Monthly Archives: 4月 2018

本日のフィッティング

本日のフィッティングはこんな流れでした
やりたいことや目標を伺う → それに対しての感想と見込みを伝える→ 何を言われているのかわからない表情 → ペダリングを見せて頂く→ 現状を伝える → やっぱりなかなか理解していただけない → 幾つか順番に改善点や改善方法を伝える → 段々と変化を感じる → さらに伝える内容を追加する → 変化が確信に変わり、基礎となるイメージのキッカケが掴めたり、序盤で伝えた言葉の意味を理解できる

「フィッティングというと、ステムの長さを変えたり、ハンドルを弄ったり、そういう事が多いけれど、基本を理解できていないと意味が無いことがわかった」
という感想を頂きました。

また、
「明らかに足でペダリングをする感覚が軽くなった」
ともおっしゃってました。

まだまだ、これは入り口の所です。ここから集中して、考え続けて、自分にとっての正解を見つけられることを祈っています。

また、継続してフィッティングをすることも効果的ですので、フォローフィットへお越しいただくこともお待ちしています。


当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
登りが苦手
スタミナがない
下りが怖い
向かい風で失速
コーナーリングが苦手
練習の仕方がわからない
などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
現状理解
乗車姿勢改善
ペダリングフォーム改善
練習メニューへのアドバイス
目標レースやイベントの選定やアプローチ
補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

メリダパートナーショップミーティング 2018春

毎年2回ほど行っているメリダパートナーショップミーティングの第4回が行われました

ミヤタサイクル本社にてメリダブランドを日本に販売する為の中心的役割を担う、メリダパートナーショップが集まり、ミーティングを行いました。

今回集まったのは、全国にある1000店を越えるメリダディーラーの中から10店舗。その中に当店を含めていただいているのは光栄な事です。

これからのメリダブランドが多くのメリダライダー・メリダファンとどの様な関係を築いていくべきかについて、あるいは製品についてなど、様々な角度から話し合いを行いました。

メリダパートナーショップとは
メリダを専門的に取り扱う店舗のことで、より深い知識や情報、あるいは情熱を持って、ミヤタサイクルとの密なコミュニケーションを通じ、メリダ本社との連携を行い、日本でのメリダのブレインとなるべくミヤタサイクルより認定されたショップグループのことです。従来の制度のように販売量や数、あるいは大きさだけではなく、まさに「パートナー」としてメリダブランドを構築する核となるのが「メリダパートナーショップ」です。

今回の話題は2019年度モデル
2018年も架橋に入った所で、すでに我々はメリダとミヤタサイクルとともに2019年に向かって動き始めています。一般的な代理店では、ショップとこのような機会を設けることは無く、代理店とメーカーが一方的に仕様決定し、我々向けの展示会で披露されるということになります。パートナーショップ以外のMGDディーラーさんが2019年モデルについて知るのは7-8月になり、それ以外の一般ディーラーさんは10月以降になります。

ミヤタサイクルではユーザーと直接接する我々が吸い上げたニーズや要望をメリダに伝え、それを実際の製品企画に反映させています。今回も2019年モデルに関する、あるいはメリダ製品に関する多くの意見が交換され、蓄積されました。ゆえ、メリダに関してのご意見やご要望を頂く場合には、パートナーショップが最適です。

メリダを愛するパートナーショップで購入頂くメリットは、ユーザーさん一人一人がメーカーや代理店とも繋がれることです。それをメリダファミリーと呼びます。

今後も我々はこの様なミーティングを繰り返し行う事で、メリダライダーからの意見をドイツにあるメリダR&Dへフィードバックし、ミヤタサイクルと協力をして魅力的な製品を作り上げていきます。

メリダブランドに関して我々パートナーショップしか知り得ない情報も日々増えていきます。それだけに、メリダについて興味がある、知りたい、魅力を教えてほしいと思われる方は、お近くのメリダパートナーショップへお越し頂くことをおすすめいたします。

And one more things…
実はもういくつか、とても魅力的な、そして将来性のあるプランが発表されました。メリダにとって、また日本の自転車走行環境にとって、それぞれ大変意味深い内容だと感じました。

今後のメリダ、ミヤタサイクル、そしてパートナーショップにご期待下さい。

POWER2MAX NGecoが入荷しました

昨年からグイグイ押してましたPOWER2MAX、初回入荷では一部のモデルだけだったのですが、今回に入荷ではバリエーションモデルも入荷しました。

センサーが箱に入ってきますので、クランクアームに取り付けをします。
箱の中にはセンサー本体、保証書、説明書が付属。センサーに貼り付けるステッカーは青、赤、黒、白、緑の5色から選べます。

取り付け部の形状によって多少の差がありますが、おおよそこの程度の重量です。
重さについては軽い方がいいとは思いますが、パワーメーターについては信頼性、精度など総合的に性能を評価する必要がありますので、多少の重量の差異についてはどうでも良いレベルでしょう。数十グラム軽くするのであれば、他の部位でいくらでも可能です。

アームの重量も測ってみました。
GOSSAMERはこんな感じ。

ROTOR 3D24だとこの重量。

GOSSAMERならセンサーとアームのセットでなんと84,240円(税込)です
※センサーに貼り付けるステッカーは、色をユーザーが選べるので貼っていません
この価格で右と左を足した出力を計測できるパワーメーターは他にないでしょう。他メーカーであれば、左右どちらかの脚の出力しか計測できず、それを2倍にすることになります。GOSSAMERだとチェーンリングは?PCDは?と思うでしょうけど、これはシマノ4アーム仕様のセンサーがあるんです。だから、シマノのチェーンリングをそのまま使えます。アームの長さは165から5ミリ刻みあるのもうれしい。170ミリの店頭在庫もありますので、今使っているシマノ4クランクからチェーンリングを移植し、すぐに取り付けて帰れます。

サイクルショップ マティーノ ウェブストアでも購入できます
https://mattino.theshop.jp/items/11051502

アームはROTORでもnoQを使う必要はありません。
”ただのチェーンリング”でしかないnoQに変速性能は期待できません。シマノ純正を使用できるので変速性能を維持することができますし、大変高価な上に入手性に著しく問題のあるチェーンリングを買う必要はありません。アームとスパイダーとチェーンリングが別メーカーというこのギトギトした感じがたまりませんね(笑)
こちらもセンサーとアームがセットになって112,320円(税込)とリーズナブル。長さは165ミリから5ミリ刻みです。

とてもスポーティーで女性らしい

あまりに色がきれいなので仕入れてみました
これは他のメーカーにはない、また今後もないであろう、特徴的でファッショナブルなジャージです。なおかつ、機能的にもシリアスな女性ライダーの為に必要な機能的特徴を究極的に具現化しています。

着ていただければ、その違いに驚かれることでしょう。
そして、Q36.5の虜になりますよ…

S/S ジャージィ L1 レディ
◆税抜き価格:¥20,500-   
◆Made in Italy


あ、お取り寄せ品も入荷しましたよ
Q36.5の女性用ニッカーショーツ、そしてソールスターインソールの46サイズです。

2018年 GW期間[4/28-5/6]の営業予定について

2018年ゴールデンウイークの営業予定についてお知らせいたします。
連休の間の平日は休業させていただきます。

4/28-29には納車とフィッティング等でやや立て込んでおりますので、余裕のある状況で接客させていただけるのは連休後半の日程が最適です。

恐れ入りますが、ご理解くださいませ。
よろしくお願いいたします。

4/28
12時〜20時
4/29
11時〜19時
4/30
11時〜19時
5/1
臨時休業
5/2
定休日
5/3(憲法記念日)
11時〜19時
5/4(みどりの日)
11時〜19時
5/5(こどもの日)
11時〜19時
5/6
11時〜17時

2018年モデルのSILEXの一部モデルを残して完売間近

当店で大変オススメしているメリダのSILEXシリーズについてお知らせがあります

このシリーズは上から
 9000
 6000
 400
 200
とあります。

上位2モデルがカーボンフレーム、下位2モデルがアルミです。この内、200を除く機種が間もなく完売になりそうです。

SILEXシリーズの2019年モデルの入荷はかなり先になりますので、今年の内に乗りたい方はお急ぎ下さい。

私も好きです

小野寺玲選手のカヌレ好きな有名ですが
私もカヌレが好きなんですよねー。周りの硬いところが好きなんですよ、特に底の分が(笑)

昨日は奥さんが買ってきてくれたので、ありがたくいただきました。もっとたくさん食べたいです(笑)

コンビニで売っていてほしいんですけど、売ってくれませんよね。なぜなんだろう?売るの難しいんでしょうか?

サイクリングの補給食に食べたいです。カヌレが買えるポイントをグーグルマップに記したモノってないでしょうか?

当店でSILEXを購入すると、バッグをプレゼントします

当店でSILEXを買っていただくと、専用バッグを差し上げています
期間:3/10(土)〜 2018年モデルの在庫限り
対象:MERIDA SILEX全モデルをご予約頂いた方
特典:SILEXに合わせて開発されたバッグ4種から、カーボンモデルは4つ、アルミモデルは2つ、お好きなもの選んで頂きプレゼントします。

サドルバッグ:7992円
ツーリングバッグL:4968円
ツーリングバッグM:4752円
Fフォークサイドバッグ:4968円
※全て税込


SILEXとはどんな自転車なの?
SILEXは”サイレックス”と読みます。SILEXは”グラベルロード”の類に入れられてしまうんですが、実はちょっと違うバイクです。多くのグラベルロードはロードバイクとしてのジオメトリを維持しているのですが、SILEXはマウンテンバイクをベースにしたジオメトリを採用しています。

それは”走りの気持ちよさ”としてグラベルロードとは別の方向を目指しているという意味なのです。例えば、舗装路を走るレースカーと未舗装路を走るレースカーは別の設計になると思います。ポルシェの911とカイエンは別物であるはずです。タイヤクリアランスを増したからと言っても911はそれでしかないでしょう。そもそもの設計が異なります。

舗装路も軽快
試乗して頂くとわかります。「未舗装路なんてほとんどないし、グラベルロードって舗装路ダルそうだから、やはりロードバイクが良い」という声もチラホラ。しかし、SILEXは舗装路も軽快です。シクロクロスが加速重視なら、SILEXは巡航重視。ロングライドもできます。


EVERY ROAD IS YOURS
「全ての道で気持ちよく走れる」それがこのSILEXの目指すところであり、コンセプト。ロードバイクはA地点からB地点までを速く走るためのもの、マウンテンバイクはオフロードを楽しく走るもの、シクロクロスはロードバイクライクでありながらオフロードにも対応したレースバイク。そのどれもがある方向性においての特徴を持つ代わりに、その特徴と反対の特性は持っていません。つまり、”苦手な場面がある”ということです。

SILEXはどの場面においても”そつなくこなす”なんでも、どこでも走れるロードバイクです。
”レースライド以外”ならなんでもできます。「レースには出ない」という方向性であれば、このSILEXを選択肢に入れない理由はありません。ロードバイクの場合には、購入後に下ハンドルを持つことができずに苦労している人が多くいますが、それを達成するには一定以上の体力や筋力やスキルが必要です。SILEXであればロードバイクでブラケットを握る高さと同じ高さに下ハンドルがありますので、”買ったその日から”下ハンドルを使えます。

ですから、下りやオフロードにおいて安心してハンドリングすることができ、長い距離のツーリングでも安心して走ることが出来るでしょう。

ツーリングバイクはヨーロッパ文化、グラベルライドロードはアメリカ文化
グラベルロードって実はアメリカ文化からはじまったものです。GT、JAMIS、FUJI、SPECIALIZEDのどれもがアメリカンブランドであり、ヨーロッパの”生活とともにある自転車”とは違って、”カルチャーとしての自転車”をスタイルとして追求したものになっています。つまり、アメリカ文化の方はビジネスの匂いが大いにあるカルチャーであるのに対して、ヨーロッパはバカンスやホリデーをゆったりと楽しむための自転車なのです。

当店ではパワーを見ながらフィッティングします

当店でのフィッティング
当店でのフィッティングの目的・ゴールはラクに出力を発揮する自分を見つけることです。

フィッティングに目的を求めてくる方の多くは、「頑張っているけれどうまくいかない」という感覚を持っていると思います。思い切り頑張っているつもりなんだけど、うまくいかない、と。

例えばこんな悩みがありますか?
 登りが苦手
 スタミナがない
 下りが怖い
 向かい風で失速
 コーナーリングが苦手
 練習の仕方がわからない
 などなど

当店ではフィッティングのほか、自転車というスポーツに関して総合的なアドバイスを行っています
 現状理解
 乗車姿勢改善
 ペダリングフォーム改善
 練習メニューへのアドバイス
 目標レースやイベントの選定やアプローチ
 補給計画へのアドバイス

頑張っている感覚と実際の出力は一致しない場合が多くあります
思い切り漕いでいるはずなのにスピードが上がらない、あるいはすぐに疲れてしまう、出力が頭打ちになる、それには理由があるはずです

出力をリアルタイムに見ることができれば、自分が行っている運動の結果を数字で理解することができます。そこで分かることは、自分では頑張っているようで無駄に頑張っているということです。無駄が多いのです。

フィッティングを行いながら、出力を見ることで同じ出力を楽に発揮できたり、より大きな出力を発揮できたりすることを数字で確認できます。もちろん、うまくいかないことを確認できてしまうわけですが…(笑)

フィッティングの目的は単にステムの長さやハンドル幅やサドル高を変えることではなく、”楽に出力を発揮する”という大きな目標の為に改善すべき事を理解し、受け入れ、実行することにあります。

基本料金は10800円〜/90分〜です
ブランド物のフィッティングよりも安価に設定していますが、それらより良いイメージが得られることには自信があります。大事なのは自転車の寸法ではなく、自転車という道具をどのように使うかということです。

色々なヒントを提供していくと、少なからずペダリングのイメージを掴むことが出来ると思います。それを思い出しつつ、意識を絶え間なく続け、練習を重ねて頂き、次回以降のフィッティングまでにペダリングを完成へ一歩近づけて下さい。

オーバーホールが完了しました

オーバーホールは常時受付中
冬の間乗ることが少なかったり、休んでいたりした道具を安心して使用できる状態にしましょう。

”とりあえず”動くという状態を言い換えれば、”いつ壊れるかわからない”とも言えます。安心して、安全にライドするために、しっかりと道具を磨いておきましょう。

どのブランドの自転車でも大丈夫です、できることはやります
オーバーホール基本工賃:36720円(当店で購入された自転車は32400円)
※パーツ代・修理別
基本納期:7-10日程度

今回は大作業でした(笑)
ベアリングはハブ以外全滅…アジャスター類は固着…。でも、これで気持ちよく乗っていただけるようになったのではないかと思います。