Daily Archives: 2019/03/25

[再放送] 本格的にシーズンイン!2019年モデルのメリダを紹介します!

2019年モデルのメリダを少し紹介します
気になるバイクがあれば、お問い合わせください。伊豆にあるMERIDA X BASEではこれら全てのバイクを実際に見て、乗ることができます。ぜひ、検討される際には訪れて頂く価値があると思います。

MERIDA X BASEをご予約頂く際に、当店を経由していただくと特典が…あるらしいですよ…

当店にも試乗車は常設していますが、不足に関してはMERIDA X BASEにてフォローいたします。
http://www.merida.jp/x-base/

当店でお乗り頂けるのは
 MERIDA SCULTURA TEAM-E
 MERIDA SCULTURA 4000
 MERIDA SCULTURA 400
 MERIDA SCULTURA DISC 400
 MERIDA MISSION J CX
 MERIDA CYCLOCROSS 9000
 MIYATA CRUISE(E-BIKE)
の全7車種です。

十分に説明を差し上げますが、最後は乗って確認してみてください。乗って比べて見ないとわからないこともあります。安い買い物ではありませんので、ご自身がちゃんと納得した上で決めていただけるようにお願いします。
※雨天時は試乗できません
※試乗時には身分証をお預かりします


フラッグシップのエアロな方「REACTO TEAM」。新しいカラーリングはシックで良いと思います。とってもスーパーなエアロロードですから、レースからロングまである程度踏める方には最高のバイクになります。

こちらは「REACTO DISK」です。単にディスクブレーキをつけただけではなく、しっかりと最適化を行っています。スクルトゥーラと共に2018年モデルより明確に乗り味が良くなったと感じました。軸周辺の剛性アップはハードウェアがゆえですが、フレーム全体から伝わる剛性感がソフトになり、大変乗りやすくなったのでリムモデルとの差はかなり縮まったと感じました。

もう一つのフラッグシップ「SCULUTURA TEAM」です。私の印象ではリアクトの方がオールラウンドな場面で使いやすく、スクルトゥーラの方がレーシーでピーキーだと感じます。個人的にはスクルトゥーラが今現在の好みですが、ロングで乗るならリアクトもいいと思います。

こちらは「SCULTURA DISK」です。これもまたリアクトディスク同様に乗りやすく、ペダリングしやすくなったと感じました。メリダ本社は変えていないというのですが、どうしても変わったように感じます。

新しいバーレーンのカラーは青から黒に変更されているのですが。実は化粧カーボンが透けて見える塗装になっています。機種によってカーボンの使い方は違いますし、個体によって微妙に違いますから、透け方は様々です。これ、なかなかレーシーで優れたカラーだと感じました。

これらチームスペックのバイクには真っ黒いカラーリングも用意があります。車種名は変わりますが、どちらもフレームはチームモデルと同じです。フレームのみでも販売がありますし、完成車もあります。

2019年モデルのREACTO4000はバーレーンの他にこのカラーを用意しています。マットブラックに白いラインの2色パターンは地味に見えますが、もう1色の差し色を選べる楽しさがあるでしょう。白、赤、緑、オレンジなど好きなカラーリングに染められます。価格は249000円(税別)とリーナブルな設定はそのままにしています。

REACTO4000にはディスク仕様があります。「REACTO4000 DISK」は数年先を見越しつつ、より過酷な環境でのライドを重視される方におすすめです。289000円(税別)です。

REACTOには4000の上に5000もあります。REACTO5000は289000円(税別)です。メインコンポーネントはアルテグラにアップグレードされます。このカラーは黒い部分がクリア塗装となっており、フレーム全体に渡ってカーボンが透けて見える様子になっています。4000と迷うところですが、パーツ以外にもこの高級感あふれるカラーリングは実際に見てみると思った以上に魅力的に感じます。もう1色は白ベースが用意されています。

こちらはREACTO6000です。REACTO TEAMと同じCF4フレームにアルテグラを搭載したハイスペックな完成車は449000円(税別)。カラーもダークなレーサーシーさが魅力的で、コックピット周りやホイールのアップデートによってトップモデルに迫る魅力を得られそうです。これはいいバイクです。

こちらはREACTO DISK 7000-E 520000円(税別)です。CF2グレードのフレームにR8000のDi2を搭載し、レースはしないけれどロングライドをハードに走る目的には最適な一台です。

色がすごく良くなったSCULTURA 700は179900円(税別)です。400のフレームとは少々異なり、レスポンスが良くなったと感じます。その他の違いで特徴的なのはステムの角度やフロントチェーンリングでしょう。チームモデルと比べて10ミリ長いヘッドチューブに対して角度のついたステム、400が装備する50-34に対して52-36、フルクラムのホイールの3つを与えることで、この価格帯でしっかり走るバイクに仕上がっています。価格差は3万円。フレームが同じなら安いほうがと安易に決めるのは拙速でしょう。のんびりあるいは軽いサイクリング目的ならば400もよしですが、スポーツカーらしく乗りたい方には700のセッティングの方がおすすめです。自転車の中身は単なるパーツのグレードでは決まらないのです。もう1色はバーレーンカラーです。

昨年は当店一番人気だったSCULTURA 4000はバーレーンカラーの他にこんなカラーを用意しました。価格は199000円(税別)です。ブレーキアーチがグループ外品からR7000グレードにアップデートされています。マットブラックとグレーにイエローを差し色に使っており、クセのない万人受けするカラーです。

SCULTURA4000には4100というスモールサイズモデルがあります。身長160センチ以下の方の為に2サイズを用意しています。カラーは2色、これともう1色は赤です。当初、アジアスペシャルとして日本から企画をスタートしたこのスモールサイズモデルは昨年から全世界で販売されるようになりました。ジオメトリは日本人をよく知るミヤタサイクルにより国内で設計を行いました。このカーボンフレーム仕様の他、アルミフレームのリーズナブルなSCULTURA 410もありますので、身体の小さな方にはオススメしたいモデルです。

昨年デビューしましたREACTO TRACKが今年も販売されます。カラーリングは急遽変更になり、わかりやすいメリダグリーンになりました。完成車価格で119900円(税別)とあまりにも安いですが、昨年モデルを乗った方の印象によれば「結構良かった」と好評でした。このくらいの価格で買えて、ちゃんと走るトラックバイクが少ない中では注目されています。入荷数は多くありませんので、お求めの方はお早めにご注文ください。

今年もありますSILEX。この車種はSILEX 7000 359000円(税別)です。コンポーネントをアルテグラとし、フロントチェーンリングはコンパクトの50-34となっています。車重は測定していませんが、大変実用的でバランスの良い仕様となっており、フィットネスやツーリングメインでカーボンロードバイクを考えている方ならば、こちらの車種の方が良い場合もあるのではないでしょうか。SILEXは思ったよりもアスファルトでよく走りますし、シングルトラックも林道も走れる、まるでSUVのようなロードバイクです。不得意な道がない、それがSILEXの特徴です。

SILEXにはアルミフレームの400もあり、こちらは209000円(税別)です。昨年のカラーリングから黒へと変更になりました。かなり地味ですが、もっと派手に差し色をバンバン使って仕上げてみるとかっこよさそうです。アースカラーでまとめても、山の景色に似合うのではないかと思います。

2019年にはメリダのシクロクロスバイクが新しくなります。「MISSION CX」です。カーボンとアルミの2パターンのフレームを用意し、トップエンドからボトムエンドまで様々なタイプのライダーに対して最適な一台を提供できます。

メリダの2019年モデルのMTBの中で最も面白いバイクがこれじゃないかと思います。ONE-TWENTY 9.400は29インチホイールに、登りは信じられないほど軽快で、下りは超楽しめるヤバイくらい出来の良いフルサスフレームとシマノSLXベースのコンポーネントを搭載して219000円(税別)と、リーズナブルでメチャクチャ遊べるバイクに仕上がっています。

リジッドフレームならばこのBIG.NINE LIMITED 159900円(税別)が良いでしょう。オフロードで活躍するのに実用的なコンポーネントをアルミフレームに搭載しました。アルミだからとがっかりすることはありません。マウンテンバイクは山の中で荒っぽく使うものですから、軽量なカーボンよりも使いやすいと思います。

[使用レポート] WOHOのサドルバッグ類はとっても使えるアイテムでした

適正価格と最低限の機能性
WOHOの製品を言い表すにはそれが適切かと思います。お高いブランド品も良いですが、年に何度か使うだけならこのくらいで十分です。消耗するものですしね。WOHOは台湾のメーカーです。有名ではありませんが、それを利用して使えるアイテムを買いやすい価格で販売しています。

WOHO サドルバッグ 10800円(税込)
WOHO サドルバッグスタビライザー 3780円(税込)
WOHO オールマイティカップ 3240円(税込)
WOHO フレームバッグMサイズ
dom モンキーケージ
※ウェブストアでも販売しています


とりあえず
■ 10000円で買えちゃう
■ 軽い
■ とりあえず、雨を防げる
というポイントが揃った商品は意外とないです。高くて、そこそこ軽いのはありますが、2万以上したりしますんで、この価格で仕事するのは良いんじゃないかと思います。

フレームバッグのサイズは3種。フレーム形状等考慮してください。E-BIKEでも、Sサイズならイケそうです。

先日の大島でも結構雨に降られたんですが、サドルバッグ共々中身は守られましたし、跳ね上げやすな砂利等で汚れたんですが、それも落ちやすくて便利でした。とっても使えます。

オールマイティカップもめちゃいいですね。カメラを収納するのに使ってます。

これまた便利。サドルバッグが装着されていることを忘れてしまうほど、普通に立ち漕ぎ出来ますよ。それと、ボトルケージ取り付けられるのも超便利。


先日の大島ツーリングでも使用しました。

domのモンキーケージも便利です。

ボトルケージをワンタッチで着脱できます。普段は使わない時には外しておけるのでじゃまになりません。

普通のケージではなく、ベルクロで巻くタイプなので輪行バッグもしっかり固定できますよ。

骨と筋肉

クリス・フルームってクライマーってイメージかも知れないけれど、体重は普段のレースだと70キロあるいはそれ以上あるし、TTがめちゃ速い。70キロで体脂肪率等々を考慮すると、きっと筋肉量は60キロ以上に達するんではないか?と推測してます。つまり、筋肉と骨で出来てるってことではないですか?

先日は170センチ弱60キロの方があと5キロ減量するって言っていたけど、FTPは大きめに見積もって210Wだったので「いやいや絶対減らしちゃダメっす、むしろ増やして」って話になりました。この状態から体重を減らしたら確実にパワーダウンするでしょうから、結果的に遅くなると思います。とりあえず、筋量3キロ増を目標にと。

昨年のジロでのフルームのベストウェイトは68-69キロ。普段から絞り込んでるから1キロで目いっぱいなんですけど、むしろそう簡単に体重を失うことはダメだと分かっています。また、年齢が35越えたら平坦重視?で考えたほうが良いと思います。フィジカルの伸びでカバーできる年齢はその辺りで終わるので(笑)”筋肉を失う=スピードを失う”ことになると思います。

特に危険なのはロングライド。楽しいけどとっても危険で、強度が高いとなおのこと。筋肉を失うには格好の条件が揃ってます。毎年、8月以降に自分が調子崩すのは間違いなくこれです(笑)でも、楽しいライドなので年に1-2度は自分に許しています。これを月イチでやるならば、その分筋量維持もがんばりましょう!

強くペダルを踏めば結構筋トレになっているのでは?と言われますが、かなりしっかり踏まないとそこまで筋肉を育てることはできないでしょう。3時間以上乗る際にそれやったらすぐ脚終わるんで、1時間位のライドでガッツリやるべき。でも、そうするなら筋トレしたほうが早く、確実です(笑)

体重は減らすのではなく、最後に絞るだけです。でも、自分ら普通の人はそこまで絞れません。だって、仕事と生活があるからです。絞ったらストレス過多で死にます(笑)だから、自分の生活スタイルの中で1キロだけ絞ればいいのです。基本的には実用的な出力のアップを考えたいところ。

筋量を失うと、身体の貯蔵できるグリコーゲンの総量まで失うので最悪の結果。極力脂肪を燃焼させやすい身体を手に入れられるのは理想形ですけど、そう簡単ではないし、みんながそうなるわけではないので、ちゃんと生活しながらスポーツをするには乗ってる間は食べるようにしたいですね。

週の中で1時間だけ自転車乗るの止めて筋トレすれば結構な問題が解決するんだけどねぇ…。週に3-5時間くらい乗る人でも30分は充てたい。むしろ、30-45分なら他のことする時間とトレードオフできるできると思います。

パワーメーターの購入は当店へ相談ください

最近はパワーメーターもそこそこ普及してきていますが、まだまだもっている人は多くはありません。「レースをしないから要らない」というのはもはや過去。今は”少しでも速くなりたい人”なら全員使えるグッズだと認識されてきています。

ただ、購入後には「使いきれるのか?これ」というくらい数字数字の雨あられ…。わけわからんチャートやら数字やらが雪崩のごとく迫ってきます(笑)

私も理解度は高くありませんが、助けは無いよりマシです(笑)また、実際にトレーニングライドを日々こなしている人じゃないと、ただ装備していてもわかりません。

自分は数字を見て判断して理解し、安心を得るタイプです。そんな人にはパワーメーターは向いてます。

しかしながら、パワーメーターの功罪も見て取れます。特にインドアトレーニング時の出力というのは余り信用してはいけないと経験上思うわけですが、そっちで判断してしまうケースも少なくないようです。あるいはFTPにこだわるあまり、それを出すこと、テストをすることがもっとも意味があるかのように思ってしまうケースも少なくありません。確かに20分間においてはその数字通りなのでしょうけれど、自分の脚質をどのようにしたいのか?については視点が不足してしまっています。

具体的に言えば、
■ 20分間に強くなるとあなたは本当に速くなるのか?ということです(笑)
■ あるいは速くなるという基準は誰より?ですか?、あるいはどのくらい?どの部分を?
■ あなたの一番の弱みはなんですか?
■ あるいは強みはなんですか?

あくまでもゲーム的に楽しむだけであれば、数字だけを見て実走行での検証はせずともよいかと思いますので、各々の方の目的や楽しみ方に合わせて判断ください。

興味はあるけれど、書いてあることがなんだかよくわからない方は購入の相談にお越しください

必要なのはワットの削減ではなく、いかに適切に出力を増するか、です。


オススメのパワーメーターはパイオニア ペダリングモニター、あるいはPOWER2MAXです

今朝は中々調子がよかったです。ポジションでの迷いも解決する方向へ、そして腰痛もとりあえずオンロードではほぼ起きず、出力もそこそこですし、バイクが進んでいる感じもしました。この”進む感じ”が超大事。つまり、出力は出てるけど進まない時はダメな時。

気分に任せてスタートしましたが、途中で3-5分のVo2MAXインターバルを実行。そんな感じにしたのでFRC/FTPが占める時間が結果的に長めになりました。自分の場合、とりあえずはフォームが整った段階になると、足がスムーズに回ってくると、1分以内をやりたい気持ちになってきます。足が自然に回転するところまでイメージが進む感じです。それまではにっちもさっちもって感じですね。無理して踏んでもダメだし、かと言って踏まないのもできないし、「あー、ホントダメだわ」っていうどツボにハマります。で、結局そこのリミッターになるのは身体そのもので自転車のポジションいじってもダメなんですよ。今回は上半身の筋トレを行ったことで、なんとなく張りが戻ったというか、柔軟性を取り戻すきっかけを得た、そんなところ。結果的にVo2MAXでの出力維持をケイデンスアップでスムーズに可能になり、何度も繰り返し出せるようになります。Pmaxもその延長で出す感じですね。ペダリングがダメな時にスプリントしても、ただ無理に踏むだけになってしまうんで、一発すらうまく出ない。

無理のない感じで回せていたのですが、高出力時(当人比w)でのトルクがもうちょい欲しいので、そこが課題ですね。高出力をケイデンスアップで出すのは通常のことですが、自分の感触としてはまだわずかに足りない感じがするっていうところです。