Daily Archives: 2019/10/10

2020年モデルで注目のキッズバイク

メリダ MATTS J.24+
67,900円(税別)

※適正身長:約113〜129cm

予約受付中です。キッズバイクは数量に限りがありますので、在庫のある内に、あるいはご予約をお願いします
※イエローは11月初旬入荷予定


これまでのキッズバイクと比較して、以下の点がポイントです。

[重量]
現代のキッズバイクの場合、重量は重要な問題です。 ライダーの体重とバイクの体重の間にはバランスが取れていなければなりません。これは大人よりも小さな子供にとってたいへん重要なことです。 軽量化を実現するために、チューブの直径を小さくし、主に円形のチューブを使用しました。 そのようにして、いくらかの重量だけでなく、ハイドロフォーミングチューブと比較してコストも節約できます。 軽量化により効果的だったのは、MERIDA JRハンドルバーとサドル、そしてワンバイドライブトレインなどです。子供向けの軽量コンポーネントを使用しています。 ここでは、通常の2または3バイのドライブトレインと比較して、多くの重量を節約できます。 それに加えて、スポークの数を減らし、軽量のタイヤとチューブを使用して最後の数グラムを削りました。

[タイヤサイズの適正化]
現代的なな外観に加えて、24×2.4インチタイヤは優れた快適性を提供するとともに、小さなタイヤよりも優れた対パンク性能を提供します。小さな凹凸は簡単に吸収され、安全感が増します。 軽量で耐久性に優れた転がり抵抗の低いタイヤは、重くて高価でほとんど機能しないサスペンション部品を代用するものです。

[キッズ用コンポーネント]
キッズ用コンポーネントに対する要求は大人のコンポーネントと大きく異なります。 子供たちが背が小さいだけでなく、ブレーキングに関しても手の力が同じではありませんし、手も小さくできています。

[リジッドフォーク]
このバイクのカテゴリーでは、正常に動作する軽量のサスペンションフォークは非常に高価です。しかしながら、エントリーレベルのサスペンションフォークは非常に重く、パフォーマンスが大変低いものです。 そのため、必要な快適さを提供するために2.4 “タイヤと組み合わせてリジッドフォークを使用することにしました。さらに、これにより寿命が保証され、メンテナンスの必要性が減ります。

[MERIDA MATTS JRハンドルバー]
MERIDA MATTS JRハンドルバーは、子供たちの要求を念頭に置いて設計されました。 これらのハンドルバーは軽量で、形状と幅が最適化されており、あらゆる走行条件で最適なハンドリングと快適な走行を保証します。

[MERIDA MATTS JRサドル]
MERIDA MATTS JR EXPERTサドルは軽量で、キッズサイクリストの要求を満たすようにカスタマイズされています。 ほとんどのキッズ用サドルは、サイズが小さくなった単なる大人用サドルです。 しかし、重要なのはサイズだけでなく、パッドとフォームの密度でもあります。 子供は大人よりもずっと軽いので、必要な快適さを提供するためにフォームの密度を変える必要があります。 それに加えて、サドルの重量は自転車の全体重量に重要な役割を果たします。

[MERIDA MATTS JR crank]
すべてのMERIDAキッズバイクにはフロントシングルドライブトレインが付属しているため、シフトプロセス全体が理解しやすく、扱いやすくなっています。 チェーンホイールは、両側からプラスチックチェーンホイールガードで覆われています。 これらのガードは、ライダーの怪我や汚れを防ぐだけでなく、オフロード走行中にチェーンがチェーンホイールから脱落するのを防ぐ機能も備えています。 これらのプラスチック製ガードには、合金製ガードと比較して軽量で費用対効果が高いという利点があります。合金製ガードは、障害物にぶつかった後、鋭く危険なエッジができる場合があります。

[テクトロディスクブレーキ]

手のサイズが小さいことに加えて、子供がブレーキをかける力は大人よりもはるかに少ないです。 それが、メリダのキッズバイクでTektroキッズ専用油圧ディスクブレーキを使用している理由です。 これらのディスクブレーキには、小さな手用に作られた子供専用のブレーキレバーがあり、レバーのリーチは調整可能です。 油圧ディスクブレーキのもう1つの利点は、機械式ディスクブレーキと比較して摩擦がほとんどなく、レバー比が保証されることです。これにより、ブレーキ力を十分に調整できます。 ディスクブレーキローターには、怪我を防ぐために丸いエッジが付いています。

[6061アルミニウム合金フレーム]
すべての子供用自転車のフレームは、大人用の自転車で使用している6061と同じ軽量アルミニウムで作られていません。 また、同じ方法で塗装が施されています。