Daily Archives: 2019/08/03

MERIDAからこんなEバイクがデビューします!

新型ドライブユニットE6180を載せたシティEバイク
観光やシティライドにピッタリで、乗り降りもしやすいフレーム形状。よくある”電アシママチャリ”とはまるで違うスポーツアシストユニットは、急勾配でも向かい風をもものともしません。

この形状のバイクは何年も前にベネルクスのメリダエクスペリエンスセンターでも試乗しましたが、とってもジオメトリが優れていて走りやすい自転車です。その評価は他メーカーからも評価されており、シティライドだけではなくツーリングもこなせるポテンシャルを持っています。

色々なオプションをフル装備
リヤキャリアは15キロまで乗せることが出来ますし、前後フェンダーも装備。馬蹄錠やサイドスタンドも装備しているので、なんでも持っているEバイクです。

航続可能距離はまだ未発表ですが、504mAの容量は持っているので100km超になることは予測可能です。アシストの感覚はパワフルかつスムーズ。太めのタイヤと合わせて、とても安心して走れました。スポーツバイク感覚は薄めなので、リラックスして乗れるので疲れにくいでしょう。

ePASSPORT TK 600 EQ 329,000円
サイズ:43/48cm
カラー:グロッシーレッド、グロッシーブラック
納期:1月中旬

2020年モデルのグランスピードはいい感じです

軽量、多目的、高速、そして快適
デビューしてから段々と評価を上げてきたグランスピードが2020年にフルモデルチェンジをします。スクルトゥーラから受け継いだフレーム形状とジオメトリを与えました。ヘッドチューブはやや短く、トップチューブはこれまでより長く、よりスポーティに進化しています。

このフレーム形状はカッコイイですね。

シートポスト径は30.9ミリに変更し、フレーム剛性もアップ。スクルトゥーラシリーズと同様の1.5インチテーパーヘッドチューブは、かなりの存在感を発揮してます。

メリダのアルミフレームはレーシングバイクを作ってきたポテンシャルがあり、6066アルミはスクルトゥーラやBIG.NINEに使われているものと同じクオリティを提供します。

メリダはクロスバイクも人気があります
標準で32Cのタイヤを装備し、より太いタイヤにも対応しています。走りやすくて街乗りに最高です。ロングツーリングには厳しいですが、通常スケールのサイクリングや街中でのストップ・アンド・ゴー、あるいは地形を選びにくいポテンシャルも持っていますから、スポーツバイクの入り口にはピッタリです。

GRAN SPEED 300-D 117,900円
GRAN SPEED 200-D 99,900円
GRAN SPEED 100-D 85,900円
GRAN SPEED 90-MD 79,900円

サイズ:44/47/50/52cm
納期:9月中旬