Daily Archives: 2017/11/06

すごい世の中ですねぇ、おじさんはびっくりですよ

このサービスは前からありますけど、使っている人は少ないでしょうし、お店の人で興味持ってる人も多くはないんでしょうねぇ。あまり話題になってない気がします。

走る気はないですけど、富士ヒルクライムのシミュレーションデータです。自分が走った場合に、どの程度の出力で走ればどのくらいのタイムになるか出ちゃってます(笑)残酷ですけど、練習のしがいはありますよね。機材データも入力し、影響しています。

スプリットタイムとワット数も出ちゃってます(笑)

これどこでもシミュレートできるのです。データにしてワーウアウトとしてダウンロードできるので、それをインタラクティブなローラー台と合わせて使うことで試走可能ですね。

これに、KICKR CLIMBを合わせて使ったら完璧なのかな。

CLIMBなしでも、KICKRだけでテストライドできるので、今月末からのサービスに加えるかどうか検討します。

KABUTOの新型ヘルメット「FLAIR(フレア)」

これも目玉の1つでした。KABUTOの新型ヘルメット「FLAIR(フレア)」です。

当初はCLIMBER(クライマー)という名前だったくらい、軽量好みの方に向けたヘルメットで、開発には登りが得意なGOKISOの森本さんも加わっているということです。

軽さは170グラムくらいかなーと予測していたら、その通りでした。とことんやりきった、軽量スペシャルモデルですが、価格は2万円程度と買いやすくていい感じです。

前から見た感じは割と普通な見た目ですけど、サイドビューは好きな感じです。

斜め後ろもいい感じがしますね。

先週末はサイクルモードに行ってきました

直前まで行く予定は立ててなかったんですが、レース観戦をメインにして行くことになりました。午前中は保育園のバザーのお手伝いがあって、そっちで焼きそば焼いてました(笑)


その後、車で幕張へ。

子供抱えて会場内を歩き回って疲れちゃいましたね。

試飲オファーしていた女性は1タブをボトルに溶かせば大丈夫ですというが、176mg(ショッツエレクトロライトパウダーのわずか40%)しかナトリウムは含まれない。足りないと思うので、タブレット税別単価180円(同じ濃さにするには2.5倍掛の税込486円もかかる!)は高すぎると思うと伝えると、輸入品なので高くなってしまうと答えた。何もわかってないどころか、素直に聞こうとも改善しようともしませんでした。

展示会等で自分が知りたい内容に答えてくれる人ってほとんどいないんですよね…。

むしろ、こちらが”聞いてスイマセン”みたいになったり、「それは直接こっち(メーカー)に聞いてもらえます?」みたいになることも少なくないです。

KABUTOさんとか、ミヤタさんとか、そうじゃないんで、「ちょっとまって、それ初めて聞いた!すぐ調べます!」とか「詳しい人間に聞きます!」って即応してくれるのは、メーカーだからなのだろうと思うんですよ。

”商社だから”という言い訳にはならないと思いますが、むしろちゃんとした商社ならこちらの意見や意図を汲み取って頂けると思ってるんですけどね…


wahoo fitnessもありました。とても好評で、代わる代わる体験される方がいらっしゃいました。Zwiftもですが、この手のトレーニングアプリケーションはこれからまだまだ利用者が増えますね。当店でも今月末くらいから、これと同じ環境を整えますのでお楽しみに。

このローラー台はとっても良いですよ。まるで実走行しているかのような、ホイールに慣性があるかのようなフィーリングです。負荷も自動調整です。


なんと、来月からSTAGESの代理店が変わるそうです。インターマックスからインターテックへ。名前は似ていますが、何の関係もありません(笑)

シマノ用は当然あります。

FSAやSRAMもあります。

CampyやMTBもあります。

今後STAGES LRという左右タイプも発売されます。また、STAGES DASHというサイクルコンピュータの日本導入も準備されています。


その後、18時半からのエリートレースを観戦しました。

CX車のハンドルとハンドルステムを交換しました

ステムが80ミリだと短いと感じたので、90ミリ以上に変更しようと思いました。

100ミリだと遠いので90ミリが限度。余っていたGDRの6OVALステムに交換。

ロードもシクロクロスも同じなんですけど、ハンドルバーのリーチを短縮してステムを伸ばす方が低身長の場合には良いですよ。理由はナイショですけど笑(お店で聞いてください)。

セッティングはまだ検討の余地がありますけど、乗ってみれば分かるでしょう。

あ、ちなみにインナーギアは39Tです。アウターは使いませんので、チェーンガードみたいなもんですね(笑)

以前使っていた、手元に余っているハンドルバーは当店のお客さんには貸出したりしてますので、真剣に相談に乗りますよ。