Daily Archives: 2019/04/19

50代以上の方にはE-Bikeが特にオススメです!

はい、E-Bikeは50代以上の方には特におすすめです。
要求されるフィットネスレベルが低く抑えられます。つまり簡単に言えば、普通レベルの体力があればいいということです。私の体力があるからそれで問題ないと言うんだろう?と思われる部分があるでしょうけれど、いろいろな人とグループライドする中で体力的に不利な方と一緒に乗ってみたところ、全く問題なく乗れています。かなりの激坂があっても、楽しく乗ることが出来ています。

適度な運動になります
そうするとまるで運動にならないのでは?と思われそうですが、それは誤りです。有酸素運動を長時間続けやすい120-140bpmに心拍数を抑えることが出来ます。ゆえ、ダイエットや健康づくりに最適。ジョギングは足首、膝、心臓によくありません。ゴルフは腰に悪いです。自転車はその面で適度に運動を続けやすい最高のツールだと思います。

まだまだ自転車に乗れます
以前の走れているときのイメージがあると、イケイケドンドンで走ってしまいがちです。私も同じなのですが、たまに乗っても楽しく乗りたいと思っていますが、なかなか難しいんですよね。体調を崩してしまったりすれば、またその間に体力を失ってしまったりもします。しかし、E-Bikeならばそのブランドを取り戻しやすく、楽しい時間を作りやすい自転車になります。結果的に体力を取り戻せる範囲が拡がるのかも知れません。

どうせ乗るなら楽しいほうが良い
自転車は苦しむもので、それが健康にも役立つと思っている節が私にもありました。でも結局の所、楽しければそれでOKなのです。楽しいことを続けることが実益になればそれが最高です。苦しみからの開放という楽しみ方もありますが、ある程度の年齢や環境の変化を境に「E-Bike」へスイッチすることをオススメします。

オススメはフラットバータイプ
台北ショーなどではロードバイクタイプのE-Bikeも登場していましたが、フラットバータイプのほうが姿勢が楽で停止もしやすく、不整地でも走破性が上です。ゆえ、E-Bikeが持つ走破性をより発揮するフラットバータイプやMTBタイプの方がオススメだと言えます。

法律とばバッテリーにについて補足します
ブログ中で言及されている法律の問題については何度も書いていますが、概ね誤解されているケースが多いかと思います。EUでも25km/hでアシストが切れる仕様で、それ以上の速度でアシストされるものはオートバイに近く、免許証やヘルメットが必須、またサイクリングロードは走れませんので、普及していません。つまり、それらは自転車ではないというジャンルです。ゆえ、EU仕様と比較して日本仕様に大きな機能的損失はありません。むしろ、20km/h以上でのアシスト率減と最大アシスト率の制限によりスムーズな加速とバッテリーの長持ちを実現しています。バッテリーの容量については2日以上に渡って無充電で走行しなければ十分ではないかと思います。もちろん、150キロ以上もロードで走る人には不足もありましょうが、現実的に考えますとその距離はある程度のスピードを維持するからこそ可能な到達距離であり、E-Bikeのスピード域ではないばかりか、150キロ位の距離をロードで走れる方であれば平坦ではアシストが切れる24km/h以上で走行可能です。ゆえ、150km以上の距離を走ってもバッテリーは切れないだろうと思います。また、山がちなコースであっても70-100キロ程度の走行が可能なので、まず足りないと感じることは稀なのではないかと思います。


4/27〜5/6は当店オススメの2車種が乗れるE-Bike試乗会を開催します

「MIYATA CRUISE」税別269,000円

シマノSTEPS E8080 に合わせた独自設計の軽量フルアルミフレームとアルミホークで、軽快なライディングポジションを実現したクルーズは、自転車本来の乗る楽しさを体験できるクロスバイクです。 大容量の36V/11.6Ah バッテリーを搭載し、クラス最長の115km*1 の走行距離を実現しながら重量も18.7kg と軽量に仕上がっており、コミューティングやシティライドのみならず長距離のツーリングでも楽しめる仕様。アシストモードはHIGH/NORMAL/ECO の3 モードで、液晶サイクルコンピューターにより走行距離や走行速度に加え、アシスト力やバッテリー残量などを確認できます。油圧ディスクブレーキを採用し、雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮。 スポーツサイクルとしての基本性能を突き詰めた電動アシストクロスバイクがクルーズです。 
MERIDA eBIG.SEVEN 600」 税別 359,000円

最大70Nmを発生するSHIMANO STEPS E8080を搭載した電動アシストMTB、eBIG.SEVEN。約500Whの大容量リチウムイオンバッテリーBT-E8010により1充電走行距離140km*を実現。MERIDA本社に新設されたE-BIKE専用工場で製造される最新のアルミテクノロジーを駆使したフレームを採用し、マウンテンバイクの常識を覆す走りを実現。

クロスバイクタイプよりも明らかに優れた走破性はレジャーや観光をする際には大活躍します。走れない道はないとも言えますし、走れない登り坂もありません。また通勤でも大変使いやすいだろうと思います。Fサスペンションが不要な方はリジッドに組み替えれば約1キロくらい軽量化も可能ですし、それぞれの用途に合わせたカスタムも可能です。