幅は20ミリ(内寸)のワイドリム、27.5×2.4まで履けますし、サイドグリップ良好のはず。

DSC_6983
2ピースハブ&ストレートスポークがSPLINE 1の特徴でもあります。

DSC_6982
DTといえばスターラチェット。18Tではなく、36Tの上位仕様ラチェットを最初から内蔵。

DSC_6985
リム断面はNoTube同様なので、テープとバルブでチューブレスレディですぐ使えます。

DSC_6987
小物は全部入り。チューブレスバルブ、チューブレステープ、フロントQR用アダプタ、リア135QR用アダプタ、QRレバー。

DSC_6973
DTだから抜群の安定品質。サービスはDT SWISSジャパンで。

13 replies on “ミヤタメリダバイキングチーム 小野寺健選手の決戦ホイールがコレ”

Comments are closed.