Daily Archives: 2019/03/29

メリダ 2020モデル eONE.SIXTY 800 ご予約受付中です

もう2020モデルなの!?
「もう2020モデルなの!?」と思うかも知れませんけど、これは特殊ケースです。2020年以降、やはり話題の中心はE-BIKEとなります。”なります”と言い切れる理由はEUや北米での変化があるからで、日本でも同様の流れになるだろうからです。”流れ”と言っても、これまでスポーツ車であったような製品の刷新に因る販促ではなく、E-BIKEに関しては全く新しいスポーツの流行が始まるという意味になります。

E-BIKEは楽しい
”楽だから”あるいは”ママチャリの延長”だと思われている方がまだまだ多くいると思いますが、それは間違いです。まるでこれまでの自転車では得られなかった経験や体験ができる、自転車界における革命だと思います。

自転車の楽しい部分だけをつなぎ合わせたもの、それが「E-BIKE」

メリダ&ミヤタは現在最大クラスのE-BIKEラインナップを誇ります
まるっきり一台も無いメーカーがある一方、メリダ2車種、ミヤタ2車種をすでにラインナップしています。今後も拡大を行い、国内で手に入るメーカーの中でも最大あるいは最大クラスになると思われます。

つまり、”E-BIKEを選ぶならメリダ&ミヤタは外せない”と思いますよ。


メリダ 2020モデル eONE.SIXTY800
■最大70Nmを発生するシマノ・ステップス E8080 を搭載したeMTB(電動アシストMTB)。約500Wh の大容量リチウムイオンバッテリーにより1充電走行距離140km(ECO モード140km/NORMAL モード130km/ HIGH モード95km)とロングライドにも活躍する耐久力。

■メリダ本社に新設されたeバイク専用工場で製造される最新のテクノロジーを駆使したアルミフレームは、eBIG. SEVEN 600と同様に世界選手権を制したホセ・ヘルミダがテストライダーとなり仕上げた乗り味とハンドリングを持ち、160mm ロングストロークのフルサスペンション搭載で、上りの快適性だけではなく下りでもeMTBの常識を覆すアグレッシブな走りを実現。すでに販売開始している欧州では、各種自転車賞を受賞するなど高い評価を得ています。

■サイズ:S(41cm)/ M(43cm)
■価格:550,000円(税抜)

メリダ 2019モデル MISSION J ROAD

メリダ 2019モデル MISSION J ROAD
税別99,900円

メリダ初の本格的キッズ向けロードレーサーです。

もちろん、組み立ては当店が丁寧に行います。大人顔負けなのはスペックだけではありません。

兄弟車MISSION J CX(115,900円)とは同じフレームを共用します。ゆえ、コンポーネントとタイヤ幅の違いです。ROADはフロントダブル、CXはフロントシングルとなっています。ROADの方がより狭い速度域を細かく刻んだギア比となっており、まさにロードレーサー。シンプルな操作とワイドなギア比を望む場合にはCXをオススメします。

この辺りの車種は在庫常にある状態ではないので、ある内にお願いします。今は在庫がありますので、即納できますよ。この春からロードレーサーやシクロクロスデビューのキッズ集まれ!

身体のケアも忘れずに

今日は娘の療育を行ったあと、保育園まで送り届け、さらにお散歩先まで送迎し、ケッズさんでマッサージと治療を行ってもらいました。

2018年はこれまで最も距離と時間を重ねたんですが、強度が上がるに連れて無理が発生してきました。9月からちょっとブランクを挟んで再開となった際に、強度を焦ってあげたことで身体に無理や疲労が蓄積したのでしょう。

その当たりから腰回りがパンパンになり、結果的には腰痛大臣秘書にまで(笑)

というわけで、今回は腰回りを強烈に解していただきました。たった数十分でここまで変わるか!っていうほど楽になりました。むしろ、別の部分にストレスがかかってますが、実際の運動でのバランスよく使えるようにしていきたいと思います。

身体のケアは大事ですね。

ここ最近、自分の担当をお願いしていた方はフウガドールすみだの選手だったんですが、北九州へ移籍されるということで今回が最後に。残念ですが、次回からは別の方にお願いしたいと思います。