Monthly Archives: 7月 2018

時代はディスク?

時代はディスクなの?
そんな事を思いつつ、これを組んでいます。自分のバイクじゃありませんよ、ご注文いただいた車両です。組み慣れたリアクトなんですが、ディスクになると少々違うことがあり、いつもよりゆっくり確実に組んでいます。

自転車って組み立てると、ただ見ている以上にいろいろなインプットがあるんです。だから、「組んでみないとわからないよね」とか「組めば分かるでしょ」なんて自転車屋さんが言うのはそのためでもあります。

リムとディスク、フレーム細部の造形は結構違いますね。以前のように金属を溶接して作ってテストという世界ではなく、コンピュータで設計し、CFD解析し、3Dプリンタでモックを作って、エアトンネルでテストしてという感じなので、”煮詰め”という意味で問題がある車両は少なくなりました。

でも、僕が欲しいバイクはまたリム(笑)
またリムなんですよー。一年間リアクトに乗ってきたのですが、スクルトゥーラが乗りたくなっています。でも、ディスクじゃなくリムブレーキ仕様です。

レースライドで言えば、あと2年くらいはリム優勢だと思います。それは”パフォーマンスが高い”という意味ではなく、2年は買うなという意味でもありません。あくまで道具は使い手ありき。リムブレーキの時代のバイクに散々乗ってきた我々のような”恐竜”がスムーズにディスクブレーキ車にペダリングやフォームをフィットさせるには?というところにフォーカスした結果です。もちろん、スルーアクスルの良さや安定感もわかりますが、自分好みのフィーリングを組み合わせから得られるようになるには、まだまだパーツ類も足りないという感じです。

いずれ乗るからディスクに先乗りするかなどと考えがちですが、私はその考えではないのです。その先はその時に考えます。用途次第ですし、その時に自分が選ぶ乗り方に最適な道具をチョイスしようと思っています。

また、「今の時代から始めるならディスク一択」というのには賛成できません。なぜなら、それが必要な環境かどうかは各々違いますし、ディスクになることで容易にさわれない箇所が増えてしまうからです。メンテナンスコストも増しますし、重量も増します。それらとのトレードオフとしてご自身にどれだけメリットがあるか、です。各メーカーでの販売シェアを聞きますと、良くて10%程度のようです。やはり、私の予想は変わらず、2年後でも良くて半々かな?という感じです。

まるで全てディスクになるかのような広告をするブランドやそう言っている人もいると思いますが、そうなるとは思えません。あくまでもそのブランドが相手にするマーケットはそうなりやすく、その人の周りではマッチングが良いというだけの話でしょう。その人達はDi2の時も同じように言っていたのではないでしょうか、「もうワイヤはなくなるよ」と。

繰り返しますが、私はどっち派でもありません(笑)
どっちかに流れるんだという希望か妄想ではなく、現実的な道具としてそれぞれの方にマッチングの良い方を選択するお手伝いができれば幸いです。

どうぞ、お気軽にご相談下さい。

これ無しの夏ライドは考えにくい

今はもうこれ無しの夏ライドは考えられません
私の日焼け対策履歴は
 無策→コンビニで買ったようなもの→アネッサの金→ビオレのウォータープループ→アグレッシブデザイン(いまここ)
です。

無策の時は焼けまくりでした。日焼けすると真っ赤になる上に、身体が熱を持って寝られない、肌が熱い、体力が回復しないというひどい状態。

奥さんには「なんとかした方がいいよ」と言われ、買ってきてもらったモノを塗っていました。

しかし、汗ですぐに流れてしまって効果が薄い上に、目に入って痛い。ダメだこれというわけでその手の最強と言われるアネッサの金色のやつに。これ、焼けないんですけど、とにかくベタつきが気持ち悪いです、最悪です。スポーツする人には全く向いていません。ので、2回位で捨てました。

その後、一応ウォータープルーフになっているビオレの製品にしたのですが、これも落ちてしまうんですね。正味1時間くらいだけ効果がありますが、その後は無策と変わらない程度。

薬局へ行くのですが、良い製品がないので諦めてたところに登場したのがこれです。

これはアスリート向けという謳い文句どおり、全然落ちません。Attack!299のような過酷なライドをしても落ちませんし、レースライドでも全然です。汗だくどんと来い。

日焼けは体力を奪う
日焼けは体力を奪いますと口で入っていたものの、焼けない状態を実現できなかったがゆえ、体力を奪われていることを実感できなかったのですが、これを使って初めての夏が一昨年のことですが、あまりの違いに驚きました。夏のロングライドの疲れのかなりの部分が日焼けだったのか…と。しかも、ライド後や翌日から回復機能を著しく損なうこともわかりました。

それからは真っ黒になることがなくなりました。多少焼けますが、肌に負担をかけず焼ける程度です。とても良好です。

ジリジリしないじゃん
そう、肌がジリジリしないんです…

気づいたのです、日焼けは”火傷”だと言うことに。火傷した箇所は僅かな熱によってヒリヒリするのを感じると思いますし、熱く感じると思います。あれと同じことで肌がジリジリするんだ、と。

いやはや驚きました。

そして肌が熱いと感じるのは、自分自身の肌が熱を持っているからで、自分の熱を自分で感じていたということにも…。

使って驚いて下さい。手放せなくなります。


Top Athlete Sun Protect “Fighter”
● 強力UVバリアコート
● ウォータープルーフ&スウェットプルーフSPF50+/PA++++
● スーッと伸びて塗りやすく、塗った後もサラサラ感が持続
● 肌にやさしい植物エキスを配合
 ~保湿成分~
 ナツメ果実エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、
 オタネニンジン根エキス、マヨナラ葉エキス、ワイルドタイムエキス
● 肌のバリア機能をサポート~保湿成分~ヒアルロン酸Na配合
● 気持ち良く快適に過ごせる ~整肌成分~カキタンニン配合
● 無香料・無着色・無鉱物油
● オールシーズン使える
● アレルギーテスト済み(全ての人にアレルギーが起きない保証ではありません)
● ドーピング懸念成分は一切使用しておりません
¥3,500 (税抜)

Waterproof Cleansing Oil
● 素早くなじみ、毛穴の奥の汚れまでしっかり落とす
● 手、顔、体が濡れていても使える
● 肌のバリア機能をサポート
 ~保湿成分~
 ヒアルロン酸Na配合
● 無着色
● アレルギーテスト済み(全ての人にアレルギーが起きない保証ではありません)
● ドーピング懸念成分は一切使用しておりません
¥3,300 (税抜)

オーバーホールは随時受付中です

オーバーホールは随時受付中です
これからたくさんのイベントがあると思います。今のままのバイクで冬まで乗り切れますか?大丈夫ですか?

これだけ暑いので、ちょっと乗るのをお休みして預けていただいても良いかも知れませんよ。

”とりあえず”動くという状態を言い換えれば、”いつ壊れるかわからない”とも言えます。安心して、安全にライドするために、しっかりと道具を磨いておきましょう。

オーバーホールは常時受付中
どのブランドの自転車でも大丈夫です。
どこから買ったものでも大丈夫です。

納期は約7〜10日です。要修理箇所の発覚や増加などイレギュラーなアクシデントがある場合には、納期は延長されます。

オーバーホール基本工賃:36720円(当店で購入された自転車は32400円)
※パーツ代別
※修理工賃別
基本納期:7-10日程度

今回も一台できあがりました
私が触って見た感じで見違えるように動きが良くなっているので、普段から乗っているオーナーさんならもっと違いを感じるでしょうね

SPD-SLペダルを普通のシューズで踏みやすくするパーツ

ペダルプレートが入荷しました
ペダルプレートはSPD-SLペダルを普通のシューズで踏みやすくするパーツです。簡単に着脱ができ、さっと履き替えができます。

あると意外と便利なパーツです。

ペダルプレート2.0
・材質      樹脂
・対応ペダル   Shimano SPD-SL互換タイプ、Look Keo互換タイプ
税込価格:2268円

ペダルプレート2.0 | サイクルショップ マティーノ ウェブストア
https://mattino.theshop.jp/items/12569945

トレーニング日記 7/31

トレーニング日記 7/31
10日ぶりです。この間、上田に行ってMTBに乗り、一日置いて伊豆に行きメリダ2019モデルを試乗しまくり、台風な週末を過ごして今に至ります。

移動疲れか、暑さのせいか、いまいち体調が優れずにおります。伊豆で朝方に乗った際には、気温が20度後半から乗り始めて、山頂付近は17度前後ととても快適でしたので、とても調子が良かったように感じました。食事も問題なかったのですが、ここ最近は胃腸がちょっと負担を感じています。

それが4日前くらいから絶不調になり、一日の内に何度か強い吐き気を感じるまでになりました。今朝は医者に寄り、胃腸を整える抗生剤を処方して頂きました。なんとかAttackまでに整うといいのですが…

しかも、昨日のライド後から右膝が…疲れでしょうね。痛いというより、違和感。これは乗っちゃいけないやつです。痛みになる前に回復コースへ。

そんな感じなので、昨日は乗ったののですが今日はお休み。お休みがてらケッズさんへ行ってマッサージしてもらいました。

セルフケアはするものの、なかなかできない日が続く時はあります。今回のように出張が続くと、負担はかかるのにケアできない状態が続いてしまうのです。自分の経験上、一日でもセルフケアをしない日があると、途端に不調を来します。不調は一気にきませんが、少しずつ疲れがたまります。

やはり、しっかり上から下までセルフケアを徹底してやらないとダメですね。

ケッズさんは都内にいくつも治療院を作っている会社です。治療院はいろいろあり、皆さんもいろいろ行ったことがあると思います。基本的な施術のレベルに差もありますが、カウンセリングには更に大きな差があります。ケッズさんはスタッフの皆さんのレベル差が小さく、皆さん大変熱心に親身に聞いてくださいますし、それを治療へ反映させるのも上手だという印象です。

私が行っているケッズすみだは様々なアマチュア・プロアスリートも利用・契約されており、私も信頼して利用しております。

このような評価には個人差はありますが、もし治療院を探している方がいればお近くのケッズ治療院へご相談くささい。

広い開口部を持つストレージケースELITE「TAKUIN(タクイン)」

ELITEから新しいツールボトルが発売されました
これまでは樹脂製のボトルだったのですが、これは中身が多少ガタついても音がなりにくく、軽くて扱いやすいものになっています。サイズは一般的なボトルケージのサイズです。耐水性のTPU素材なので中まで完全にしみてしまうまでには時間がかかるでしょう。内部にはメッシュポケットがあり、適切に整理して収納することもできます。

TAKUIN(タクイン)
直径:74mm
カラー:ブラック/グレー、ブラック/レッド
税込価格:3,700円

長元坊バイシクルツアーズは楽しい!

先週末、長元坊バイシクルツアーズへ行って遊んできました
長元坊バイシクルツアーズは長野県上田市で飛松巌さん(通称トビー)が行っているマウンテンバイクガイドツアーです。
中央には日本最長の千曲川(信濃川)が流れ、菅平高原や美ヶ原高原の雄大な自然に囲まれている上田市は、信州の政治と文化の中心として千二百年余の歴史が脈々と流れ続けるまちです。そして、徳川の大軍を二度にわたって退けた智将・真田昌幸公や、大坂の陣での奮闘ぶりから日本一の兵(ひのもといちのつわもの)と称えれた真田幸村公ら真田氏の歴史浪漫が薫るまちでもあります。

■ 長元坊バイシクルツアーズ
http://chougenbou.com/

■ 上田市観光情報
https://www.city.ueda.nagano.jp/kankojoho/

ガイドツアーの中で行われる乗り方スクーリングが秀逸!
他のガイドさんも教え方は丁寧だし、親切。でも、トビーの魅力はその心と言葉の使い方。相手がどうしたいか、どうやって楽しみたいかを察し、その上で相手が快適だと感じるアプローチでマウンテンバイクの魅力を使えてくれます。

ロードバイクやグラベルバイクのツアーやスクーリングもあるんです
ロードバイクのTerra小屋やグラベルバイクツアーもあり、上田市を縦横無尽に駆け巡ります。歴史や生物の知見も豊富なトビーは、時折バイクを止めて街や自然の魅力を語ってくれるので、まさにツアー(旅行)をしているかのようで、参加者の思い出にぐっと染み込むことでしょう。

ペダルアップスタイル!
天候はやや曇りだったけれど、しっかり晴れてくれたので大満足のツアーライド。長元坊では”搬送”は基本的になく、自分の足で登って下る”ペダルアップスタイル”です。夏は暑いし、秋は多少寒いけど、でも自分の足で登って下りるのは登山のようで楽しい。目指す場所が山頂じゃなくてもいいじゃないですか?自分なりの目標に向かって走って楽しめればいいと思います。

このスタイルは搬送がなかなかできないというリソースの問題が原因で生まれた背景もあるのですが、もとを正せば、僕やトビーが楽しんできたスタイルそのものだろう!と気づいたのです。僕らは同い年で、生年月日はなんと一日違い(正確には数時間)(笑)違う場所で違う生き方をしてきたのですが、いつしかマウンテンバイクと偶然出会い、それを楽しむようになりました。

「スポーツが好きじゃなかった俺らでも一生懸命になれるスポーツがあった!」
学生の時の我々は程度の差はあれ、一般的な学校の中の体育会系が作り出す雰囲気やライフスタイルやそれを元にした流れに馴染めず生活をしていました。スポーツを観戦することはあれど、その中に入っていったり、そうなりたいという憧れは抱くことがなかったわけです。しかし、自転車という速度競争をしなくても楽しめるスポーツに出会いました。その中で自由に走ることができました。競争したい時はそればいいし、したくない時はしなくても良い、とても自由で広い許容力が自転車の魅力でした。

しかしながら、そうやって楽しいだけの自転車に乗るうちに、速さを目指す走り方に憧れを抱くようになりました。それはさきほどの”体育会系”に傾倒したわけではなく、自由さの中で自然に選択できるようになった新たな楽しみでした。

「ペダルを漕ぐのってなんて楽しいんだろう!」
だから、僕らは時を同じくして「ペダルを漕ぐのってなんて楽しいんだ!」と気づいてしまったのです(笑)ペダルをたくさん漕ぐ。時間を長くの意味もありますが、遠くへ速くという意味でもあります。そして、速いって安全で楽しい!とも感じ始めました。それが僕らの原点。だからこそのペダルアップスタイル。

楽しみ方はそれぞれ
ペダルアップスタイルを体験した人の中には「まだ登るの…」と怒り出す人も、もしかしたらいるかも知れません。スタイルはそれぞれです。搬送を使って下りだけを楽しみたいという要望もあるでしょう。しかしながら、ペダルを漕ぐ楽しさとそれに伴うスキルの向上をじわりじわりと楽しんで欲しいと思っていますし、そんな楽しみを感じていただける方が少しでも増えたら嬉しいと思います。

今回もマウンテンバイク沼に落ちた人が1人…
今回もマウンテンバイク沼に落ちてしまった方が1人いらっしゃいました(笑)。なんとこの沼、一度嵌ると抜け出すには相当苦しむようなので、どうぞお気をつけくださいね。長元坊バイシクルツアーズはその沼への近道です(笑)

ぜひ行ってみて下さい
上田市は北陸新幹線でもクルマでもアクセスが良く、距離の割に時間がかからず行くことができます。上田市はそこそこ便利でそこそこ田舎、サイズもちょうどよくて快適です。盆地なので多少暑いですが、都内にいるよりよほどマシ。700m位まで登ってしまえば、涼しくライドできますよ。


今回の生徒さんは筋がいい

熱血指導が続きます(笑)

登坂の途中には涼しげなスポット

午前中のラストライド

大盛りが本当に大盛り!

上田市の歴史も味わえる「長元坊バイシクルツアーズ」

元禄14年(1701)に着工し、宝永6年(1709)に完成した文殊堂

南アルプスを望む

ライド後は地元の公共浴場で湯を堪能

おやき美味しい

本日は花火大会のため、18時までの時短営業になります

本日は花火大会のため、18時半までの時短営業になります
本日は隅田川花火大会の開催が昨日から本日になったため、18時までの時短営業になります。

交通規制以降、当店周辺エリアは自転車で走ることができなくなります
交通規制以降、当店周辺エリアは自転車で走ることができなくなりますので、ご注意下さい。三ツ目通りまで数十メートル歩けば乗れますが、周辺道路及び駅の混雑により安全性が大幅に低下する事をご承知下さい。

メリダの新シクロクロス「MISSION CX」

2019年にはメリダのシクロクロスバイクがリニューアルされます。その名も「MISSION CX」
■ アグレッシブ&コンフォータブルなレースジオメトリ
■ カーボンフレームとアルミフレームの2バージョン
■ メンテナンス効率を考えたスマートエントリーケーブルルーティング
■ フラットマウントディスクブレーキ
■ 前後12ミリスルーアクスル&ステルスレバー
■ 35ミリまでのタイヤクリアランス
■ 取り外し可能なシートステイブリッジ兼フェンダーマウント
■ S-FLEXシートポスト

ご予約は今月末より受け付けます
早期予約キャンペーンもございます。

入荷時期と価格
MISSION CX 8000 完成車:9月中旬/756,000円
MISSION CX 8000 フレームセット:10月中旬/268,920円
MISSION CX 5000 完成車:9月中旬/376,920円
MISSION CX 400 完成車:8月中旬/194,292円


なお、2018年までのシクロクロスバイクは現在クローズアウトセール中です
400、6000、9000の各グレード完成車及びフレームとも少量ずつ在庫が残っており、お得に入手するチャンスです。新しいバイクもいいですが、今から練習するなら早く安く手に入るほうがいいと思いますよ!

CYCLOCROSS 9000
499,000円(税別) → クローズアウトプライスはお問い合わせ下さい
・CF3カーボンフレーム
・SRAM FORCE CX1
・F:15/100、R:12/142
・ポストマウント
・7.8kg

CYCLOCROSS 6000
329,000円(税別) → クローズアウトプライスはお問い合わせ下さい
・CF3カーボンフレーム
・SRAM APEX1
・F:15/100、R:12/142
・ポストマウント
・8.8kg

CYCLOCROSS 400
159,900円(税別) → クローズアウトプライスはお問い合わせ下さい
・アルミフレーム
・SHIMANO 105&メカディスク
・F:15/100、R:QR/135
・ポストマウント
・9.6kg

パナレーサーRACE C EVO3のクリンチャーのテスト開始

パナレーサーのRACE C EVO3のクリンチャーのテストを開始します
発売されたばかりのタイヤです。チューブラーモデルしかなかったのですが、クリンチャーが追加されました。これまではセンターとレッドの分厚いスタイルがパナレーサーの特徴でしたが、RACE Cではそれがありません。トレッドには杉目をメインにしたミックスパターンを採用しています。

これまでに無い印象です
正直、私はパナレーサーのタイヤが嫌いなのですが(笑)、その理由の代表がとさかトレッドでした。それはタイヤを路面にロールさせた時の印象を変わったものにしてしまい、乗り味も固くしてしまいます。サイドの剛性を落とすなどしても、センターのゴム厚があるとアンバランスになってしまうと感じます。今回はそれがなく、タイヤサイドからトレッド面までが全体的にしなやかで、軽い感じなので、乗った印象はこれまでのパナレーサーではありませんでした。VELOFLEXなどに近い印象です。

パナレーサー 過酷な路面に対応したRACE C EVO3のクリンチャーモデル登場
https://www.cyclowired.jp/news/node/270972

自転車の見た目がちょっとクラシカルになりました。