Tag Archives: メンテナンス

ガラスコーティングサービス開始

DSC_0725

この度、ワコーケミカルの「バリアスコート リキッド」を使ったフレームコーティングサービスを開始いたします。

「バリアスコート リキッド」は今月新しく発売されたトップクラスの硬化型コーティング剤です。

現在は自転車店の一部とトヨタ系販売整備店のみにしか流通が行き届いていないので、まだ情報は殆ど無い商品です。今後、自動車・オートバイ・自転車等のボディ塗装の美観向上・保護・撥水を目的としたコーティング剤として使用されるでしょう。

「バリアスコート リキッド」は基本的に業務用として開発され、新車時にコーティングを施した上での販売、あるいはオーバーホール時のコーティング処理を目的としており、当店でも同様のサービスを展開してまいります。

以下は当店でのサービス価格[2016/7現在]です。

[コーティングサービス価格]
フレーム&フォーク単体:3000円(税別)
※完成車の新車時であれば、上記料金で承ります(但しプレミアム組上げ時のみ)
※新車時以外には、上記料金とは別途工賃が必要です

スクリーンショット 2016-07-25 14.41.48

DSC_0728

心の俳句「ホイールを大事にするならシュー換えろ」

今日の一句からはじまりましたw

友蔵ではございません。

”リムが減る”という事を知らない方もいらっしゃいます。もちろん、ご存じの方も居られるでしょう。しかし、それに対して何もしていないのが現状ですよね。

なので、ブレーキシューを換えましょうと言うわけです。

なぜ?まずは写真をご覧あれ。

使いっぱなしのブレーキシューはこんなことに…

キラッと光ってますね…

シューの表面もザラッとしてますし、凸凹

な、なんかデカいのが刺さってます…

特に雨の日や雨上がりに乗った場合、地面にあるこういった金属片を拾い上げてしまいシューで拾ってしまったり、あるいはリムが削れたカスが刺さったりということが起きます。

このままにしておきますと、この金属片によってさらにリムを削り、加速度的にリム表面は荒れ、偏摩耗し、シューは汚れていきます。

実際、このシューによって削られたリムのブレーキ面は逆アーチ状に偏摩耗してしまっていました。

ブレーキシューなんて減ったら交換くらいしか思ってませんよねぇ。

こんな写真のようになってしまったら交換が吉です。これを除去し、シューを研磨してとやっているよりは交換のが早く確実。シマノのシュー(R55C3)は数百円しかしませんしね。

出来るだけ長持ちさせるには
 ・シュー表面を250〜500番程度の耐水ペーパーで研磨する
 ・リム表面も時々研磨する(MAVICソフトストーン等使用)
 ・雨天時・雨上がり走行後のメンテをしっかり
など行います。

これらを行えば、

リムのブレーキ面の摩耗量が酷い場合や摩耗の仕方が酷い場合には、ホイールは使用不能となります。ホイールはいつまでも使えるんだと思っている方もいらっしゃるでしょう。

もっと知りたい方はぜひご来店ください。

写真のサンプルシューもお見せします。きっと「うわー」って声を上げるくらいですね。「こんなもんでリム削ってたのかーっ」て思いますよ。そして自分のバイクをちぇけらっちょ。

せっかくの大事な自転車ですから、出来るだけ大事に長持ちさせたいものですよね。

今朝はいつもの朝練

チームメンバーは奥武蔵方面へ走りに行ってしまったし、残っている人も練習に来ないようなので、一人で自主練してました。

たとえ一人でも、続けることが強くなるための一歩であって、これなしに強くなることなどあり得ません。良い機材を使うなら、それなりに脚の方も出来る限りやれることやらないといけません。

練習をサボるのなんて簡単で、探せばいくらでも理由は見つかるモンです。仕事、家族、体調などなど。それも人ごとではありませんから。だから、まずは自ら実行です。

というわけで、3km周回を16周回。どうやら最近、周回コースへの苦手意識もなくなってきたかも。

来週も走りまっせ。

”集団走行はちょっと”とか、”やったことない”って方は初心者練習会へどーぞ。来週の土曜ですね。
現在参加者1名のみですけど、やりますわよ。

ドリル加工

色々な作業をしているとたまにあるんです、緊張を伴う作業が。

LOOK 566をオーバーホール作業中の事。

566に限らず、ダウンチューブ下を通ったFのシフトワイヤが、BBの下をくぐった後、フレームに開けた小さな穴を通ってFメカに達するタイプは多くなってきました。特に、中価格帯の一体成形カーボンフレームに多い。BB周りの剛性を高める為の方法によって影響を受けているのだろうと思われる。

この穴を通ってFメカに到達するタイプ

直前に降雨の中のブルベで300kmを走破したこの566、ばらす時Fシフトワイヤが抜きにくかった。けど、きっとワイヤが錆びているとかの理由だから、ワイヤを抜けば解決すると思っていたのだけど、いざ組立しようと思ってワイヤを通そうと試みるが…

全く通らない

何度か試みるがダメなので、他のもので突いてみる。例えばピック。すると、黒いカスと水が出てきた。泥?のようだった。

どうにか突いたり、押したり、試行錯誤して泥らしきものを除去していくが、ちょうど真ん中あたりに硬いものがあるのが分かる。なんだろう?

ワイヤの残りカス?どっちみち見えないので、ドリルで貫通する事にした。それしかないと判断。何度やっても、フレームに電動工具を当てる作業というのは緊張を伴う。以前ピナレロのドグマにディスクグラインダを当てた事がある。あれはやばかった。ボトルケージ台座のリベットがバカになってしまったので、フレーム内部に落とすしかなかったから、それしか方法がなかったのだけど。数ミリずれればフレームはお釈迦だから。

ちゅいーん♪

で、1.5mmの歯を使ってドリリング。泥と一緒にカーボンの削れカスが出てくる。貫通はしたけど、このままだとまた泥や何かが詰まりそうなので2mmに拡大する事に。

ちょっとだけ穴が大きくなっているでしょ?

とりあえずはひと安心です。

カンパクランクのベアリングをメンテナンス

カンパのウルトラトルク及びパワートルククランクのベアリングにメンテナンスの必要がある事をどれだけの人が認識されているでしょう?

マニュアルによると約5000キロ毎にクリーニング・グリスアップが必要だとされていますが、雨天でも多く乗った場合にはもっと短い距離でクリーニングを施す事を個人的に推奨します。

僕の場合には年に3回くらいでやってましたが、CULTにして以来、年に2回くらいです。

CULTの場合グリス不要なので、汚れはあまりありません。ノーマルの場合、1年もガンガン使えば錆びてしまうと思います。錆びなくても虫食いの症状が出たものも結構ありましたので、お気を付け下さい。

とにかく汚れてもグリスが切れないようにする事が必須です。

当店でオーバーホール時にはしっかりチェックし、ベアリング交換等も対応させて頂きます。もちろんCULT導入も承ります。

こんな感じに汚れちゃいます

クランクを外して、ベアリングを指で回転させればグリスの状態は大体分かります。あるいは、そのままシールを外して清掃し、再度グリスアップします。

当店での作業の場合には
 チェックのみの場合 工賃:1,050円
 クリーニング・グリスアップ 工賃:3,150円
で承ります。
※グリスはカンパ純正、モーガンブルーなどから選んで頂けます。ご希望が無いようでしたら、用途に応じてこちらで判断させて頂きます。

さすがはレース現場の機材

カーボンは表面にクリアがかかっているのでどうしても滑りやすい。だからシートポストが止まらなかったり、あるいは必要以上にトルクをかけてしまったりして、部材を破壊してしまう危険が高まります。

その為に塗るのがカーボンアセンブリーペースト。もう有名ですよね。

TACXのが有名です。まぁ、FSAでも、Effetto Mariposaでも同じものです。製造元から複数のメーカーへ供給されているだけで、同じものなのです。

ですから、モーガンブルーも同じだろう?と僕は勘ぐっていたのですが…

カーボン滑り止めペーストには間違いありませんが、他社とは一線を画します


MORGAN BLUE
CARBON ASSEMBLY PASTE 定価:1,365円 → マティーノ価格:1,250円

全然違いました!

濃いブルーのすごい色

色じゃないですよw

実は従来のペーストで僕が不満だったのは”粘度”でした。緩すぎるんです。特に時間が経つと、ペースト内部に溶けていた?オイルがしみ出してしまい、どんどん緩くなってしまうんです。レース機材としては雨でも使います。何度も過酷な環境で使います。整備の度にペーストを塗り直す事なんて出来ません。

ちなみに…カーボン同士でも固着ってするんですよ…仕組みは知りませんけど、動かなくなることあります。その為にもペーストは必須です。

で。

モーガンブルーのペーストは”ネットネト”です。これは落ちません。

シートチューブの内側、フォークステアの内側、カーボンバーのクランプ、どれも雨に晒されやすい箇所ですから、これは待ちに待った商品でした。

現在オーバーホールを承っているバイクには早速使ってます。

モーガンブルー、間違いなさそうです。

オーバーホールとはなんだろう?

オーバーホール半額にて受付中です、他店購入でも承ります

問題は買った場所ではなく、保管・使用状況と使用している人自身です。結局は人間関係ですから。

ちなみに…

「オーバーホールをすれば、もうしばらく何もしなくて良い」
と勘違いされる方もいらっしゃいますが、全くそんな事はありません。

また、

「今度オーバーホールするからしばらく放っておこう」

これも間違いです。

オーバーホールとは?

”目視で確認できない箇所の故障や摩耗・消耗を確認し、寿命を延ばす作業”

なのです。ですから、デイリーメンテナンスをまとめたものの置換ではありません。

その点を誤って認識すると、

「オーバーホールしてるのに、なんでこんなに早く壊れるんだ?」

と行き違いが発生してしまいます。

最も大事なのはデイリーメンテです

デイリーメンテを欠いている方はご自身のバイクについてよく知らないと思います。気にしていないからです。タイヤはいつ換えたのか?ワイヤは?オイルを注したのは?

デイリーメンテを欠くと、目視できる箇所の故障や摩耗・消耗にすら気がつきませんから、バイクの寿命はグーンと縮まってしまいますよ。

デイリーメンテの仕方が分からないよという方は

僕の初心者講座に来て下さい。とにかくご来店下さい。

やるだけではなく、問題はやり方です。

スプロケットを外さす、パーツクリーナーをジャージャー吹いている方、多くいらっしゃいます。

そんなことしたら、ハブが死にますよ…

チェーンを洗おう

チェーンのお掃除、やってますか?

ひと月に一度はやるべきです。やらないと、鉄粉やなんかがチェーンリングやスプロケットを削りますよ。掃除して、再注油したバイクに乗るのが僕は大好きです。

だって、気持ちいいじゃない?スーッと進むでしょ?クランクがサーッと回るでしょ?

チェーンを洗う時に欠かせないのがミッシングリンク

今や常識と化したミッシングリンク

便利ですね−。これを使うとチェーンが切れるという時代はもう過去。これ使って切れたって人はまず聞きません。切れるって言う人は大抵使ってない人。ただ、最後の最後には”自己責任”ってことになりますけど。ピン使っても、メンテナンスしてなかったり、交換時期を延ばしてケチったりしてるチェーンなら切れます。問題はそこです。メンテナンスの頻度と方法です。

とにかくこれを使えばチェーンは好きなだけ洗う事が出来ます。

もう一つ便利な使い方が…

チェーントラブルは”切れる”か”曲がる”のどちらか。切れた場合には切れたピンを含むアウターリンクを切り離して、ミッシングリンクと交換。曲がった場合も曲がったアウターリンクを除去して、ミッシングリンクと交換。

これで元気に走り出せますね!というわけでツーリングには必需品です。この安心感は相当なもんですよね?

で。

マティーノで今売れているのはこの組み合わせ。

MORGAN BLUEのチェーンクリーナーとレースオイル

MORGAN BLUE
RACE OIL 定価:1,470円 → マティーノ価格:1,380円
CHAIN CLEANER 定価:2,100円 → マティーノ価格:1,980円

チェーンクリーナーはスプレーヘッド付きで便利ですね。よく落ちるし。

レースオイルがパネェっす。通勤にもいいですよ、落ちないから。雨でもへっちゃら。

6/30以降お渡し分、オーバーホールはまだ2〜3台いけます

6/30以降にお渡しするオーバーホールはまだ2〜3台承ることが出来ます。

工賃は半額の10,500円とお得すぎるので、タイヤとワイヤとバーテープは当然として…余ったお金でブレーキシューとかエルゴパワー・STIレバーのラバーフードも変えてしまいましょう。

あ、今頃気がつきました?これってそういう企画ですよw

いつもならケチっちゃうでしょ?そーゆーところ。傷ついたブレーキシューはリムを偏摩耗させますし、摩耗自体が加速します。材質がゴムなので古いと割れたりします。ラバーフードも新しくなるとフレッシュな気分で新車みたいです。汗でベタベタになりません?

Hudzのカラーフードやカンパ純正ラバーフードも在庫ありますよ。

1台目が明後日仕上がります

現在あと4台入庫しております。 なぜかその内3台がTIME。TIME屋さんになってます。いや、むしろ元々僕はTIME屋さんですけどね。TIMEはイイですよ。間違いない。

オーバーホールを半額の10500円にて承ります

本日(6/12)よりオープン1ヶ月後の7/17まで、通常21000円頂きますフルオーバーホールメニューを半額の10500円にてご提供いたします。MTBのオーバーホールも基本工賃は同様ですが、ブレーキ・フォーク等のオーバーホールは別途お見積もりとなります。なお、作業に必要な交換部品等は入っていません。

ぜひこの機会に、シーズンが本格的に始まる前に、梅雨明け前に、バイクをリフレッシュしておきませんか?

納期は約1週間程度をみてください。作業でき次第、すぐにご連絡します。

バイクをお預かり
   ↓
その場でお見積もり
   ↓
 作業開始
   ↓
 作業終了
   ↓
  ご連絡
   ↓
  お渡し

バイクのお預かり、お渡しは営業時間外でも構いません。夜21時頃までに持ってきていただければお預かりします。また、お渡しも同様ですので、週末は別のご予定をお済ませ下さい。会社帰りに、一旦帰宅後に御来店いただけます。